セットポジション高校野球
地方予選(西) | 初出場 | 連続出場・復活出場

最近の初出場校(夏)

00/09/23作成
13/12/16更新


◇最近の初出場校

49地区それぞれの最近の初出場校を6校ずつピックアップしてみた。

▼高校名の左側の数字は初出場の年(西暦末尾2桁)、高校名の右側の数字は06年までの出場回数です。高校名については最後(=最新)の出場時のものですので、現在の校名と一致しない場合もあります。は2000年以降の初出場校です。

最近の初出場校(各地区6校)
北北海道
南北海道
青森
岩手
秋田
山形
宮城
福島
06白樺学園 1
02札幌第一 1

97光星学院 4
99盛岡中央 1
85能代商 1
03羽黒 1
02仙台西 1
06光南 1
95旭川実 2
96北海道工 1
93青森山田 9
95盛岡大付 6
84金足農 5
97酒田南 8
98仙台 1
01聖光学院 5
92砂川北 2
91北照 1
86三沢商 1
94盛岡四 1
81秋田経法大付 7
94鶴岡工 1
88東陵 1
92郡山 1
91旭川工 4
88札幌開成 1
83八戸工大一 4
93久慈商 1
69横手 1
91米沢工 1
67仙台商 3
87日大東北 7
90中標津 1
83駒大岩見沢4
82木造 1
91専大北上 5
68秋田市立 4
82東海大山形 6
63仙台育英21
79安積商 2
88滝川西 2
76東海大四 4
80弘前工 3
88高田 1
67本荘4
78鶴商学園 2
62気仙沼 1
78郡山北工 1
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東東京
西東京
神奈川
山梨
05藤代 1
02小山西 1
02桐生市商 1
08本庄一 1
04千葉経大付 3
05国士舘 1

96東海大菅生 2
02桐光学園 3
98日本航空 5
04下妻二 1
99栃木南 1
93桐生第一9
01花咲徳栄 1
03木更津総合 2
03雪谷 1

90日大鶴ケ丘 2
98平塚学園 1
95山梨学院大付 3
96水戸短大付 1
90葛生 1
90樹徳 2
99聖望学園 2
99柏陵 1
00日大豊山 1
86東亜学園 3
95日大藤沢 1
91市川 2
87常総学院 12
89佐野日大 5
87中央 1
98埼玉栄 1
98八千代松陰 1
99城東 2
83創価 5
85藤嶺藤沢 1
81東海大甲府 10
85日立一 1
85国学院栃木 1
83太田工 1
98滑川 1
94志学館 1
97岩倉 1
81国学院久我山 2
73藤沢商 1
79吉田 3
83茨城東 2
83宇都宮南 5
82東農大二 4
95越谷西 1
93市船橋 5
86正則学園 1
80国立 1
71桐蔭学園 6
78日川 2
新潟
長野
静岡
愛知
岐阜
三重
富山
石川
福井
08新潟県央工 1
06松代 1
05静清工 1
01弥富 1
07大垣日大 1
05菰野 2
06福岡 1
02遊学館 3

94敦賀気比 4
01十日町 1
03長野工 1
02興誠 1

97豊田大谷 2
98岐阜三田 2
04鈴鹿 1
93不二越工 1
86小松 2
90大野 1
97日本文理 4
96東海大三 1
96常葉菊川 3
96愛産大三河 1
93東濃実 1
02久居農林 1
81高岡第一 1
85北陸大谷 1
83北陸 2
95六日町 1
94佐久長聖 4
95韮山 1
75国府 1
80美濃加茂 2
00日生第二 1
80新湊 4
83小松明峰 1
76福井 5
92長岡向陵 1
88上田東 1
94浜松工 2
74愛工大名電 9
77土岐商 2
97桑名西 1
79桜井 3
72星稜 14
71美方 1
91新潟明訓 5
84篠ノ井 1
92桐陽 1
64大府 3
76市岐阜商 4
91四日市工 3
78石動 1
61小松工 2
57三国 3
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
04北大津 1
99福知山成美 3
07金光大阪 1
08加古川北

68智弁学園 15
01初芝橋本 1
02光泉 1
95京都成章 2
01上宮太子 1
95尼崎北 1
63高田商 1
95田辺 1
93近江兄弟社 1
94西城陽 1
98関大一 1
94姫路工2
59天理 23
88高野山 1
88八幡商 6
87北嵯峨 3
97履正社 1
92神港学園 3
53御所工 4
87智弁和歌山 16
85甲西 2
85花園 1
91大阪桐蔭 5
91村野工 1
33郡山 6
81和歌山工 2
84長浜 1
84京都外大西 8
90渋谷 1
89神戸弘陵 1

70箕島 7
岡山
広島
鳥取
島根
山口
香川
徳島
愛媛
高知
01玉野光南 2
00瀬戸内 1
04鳥取商 1

93開星 6
08下関工 1
03香川西 3
04鳴門第一 1
04済美 3

94宿毛 1
90岡山城東 2
97如水館 5
95倉吉東 1
90津和野 1
00岩国 4
95観音寺中央 1
03小松島 1
00丹原 1

87伊野商 1
81岡山南 5
96高陽東 2
88米子商 2
89出雲商 1
99久賀 1
86尽誠学園 9
96新野 1
87宇和島東 7
84明徳義塾 11
80岡山理大付 5
95宮島工 1
87八頭 6
84益田東 3
97西京 1
84三本松 2
89小松島西 2
82川之江 5
55高知 12
77水島工 1
91西条農 2
78倉吉北 6
82益田 1
93光 2
63丸亀城西 4
73鳴門工 5
80南宇和 1
53土佐 4
58倉敷商7
90山陽 2
72米子工 1
78三刀屋 1
89桜ケ丘 1
49高松一 3
71池田 9
75新居浜商 2
48高知商 22
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
08飯塚 1
01神埼 1
05清峰 3
03必由館 1
07楊志館 1
05聖心ウルスラ 1
07神村学園 1
06八重山商工 1
03筑陽学園 1
00佐賀北 2

96波佐見 2
01秀岳館 1
05別府青山 1
04佐土原 1

06鹿児島工 1
02中部商 2
01九産大九州 1
96唐津工 1
94長崎北陽台 1
93城北 3
01明豊 2
02日章学園 1
80川内実 1
01宜野座 1
97福岡工大城東 2
93鳥栖商 2
93長崎日大 7
85熊本西 1
95日田 1
97宮崎日大 1
70樟南 16
00那覇 1
93東福岡 4
92佐賀東 2
88小浜 1
83東海大二 1
90藤蔭 1
95日南学園 5
63鹿児島 2
94那覇商 1
86西日本短大付 4
86唐津西 1
86島原中央 1
78文徳 2
84別府商 1
93小林西 1
61鹿児島実 16
93浦添商3

▲当サイトでは、固有名詞であっても、異体字のある漢字については、原則として簡易な文字に改めて表記しています。なお、「附」は常用漢字ですが、「附属」として使われている場合には、「付」に改めることにしています。いちいち当事者に確認できないからです。→「固有名詞における異体字の扱い」

新興勢力台頭

初出場が1990年以降で、すでに3回以上出場して、初出場から08年までの「出場率」が4割を超えるのは、次の14校だ。まあ、岩国が「新興勢力」と呼ばれることはないだろうが…。08年は清峰、千葉経大付、済美、香川西が「3回」をクリアして新たにこのリストに加わり、盛岡大付は「4割」基準を満たして復活した。

おなじみになった最近の初出場校
初出場 出場回数 出場率
清峰(長崎) 2005年 3回(08年) .750(3/4)
酒田南(山形) 1997年 8回(08年) .667(8/12)
聖光学院(福島) 2001年 5回(08年) .625(5/8)
千葉経大付(千葉) 2004年 3回(08年) .600(3/5)
済美(愛媛) 2004年 3回(08年) .600(3/5)
桐生第一(群馬) 1993年 9回(08年) .563(9/16)
青森山田(青森) 1993年 9回(08年) .563(9/16)
香川西(香川) 2003年 3回(08年) .500(3/6)
日本航空(山梨) 1998年 5回(08年) .455(5/11)
岩国(山口) 2000年 4回(07年) .444(4/9)
長崎日大(長崎) 1993年 7回(07年) .438(7/16)
盛岡大付(岩手) 1995年 6回(08年) .426(6/14)
遊学館(石川) 2002年 3回(05年) .429(3/7)
如水館(広島) 1997年 5回(06年) .417(5/12)

初出場が難しい県

1990年代に初出場校が1校もなかったのは、秋田、石川、奈良、愛媛、鹿児島の5県だった。このうち愛媛は00年に丹原が初出場した。愛媛県勢としての夏の初出場は、宇和島東以来13年ぶりだったのだから、ちょっと意外なところだ。04年は済美が初出場を果たしたので、次の初出場はかなり先のことになるだろう。

87年から98年までの12年間、星稜と金沢の2校で独占されていた石川は、99年が小松、00年が小松工だったが、両校とも初出場ではなかった。02年、ようやくニューフェイスが名乗りをあげた。どうやら素直に「3強」に落ちつきそうだ。

秋田は93年以降、秋田経法大付−秋田−金足農−秋田経法大付−秋田商−金足農−秋田−秋田商−金足農−秋田商−秋田−秋田商−秋田商という具合に4強の「たらい回し」が続いていたが、06年になって本荘が割り込んできた。それでも、初出場が途絶えて20年以上になる。

奈良は夏の出場経験があるのは5校のみで、一番新しい初出場校が08年で15回目の智弁学園だから困ってしまう。近畿6府県のセンバツ枠は、かつてはおおむね7校だった。だから奈良県勢にとっては春は近い。県大会で決勝まで残って、あとは近畿大会で1勝すれば、かなり高い確率でセンバツに出られた。

現に00年春は橿原が初出場しているし、99年春は高田が44年ぶりの復活出場だった。だが、3強以外にとっては夏は遠い。3強以外が夏に出たのは69年の御所工が最後なのだ。奈良市内の高校は夏の全国大会を1度も経験することなく21世紀を迎えた。

今後しばらく初出場が難しそうなのは青森だろうが、地味に初出場が途絶えているのが島根だ。08年は39校参加だがこのうち15校が代表経験を持つ。93年の開星(←松江第一)の初出場以降は、江の川、浜田、益田東の4校で独占している。福井と高知は参加校が少ないだけに、初出場は今後も厳しそうだ。

鹿児島も80年の川内実(→れいめい)を最後に初出場がなかった。奈良と違うところは、春も顔ぶれが固定していることだ。05年春の神村学園まで3強が独占していた。しかも、3強が2強に、2強が1強になりつつあったから始末が悪い。

私は鹿児島の出身だ。私がまだランドセルを背負っていた時分、すでに鹿商は小鷹監督、鹿実は久保監督、鹿児島商工(→樟南)は枦山監督だった。小鷹氏は1943年生まれで66年就任、久保氏は38年生まれで67年就任、枦山氏は44年生まれで71年就任だ。

3氏とも20代で監督に就いた。3人の青年監督は競い合いながら次第に成果をあげた。今ならベスト8ぐらいは当たり前でも、私が高校を卒業する頃まで鹿児島はとにかく弱かったのだ。なにしろ、山形県勢の選手権大会初勝利の相手は73年の鹿実(対日大山形)だった。

1980年まで鹿児島県勢の春夏通算成績は17勝46敗にすぎなかった。86年夏に鹿商が県勢初の1大会4勝をあげた。94年夏の樟南は福岡−田村のバッテリーで初めて全国大会のファイナルゲームを戦った。手を伸ばせば届くところまで、夢が近づいた。

96年春、県勢としては春夏通算71回目の出場にして、初めて負けなかった。下窪−林川のバッテリーだった。その鹿実を率いた久保氏も02年夏で退き、小鷹氏もすでに勇退している。06年夏の鹿工で、ようやく新しい名前が刻まれ、07年は神村学園が続いた。

初出場ラッシュ

対照的に、三重、沖縄、宮崎が初出場ラッシュだ。三重と沖縄は00年からの8年間で初出場が4校、宮崎は02年からの6年間で3校が初出場だ。90年代に初出場が5校あった岩手は、その中の盛岡大付と専大北上が「壁」になって、近年は初出場が途絶えている。千葉と静岡は相変わらず初出場が多い。

埼玉はかなり特徴的だ。85年から01年までの17年間18代表のうち実に12校が初出場だ。そのうえ、84年以前に夏の代表校になった10チームは85年以降はまったく出ていない。


◆従来、このページにおさめていた「○○第一高校の表記について」(04/08/10追記分)は「表記規準」(第一高校)に移しました。なお、「日大鶴ケ丘」は「日大鶴ヶ丘」、山口の「桜ケ丘」は「桜ヶ丘」が正式な名称と思われますが、当サイトにおいては高校名の「ヶ」は「ケ」に改めることにしています。また、「市立船橋」は「市船橋」で表記しています。

◆数値や固有名詞の誤り、リンク切れ等にお気づきの際は、「3代目んだ」(初出場校は5校/08年)または「メールのページ」からご一報いただけると幸いです。

★07/08/07校正チェック済、ケなし、順OK
★08/07/27HTML文法チェック済(エラーなし)



検索リンクポリシー高校野球|次へ:連続出場・復活出場(夏)|玉手箱:佐藤康弘