セットポジション > 女子軟式と女子ソフトのページ

 現在おこなわれている女子の軟式野球は、全国大会の回数で見ると大学のほうが歴史は古いようです。私は大学の女子軟式野球を見たことはありません。公式戦をやっているのが女子大のグラウンドだったりしますし、全国大会は富山開催です。そう簡単には入っていけません。ここで触れているのは、一般の部の全国大会のみです。
 当初、「女子軟式のページ」としてスタートさせましたが、00年11月に西京極でソフトボールの女子日本リーグ決勝トーナメントを見て、女子ソフトも私の守備範囲に含めることにしましたので、「女子軟式と女子ソフトのページ」に改めました。

最終更新=08/02/23「6」を分割(しただけ)。 07/07/04「1」をリニューアル。

1 女子軟式選手権
 毎年8月に江戸川球場をメインに
 開催される全国大会です。
2 塁間と使用球の比較
 硬式野球や少年野球との比較です。
 投本間が短いので横手投げ有利?
3 女子軟式に関するいくつかのデータ
 打球方向、左打者の比率、先頭打者
 出塁の有無、盗塁成功率など。
4 1勝への1歩
 1・2回戦に限れば、勝者と敗者の
 差異は盗塁数にあらわれます。
5 一死満塁の攻防
 女子軟式のサドンデスはソフトの
 タイブレーカーとは異なります。
6 ゲッツーのとれるチーム
 02年第13回大会の準決勝と決勝。
 いずれ再構成します。
7 台風一過の6試合日
 03年第14回大会は、台風の余波で
 2日目が6試合日になりました。
8 3度目の1点差
 04年決勝と97年2回戦のスタメンを
 比較しました。
9 05年決勝
 05年第16回大会決勝。
 (「8」と同じページです)
10 右投げ左打ちの世界
 ソフトを初めて見に行きました。
 まだ5試合しか見ていませんが…。

サイトマップ→「総合目次」 | 当サイトの構成→「ガイドライン」 | 詳細な更新状況→「3代目んだ」

 以下、ほかの項目に紛れ込んでいる女子軟式またはソフトボール関連のページです。
スコア>カウント0−3でのバントの構え
 女子軟式でもよく見かけます。
ルール>ボークのペナルティ
 ソフトボールのルールのほうが野球のルールより
 合理的と思われる点があります。
ルール>ソフトボールのルール(1)(2)
 野球とソフトのルールには細かい相違点が
 多数あります。
球場>アイデア勝負
 江戸川球場のことを少しだけ書いています。
殿堂>村*** 
 二遊間を破った初回先頭打者の打球は、
 センターゴロになりました。
殿堂>内*** 
 四球を選んだ打者走者は、一塁を回りそのまま
 二塁を奪いました。
社会人>背番号のないパンフ
 ソフトでは背番号だけでなく、
 胸番号も義務化されています。
 99年秋、東京六大学の新人戦を見に行ったときのことです。三塁側のカメラマン席が異様に混んでいました。普段のリーグ戦でもめったにみかけないTVカメラが数台あります。三塁側からカメラで狙えるのは一塁側です。その日の第2試合の一塁側ベンチは東大でした。
 彼らの目当ての投手がブルペンに姿をあらわすと、三塁側からネット裏へ、あるいは一塁側へと「民族大移動」が始まりました。もちろん進行中のゲームなどそっちのけです。滑稽に思えるほどでした。それがマスコミだと言ってしまえば、身もフタもない話ですが、このような行為は当人も迷惑でしょうし、グラウンドでプレイしている選手たちに対して失礼です。
 プレイヤーが男だろうが女だろうが、あるいはボールが大きかろうが黄色だろうが、究極的にはそんなことは関係ないのであって、私がここで扱うのはあくまでも野球(あるいはソフト)です。それ以上でもそれ以下でもありません。ただ、試合を見ないことには、書く材料もありません。見に行くのは年に1度ですので、事実上「開店休業」状態です。
 なお、当サイトでは「実名掲載規準」を定めています。女子軟式の選手についての実名掲載は控えます。女子ソフトボール日本リーグの選手については、社会人野球に準じて実名にしています。
女子軟式野球・ソフトボール関係の外部リンクです。段階的に個別ページに移します。
金沢学院大学女子軟式野球部
 この分野でのパイオニアとしてのプライドが感じられる「野球を始める女性のためのQ&A」のコーナーをおすすめします。ソフト出身の学生やまったく野球経験のない学生にどうやって野球を教えていけばいいか、経験をもとに書かれています。結果的にはライバルを育ててしまうことになるこういう情報の開示は、志の高さがなければできないことです。(00/10/23許諾済)
大阪アッフェ
 エラーのあと、グラブを見つめている選手がいたとします。観客の側からすれば、「グラブのせいにしやがって…」と思ってしまいがちですが、プレイヤーにとっては、そのエラーを次のプレイにひきずらないために「グラブのせい」にすることも必要なことだったりします。次の局面に臨む前に気持ちを切り替えてもらわなければ困るからです。そんな話も出てくる「ピックアップ」のコーナーをおすすめします。(00/10/22許諾済)
WILD CATS
 私は純粋な単独ホームスチールを4回しか見たことがありません。そのうちの1回が「ALL SOPHIA」の選手でした。「都市対抗チーム別通算成績」でチームの継続性・同一性の問題に直面しましたが、いつか後世のマニアックな野球ファンが女子野球の歴史をひもとこうとして、東京の「ALL SOPHIA」と大阪の「KINKI CATS」→「WILD CATS」との間の継続性の有無について悩むことになるかもしれません。02年と04年にはベスト4に進出しています。(01/04/29通知済)
RBデンジャラス
 主に高校野球ですが、私は球場でひそかに各チームの横断幕をチェックしています。「必勝○○高校」とか「頑張れ○○高校」とか、いかにもありがちなものは面白くありません(別に面白くある必要はないのでしょうが…)。今のところ、「悠久の夢 海越えて」(隠岐)が最優秀横断幕です。「明るく楽しく元気よく」(南部)や「日々の努力に花よ咲け!」(埼玉栄)というのもありました。RBは「夢を追え!」でした。関西の女子野球チームです。(02/08/14通知済)

スコアルール観戦試合球場殿堂九番勝負高校予想
大学社会人プロ管理人からリンク表紙TOP(目次)


事実誤認、変換ミス、リンク切れ等にお気づきの際は、お手数ですがご一報ください。→「メールのページ」
リンクはどのページでもご自由にどうぞ。事前にご連絡いただく必要はございません。→「リンクポリシー」