セットポジション野球場
湿った落下物 | 2度と行きたくない | 私の好きな球場

2度と行きたくない球場

00/08/15作成
13/12/15更新

◆私が最後に見に行ったときの話です。施設は改修されているかもしれませんし、そのままかもしれません。利用者の立場でダメ出しすることは当然の権利であり、同じ轍を踏ませないために大切なことです。


バックネットの柱(駒沢=18球場目)

ネット裏に座ると、バックネットの鉄製の柱が邪魔な球場がある。どういう理由で、こんなに不細工なバックネットを用いたのか、建設当時の担当者を厳しく詰問したくなるのは、私だけではあるまい。まあ、成田大谷津球場や松前球場、古河市民球場程度なら許せるが、駒沢球場と立川球場はひどい。

甲子園のネット裏上段や神宮の2階席上段でも、柱が邪魔になる席がある。これらは屋根を支える柱だ。構造上の理由で排除できないだろう。駒沢と立川の場合はバックネットだけを取り替えれば済む話だ。ネット裏で見てはいけないということなのだろうか。

駒沢球場のバックネットは10枚の金網を上下に5枚ずつ並べた形になっている。枠が邪魔なのだ。この球場でネット裏に座ると、打者と9人の野手と3人の走者と4人の審判を、同時に視界におさめることは不可能だと思われる。

02年10月12日、私はネット裏中央の最上段で首都大学リーグ2部の試合を見た。私にとってはこの球場は5年ぶりになる。バックネットは、いつものように私の視界をズタズタにさえぎってくれた。

三塁 投手 一塁
打者

これでも、見やすい場所を選んだつもりだ。それでもバッテリーの真ん中に太い横線が入る。しかも、守備位置によってはセカンドとショートが柱の陰に隠れてしまう。もっと困るのは、ちょうどジャッジするときの一塁と三塁の塁審が陰になってしまうことだ。

この球場の場合、最初からネット裏を捨てるという考え方もあるかもしれない。その代わり、ファウルボール直撃のリスクを負うことになるだろう。内野スタンドはフェンスが低い。ライナー性のファウルが飛び込む。

実はこの日、私は試合開始予定時刻の20分前に着いた。もう20分前だというのに、ネット裏に上がる階段の扉(鉄柵)は閉ざされていた。ちょうど本部室から出てきた女子マネージャー(たぶん)に「どこから入るの?」と、とぼけたら、その女子学生は球場事務所に入っていった。

「どうせ今日はそんなに入らないから」という女性職員の声が聞こえてきた。交渉の結果は、もともと鍵などない一塁側か三塁側の内野スタンドで見るように、ということだった。しょせん入場無料だから、文句を言う筋でもないし、ネット裏が見にくいことは重々承知していたので、私はいったん三塁側の内野席に向かった。

都営!球場(駒沢)

何やら事態が変化しているような気配が感じられた。どうやら、私と違って諦めの悪いオジさんがいて、ねじ込んだらしい。そこで、私もネット裏に移った。せっかくだから、内野席で見たほうがよかったのかもしれないと今ではちょっと後悔している。

それにしても、都の職員?から「どうせ…」と言われたのだから、首都リーグの関係者は怒るべきだろう。外野は天然芝のはずだが、各ポジションのところは盛大に剥げていて、土が入れてある。そのくせ、ウォーニング・ゾーンはない。施設が古いのは仕方がないとしても、やる気のなさが伝わってくる都営球場だ。

駒沢球場はかつて首都の1部リーグが使っていたが、97年秋以降はまったく使われていない。首都のメイン球場だった川崎球場が取り壊されたあとも、駒沢復帰にはならなかった。東京新大学の1部リーグの場合、駒沢がメイン球場だったはずなのに00年秋を最後に使わなくなった。

▼数字は球場ごとの開催予定カード数です。『大学野球』(ベースボールマガジン社)から拾ったものであり、実際の開催カード数と一致するわけではありません。また、大宮球場については、単に「大宮」のみで記載されている時期がありますので、県営・市営を合わせた数字であるとご理解ください。

首都リーグ1部の開催球場(92年秋〜02年春)



川崎
平塚
駒沢
日体大
大田
相模原
大和
等々力
保土ケ谷




-
-
-
-
-




-
-
-
-
-




-
-
-
-
-

-


-
-
-
-
-




-
-
-
-
-




-
-
-
-
-




-
-
-
-
-



-

-
-
-
-


-


-
-
-
-





-
-
-
-


-


-
-
-
-


-
-

-
-
-
-


-
-


-
-
-


-
-
4 

-
-
-


-
-



-
-
-

-
-



-
-
-

-

-

-

-
-

-
-

-
-

-

-





-
-

-
-




-
92
93
93
94
94
95
95
96
96
97
97
98
98
99
99
00
00
01
01
02




駒沢
創価大
神宮第ニ
大宮
飯能
大田
越谷
上尾



-
-
-
-
-
10
-


-
-
-
-
10
-


-
-
-
-
10
-


-
-
-
-




-
-
-
-





-
-
-
10
-

-

-
-
-

-

-
-

-
-

-

-
-

-
-

-

-
-

-
-



-
-

-
-

-

-
-

-
-
10
-

-

-
-
-

-

-
-

-
-

-

-


-
-



-

-
-
-

-

-
-


-
-
-




-
-
-




-
-
-




-

今回は、首都リーグ13校のうち唯一見たことのない明星(めいせい)大を見るのが目的だった。私自身はもう駒沢に行くことはないだろう。

ところで、この球場のスコアボードのチーム名はアルファベットが1文字入るだけだ。第2試合は武蔵大と明星大の対戦だった。先攻・武蔵大は「M」で、後攻・明星大は「W」を上下さかさまにしたボードが入っていた。

もともと選手名や審判名を表示するスペースさえないあきれた都営球場なのだ。だから、チーム名もできあいのボードを利用するしかないのだろうが、大東大と独協大の試合なら、どうするのだろう? どちらも「D」になるはずだが…。

ちなみに、「どうせ今日はそんなに入らないから…」のこの日、第1試合の5回裏終了後、グラウンド整備の時間にネット裏の観客?を数えてみたら37人だった(ネット裏のみ。内野席を加えれば100人近くになったと思われる)。

▲05年春、私の警告を無視して?わざわざお粗末な環境に身を置いた人によれば、駒沢球場のスコアボードは電光になったようです。なお、同球場は06年9月から08年3月まで改修工事のため利用休止になりました。えっ、まだ新しい電光掲示板はどうするの? 1年半も使わないのなら、先攻投資する必要があったとは思えませんけど…。

チーム19残塁(立川=8球場目)

駒沢よりひどいのが立川市営球場だ。私がネット裏上段を好むのは、グラウンド全体を見渡せるからだ。スコアをつける以上、すくなくとも内野だけは視界におさめたい。サードが見えないのは致命傷にはならないが、一塁が見えないなら問題外だ。

立川の場合は、スタンドに椅子さえない。コンクリートが階段状になっているだけだ。県営長野球場、船橋市民球場、新日鉄大谷球場、松山市営球場、守山市民球場もそうだった(県営長野と船橋市民は、その後改装されて椅子が設置されたようだ)。

立川のあまりに劣悪な環境に怒った私はネット裏から離れて一塁側(=スワローズ・サイド。ちなみに三塁側はジャイアンツだった。意地でも行かない)のベンチの上のあたりで見た。施設が改善されないうちは、どんなに魅力的なカードがあっても2度と行かないつもりだ。

立川に行ったのは1度きりだが、この日のジャイアンツの残塁は、1回から順に 321 312 223 で、実に19残塁だった。5回と6回の併殺がなんとも悔やまれるところだ。

91/05/14(立川)イースタン対S5回戦のG
(4)5
(6)
(9)3
(3)4
(7)9
(8)
(5)

(2)
(1)
鈴木
勝呂
四条
佐藤洋
鴻野
デラクルーズ
元木
前田
高見
松原
四球
投ギ
右安
死球
右安

三振
中飛
-
+
+
右安
中安

三振
+
+
+
+
-
遊飛
三振
+
+
+
三失
二ゴ
中飛
遊ゴ
-
+
+
中安
三安

一安
三失

三振
四球
二ゴ
-
左2
投ギ
中安
三併
+
+
+
+
+
-
四球
一ゴ
+
+
投安
遊併
打妨
四球

二ゴ
-
+
+
右安
中安

一ゴ
+
+
+
-
+
遊ゴ
三振
+
+
+
遊ゴ
二ゴ
四球
-
右安
敬遠

投ゴ
左2
四球

左飛
右安
三振
遊ゴ
-
+
+
+
得点
残塁

▲私のスコアブックでは、9回のデラクルーズの打席が「6−」となっています。私はデラクルーズを第3アウトにして、佐藤に残塁を記録していますが、一塁走者の佐藤が二塁で封殺された可能性があります。そうだとすると、残塁はデラクルーズにつくことになります。まあ、スコアをつけ始めてまだ21試合目、ボールカウントを全部記入するようになって3試合目ですから、いかにもありがちなことです。

19残塁は今もイースタン記録のはずだし、私の全観戦試合の中でも9イニングの試合としてはチーム最多残塁記録である(02年末現在)。

観戦試合ゲーム最多残塁(02年末現在)
年月日 球場 種別・大会 チーム 残塁 相手チーム 備考
95/03/15
91/05/14
99/11/10
02/05/21
92/07/19
92/08/10
95/05/24
96/09/07
97/07/29
01/04/21
01/06/15
02/11/04
02/11/16
神宮
立川
神宮
神宮
保土ケ谷
甲子園
横浜
東京ド
神宮
天台
神宮
西京極
神宮
社会人スポニチ大会
イースタンリーグ
東都大学リーグ2部・3部入替戦
東都大学リーグ1部
高校選手権神奈川予選
高校選手権
セントラルリーグ
パシフィックリーグ
高校選手権西東京予選
千葉県大学リーグ
大学選手権
高校秋季近畿大会
高校・神宮大会
日本通運
ジャイアンツ
拓殖大
亜細亜大
厚木北高
沖縄尚学高
ベイスターズ
ファイターズ
創価高
千葉商大
崇城大
育英高
延岡学園高
22
19
17
17
16
16
16
16
16
16
16
16
16
プリンスホテル
スワローズ
順天堂大
駒沢大
光陵高
桐蔭学園高
ドラゴンズ
ホークス
堀越高
千葉大
横浜商科大
東洋大姫路高
国士舘高
延長16回
-
延長15回
延長12回
-
延長12回
延長12回
-
延長11回
-
延長11回
-
延長14回

▲01年4月22日付『千葉日報』のボックススコアでは、千葉商大の残塁は「14」でした。私のスコアカードでは千葉商大の攻撃は5番打者の第6打席で終わっています。つまり、9×5+5で、50人の打者が打席に立っています。千葉商大の得点は「7」ですから、残塁数は50−(7+27)=16になるはずです。

ところで、6回裏に鴻野が打撃妨害で出たときには、「ただいまの出塁は打撃妨害でございます」という場内アナウンスがあった。以後、打撃妨害出塁のときにこのアナウンスを聞いたことはない。まあ、球場係員が場内アナウンスをやっていたわけではないだろうから、別に立川球場の手柄ではない。

2度と行きたくない球場(ジャイアンツ=16球場目)

2度と行かないと固く心に誓っている球場がもう1つある。それはジャイアンツ球場だ。

球場に着く前から私は怒っていた。京王線のよみうりランド駅から球場に行くには坂道を登らなければならない。ハイキング・コースのような山道だ。それが嫌ならスカイロード(エスカレーターのような「動く歩道」)に乗れということらしい。有料だ。92年当時100円だったと記憶している。

今では 「スカイロード」は廃止されて、代わりに「高速ゴンドラ」とやらができたらしい。しっかり200円とられるうえに「ゴンドラ」の終点から球場までだいぶ距離があるそうだ。

西武ドームに行くのに西武線に乗れと言われるのは別に気にならない。特別高いわけではないし、ユネスコ村や遊園地のついでに野球もどうぞ、という印象は受けない。甲子園に行くとき、阪神電車に乗るのも、ごく当然のこととして受け入れられる。

ジャイアンツ球場の場合は、遊園地に行く人が本来の大切なお客様、見せてやるんだから文句があるか、とでも言いたげな高飛車な印象が残る。

球場に着いて途方にくれた。ここはネット裏の席がないのだ。ダグアウトの後ろのあたりにはベンチが数脚あるが、あまりそういう席には行きたくない。私はあくまでもネット裏にこだわった。ネット裏は坂道になっている。

私有地の中だから一般道ではないが、ときには車も通る。立って見ている人もいたけれども、私はバックネットにもたれるように道の端に座り込んだ。

西武第2球場とか、ロッテ浦和球場とか、昔の日ハム多摩川とか、行ったことはないけれどもヤクルトの戸田も同じようなものかもしれない。ただ、これらの球場は入場無料だ。ジャイアンツ球場では、当時700円だった。「金をとるなら、それなりの席を用意しろ」と言いたいのは私ばかりではないだろうと思うのだが…。

日ハム鎌ケ谷は立派な施設だし、別に有料でも文句はない。雁ノ巣や神戸サブは鎌ケ谷ほどではないが、それなりの球場で、しかも無料だった。

▲ジャイアンツ球場も施設改修されて、ネット裏席ができたようです(05年から?)。

ファームから巣立てるか?(ジャイアンツ)

ジャイアンツ球場に行ったのは92年4月15日だ。13:00開始のゲームだった。この日の私のメインは18:00開始予定の西武球場、L対Bu戦だった。昼間の試合が3時間で片づけば十分に移動できる。試合は淡々と進んだ。それだけが救いだった。

せっかくだから、両チームのスタメン野手を紹介しておこう。91年終了時の通算安打数と06年終了時の通算安打数もつけ加えてみた。

堀は91年には20ホーマー、ディアズに代わって4番を打ったこともある。この時期にファームにいること自体がおかしい(故障かもしれない)。元木は「腐ってもドラフト1位」だ。そう考えると、ファームから育っていく選手というのは少ないものなのかもしれない。

遊 渡辺 英昭 88年3位 日大二高→日本大       15  161 96年
二 堀  幸一 87年3位 長崎海星高         162 1741 現役M
一 鈴木 俊雄 89年3位 中京高→法政大→日立製作所   2    5 94年
右 山下 徳人 87年5位 箕島高→東洋大       130  253 98年
三 大順 将弘 90年外  華興高→名商大→(球団職員)  0    5 92年
中 佐藤 和史 79年3位 日南高            23   23 92年
左 大村  巌 87年6位 東海大四            0  310 03年
捕 猪久保吾一 88年外  盛岡商→本田技研鈴鹿     12   24 96年
 スタメン野手 ドラフト 高校→大学→社会人     〜91 〜06 引退 
中 出口 幸夫 89年外  神戸弘陵高           0  127 05年
左 前田  隆 88年5位 延岡西高→三菱自動車水島    0    0 97年
三 佐藤  洋 84年4位 東北高→電電東北       18   30 94年
右 大森  剛 89年1位 高松商高→慶応大       11   29 99年
二 鈴木  望 89年5位 星稜高→駒沢大         0    2 98年
遊 元木 大介 90年1位 上宮高→(浪人)        0  891 05年
一 小沢 浩一 87年4位 松江農林高→三菱自動車水島   0    0 93年
捕 杉山 直樹 87年6位 沼津学園高           0  110 00年

▲選手名は92年当時の登録名です。「改名効果」はあるか?というテーマで、改名前後の成績を比較してみたいものです。まあ、誰もやらないなら自分でやりますが、優先順位は低いです。
▲ドラフト年次は指名された年です。ドラフト外の選手を含めて初登録の前年になります。
▲「〜91」は91年のシーズン終了時点での通算安打数、「〜06」は06年のシーズン終了時点での通算安打数です。


◆「謎のスコアボード」と「10番打者?」は、「スコアボードと方位」のページに移しました。

外部リンクです。
野球もの野球場図鑑駒沢球場
 今は亡き?駒沢球場のバックネットをご堪能ください。(07/05/15設定)
私の秘蔵写真館野球場写真館市営立川球場
 今も健在な?立川球場のネット裏をご堪能ください。(07/05/15設定)
球場風土記ジャイアンツ球場
 改修前のバックネットは一番下です。存分にご堪能ください。(07/05/15設定)

◆事実誤認、変換ミス、リンク切れ等にお気づきの際は、お手数ですが「メールのページ」からご一報いただけると幸いです。このページに対応するブログ「んだ」のエントリーは(今のところ)ありません。

★07/06/06校正チェック済、ケOK、プなし、順OK
★07/05/17HTML文法チェック済(thタグabbr属性につき無指定)



検索リンクポリシー野球場|次へ:私の好きな球場|作成順:オリジナルのスコアカード