セットポジション高校予想
08年選手権予想 | 01年センバツ予想 | 02年センバツ予想

2001年センバツ予想

01/01/29作成
13/12/18更新

この予想は募集していません。予想という行為は、本質的に罪深い性質を備えています。犯した罪を償う唯一の方法は、自分の予想を自分でチェックしていくことだと私は理解しています。Web上で募集すると、どういうことになるか想像できますので、募集はしていません。


◇出場校予想

私がかつて企画したセンバツ予想は、次のようなスタイルだった。

●センバツ大会出場チーム32校(03年なら34校)を予想する。
●予想した32校に対して、強いと思うチームから順に「1」から「32」のランクをつける。同じランクが重複してはならない。「1」から「32」までのランクをつけることで、1回戦から決勝までの全試合の勝敗予想と優勝校予想が完了したことになる。
●自分の予想の当たり具合(外れ具合)を自分で予想するために「目標ポイント」を設定する。
●締め切りは出場校決定の前日とする(当時はFAX投票を受け付けていた。郵送は前日分の消印まで有効)。

採点は次のようになる。

●A高校に「1」、B高校に「30」のランクをつけた場合、この両者が対戦して、ランク上位のA高校が勝てば1ポイント、B高校が勝てばノーポイント。
●出場予想を外すと、予想しなかったチームが絡む試合が出現するが、この場合はどちらが勝ってもノーポイント。
●この調子で全試合をチェックしていく。全試合の結果により得た総ポイントを「獲得ポイント」と呼ぶ。
●「獲得ポイント」から、優勝チームにつけたランクを引き算する。出場予想していないチームが優勝した場合は、「出場校数プラス1」を引き算する(通常は「33」、03年なら「35」)。引き算後の数値を「総合ポイント」と呼ぶ。
●「総合ポイント」と「目標ポイント」の差(絶対値)を求める。これを「最終ポイント」と呼ぶ。「最終ポイント」がもっとも少ない者がWinner。「最終ポイント」が同数の場合、高い「目標ポイント」を設定していた者が上位。

◇01年の予想

Webサイト開設後は、1人でやることにした。センバツは01年からになる。

北海道 東海大四 札幌商 旭川大高 室蘭大谷
北海道F
北海道S
北海道Q
4○1札幌商
10○0旭川大高
13○6函館工
1●4東海大四
9○5室蘭大谷
11○1帯広南商
 −
0●10東海大四
11○9鵡川
 −
5●9札幌商
3○2滝川西

まあ、北海道は何の苦労もない。

東北 東北 仙台育英 光星学院 酒田南
東北F
東北S
東北Q
東北2
県F
県S
2○0仙台育英
4○3光星学院
7○0鶴岡東
9○1田村
2●8仙台育英
10○0仙台一
0●2東北
5○0酒田南
8○0学法石川
8○1弘前工
8○2東北
11○0仙台商
 −
3●4東北
8○0一関商工
3○1仙台商
7○1弘前工
9○2野辺地西
 −
0●5仙台育英
5○4秋田商
6○2盛岡大付
6○5鶴岡東
11○1山形中央

96年秋は光星学院と青森山田の決勝だった(6対3で光星の勝ち)が、準決勝で光星に1点差負けだった平工が選ばれている。同様のケースは94年秋の東北と北信越でも生じており、いずれも準優勝チームは選ばれていない。そういう前例に倣えば、仙台育英がワリを食うことになる。

ただし、96年秋の青森山田は県3位だった。今回の仙台育英は宮城県1位だ。つまり、優勝した東北とは1勝1敗なのだ。それに、仙台育英は県大会準決勝で仙台商にコールド勝ちしているが、光星学院は同じ仙台商に東北大会2回戦でやや苦戦している。というわけで、そうすんなりはいかないだろうが、やはり「地域性」で光星にしよう。拡販マーケットが宮城だけは困るだろうし…。

ところで、光星学院は福島で開かれた東北大会から1週間たたないうちに富山国体に出ているのだが、こういう時期におこなわれる国体に参加する必要があるのか、真剣に考え直してもいいのではないだろうか。

関東 常総学院 水戸商 市川 藤代 桐光学園 浦和実 宇都宮工
関東F
関東S
関東Q
関東1
 〃
県F
県三決
県S
13○8水戸商
4○3市川
7○0藤嶺藤沢
 −
 −
2○0藤代
 −
10○4波崎柳川
8●13常総学院
6○1藤代
4○3桐光学園
3○2浦和学院
 −
 −
2○1波崎柳川
2●5藤代
 −
3●4常総学院
4○1浦和実
3○0作新学院
 −
3●4日本航空
 −
6○0甲府工
 −
1●6水戸商
7○2宇都宮工
3○1桐生第一
1△1桐生第一
0●2常総学院
 −
5○2水戸商
 −
 −
3●4水戸商
5○1拓大紅陵
 −
5○3藤嶺藤沢
 −
8○1向上
 −
 −
1●4市川
5○1八千代松陰
 −
2●5浦和学院
 −
3○2東農大三
 −
 −
2●7藤代
5○4日本航空
 −
1●2作新学院
 −
4○1葛生

どうせ5校だろうし、その場合は「地域性」=「拡販マーケット論」で浦和実だろうが、私は藤代と桐生第一の延長15回をライブで見ている。1試合余分に戦ったハンディを考慮して、「関東6、東京1」として藤代を加える。玉砕は覚悟のうえだ。

東京 日大三 桜美林 創価 東亜学園
東京F
東京S
東京Q
7○6桜美林
14○2創価
9○6安田学園
6●7日大三
3○2東亜学園
2○1帝京
 −
2●14日大三
10○7早稲田実
 −
2●3桜美林
10○0多摩大聖ケ丘

東京が1校でも私はちっとも困らない。

東海 岐阜第一 四日市工 中京大中京 東邦
東海F
東海S
東海Q
東海1
県F
県S
8○7四日市工
14○6中京大中京
9○2星城
 −
5○3東濃実
8○2郡上北
7●8岐阜第一
7○6東邦
5○3掛川西
 −
5○4三重
8○0桑名西
 −
6●14岐阜第一
5○3三重
 −
12○0東邦
5○2星城
 −
6●7四日市工
11○3静岡学園
9○0桑名西
0●12中京大中京
4○1豊田西

東海大会準決勝を重視するか、県大会決勝の直接対決を尊重するかということになる。県2位校は東海大会の1回戦から出るわけだから、県1位と県2位の優劣は2位校が1回戦に勝った時点で相殺されると考える。

北信越 金沢 福井商 福井 佐久長聖
北信越F
北信越S
北信越Q
北信越1
県F
県S
7○5福井商
4○3福井
10○3氷見
 −
4○2星稜
5○4尾山台
5●7金沢
9○4佐久長聖
8○1高岡第一
 −
6○0福井
13○1北陸
 −
3●4金沢
5○1日本文理
3○0北陸大谷
0●6福井商
7○2敦賀気比
 −
4●9福井商
3○2星稜
 −
14○7信州工
8○6松商学園

福井商は県大会決勝で福井に勝っているので別に問題はない。

近畿 鳥羽 関西創価 浪速 神戸国際大付 大阪桐蔭 智弁学園 南部 姫路工
近畿F
近畿S
近畿Q
近畿1
府県F
府県三
府県S
6○0関西創価
3○2浪速
8○2大阪桐蔭
10○0斑鳩
10○5立命宇治
 −
9○0桂
0●6鳥羽
8○1神戸国際
2○1智弁学園
11○0立命宇治
6○5大阪桐蔭
 −
10○4浪速
 −
2●3鳥羽
5○3南部
10○0比叡山
 −
6○5PL学園
4●10関西創価
 −
1●8関西創価
3○0姫路工
7○3近江
10○9神港学園
 −
14○2須磨
 −
 −
2●8鳥羽
11○1有田中央
5●6関西創価
 −
4○1PL学園
 −
 −
1●2関西創価
7○0桂
10○6斑鳩
 −
4○1郡山
 −
 −
3●5浪速
6○3神港学園
4○2市和歌商
 −
4○2有田中央
 −
 −
0●3神戸国際
7○0市和歌商
 −
8○3須磨
2●4神港学園

7校だとすると、まずは準々決勝の得点差に頼ることになる。漏れるのは姫路工か大阪桐蔭だろうが、大阪桐蔭では大阪が3校になってしまうし、兵庫県西部の姫路工には「拡販マーケット」上の強みがある。単に出場校予想なら姫路工だが、大阪桐蔭が間違って選ばれたときのことを考えると、やはり姫路工よりは大阪桐蔭となる。

中国 岡山学芸館 関西 広陵 淞南学園 境港工
中国F
中国S
中国Q
中国1
県F
県三決
県S
6○3関西
9○6広陵
6○3倉吉東
7○5浜田
4●15関西
 −
5○2岡山理大付
3●6岡山学芸館
12○1淞南学園
8○5広島商
2○0防府商
15○4岡山学芸館
 −
11○6倉敷工
 −
6●9岡山学芸館
13○3宇部商
5○4早靹
7○3広島商
 −
2○1瀬戸内
 −
1●12関西
9○1松江北
5○3鳥取城北
 −
7○0大田
1●2浜田
 −
 −
 −
 −
 −
1●2根雨
1●2鳥取城北

3校はとくに問題はない。そうすると、ちょうど山陰が空白になるし、人道上「被災地枠」には反対しづらい(それとこれとは話が別だと私は思っている)。よって、「21世紀枠」で境港工が当選するだろうと読む。

四国 尽誠学園 小松島 鳴門第一 高知
四国F
四国S
四国1
県F
県S
7○1小松島
8○1鳴門第一
9○4丹原
13○1三本松
6○0多度津工
1●7尽誠学園
4○3高知
8○4宇和島東
5●6鳴門第一
10○5池田
 −
1●8尽誠学園
8○3高知東
6○5小松島
4○1徳島商
 −
3●4小松島
12○3三本松
3○2高知東
6○2室戸

鳴門第一と小松島の直接対決では鳴門第一が勝っているのだが、小松島は高知に勝っている。鳴門第一を引っ張り上げようとすると、2番手が鳴門第一、3番手が小松島、4番手が高知という序列になる。これはいささか座りが悪い。

九州 東福岡 神埼 鳥栖 海星 日南学園 宜野座 明豊
九州F
九州S
九州Q
九州2
九州1
県F
県三決
県S
3○1神埼
7○0鳥栖
8○0柳ケ浦
4○3樟南
9○6宮崎日大
 −
8○6戸畑商
1●11九産大九州
1●3東福岡
7○1海星
4○1日南学園
7○0国東
 −
4○2鳥栖
 −
5○2佐賀工
 −
0●7東福岡
1○0宜野座
10○7九産大九州
2○0杵築
2●4神埼
 −
10○9佐賀西
 −
1●7神埼
3○0明豊
9○1熊本工
 −
8○4佐世保実
 −
6○1波佐見
 −
 −
1●4神埼
4○1中部商
 −
6○4宮崎日大
 −
3○0宮崎第一
 −
 −
0●1鳥栖
8○4佐世保実
 −
4○0中部商
 −
5○3那覇
 −
 −
0●3海星
5○3玉龍
 −
6○2柳ケ浦
 −
6○2杵築

樟南という手もあると思うのだが、00年の春日部共栄は補欠校にもならなかった。まずないだろう。私は「21世紀枠」より、そういう選択肢のほうがあっていいと思っている。

4校目は鳥栖だと思うが、あとのことを考えると日南学園でギャンブルに出るほうが得策だ。宜野座はもともと選考対象にあがるチームだから、「21世紀枠」で選ばれても違和感はない。

勝敗予想

以上の34校に対して次のようにランクをつけた。4校程度は外すだろう。目標ポイントは「13」にしておこう。

1.東福岡
2.常総学院
3.鳥羽
4.尽誠学園
5.関西創価
6.四日市工
7.関西
8.智弁学園
9.大阪桐蔭
10.広陵
11.桐光学園
12.日大三
13.南部
14.神埼
15.東邦
16.神戸国際大付
17.福井商
18.日南学園
19.小松島
20.浪速
21.金沢
22.高知
23.東北
24.水戸商
25.光星学院
26.岡山学芸館
27.市川
28.東海大四
29.岐阜第一
30.藤代
31.宜野座
32.浦和実
33.海星
34.境港工

出場予想の当否

出場校が決まった。結局、5校外したことになる。姫路工と鳥栖は「予想」どおりではなかったけれども、計算には入っている。安積が選ばれれば、地域性のウエイトは低くなるだろうから、仙台育英も妥当なところだ。意外だったのは関東だ。私はてっきり藤代を外して浦和実だろうと思っていた。風当たりが強いのは、やはり安積だろう。

出場しない予想校 予想しなかった出場校
 9.大阪桐蔭
18.日南学園
25.光星学院
32.浦和実
34.境港工
姫路工
鳥栖
仙台育英
桜美林
安積

勝敗予想の当否

月日 回戦 勝ちチーム スコア 負けチーム 予想の当否
3/25
3/25
3/25
3/26
3/26
3/26
3/27
3/27
3/27
3/27
3/28
3/28
3/28
3/28
3/29
3/29
3/29
3/30
3/30
3/30
3/31
3/31
3/31
4/01
4/01
4/01
4/02
4/02
4/02
4/02
4/03
4/03
4/04
































(28)東海大四
(17)福井商
(21)金沢
(2)常総学院
(12)日大三
(1)東福岡
(7)関西
(4)尽誠学園
(5)関西創価
(27)市川
(22)高知
35)仙台育英
(30)藤代
(31)宜野座
(11)桐光学園
(19)小松島
(24)水戸商
(20)浪速
(2)常総学院
(1)東福岡
(4)尽誠学園
(5)関西創価
(27)市川
35)仙台育英
(31)宜野座
(20)浪速
(2)常総学院
(5)関西創価
35)仙台育英
(31)宜野座
(2)常総学院
35)仙台育英
(2)常総学院
6−2
11−9
5−1
8−7
8−5
8−4
3−2
14−1
8−1
5−2
7−1
4−3
1−0
7−2
5−2
5−4
6−4
7−6
4−1
8−3
3−1
6−1
10−1
3−1
4−3
2−1
4−2
5−4
9−1
4−2
2−1
7−1
7−6
東邦(15)
桜美林(35
安積(35
南部(13)
姫路工(35
広陵(10)
鳥羽(3)
鳥栖(35
東北(23)
神戸国際大付(16)
岡山学芸館(26)
海星(33)
四日市工(6)
岐阜第一(29)
智弁学園(8)
神埼(14)
東海大四(28)
福井商(17)
金沢(21)
日大三(12)
関西(7)
水戸商(24)
高知(22)
藤代(30)
桐光学園(11)
小松島(19)
東福岡(1)
尽誠学園(4)
市川(27)
浪速(20)
関西創価(5)
宜野座(31)
仙台育英(35
































名前で決めるな、と
東京は1校でいい
ノーコメント
1勝目
計算はしてある
2勝目
初戦ではもったいない
なんとも
3勝目
市川は初戦負けがない
4勝目
これは仕方がない
非常に痛い
意外だとは思わない
ここらは微妙なところなのだ
ああ、5連敗
5勝目
もはや絶望的?
6勝目
7勝目
8勝目
9勝目
最低あと5勝必要なのだが…
困ったことだ
今度は1面じゃない
本格的に厳しくなった
もう1敗もできない
投了です
トーナメントはこういうものだ
実力の1面
10勝目
最悪のパターン
10−2=8

獲得ポイントは「10」。ここから優勝した常総学院に設定したランク「2」を引き算した総合ポイントは「8」だった。目標ポイントは「13」だったから、最終ポイントは「5」になる。まあ、なんとか面目をほどこせる数字なのかもしれない。

出場予想から外していた仙台育英が決勝まで残ったので、これだけで5ポイントを無駄にした。こういう事態を恐れたからこそ、出るとは思えない大阪桐蔭や日南学園を予想に入れる安全策をとったつもりだったのに、思わぬところでほころびが出てしまった。

仙台育英を出場予想に入れた場合、そのランクは東北「23」や光星学院「25」と同じあたりに据えただろう。仙台育英が勝った相手は、海星「33」、藤代「30」、市川「27」、宜野座「31」であり、これで4ポイントになる。決勝で負ければさらに1ポイント追加できる。そうすれば、ちょうど目標ポイントの「13」だった。まあ、負け惜しみではあるが…。


◆私のランクで10ポイント以上の差があったのに、下位ランクのチームが勝ったのが5試合あります。東海大四、市川、藤代、とりわけ宜野座の選手・関係者のみなさん、大変失礼しました。

◆他の年の予想→01年選手権02年センバツ03年センバツ

◆当サイトの固有名詞表記に関する指針に従い、「柳ヶ浦」と「多摩大聖ヶ丘」の「ヶ」は「ケ」に改めてあります。事実誤認、数値の誤り、変換ミス、リンク切れ等にお気づきの際は、お手数ですが「メールのページ」からご一報いただけると幸いです。

★07/03/08校正チェック済、ケOK、順OK
★08/03/14HTML文法チェック済(エラーなし)



検索リンクポリシー予想|次へ:02年センバツ予想|作成順:21世紀枠の正体