セットポジションプロ野球
プレイオフはこうしろ! | リーグ最下位の防御率 | コンバートの不可逆性

リーグ最下位の防御率

01/09/26作成
13/12/22更新

◆01年、信じられないことが起きてしまったので、優勝当日にこのページをUPしました。


◇打率、本塁打、防御率がリーグ最下位のチーム

両リーグとも6球団ずつで構成されるようになった1958年以降について、チーム打率、チーム本塁打、チーム防御率がそれぞれリーグワーストだったチームの順位を調べてみた。

▼カッコ内が順位です。球団名はニックネームの頭文字を用いています。A、W、O、B等については「表記規準」(ニックネーム)をご参照ください。
▼『ベースボール・レコード・ブック』01年版をもとに作成しました。同書には四捨五入の結果、打率や防御率が同率となる場合、打率については小数点4位以下、防御率については小数点3位以下が記載されていますが、78年パリーグの防御率は、2チームが「4.01」と記載されていますので、投球回数・自責点ともに同数だったものと思われます(未確認です)。

チーム打率、チーム本塁打、チーム防御率がリーグワーストだったチームの順位
チーム打率ワースト チーム本塁打ワースト チーム防御率ワースト
58年
59年
60年
61年
62年
63年
64年
65年
66年
67年
Bu







Bu
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(6)
(5)
(5)
(6)
(2)
.215
.222
.2355
.225
.229
.228
.242
.232
.228
.222
W








(6)
(6)
(2)
(1)
(6)
(5)
(3)
(3)

(6)
(6)
.215
.214
.229
.2265
.201
.237
.235
.220
.214
.225

Bu





Bu

(5)
(6)
(4)
(5)
(4)
(6)
(4)
(6)
(5)
(5)
40
48
64
65
60
86
93
91
89
87









(4)
(4)
(1)
(3)
(6)
(6)
(4)
(6)
(4)
(6)
59
64
60
58
60
92
98
64
78
82
Bu
Bu
Bu
Bu


Bu
Bu
Bu
Bu
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
4.04
3.68
3.61
3.96
3.71
3.69
3.63
3.61
3.60
3.83









(4)
(6)
(6)
(5)
(5)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
3.10
3.47
3.0854
3.11
3.30
3.83
3.63
3.42
3.74
3.68
68年
69年
70年
71年
72年
73年

74年
75年
76年
77年
Bu




Bu

Bu

Bu
Bu
(4)
(5)
(6)
(6)
(6)
(6)

(5)
(5)
(4)
(4)
.234
.225
.225
.231
.242
.237
 −
.230
.2457
.245
.2446










(3)
(6)
(6)
(3)
(3)

(6)

(3)
(6)
(6)
(2)
.224
.221
.215
.216
.232
.223
 −
.233
.236
.256
.26674
Bu

Bu



Bu



Bu
(4)
(6)
(3)
(6)
(6)
(1)
(6)
(4)
(6)
(2)
(4)
84
85
108
114
110
113
113
90
100
97
92










(3)
(2)
(6)
(3)
(4)
(4)

(3)
(4)
(5)
(5)
112
114
69
82
115
78

111
101
128
163










(6)
(6)
(5)
(6)
(5)
(5)

(6)
(6)
(6)
(6)
3.97
3.56
4.18
4.31
4.54
3.97
 −
4.11
3.89
4.08
4.27










(6)
(5)
(6)
(4)
(4)
(5)

(5)
(5)
(4)
(6)
3.72
3.71
3.78
3.11
3.73
3.30
 −
4.28
3.93
4.50
4.94
78年

79年
80年
81年

82年
83年

84年
85年
86年
87年




Bu


Bu




(6)

(6)
(5)
(6)

(1)
(4)

(3)
(6)
(6)
(1)
.239
 −
.259
.262
.253
 −
.253
.262
 −
.256
.260
.251
.249












(5)

(6)
(3)
(6)

(6)
(5)

(6)
(6)
(5)
(6)
.252
 −
.252
.243
.252
 −
.240
.263
 −
.263
.264
.242
.242












(6)

(5)
(3)
(1)
(3)
(6)
(5)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
78

125
167
126
126
90
128
128
144
149
136
104
W











(4)

(2)
(2)

(6)

(6)
(3)

(6)
(4)
(4)
(5)
132

135
132
105

95
137

100
132
84
113










Bu

Bu
(4)
(6)
(5)
(6)
(5)

(5)
(6)

(6)
(3)
(6)
(6)
4.01
4.01
4.86
5.63
4.37
 −
4.24
5.12
 −
4.98
5.10
4.46
4.22












(6)

(6)
(6)
(6)

(5)
(3)

(5)
(6)
(6)
(4)
4.79
 −
4.60
4.43
4.41
 −
3.92
4.523
 −
4.76
4.75
4.27
4.51
88年
89年
90年
91年
92年
93年
94年
95年
96年
97年







Bu

(3)
(4)
(6)
(4)
(6)
(6)
(6)
(6)
(2)
(6)
.245
.257
.251
.251
.241
.246
.252
.234
.249
.249









(3)
(4)
(6)
(6)
(5)
(3)
(4)
(6)
(6)
(6)
.244
.254
.252
.237
.249
.238
.250
.244
.245
.243




BW

BW


(6)
(6)
(6)
(6)
(3)
(6)
(2)
(2)

(5)
(6)
100
119
116
89
88
75
92
88
85
75








YB
(6)
(6)
(3)
(5)
(2)
(4)
(4)
(6)
(5)
(5)
82
76
90
66
86
86
92
88
85
103









(6)
(4)
(6)
(5)
(4)
(6)
(6)
(5)
(6)
(4)
4.38
4.74
5.56
4.74
4.60
4.22
4.62
4.16
4.04
4.26
W







YB
(4)
(5)
(6)
(6)
(6)
(6)
(3)
(5)
(5)
(3)
3.93
4.15
4.58
4.37
3.91
4.29
4.18
4.75
4.67
4.44
98年
99年
00年
01年
02年
03年
04年
05年
06年

07年




BW





Bs
(2)
(4)
(2)
(6)
(6)
(5)
(4)
(5)
(4)

(6)
.255
.2567
.255
.2557
.235
.269
.264
.254
.252
 −
.25870




YB
YB




(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(4)
(5)
(4)

(3)
.242
.259
.244
.243
.240
.258
.273
.260
.251
 −
.255






BW



(3)
(2)
(2)

(5)
(4)
(4)
(6)
(6)
(6)

(1)
100
89
97
133
101
145
112
88
67

73


YB

YB




YB
(6)
(6)
(3)
(6)
(6)
(2)
(1)
(4)
(5)
(6)
(3)
86
97
103
90
97
137
111
128
127
127
111
Bu
Bu

Bu
Bu
BW
BW



(5)
(6)
(5)
(1)
(2)
(6)
(6)
(6)
(6)

(4)
4.28
4.54
4.73
4.98
3.93
5.95
5.66
5.67
4.30
 −
4.31





YB


YB

(5)
(5)
(5)
(2)
(5)
(6)
(5)
(5)
(6)

(5)
4.01
4.78
4.48
4.45
4.36
4.80
4.75
4.79846
4.25
 −
4.22

3要素がチーム順位に与える影響は、防御率>打率>本塁打の順になるものと思われる。

     打率    本塁打    防御率  
1位|  3  3.0%|  5  4.8%|  1  1.0%
2位|  6  6.0%| 10  9.6%|  2  2.0%
3位| 12 12.0%| 13 12.5%|  4  4.0%
4位| 14 14.0%| 21 20.2%| 12 12.0%
5位| 17 17.0%| 16 15.3%| 30 29.7%
6位| 48 48.0%| 39 37.5%| 52 51.5%
   100       104       101

◇チーム打率がリーグ最下位で優勝

過去3例ある。最初が1961年のセリーグだ。優勝したジャイアンツと2位ドラゴンズは1ゲーム差しかない。打率最下位といっても、スワローズとはわずかに9毛差だ。打率トップのタイガースとくらべても、2分も違わない。

61セ 試  勝  敗 分  勝率   打率  本  防御率
G 130 71 53 6 .569 .2265 89 2.50
D 130 72 56 2 .562 .241  79 2.48
S 130 67 60 3 .527 .2274 58 2.29
T 130 60 67 3 .473 .244  80 2.60
C 130 58 67 5 .465 .239  74 3.11
W 130 50 75 5 .404 .236  76 3.10

2度目は82年のパリーグだ。2シーズン制最後の年だった。73年から導入された2シーズン制時代の年間順位決定方式は、プレイオフの結果で1位と2位が決まり、3位以下は年間勝率によるものとされていた。2シーズン制の10年間で年間勝率1位のチームが優勝できなかったのは、73年、75年、79年、80年、82年の5回ある。

82年のライオンズも、もともと年間勝率では2位にすぎない。それに、チーム打率最下位と言っても、チーム打率トップのファイターズとは1分3厘の差しかない。

82パ 試  勝  敗  分  勝率  打率   本  防御率 前期 後期
L  130 68 58  4 .540 .253 131 3.31 .571 .508
F  130 67 52 11 .563 .266 127 3.63 .525 .603
Bu 130 63 57 10 .525 .258 151 4.11 .526 .524
B  130 62 60  8 .508 .256 150 3.73 .541 .475
O  130 54 69  7 .439 .263 123 4.24 .390 .484
H  130 53 71  6 .427 .255  90 4.05 .443 .413

▲「前期」「後期」はそれぞれの勝率を示します。

3回目は、87年のパリーグだ。優勝したライオンズはチーム打率こそ最下位だったが、チーム本塁打はリーグトップ、防御率にいたってはダントツだ。

87パ 試  勝  敗 分  勝率   打率  本  防御率
L  130 71 45 14 .612 .249 153 2.96
B  130 64 56 10 .533 .272 152 3.89
F  130 63 60  7 .512 .259 128 3.96
H  130 57 63 10 .475 .261 132 3.86
O  130 51 65 14 .440 .264 104 3.67
Bu 130 52 69  9 .430 .270 135 4.22

◇チーム塁打がリーグ最少で優勝

こちらは07年のファイターズが5例目となる(2リーグ分立以降)。最初は1960年のセリーグ、三原マジックのホエールズだ。ホームランは少なかったが、防御率ではトップだった。

60セ 試  勝  敗 分  勝率   打率  本  防御率
W 130 70 56 4 .554 .2302 60 2.33
G 130 66 61 3 .519 .229 106 3.0852
T 130 64 62 4 .508 .242  87 2.62
C 130 62 61 7 .504 .2296 84 2.70
D 130 63 67 0 .485 .2295 87 3.03
S 130 54 72 4 .431 .232  73 3.0854

2度目が73年のパリーグ、2シーズン制が導入された年のホークスだ。年間勝率では3位だったが、新制度を巧みに利用してプレイオフを制した。

73パ 試  勝  敗  分  勝率  打率   本  防御率 前期 後期
H  130 68 58  4 .540 .260 113 3.35 .594 .484
B  130 77 48  5 .616 .270 151 3.30 .540 .694
O  130 70 49 11 .588 .264 139 3.43 .565 .614
L  130 59 64  7 .480 .239 116 3.58 .516 .443
F  130 55 69  6 .444 .254 133 3.97 .403 .484
Bu 130 42 83  5 .336 .237 113 3.83 .377 .297

3度目もやはり2シーズン制の時代で、81年のファイターズだ。73年同様、単独最下位ではないし、リーグトップのバファローズとも23本差しかない。

73パ 試  勝  敗  分  勝率  打率   本  防御率 前期 後期
F  130 68 54  8 .557 .276  126 3.81 .500 .617
B  130 68 58  4 .540 .2666 140 4.01 .516 .563
O  130 63 57 10 .525 .277  126 4.13 .574 .475
L  130 61 61  8 .500 .2673 143 3.62 .541 .459
H  130 53 65 12 .449 .273  128 4.37 .475 .421
Bu 130 54 72  4 .429 .253  149 4.10 .397 .460

04年ドラゴンズは防御率がリーグトップのうえ、リーグ最少失策記録までつくった鉄壁の守備陣でペナントを制した。

04セ 試  勝  敗 分  勝率   打率  本  防御率
D  138 79 56 3 .585 .274  111 3.86
S  138 72 64 2 .529 .2754 181 4.70
G  138 71 64 3 .526 .2749 259 4.50
T  138 66 70 2 .485 .273  142 4.08
C  138 60 77 1 .438 .276  187 4.75
YB 138 59 76 3 .437 .279  194 4.47

07年ファイターズは、チーム打率がバファローズと1糸差の5位、本塁打と得点は最下位だった。ただし、チーム防御率は2位で、チーム失点はリーグ最少だ。

07パ 試  勝  敗 分  勝率   打率   本  防御率
F  144 79 60 5 .568 .25871  73 3.22
M  144 76 61 7 .555 .262   107 3.26
H  144 73 66 5 .525 .267   106 3.18
E  144 67 75 2 .472 .262   111 4.31
L  144 66 76 2 .465 .264   126 3.82
Bs 144 62 77 5 .446 .25870 119 3.67

なお、1リーグ時代には、1944年の阪神と1947年の大阪タイガースがリーグ最少の本塁打で優勝している。

1944   試 勝  敗 分  勝率  打率  本 防御率
阪神   35 27  6 2 .818 .248 1 1.53
東京巨人 35 19 14 2 .576 .236 5 1.92
阪急   35 19 15 1 .559 .243 3 2.40
産業   35 13 21 1 .382 .184 7 3.10
朝日   35 12 22 1 .353 .237 4 2.85
近畿日本 35 11 23 1 .324 .201 3 2.09
1947   試 勝  敗 分  勝率  打率  本  防御率
大阪   119 79 37 3 .681 .258  17 2.18
中部日本 119 67 50 2 .573 .2285 41 2.03
南海   119 59 55 5 .518 .231  24 2.39
阪急   119 58 57 4 .504 .2294 28 2.38
巨人   119 56 59 4 .487 .242  27 2.65
東急   119 51 65 3 .440 .218  45 2.53
太陽   119 50 64 5 .439 .228  36 2.55
金星   119 41 74 4 .357 .220  22 2.98

◇チーム御率がリーグ最下位で優勝

これは1例しかない。1リーグ時代を含めて20世紀中には、リーグ最下位の防御率だったチームが2位以上に食い込んだことさえなかった。「野球はピッチャーだ」と頑固に思っている者としては、あまり認めたくない現実が、01年に起きてしまったのだ。

01パ 試  勝  敗  分  勝率   打率   本  防御率
Bu 140 78 60  2 .565 .280  211 4.98
H  140 76 63  1 .547 .273  203 4.49
L  140 73 67  0 .521 .2559 184 3.88
BW 140 70 66  4 .515 .263  143 4.11
M  140 64 74  2 .464 .258  133 3.93
F  140 53 84  3 .387 .2557 147 4.79

01年のバファローズは、チーム打率もトップで、チーム本塁打もトップだったけれど、おかげで私はこのページをつくる羽目になった。困ったことが起こるものだ。


◆本文中でも書いたように、私は「野球はピッチャー」派です。工藤公康の興味深い発言があります。→「金星」

◆数値の誤り、変換ミス、リンク切れ等にお気づきの際は、お手数ですが「3代目んだ」(ヒルマン・マジック?)または「メールのページ」からご一報いただけると幸いです。

★08/01/03HTML文法チェック済(エラーなし)
★GDS>リーグ最下位の防御率



検索リンクポリシープロ野球|次へ:コンバートの不可逆性|作成順:プリンスの軌跡(選手編)