セットポジション高校野球
最近の初出場校 | 連続・復活 | たそがれの商業高校

連続出場・復活出場(夏)

01/08/30作成
13/12/16更新


◇県別の連続出場と復活出場

初出場だけでは芸がないので、連続出場や復活出場も調べてみた。

▼「最近の連続出場」で高校名の左側に冠記した数字は連続出場の年です(西暦末尾2桁)。
▼「最長連続出場」の冒頭の数字は連続出場の回数です。ハイフンの前後の数字は連続出場の年です。
▼「最長復活出場」の冒頭の数字は何年ぶりの出場だったかを示します。カッコ内のスラッシュ(/)の前後の数字は当該復活出場の年です。
▼「ごぶさた組」は夏の出場が途絶えて久しい順に各地区3校ずつリストアップしました。高校名の左側に冠記した数字は、最後の出場年です。飯塚商のように廃校になった高校や米子南(→米子南商)のように廃部になった高校については、私が把握している範囲で除外しました。
▼「最近の連続出場」「最長連続出場」「最長復活出場」の校名は、出場当時(連続出場の最後の年または復活出場時)のものです。「ごぶさた組」に関しては、判明している範囲で、「→」の次に現校名を付記しました。

連続出場と復活出場
地区 最近の連続出場 最長連続出場 最長復活出場 ごぶさた組(各地区3校)
北北海道
南北海道
07-08駒大岩見沢
03-07駒大苫小牧
3(73-75旭川竜谷)
5(03-07駒大苫小牧)
44(60/04旭川北)
61(39/00札幌南)
26旭川商、49帯広→帯広柏葉、63釧路商
23函館商、46函館中→函館中部、52函館西
青森
岩手
秋田
山形
宮城
福島
04-08青森山田
03-04盛岡大付
04-05秋田商
06-07日大山形
06-08仙台育英
07-08聖光学院
5(04-08青森山田)
3(27-29福岡中)
4(31-34秋田中)
4(36-39山形中、他)
4(51-54東北、他)
3(96-98日大東北)
35(30/65八戸)
26(20/46一関中、他)
23(35/58秋田商)
16(58/74山形南)
22(25/47仙台二)
19(81/00福島商)
60青森、69三沢、70五所川原農林
32遠野中→遠野、46一関中→一関一、55岩手
69横手、74秋田市立、85能代商
46山形中→山形東、59新庄北、62山形商
48石巻、50仙台一、53白石
65保原、78郡山北工、82安積商→帝京安積
東東京
西東京
(東京)
06-07帝京
03-05日大三
3(80-82早稲田実)
3(03-05日大三)
7(22-28早稲田実)
27(66/93修徳)
21(77/98桜美林)
46東京高師付中→筑波大付、72日大桜丘、76日体荏原
58明治、74佼成学園、80国立
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
神奈川
山梨
06-08常総学院
06-07文星芸大付
03-04桐生第一
06-08浦和学院
96-98市船橋
00-01横浜
03-04東海大甲府
5(18-22竜ケ崎中)
2(97-98佐野日大、他)
3(34-36桐生中、他)
3(06-08浦和学院)
3(96-98市船橋)
5(57-61法政二)
5(84-88東海大甲府)
44(22/66竜ケ崎一)
29(79/08)白鴎大足利
57(29/86前橋商)
31(51/82熊谷)
35(55/90成田)
46(横浜商、慶応
44(63/07甲府商)
54水戸一、57土浦一、59下館一
23宇都宮商、24宇都宮中→宇都宮、33栃木中→栃木
48前橋、60桐生工、78桐生
59川越、64熊谷工、67大宮
34関東中→千葉敬愛、53千葉一→県千葉、77千葉商
48浅野、49湘南、50神奈川商工
47谷村工商→谷村工、52都留、68甲府一
静岡
愛知
岐阜
三重
07-08常葉菊川
05-07愛工大名電
95-97県岐阜商
93-94海星
4(24-27静岡中)
4(17-20愛知一中、他)
4(84-87県岐阜商)
2(58-59松阪商、他)
39(62/01静岡市立)
42(52/94愛知)
28(77/05土岐商)
25(78/03宇治山田商)
40島田商、46沼津中→沼津東、58清水東
16愛知四中→時習館、21明倫中→明和、22名古屋商
50長良、51大垣北、52岐阜工
15山田中→宇治山田、53津、59松阪商
新潟
長野
富山
石川
福井
85-86中越
07-08松商学園
02-04富山商
04-05遊学館
05-08福井商
4(18-21長岡中)
6(75-80松商学園)
3(02-04富山商)
4(89-92星稜)
7(25-31敦賀商)
56(21/77長岡)
44(39/83長野商)
45(56/01滑川)
43(23/66金沢商)
37(36/73福井商)
66小千谷、73糸魚川商工→糸魚川白嶺、74長岡商
35飯田商→飯田長姫、47松本中→松本深志、48穂高農→穂高商
59魚津、65氷見、69富山北部
35石川工、63金沢泉丘、66金沢商
65武生、69若狭、71美方
地区 最近の連続出場 最長連続出場 最長復活出場 ごぶさた組(各地区3校)
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
07-08近江
04-05京都外大西
05-06大阪桐蔭
07-08報徳学園
07-08智弁学園
05-08智弁和歌山
4(88-91八幡商)
5(27-31平安中、他)
3(83-85PL学園)
4(24-27第一神港商)
4(03-06天理)
14(15-28和歌山中)
14(73/87伊香)
57(26/83東山)
40(23/63明星)
37(31/68市神港)
33(33/66郡山)
27(67/94市和歌山商)
53八日市、58甲賀→水口、63長浜北
17京都一中→洛北、24同志社中→同志社、48西京商→西京
27北野中→北野、28豊中中→豊中、35日新商→日新
15神戸二中→兵庫、22神戸商→県神戸商、38甲陽中→甲陽学院
63高田商、69御所工、00郡山
47海草中→向陽、57県和歌山商、64海南
岡山
広島
鳥取
島根
山口
05-06関西
07-08広陵
96-97八頭
06-08開星
03-04岩国
3(83-85岡山南)
6(32-37呉港中)
4(26-29鳥取一中)
3(79-81浜田、
3(38-40下関商)
35(48/83関西)
28(31/59広陵)
27(52/79境)
33(58/91益田農林)
42(20/62山口鴻城)
21岡山一中→岡山朝日、74玉島商、77水島工
15広島中→広島国泰寺、50呉阿賀→呉工、54三原
72米子工、91米子東、95倉吉東
46松江中→松江北、57松江商、70江津工
51下関西、55岩国工、65小野田工
香川
徳島
愛媛
高知
01-02尽誠学園
06-07徳島商
06-07今治西
07-08高知
5(76-80高松商)
4(97-00徳島商)
6(19-24松山商)
7(98-04明徳義塾)
42(48/90丸亀)
28(73/01鳴門工)
45(18/63今治西)
24(81/05高知)
34高松中→高松、72高松一、85志度商→志度
68鴨島商、92池田、94小松島西
50松山東、58八幡浜、67今治南
46城東中→高知追手前、87伊野商、89土佐
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
98-99東福岡
05-06佐賀商
05-06清峰
04-06熊本工
02-03柳ケ浦
63-64宮崎商
99-03樟南
90-91沖縄水産
6(46-51小倉)
3(22-24佐賀中、他)
3(66-68海星)
3(98-00九州学院、他)
2(65-66津久見、他)
2(63-64宮崎商)
5(99-03樟南)
5(84-88沖縄水産)
47(15/62久留米商)
29(29/58佐賀)
39(58/97長崎南山)
37(39/76熊本工)
45(48/93大分工)
39(69/08宮崎商)
29(24/53甲南)
30(62/92沖縄尚学)
18中学明善→明善、21豊国中→豊国学園、40福岡工
58佐賀→佐賀西、60鹿島、63武雄
49長崎東、79諫早、81長崎西
55熊本、60熊本商、83東海大ニ
49臼杵、56別府鶴見丘、58大分上野丘
60大淀→宮崎工、67宮崎大宮、71都城農
53甲南、60出水商、67鹿児島
63首里、72名護、78豊見城

▲代表校決定後に本大会が中止された1918年第4回の14チームと1922年第8回大会を辞退した新潟商については出場回数にカウントしています。
▲慶応普通部とマ○ノ氏の母校である慶応商工は、神奈川の慶応に継承されたと解釈しています。
▲1917年の長崎中は、長崎西と長崎東に重複カウントしています。
▲49年と50年の盛岡は、盛岡商と盛岡一(盛岡中)に重複カウントしています。
▲48年の大分二は、大分商(大分城崎)と大分工に重複カウントしています。
▲50年の長良は、県岐阜商(岐阜商)と長良に重複カウントしています。
▲50年の松山東は、松山商と松山東(松山中)に重複カウントしています。
▲64年と65年の熊谷商工は、熊谷商と熊谷工に重複カウントしています。

◇連続出場が難しい県

栃木は97年と98年の佐野日大まで連続出場が1度もなかった。04年と05年に宇都宮南が連続出場したので、夏の連続出場が1回しかないのは宮崎だけだ。63年と64年に宮崎商が連続出場して以来、久しくお目にかかれない。宮崎以外には新潟、沖縄、三重も近年は連続出場がない。

福岡は68年と69年の飯塚商以来夏の連続出場が長らく途絶えていたが、98年と99年に東福岡が連続出場を果たして、30年の空白を埋めた。飯塚商と同じ68年と69年に連続出場していたのが静岡商だ。静岡ではそれ以来、連続出場がなかったが、常葉菊川が07年と08年に連続出場を果たした。

北北海道では1970年代に旭川竜谷と釧路江南が連続出場しただけだった。07年の地区割りの変更で「北」に移った駒大岩見沢は、「南」時代には果たせなかった連覇をあっさり達成してしまった。

◇最長連続出場

和歌山中(→桐蔭)は第1回大会から14年連続出場だが、これは「太古の昔」の話だから、今となってはアンタッチャブル・レコードだ。「近世」では、75年から80年にかけて松商学園が記録した6年連続があり、04年の明徳義塾はこれを超えた。

▲和歌山中は第7回大会と第8回大会で連覇しています。砂川守一『高校野球はこれでいいのか』(近代文芸社)によれば、あまりに強すぎたせいで、3連覇に挑んだときの第9回大会の予選(紀和大会=奈良+和歌山)では、1回戦で対戦したチームに「敗者復活」の恩恵が与えられたそうです。1回戦の相手は海草中で、和歌山中が9対3で勝ちました。その後、両者は決勝で再対決し、日没再試合の末、5対2で和歌山中が勝ったとのことです。和歌山中は本大会では準優勝でした。この敗者復活制度は1年限りで廃止になったそうです。

08年の青森山田は5年連続出場を決めた。09年は戦後4校目の6年連続に挑むことになる。浦和学院は埼玉初の3年連続だ。これで、3年連続がないのは栃木、三重、大分、宮崎の4地区のみとなった。

戦後に限定して、4年以上連続出場したチームの本大会での成績を調べてみた。「何が言いたい?」と突っ込まれそうな気もするが、私は意地が悪いので…。

連続 高校    地区   本大会の成績                             
 7 明徳義塾  高知   98○○○○●、99○●、00○●、01○●、02○○○○○○、03○●、04○○●
 6 小倉    福岡   46●、47○○○○○、48○○○○○、49○○●、50○●、51●
 6 松商学園  長野   75●、76●、77●、78●、79●、80●
 5 松商学園  長野   50●、51●、52●、53●、54●
 5 平安    京都   56○○○○○、57●、58○○●、59○○●、60○●
 5 法政二   神奈川  57○○○●、58○●、59●、60○○○○○、61○○○●
 5 高松商   香川   76●、77●、78●、79●、80●
 5 東海大甲府 山梨   84○●、85○○○●、86○●、87●、88○○●
 5 沖縄水産  沖縄   84○●、85○○●、86○○●、87○●、88○○○○●
 5 智弁和歌山 和歌山  96●、97○○○○○、98○○●、99○○○●、00○○○○○○
 5 樟南    鹿児島  99○○○○●、00○○○●、01●、02●、03●
 5 駒大苫小牧 南北海道 03●、04○○○○○、05○○○○○、06○○○○●、07●
 5 青森山田  青森   04●、05○○●、06○●、07○●、08?
 4 中京    愛知   53○○○●、54○○○○○、55○○●、56○●
 4 東北    宮城   58○●、59○○○●、60●、61○●
 4 広陵    広島   62○●、63○●、64○○●、65●
 4 日大一   東京   68●、69○●、70○●、71●
 4 東海大相模 神奈川  74○○●、75○○●、76○●、77●
 4 興南    沖縄   80○○●、81●、82○○●、83○●
 4 広島商   広島   81●、82○○○○●、83○○●、84●
 4 県岐阜商  岐阜   84●、85●、86○●、87○●
 4 福井商   福井   86●、87●、88○●、89○○●
 4 八幡商   滋賀   88○●、89○●、90○●、91○●
 4 星稜    石川   89○●、90●、91○○○●、92○●
 4 仙台育英  宮城   94○○●、95●、96○○●、97○●
 4 酒田南   山形   99●、00○●、01●、02●
 4 徳島商   徳島   99○○○●、00●、01○●、02○○●
 4 天理    奈良   03○●、04○○○●、05●、06○●
 4 福井商   福井   05●、06○○●、70●、08?
 4 智弁和歌山 和歌山  05●、06○○○○●、70●、08

復活出場

00年に61年ぶりの復活出場を果たした札幌南が最長記録だ。惜しかったのが福岡工で、01年は決勝で負けた。もし勝っていたら、札幌南に並ぶところだった。もっとも、今後出場すれば新記録になるわけだから、そういう意味では「惜しかった」と言えるのかどうか微妙なところだ。

08年の最長復活は慶応の46年ぶりだ。あと1年待てば神奈川新記録だったのに…。まあ、待てないものだろう。07年の決勝敗退組では佐賀の鹿島が47年ぶり、長野は45年ぶりを逃したが、08年の決勝敗退組には“大物”はいなかった。

なお、上の表では漏れてしまったけれども、00年の鳥羽は54年ぶりということになっている(いささか強引だと思われるが、話としてはそうなっている…)。

1915年の第1回大会には10チームが出場しているが、そのうち3校は1回きりの出場に終わっている。これら3校が出てくれば、札幌南の最長記録は大幅に更新されることになる。

第1回大会出場校      2回目   最近   出場 06年夏の戦績      07年夏の戦績      08年夏の戦績      
秋田中(→秋田)    1922年  2003年 19回
早稲田実        1922年  2006年 27回
山田中(→宇治山田)  ------ 1915年  1回 2回戦(1●6尾鷲)  準々決勝(2●3鈴鹿) 2回戦(0●4津工)
京都二中(→鳥羽)   1916年  2000年  5回
神戸二中(→兵庫)   ------ 1915年  1回 1回戦(0●12尼崎小田)2回戦(4●5姫路西) 1回戦(0●5滝川)
和歌山中(→桐蔭)   1916年  1986年 20回
広島中(→広島国泰寺) ------ 1915年  1回 2回戦(0●7広島工) 4回戦(4●9総合技術)準々決勝(4●5尾道)
鳥取中(→鳥取西)   1916年  2008年 23回
高松中(→高松)    1926年  1934年  4回
久留米商        1962年  1985年  4回
第2回大会出場校      2回目   最近   出場 06年夏の戦績      07年夏の戦績      08年夏の戦績      
一関中(→一関一)   1918年  1946年  4回
慶応普通部(→慶応)  1917年  1962年 16回
長野師範(→×)    1917年  1919年  4回
愛知四中(→時習館)  ------ 1916年  1回 3回戦(7●8蒲郡東) 4回戦(1●4豊川)  3回戦(2●9豊田高専)
市岡中(→市岡)    1918年  1940年 10回
関西学院中(→関西学院)1917年  1939年  6回
広島商         1917年  2004年 22回
高松商         1917年  1996年 16回
中学明善(→明善)   1918年  1918年  2回
第3回大会出場校      2回目   最近   出場 06年夏の戦績      07年夏の戦績      08年夏の戦績      
愛知一中(→旭丘)   1918年  1929年  8回
京都一中(→洛北)   ------ 1917年  1回 4回戦(5●8東稜)  準々決勝(3●11西城陽)2回戦(1●8峰山)
明星商(→明星)    1920年  1972年  8回
杵築中(→大社)    1921年  1992年  8回
長崎中(→長崎西)   1951年  1981年  3回
長崎中(→長崎東)   1949年  1949年  2回

宇治山田は92年には決勝で1点差負けだし、1954年にも当時の三岐予選決勝で敗れたようだ。05年も準決勝まで残っている。04年は国泰寺がベスト4に進出し、優勝した広島商に敗れた。国泰寺は08年も準々決勝に進出している。時習館は05年、洛北は07年のベスト8だ。


外部リンクです。
激闘の記憶と栄光の記録第1回大会出場校は今
 夏の第1回大会予選参加73校のリスト、春の第1回大会だけでなく、1980年代に新設されたはずの鳥羽高校が廃校になった京都二中の出場回数を継承したナゾについての項目もありますので、どうぞご覧ください。(04/02/02許諾済)

◆事実誤認、変換ミス、リンク切れ、数値の誤り等にお気づきの際は、「3代目んだ」(県内唯一)または「メールのページ」からご一報いただけると管理人は喜びます。

◆「柳ヶ浦」と「竜ヶ崎一」については、当サイトの固有名詞表記に関する指針に従い、「ヶ」を「ケ」に改めて表記していますので、ご了承ください。

★07/03/29校正チェック済、ケOK、順OK
★08/07/23HTML文法チェック済(エラーなし)



検索リンクポリシー高校野球|次へ:たそがれの商業高校|作成順:1勝への1歩