セットポジションルール
ソフト(1) | ソフト(2) | 似て非なるもの

ソフトボールのルール(2)

07/09/08分割
13/12/15更新

◆野球とソフトのルールを比較したページです。膨れ上がってきましたので、2ページに分割しました。このページでは主に用語の定義を集めて、プレイイング・ルールの大半は前のページに残しました。


打ち合わせ

『公認野球規則』にないソフト独自のルールが作戦タイムとしての「打ち合わせ」だ。『オフィシャル・ソフトボール・ルール』の具体的な規定は次のとおりだ。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−14項 チャージド カンファレンス CHARGED-CONFERENCE(打ち合わせ) とは、監督またはコーチがタイムを要求して、チームのメンバーと打ち合わせすることをいう。

5−8項 打ち合わせ(チャージドカンファレンス)
 1.攻撃側の打ち合わせ
 攻撃側の打ち合わせは、監督またはコーチが「タイム」を要求して、攻撃側のメンバー(打者・走者・次打者・コーチ)と打ち合わせすることをいう。
 攻撃側の打ち合わせは、1イニング中一度限りである。
 <略>
 2.守備側の打ち合わせ
 守備側の打ち合わせは、監督またはコーチが「タイム」を要求して、守備側のメンバーと打ち合わせすることをいう。
 打ち合わせが内野内で行われた場合、打ち合わせが終了したとみなされるのは、監督がベンチに戻る際にファウルラインを越えたときである。
 守備側の打ち合わせは、1回から7回までの間に三度、8回以降は1イニング中一度に限り行うことができる。
 <略>

屁理屈をかましたくなる。選手がタイムを要求してベンチ前やベンチ内で監督と打ち合わせするのは「打ち合わせ」にカウントされるのだろうか? まあ、言わんとするところは理解できるが、表現としては必ずしも適切ではない。難しいところだ。

面倒なので1-14項は削除して、5-8項で「攻撃(守備)側がタイムを要求して、監督またはコーチと攻撃(守備)側のメンバーが打ち合わせすることをいう」としてしまえば、私の屁理屈は通用しなくなるだろう。

なお、『公認野球規則』にはこの種の規定はなく(監督またはコーチがマウンドに行く回数の制限はある→8・06)、各団体のローカルルールに委ねられている。どちらが起源かは定かでないが、ソフトのルールを野球が逆輸入したのではないかと私は睨んでいる。

ディレード デッド ボール

野球にはインプレイとボールデッドしかないが、ソフトにはこの両者に加えて「ディレードデッドボール」がある。『オフィシャル・ソフトボール・ルール』では次のように定義されている。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−19項 ディレード デッド ボール DELAYED DEAD BALL とは、プレイが完了するまでボールインプレイで、そのプレイが一段落したのち、審判員が適切な処置をすることをいう。

具体的には次のようなケースが該当する。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

9−3項 ディレードデッドボール
 1.不正投球があったとき。
 2.打撃妨害があったとき。
 3.走塁妨害があったとき。
 4.野手がグラブ・ミット・帽子などを故意に投げて送球やフェアの打球に触れたとき。
 5.球審が捕手の塁への送球を妨害したとき。

野球の場合は次のように対応している。

インプレイかボールデッドか
ボーク 5・09(c)、8.05ペナルティ 原則ボールデッド
反則投球  − インプレイ(ボールデッドとする規定はない。実益もないが…)
打撃妨害 2・44(b)、 原則ボールデッド
走塁妨害 7・06(a) ボールデッド
7・06(b) インプレイ
グラブ等を投げつける 7・05(a)〜(e) インプレイ
球審の妨害 2・44(c)(1)、5・09(b) 原則ボールデッド

ボークは原則としてボールデッドだが、ボークの投球を打者が打った場合にはそのままプレイが継続される(されなければならない)。打撃妨害の場合も、妨害にもかかわらず打者が打ったときはプレイが続く(詳しくは「ボークのペナルティ」参照)。

球審の妨害もボールデッドだが、妨害にもかかわらず捕手が送球して走者がアウトになれば、そのアウトは認められる。

野手が打球や送球に対してグラブや帽子を投げつけて、ボールに当たってもインプレイだが、ケースに応じて打者や走者には2個あるいは3個、場合によっては本塁への安全進塁権が与えられる(基準は投球当時の占有塁)。

つまり、インプレイとボールデッドの2つしかない野球の規則では曖昧になってしまうグレーゾーンを、ソフトの規則は「ディレードデッドボール」という概念で明文規定したわけだ。

オブストラクション

一方のルールしか知らないと、とんでもない勘違いをしてしまうこともある。『オフィシャル・ソフトボール・ルール』による「オブストラクション」の定義は次のとおりだ。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−45項 オブストラクション OBSTRUCTION(守備側の妨害行為) とは、次のことをいう。
 1.守備側のプレイヤーまたはメンバーが、打者の投球に対する打撃行為を妨害したとき。
 2.野手が球を持たないか、打球を処理しようとしていないとき、正しく進塁している走者の走塁を妨害したとき。
 3.野手が球を持っていても、塁上の走者を押し出したり、進塁中の走者を故意に妨害したとき。

▲「3」は06年に追加されました。

さて、『公認野球規則』は「オブストラクション」をどのように定義しているだろうか。規則2・51はすでに引用済みだ。「ゲッツーのとれるチーム」のページを参照してほしい。

▲「Shift」キーを押しながらクリックすると別ウインドウで開きます。必要に応じてご利用ください。

野球で言う「オブストラクション」とは、守備側による「走塁妨害」のことである。守備側の「打撃妨害」は、野球では「インターフェア(ランス)」であって、断じて「オブストラクション」ではない。ソフトでは守備側の妨害行為を「オブストラクション」と呼んでいる。攻撃側の妨害行為が「インターフェアランス」だ。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−40項 インターフェアランス INTERFERENCE(守備妨害) とは、攻撃側のプレイヤーまたはチームのメンバーが守備者のプレイを妨害することをいう。

『公認野球規則』における「インターフェアランス」は次のように定義されている。

08年版 『公認野球規則』

2・44 INTERFERENCE「インターフェアランス」(妨害)
 (a) 攻撃側の妨害――攻撃側プレーヤーがプレイしようとしている野手を妨げたり、さえぎったり、はばんだり、混乱させる行為である。
 審判員が打者、打者走者または走者に妨害によるアウトを宣告した場合には、他のすべての走者は、妨害発生の瞬間にすでに占有していたと審判員が判断する塁まで戻らなければならない。ただし、本規則で別に規定した場合を除く。
 【原注】 打者走者が一塁に到達しないうちに妨害が発生したときは、すべての走者は投手の投球当時占有していた塁に戻らなければならない。
 【注】 本項〔原注〕は、プレイが介在した後に妨害が発生した場合には適用しない。
 (b) 守備側の妨害――投球を打とうとする打者を妨げたり、じゃまをする野手の行為をいう。
 (c) 審判員の妨害――(1)捕手の送球動作を、球審がじゃましたり、はばんだり、妨げた場合、(2)打球が、野手(投手を除く)を通過する前に、フェア地域で審判員に触れた場合に起こる。
 (d) 観衆の妨害――観衆がスタンドから乗り出したり、または競技場内に入って、インプレイのボールに触れた場合に起こる。
 妨害が起きた場合は、ボールデッドとなる。

「本項」は06年版まで「右」でした。たぶん横書きに対応したのでしょう。

つまり、野球の「インターフェア」には4種類ある。このうちの(a)だけが、ソフトでも「インターフェア」と呼ばれるのだ。

それでは、(c)や(d)をソフトでは何と呼んでいるだろうか。(c)は「審判の送球妨害」、(d)は「観衆の捕球妨害」とされている。まあ、妨害されているのが守備側であることから、どちらかと言えば「インターフェア」だろうが、定義上「インターフェア」とは呼べないわけだ。

退場と除外

野球にはない規則がソフトにある。『オフィシャル・ソフトボール・ルール』の「除外」は次のように定義されている。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−58項 リムーブ REMOVE(除外) とは、ルールに違反したプレイヤーを、審判員が試合から取り除く(除外する)処置をいう。

「除外」は「退場」とは異なる。「除外」の対象となるのは選手のみだ。したがって、監督兼任の選手が「除外」されても、ベンチで指揮をとることは可能だし、ベースコーチに立つことも認められる。『オフィシャル・ソフトボール・ルール』の「退場」の規定は次のとおりだ。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−22項 イジェクション EJECTION(退場) とは、ルール違反やスポーツ精神に反する行為により、プレイヤー、チームのメンバー、役員を当該試合および球場から退去させる審判員の行為のことをいう。

野球には「退場」しかない。『公認野球規則』は「退場」のことを「試合から除く」と表現しているので、話はややこしくなる。

08年版 『公認野球規則』

4・07 監督、プレーヤー、コーチまたはトレーナーは、試合から除かれた場合、ただちに競技場を去り、以後その試合にたずさわってはならない。
 試合から除かれた者はクラブハウス内にとどまっているか、ユニフォームをぬいで野球場構内から去るか、あるいはスタンドに座る場合には、自チームのベンチまたはブルペンから離れたところに席をとらなければならない。

▲「直ちに」が07年版から「ただちに」に変わっています。

プロはともかく、アマでは「退場」はほとんどない(絶無ではないようだ)。もし、高校野球で「退場」に匹敵する行為があったとしても、実際に「退場」させてしまえば、その選手はすくなくとも監督の周囲から遠ざけられることになる。不適格な行為をした選手をその直後に1人で放ったらかしすることはなかなかできない(まだ興奮状態にあるはずだ)。

また、10人しかいないチームの1人を「退場」させると、ベースコーチやバット引きなどを試合に出ている選手が分担しなければならなくなり、スムーズな試合進行が妨げられる。だから、とくにアマチュアの場合、ベンチにとどまってもよい「除外」を設けることは実益があると思われるが、残念ながらそういうローカルルールがあるという話を聞いたことはない。

グラブとミット

『オフィシャル・ソフトボール・ルール』では、次のように規定されている。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

3−3項 グラブとミット
 1.グラブは、すべてのプレイヤーが使用してよいが、ミットは捕手と一塁手だけが使用できる。
 <略>
 <効果> 3項
 野手が不正用具で打者・打者走者・走者に対してプレイした場合は、攻撃側の監督に選択権が与えられる。
 (1) 打球を処理した場合
 プレイの結果を生かすか、打ち直し(打撃完了前のボールカウント)をする。
 (2) 送球を処理した場合
 プレイの結果を生かすか、投球時に占めていた塁に戻らなければならない。

つまり、捕手と一塁手はミットでもグラブでも好きなほうを使えるが、そのほかの野手(投手を含む)はグラブしか使えないということになる。実は、これに類する規定が『公認野球規則』にはない。『公認野球規則』には次のような規定しかないのだ。

08年版 『公認野球規則』

1・12 捕手の皮製ミットの重量には制限がない。その大きさは<略>以下でなければならない。<略>
1・13 一塁手の皮製グラブまたはミットの重量には制限がない。その大きさは<略>以下でなければならない。<略>
1・14 一塁手、捕手以外の野手の皮製グラブの重量には制限がない。<略>その大きさは<略>以下でなければならない。<略>
1・15 投手のグラブの規格および構造は1・14規定のとおりであるが、別に次の制限がある。
<略>
【1・11〜1・17原注】 審判員は各項に対する規則違反を認めた場合には、これを是正するように命じる。審判員の判断で、適宜な時間がたっても是正されない場合には、違反者を試合から除くことができる

「および」は06年版まで「及び」でした。

このような規定にとどまるため、捕手がグラブを使っていいのか、捕手と一塁手以外の野手(投手を含む)がミットを使っていいのかという疑問が生じるわけだ。一部の団体ではローカルルールで処理しているようだが、『公認野球規則』の上では、たとえば捕手がグラブを使用することは明示的に否定されていない。

ただし、『公認野球規則』には次のような規定もある。

08年版 『公認野球規則』

6・05 打者は、次の場合、アウトとなる。
 (b) 第3ストライクと宣告された投球を、捕手が正規に捕球した場合。
 【原注】 “正規の捕球”ということは、まだ地面に触れていないボールが、捕手のミットの中に入っているという意味である。ボールが、捕手の着衣または用具に止まった場合は、正規の捕球ではない。また、球審に触れてはね返ったボールを捕えた場合も同様である。
 チップしたボールが、最初に捕手の手またはミットに触れてから、身体または用具に当たってはね返ったのを、捕手が地上に落ちる前に捕球した場合、ストライクであり、第3ストライクにあたるときには、打者はアウトである。また、チップしたボールが、最初に捕手の手またはミットに当たっておれば、捕手が身体または用具に手またはミットをかぶせるように捕球することも許される。

「捕手のミット」とか「捕手の手またはミット」と記載されており、「捕手のミットまたはグラブ」や「捕手の手またはミットあるいはグラブ」という記述ではない。したがって、『公認野球規則』は捕手がグラブを使用することを想定していないと考えることもできるだろう。

▲6.05(b)【原注】の原文は「catcher's glove」ですので、念のため。

なお、野球の場合には、ローカルルールに特段の定めがない限り、不正グラブや不正ミット使用に対する直接的ペナルティはない。

帽子

『オフィシャル・ソフトボール・ルール』では、男子は帽子着用が義務づけられているが、女子は別に帽子をかぶらなくてもいいようだ(攻撃時のヘルメットは別→次項参照)。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

3−7項 ユニフォーム
 3.帽子
 (1) 男子は、全員同色・同意匠の帽子をかぶらなければならない。
 (2) 女子の帽子・バイザー・ヘッドバンドなどは、同色・同意匠のものを混用してもよく、無帽でもよい。<略>

▲08年改正により、3-7項3(2)にはプラスチック製のバイザー使用を禁止する但書きが加えられました。

一方、『公認野球規則』には帽子に関する規定はない。まあ、帽子もユニフォームの一部であると考えるなら、ユニフォームに関する規定が準用されることになる。ただ、そのように解釈するなら、帽子着用は義務づけられていないわけだから、チーム全員が帽子をかぶらないという選択も可能になる。

帽子着用が義務づけられている屋外競技はソフト以外にないのではないかと思われる。マラソン、ゴルフ、テニスはかぶってもかぶらなくてもいいようだし、サッカー、ラグビー、(グラウンド)ホッケーなどは帽子はかぶらない。

ナイターがメインでドーム球場も多くなったプロの場合、帽子は別に必要とは思えないが、グッズ販売の問題があるだろうから、消えてなくなることはなさそうだ。いずれにしても、『公認野球規則』上には特段の規定がないことから、内規によって同一・同意匠の帽子を着用するよう義務づけている団体もある。

ヘルメット

『オフィシャル・ソフトボール・ルール』には、次のような驚くべき規定がある。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

3−5項 マスク・プロテクター・レガーズ・ヘルメット
 4.ヘルメット
 (1) 打者・打者走者・走者・次打者は同色のヘルメットを着用しなければならない。(一・三塁のベースコーチも着用することが望ましい)
 高校生以下のベースコーチはヘルメットを着用しなければならない。
 <効果> (1)
 審判員の指示にもかかわらず、打者・打者走者・走者がヘルメットを着用しないときはアウトになる。
 <略>
 (6) プレイ進行中にヘルメットを意図的に脱いではならない。
 <効果> (6)
 (1) 意図的に脱ぐと直ちにアウトになる。
 (2) ボールインプレイ
 (3) フォースの状態はそのまま続く
 (注1) オーバーフェンスのホームランのときは適用しない。
 (注2) 送球または打球が意図的に脱いだヘルメットに触れたときは、守備妨害が適用され、ボールデッドで、走者は妨害発生時(送球または打球がヘルメットに触れたとき)に占めていた塁へ戻らなければならない。
 (7) 打者・打者走者または走者の正しく着用されていたヘルメットが偶然脱げ、打球や送球が当たったり、守備者に触れたりして、守備の妨害になったとき。
 <効果> (7)
 (1) ボールデッド
 (2) 守備の妨害になったヘルメットを着用していたプレイヤーがアウトになる。そのプレイヤーが得点していた場合は、その得点は取り消される。
 (3) 他の走者は妨害発生時に占めていた塁に戻らなければならない。
 (注) 打者・打者走者または走者の正しく着用されていたヘルメットが偶然脱げたとしても、それが守備の妨害にならなければ、ペナルティはなく、ボールインプレイで成り行きである。

▲3-5項4(6)の<効果>(注2)および3-5項4(7)の<効果>(注)は08年改正により追加されたものです。同時に、3-5項4(7)本文および<効果>(2)の文言も改正されています。

ヘルメットの着用を義務づけるのは危険防止の観点から当然のことだ。だが、「審判の指示に従わず着用しないときはアウト」とか「意図的に脱ぐと直ちにアウト」という規定はいかがなものだろうか。だいたい、次打者にも着用を義務づけておきながら、このアウトは次打者には適用されない。次打者をアウトにできないからだろう。

また、捕手についても、3-5項1で捕手用ヘルメットの着用を義務づけているが、特段のペナルティはない。着用義務違反の打者がアウトになるのなら、捕手の着用義務違反に対しては打者に安全進塁権を与えるべきだろう。アウトにしやすい打者と走者だけを狙い撃ちする不細工なルールだ。

ヘルメットを着用しないからといって、相手方が不利益になることはない。こうした性質の違反行為には、アウトという形でゲームに直接影響するようなペナルティを与えてはならないのだ。『公認野球規則』では1・16にヘルメットの着用義務が定められている。これに対するペナルティは、是正命令→退場であって、アウトではない。これが健全なルールというものだ。

打順表

『オフィシャル・ソフトボール・ルール』は「打順表」を次のように定義している。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−44項 ライン アップ カード LINE-UP CARD(打順表) とは、チーム名、スターティングプレイヤーの打順、守備位置、氏名、ユニフォームナンバーの他、控え選手の氏名、ユニフォームナンバー、監督・コーチの氏名を記入するカードをいう。

一見、当たり前のことのように思える。だが、『公認野球規則』においては、「打順表」は定義されていないのだ。定義されないまま、複数の条項に「打順表」という言葉が使われている。

08年版 『公認野球規則』

4・01 ホームクラブが試合の延期または試合開始の遅延をあらかじめ申し出た場合を除いて、1人ないし数人の審判員は、試合開始予定時刻の5分前に競技場内に入り、直ちに本塁に進み、両チームの監督に迎えられる。
 (a) まず、ホームチームの監督が、球審に2通の打順表を手渡す。
 (b) 次に、ビジティングチームの監督が、球審に2通の打順表を手渡す。 
 (c) 球審は、受領した打順表の正本が副本と同一であるかどうかを照合した後、相手チームの監督にそれぞれ打順表の副本を手交する。球審の手元にあるものが正式の打順表となる。球審による打順表の手交は、それぞれの打順表の確定を意味する。したがって、それ以後、監督がプレーヤーを交代させるには規則に基づいて行なわなければならない。 
 【原注】<略>

「したがって」は06年版まで「従って」でした。

まあ、実際にはローカルルールの定めがあるので、「5分前」や「2通」ということは、ほとんどないはずだ。スタメンが発表されるのは、プロでもアマでも5分以上前だ。問題は、「打順表」なるものの様式についての定めがないということだろう。

08年版 『公認野球規則』

4・04 試合中、打撃順の変更は認められない。しかし、打順表に記載されているプレーヤーが控えのプレーヤーと代わることは許される。ただし、その控えのプレーヤーは退いたプレーヤーの打撃順を受け継がなければならない。

この条項から、ある重大なことが読み取れる。『公認野球規則』で言う「打順表」とは、スタメン選手のみが記載されるものであって、控え選手は「打順表」には記載されないということだ。ちなみに、英文では「batting order」として記されている。

実際、日本のプロ野球では、スタメン選手記載の「打順表」のほかに、支配下登録全選手の登録名と背番号が印刷され、当日のベンチ入り選手に印がつけられたものが交換されている。大学野球でもスタメン選手記載の「打順表」と当日のベンチ入り選手記載の「選手名簿」の2種類を交換しているものと思われる(そうでないリーグもあるらしい)。

一方、「高校野球特別規則」の「オーダー用紙の取り扱いについて」の項目では、「オーダー用紙とは、当日ベンチ入りする選手すべてを記載したもの」と定義されている。当日の試合前に交換するのが、この「オーダー用紙」だけだとすれば、控え選手が含まれることからソフトと同じだということになる。

ところで、『オフィシャル・ソフトボール・ルール』には、次のような規定もある。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−61項 スターティング プレイヤー STARTING PLAYERS とは、試合開始前、球審に提出された公式の打順表に記載されたプレイヤーをいう。

いわゆるスタメンのことだと思われるが、1-44項によれば控え選手も記載されるのがソフトの「打順表」だったはずだ。だとすれば、1-61項の定義とは明らかに矛盾するわけだ。

打順の誤り

一死無走者で7番打者Aの打順に8番打者Bが打席に入って三振に倒れたとしよう。ボール回しの間にキャッチャーが打順間違いをアピールすれば、正位打者である7番打者Aがアウトを宣告され、二死走者なしでBは再び打席に入ることになる。これが野球のルールだ。ところが、ソフトのルールではこうならないらしい。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

7−2項 打撃の順序
<略>
<効果>2項
(2) 不正位打者の打撃が完了し、次の打者に対して投球動作に入る前(正・不正にかかわらず)にアピールされたときは、
 1) 不正位打者の打撃によるか、その打者が失策・四球・死球などで出塁したことによる走者の進塁および得点はすべて取り消される。ただし、違反発見前のアウトは取り消さない。
 2) 打順を抜かされた正位打者がアウトになる。
 3) 次の打者は、打順誤りのためにアウトを宣告された打者の次の打順の打者である。ただし、次打者が不正位打者でアウトになった打者のときは、さらに次の打順の者になる。
 4) 打順誤りのアピールで第3アウトが成立したとき、次の回の先頭打者は打順を抜かされてアウトになった打者の次の打順の者である。

ソフトのルールでは、8番打者のアウトは有効、7番打者は打順間違いでアウトになってしまうのだ。実におそろしい相違点だ。ちなみに野球のルールには、7-2項の2つの但書きに相当する規定はない。→7.06(b)(2)、同(d)(1)

まあ、ソフトがそういうルールに変えた理由は理解できなくもない。野球のルールでは、不正位打者が出塁したときには守備側にアピールする明らかな利益があるが、不正位打者がアウトになれば守備側には「打者の選択権」が与えられるにすぎない。ペナルティとしてはいささか弱いからだ。

しかし、ソフトのルールは私の理解を超える世界まで突っ走っている。(ソフトの)『競技者必携2006』によれば、不正位打者のアウトと打順の誤りのアウトで記録上は「併殺」が成立してしまうらしい。ついでに言えば、場内アナウンスは交代の連絡がない限り、正規の打順表どおりに放送せよとも指示されている。

打者走者

『オフィシャル・ソフトボール・ルール』は、「打者走者」を次のように定義している。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−8項 バッターランナー BATTER-RUNNER(打者走者) とは、打撃を完了したが、まだアウトになっていないか、または一塁に達していないプレイヤーをいう。

『公認野球規則』は次のとおりだ。微妙に違う。

08年版 『公認野球規則』

2・09 BATTER-RUNNER「バッターランナー」(打者走者)――打撃を終わった打者がアウトになるまでか、または走者となったことに対するプレイが終了するまでの間を指す術語である。

長打を放った打者が一塁を蹴って二塁に向かった場合、ソフトの定義に従うなら、一塁に触れた時点で打者走者ではなくなっているが、野球の定義では「プレイが終了」していないことから、依然として打者走者であるということになる。

さて、『オフィシャル・ソフトボール・ルール』には次のような規定もある。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

8−2項 打者走者がアウトになる場合
 1.飛球を打ち、野手に捕球されたとき。

飛球を放った打者が一塁を回ったあとで、守備側がその飛球を捕球した場合、もはや「打者走者」ではなくなっているから、アウトが成立しないという屁理屈が通用するのではないかと私は心配している。もちろん、そのように運用されているはずはないのだが…。

ちなみに、『公認野球規則』では次のように規定されている。この場合の主語は「打者」であって「打者走者」ではない。まあ、野球の定義なら(a)項の主語が「打者走者」であっても問題は生じない。

08年版 『公認野球規則』

6・05 打者は、次の場合、アウトとなる。
 (a) フェア飛球またはファウル飛球(ファウルチップを除く)が、野手に正規に捕えられた場合。

打球

『オフィシャル・ソフトボール・ルール』は「打球」を次のように規定している。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−6項 バッテッド ボール BATTED BALL(打球)
 打つ意思に関係なく、投球がバットに当たるか、バットで打たれた球をいう。

私は1997年の日本シリーズ第2戦を三塁側スタンドで見ていた。1回裏にライオンズが5点を先制したものの、スワローズがじりじりと追い上げて1点差で迎えた6回表の一死満塁、ホージーが打席に入った。ボールカウント2−1からの内角の投球がグリップエンドを直撃、打球は捕手の前(人工芝にかかったあたり)に転がった。

判断よくスタートした三塁走者の宮本慎也が同点の生還。伊東勤は宮本にタッチしようとして、どこにも送球できなかった。この間にホージーは一塁に達して、各走者も進塁したので、記録は野選となった。ホージーの“グリップエンド打法”として有名なプレイだ。ちなみに、球審は井野さんだった。

ホージーは同じ97年日本シリーズの第4戦では、止めたバットにボールが当たるタイムリーヒットも記録している。さて、ソフトのルールブックは「打つ意思に関係なく」投球がバットに当たれば打球であると定義している。これは野球も同じことで、投球を避けようとして落としたバットにボールが当たっても「打球」になってしまうそうだ。

残念ながら野球のルールブックには「打球」の定義がない。このため、打者に「打つ意思」がなく偶然バットに投球が当たってしまった場合は「打球」ではないと強硬に主張される方もネットにはいらっしゃるので注意が必要だ。疑問に思うのなら、自分で所属連盟に問い合わせればよい。

▲すくなくとも1975年のNPBでも“大リーグボール1号”は有効だったようです。「打つ意思」は問われずにトリプルプレイが成立しています。

宇佐美徹也 『プロ野球 記録・奇録・きろく』 (文春文庫、155-156ページ)

三重殺打は表のように<略>全員右打者。<略>田淵(現西武)も50年の阪神時代に巨人戦で記録、名を連ねているが、このときは打ったのではなく、横山の内角あわやデッドボールという投球を後へのけぞって避けようとした瞬間、バットに当たって捕手前に転がったもので、ボールをつかんだ矢沢から三塁→二塁→一塁と転送されたもの。体勢の崩れた田淵は一塁に走れず、楽々アウトにされてしまった。

ストライク

▼この項はもともと某サイト掲示板の投稿において指摘されたものです。私は話を発展させただけで、「第一発見者」ではありません。

『公認野球規則』における「ストライク」は次のように定義されている。

08年版 『公認野球規則』

2・73 STRIKE「ストライク」――次のような、投手の正規な投球で、審判員によって“ストライク”と宣告されたものをいう。
 (a) 打者が打った(バントの場合も含む)が、投球がバットに当たらなかったもの。
 (b) 打者が打たなかった投球のうち、ボールの一部分がストライクゾーンのどの部分でもインフライトの状態で通過したもの。
 (c) ノーストライクまたは1ストライクのとき、打者がファウルしたもの。
 (d) バントして、ファウルボールとなったもの。
 【注】 普通のファウルは、2ストライクの後はストライクとして数えられないが、バントのファウルに限って、ボールカウントには関係なく常にストライクとして数えられるから、2ストライク後にバントしたものがファウルボールとなれば、打者は三振となる。ただし、バントがフライとして捕えられた場合は、フライアウトとなる。
 (e) 打者が打った(バントした場合も含む)が、投球がバットには触れないで打者の身体または着衣に触れたもの。
 (f) バウンドしない投球がストライクゾーンで打者に触れたもの。
 (g) ファウルチップになったもの。

赤字の部分がミソだ。(a)項は空振り、(b)項は見逃しであって、審判は“ストライク”をコールする。(c)項や(d)項のファウルのとき、“ストライク”と宣告する審判はいない(はずだ)。したがって、“ストライク”と宣告されないファウルは、「ストライク」ではないという屁理屈が通用することになる。

ルールに合わせてコールを変えるか、コールに合わせてルールを変えるかしなければ、この矛盾は解消されない。それでは、『オフィシャル・ソフトボール・ルール』ではどうなっているだろうか。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

7−4項 ストライク
 1.正しい投球が地面につく前にストライクゾーンを通過したとき。
 (注) 「ストライクゾーン」は、打者が打撃をしようとするときの脇の下と膝頭の上部の間の本塁の上方空間である。
 2.正しい投球を打者が空振りしたとき。
 3.ファウルチップになったとき。
 <効果> 1〜3
 ボールインプレイ。
 4.ツーストライクになる前に打球がファウルボールになったとき。
 5.投球が空振りされ、打者の身体のどの部分にでも触れたとき。
 6.ツーストライクになる前に、打者席内にいる打者に打球が当たったとき。
 7.ストライクゾーンで投球が打者に触れたとき。
 8.球審がプレイを指示したのち、打者が10秒以内に打撃姿勢をとらなかったとき。
 (注) 投球しなくても打者に対してワンストライクが宣告される。
 <効果> 4〜8
 ボールデッド。

これなら、審判による“ストライク”の宣告がなくても、「ストライク」ということになる。齟齬は生じない。ただし、これは『オフィシャル・ソフトボール・ルール』の話であって、国際ルールには「A STRIKE IS CALLED BY THE UMPIRE」とあるそうなので、先の疑問を感じた日本協会が意図的にそぎ落としたのかもしれない。

ところで、両規則をくらべると、野球は7項目でソフトは8項目だ。(a)≒2、(b)≒1、(c)=4、(e)=5、(f)≒7、(g)=3であり、(d)項に相当する規定がソフトにはない。ということは、ソフトではスリーバントがファウルになっても、それは「ストライク」ではないということになる。

まあ、野球にもソフトにも、スリーバントがファウルになったら打者アウトという規定は別にあるので、プレイイング・ルールとしての相違が生じるわけではない。

なお、野球ではストライクゾーンの一部を通過すれば(どこから入ってどこから出ても)ストライクだが、ソフトのルールブックにはストライクゾーン(五角柱)の底面に出るとストライクにはならないと図示されている。ということは、五角柱の天井面から入った場合もストライクではないものと思われる。

ボール

『オフィシャル・ソフトボール・ルール』の次の条項を読んだとき、私は思わず「うそ!」と、つぶやいたのだった。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

7−5項 ボール
 1.投球がストライクゾーンを通過しなかったとき。
 2.投球が本塁に達する前に地面に触れ、打者が振らなかったとき。
 <略>

このとおりなら、ストライクゾーンを通過しない投球に打者が空振りしても「ボール」ということにしかならない。そういう解釈しかできないはずだ。まあ、ストライクの項目には「正しい投球を打者が空振りしたとき」7-4項2)とあるけれども…。

ストライクゾーンを通過しない投球に打者が空振りした場合、7-4項によればストライクであり、7-5項によればボールであるということになるわけだ。旧11-3項(2)では、「投球がストライクゾーンを通過しないか、あるいは本塁に達する前にグラウンドに触れ、打者が振らなかったとき」はボールと定められていた。

現在の7-5項の1と2は、これを分割したものだ。旧11-3項(2)の構文は「AまたはBで、なおかつCのとき」だから、CはAとBの両方にかかる。その意味は「AかつC、またはBかつCのとき」なのだ。

単純に2分割してしまったために、「A」はボール、「BかつC」はボール、という条項になってしまっている。ボールとなるのは、「A」ではなく「AかつC」でなければならない。要するに、「投球がストライクゾーンを通過せず、打者が振らなかったとき」がボールのはずだ。

実は国際ルールも同様らしいが、この原始的ミスには対処しておくべきだろう。ちなみに、『公認野球規則』の規定は次のとおりだ。とくに問題はない。

08年版 『公認野球規則』

2・04 BALL「ボール」――ストライクゾーンを通過しなかった投球、または地面に触れた投球で、いずれも打者が打たなかったものである。

『公認野球規則』では、「打つ」が「振る」(バントを含む)の意味で使われるだけでなく、「バットを投球に当てる」の意味で使われたり、「打席に入る」の意味で使われることがある。非常に迷惑な話だが、この条項では「振る」の意味合いだ。

プレイボール

なかなか面白い相違点もある。まず、『オフィシャル・ソフトボール・ルール』から引用する。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−55項 プレイ ボール PLAY BALL とは、投手が球を保持して投球位置にいるとき、試合をはじめるか、再開するために球審が宣告する用語のことをいう。

ソフトでは「プレイボール」で試合が始まるようだが、野球では「プレイ」によって試合が始まる。これに対応する『公認野球規則』の記載は次のとおりだ。

08年版 『公認野球規則』

2・63 “PLAY”「プレイ」――球審が試合を開始するとき、及びボールデッドの状態から競技を再開するときに用いる命令をいう。

ところが、どうしたわけか『オフィシャル・ソフトボール・ルール』には、次のような記述もある(9-2項に限らず各所にある…)。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

9−2項 ボールインプレイ
 1.球審が“プレイ”を宣告したとき。

おそらくソフトのルールでも以前は「プレイ」だったはずだ。まだ目配りが足りないのかもしれない。ちなみに、野球でも始球式の際には「プレイボール」とコールする審判がいたりする。

なお、『公認野球規則』は05年まで「プレヤー」、06年版から「プレーヤー」だが、ソフトは「プレイヤー」だ。

イニング

『公認野球規則』の規定では、「イニング」が次のように定義されている。

08年版 『公認野球規則』

2・43 INNING「イニング」(回)──各チームが攻撃と守備とを交互に行なう、試合の一区分である。この間、各チームは守備の際、それぞれ3個のプットアウトを果たす。各チームは1イニングの半分ずつをその攻撃にあてる。

『公認野球規則』の「1回」とは、表と裏の合計6アウト分を指すわけだ。したがって、「○回半」という表現が用いられることも少なくない。

立教大学野球部>東京六大学野球リーグ戦のシステム
http://www.rikkyo.ne.jp/web/z4000001/ouenseki/league.html

降雨など特別な状況で試合続行が不可能になった場合、7回、もしくは6回半で試合成立となる。

これに対して、『オフィシャル・ソフトボール・ルール』では、「イニング」が次のように定義されている。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−39項 イニング INNING(回) とは、チームが3つのアウトを取るたびに、攻守を交互に行うゲームの一部をいう。
 (注) イニングの攻守交代は3つ目のアウト成立直後から始まる。

ソフトの「1イニング」は3アウトが単位となる。

タッグ

『公認野球規則』による「タッグ」の定義は次のとおりだ。

08年版 『公認野球規則』

2・76 TAG「タッグ」(触球)――野手が、手またはグラブに確実にボールを保持して、その身体を塁に触れる行為、あるいは確実に保持したボールを走者に触れるか、手またはグラブに確実にボールを保持して、その手またはグラブを走者に触れる行為をいう。

一般的に「タッチ」と呼ばれる行為は、規則上は「タッグ」と言うわけだ。ただし、ここで注意しなければならないのは、「タッグ」とはボールを確捕している野手が、そのボールまたはグラブ(あるいはミット)で走者に触れることを意味するだけでなく、ボールを確捕している野手による触塁行為を含んでいるという点だ。

つまり、打者が内野ゴロを打った場合に、送球を受けた一塁手がベースを踏むという行為も「タッグ」の一種なのだ。『公認野球規則』上では「タッグアウト」が使われている箇所もあるけれど、実は「タッグアウト」の定義はない。「タッグ」によるアウトが「タッグアウト」なのだとすれば、「フォースアウト」も「タッグアウト」にほかならない。

しかし、一般的に使われる「タッチアウト」には、「フォースアウト」は含まれないはずだ。「タッチアウト」なら話は通じるのに、わざわざこれを「タッグアウト」と言い換えてしまうと、余計に話がややこしくなってしまう。というわけで、当サイトでは「タッグ」は用いていない。

さて、『オフィシャル・ソフトボール・ルール』の規定は次のようになっている。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

1−63項 タッグ TAG(タッチ) とは、野手が手、またはグラブで球を確捕して、身体の一部を塁に触れたり、確捕した球または球を確捕したグラブで走者に触れる行為をいう。

内容的には同じことだが、ソフトでは素直に?「タッチ」と呼んでも、お叱りを受けることはないわけだ。

没収試合

『オフィシャル・ソフトボール・ルール』には次の規定がある。

08年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

5−3項 正式の試合
 6.没収試合(フォーフィテッドゲーム)
 <略>
 (9) チームのプレイヤー・関係者から、審判員が暴言や暴行を受けたとき
 (10) チームのメンバーが審判員に注意されたのち、故意にルール違反をしたとき。
 (注) 没収試合の決定は、大会競技委員長・審判長・および当該審判員が協議して、球審が宣告する。(得点は7−0となる)

『公認野球規則』の没収試合に関する規定のうち主なものは次のとおりだ。

08年版 『公認野球規則』

4・15 一方のチームが次のことを行なった場合には、フォーフィッテッドゲームとして相手チームに勝ちが与えられる。
 (a) 球審が試合開始時刻にプレイを宣告してから、5分を経過してもなお競技場に出ないか、あるいは競技場に出ても試合を行なうことを拒否した場合。
 ただし、遅延が不可避であると球審が認めた場合は、この限りではない。
 (b) 試合を長引かせ、または短くするために、明らかに策を用いた場合。
 (c) 球審が一時停止または試合の打ち切りを宣告しないにもかかわらず、試合の続行を拒否した場合。
 (d) 一時停止された試合を再開するために、球審がプレイを宣告してから、1分以内に競技を再開しなかった場合。
 (e) 審判員が警告を発したにもかかわらず、故意に、また執拗に反則行為をくり返した場合。
 (f) 審判員の命令で試合から除かれたプレーヤーを、適宜な時間内に、退場させなかった場合。
 <略>

▲ソフトでは「フォーフィテッドゲーム」ですが、野球では「フォーフィテッドゲーム」です。些細なことですが、これは検索時に大きな問題になります。

『公認野球規則』4・15の(a)〜(f)に準ずる規定は、『オフィシャル・ソフトボール・ルール』にもある。だが、『オフィシャル・ソフトボール・ルール』5-3項6の(9)と(10)に相当する規定は、『公認野球規則』にはない。

プロを前提にしている『公認野球規則』と、アマを想定しているはずの『オフィシャル・ソフトボール・ルール』との相違とも言えるかもしれない。判定に対する異議はどんな競技でもつきものだろう。その場の感情で暴言を吐くことはまだ許容範囲内だとしても、暴行にはこれぐらいの姿勢を見せるべきではなかろうか。

たとえば1回表に没収試合になっても正式試合として認められるが、観客としては当然「金返せ」という話になるだろう。相手チームや球場出入りの業者の損失も含めてすべて没収試合の原因をつくった球団に負担してもらうことにするわけだ。負担は数千万単位になるだろう。十分な抑止効果が期待できる。

なお、チーム間の乱闘と審判への暴行はまったく次元が異なる問題だ。前者は集客を促す要素になる。けっして賞賛すべき行為ではないとしても、プロではある種の必要悪と言えるかもしれない。後者は単なる刑法犯であって、断じて世間様にお見せするようなことではない。それが認められるのはプロレスだけだ。

引用禁止!

『2005 オフィシャル・ソフトボール・ルール』の奥付には、財団法人日本ソフトボール協会が「編集兼発行者」として記されており、次のような記載がある(08年版も同じ)。

05年版 『オフィシャル・ソフトボール・ルール』

国際ソフトボール連盟(I.S.F)ルール委員会の認可により作成されたものであるから、本協会の許可なく引用することを禁ずる

申し訳ないけれど、私はこの意向を無視している。そもそも「引用」を禁じることはできないからだ。著作権法上、「引用」とは著作権者に許可なくできるのだ。念のために、著作権法第32条を「引用」しておこう。

著作権法32条

(引用)
第32条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
2 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。

一方、『公認野球規則』では2005年版までの奥付に次のような記載があった。

05年版 『公認野球規則』

本書の版権は日本プロフェッショナル野球組織、日本野球連盟、日本学生野球協会、全日本大学野球連盟、日本高等学校野球連盟、全日本軟式野球連盟の団体に属する。許可なくして複製転載を禁ずる

ここで使われていた「版権」には問題がありそうだが、赤字部分はノーマルな記述だ。「版権」とは著作権のことかもしれないし、翻訳物であることから単に「出版権」の意味だったのかもしれない。なお、市販化された06年版では「版権」云々の記述がなくなり、マルC表示がなされるようになった。つまり、明示的に著作権の帰属を主張するようになった。

まあ、ソフトの場合は、「許可なく転載することを禁ずる」と言いたかっただけなのだろうが、ルールブックが著作物でないとすれば、「引用」を禁止することもできるものなのかもしれない(無理があるような…)。

だが、規則原文を参照することなく、規則を正しく理解することはできない。競技規則を一般の著作物と同列に扱うことはできないはずだ。むしろ、法律や条例に準じるべきだろう。著作権法第13条は、法令や告示、通達などが著作権法の保護を受けないことを規定している。

著作権法13条

(権利の目的とならない著作物)
第13条 次の各号のいずれかに該当する著作物は、この章の規定による権利の目的となることができない。
 一 憲法その他の法令
 二 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人(独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第1項に規定する独立行政法人をいう。以下同じ。)又は地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成15年法律第118号)第2条第1項に規定する地方独立行政法人をいう。以下同じ。)が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
 三 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
 四 前三号に掲げるものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの

つまり、法律の条文は「引用」の要件を満たさなくても、使って構わないのだ。競技規則とはその競技の「法律」ではないだろうか。すくなくとも「引用」に当たって、いちいち協会なり連盟なりに許可を願い出ろというのは不便きわまりない話だ。許可がなければルールのことを語ってはいけないと言っているのと同じだ。ルールが正しく理解されなくても構わないと言い放つのに等しい。

◆というわけで、当サイトではこのページ以外でも遠慮なく「引用」しています、はい。「引用」したほうが正確に伝わるでしょうし、私の解釈がルールブックに照らして間違っているのではないかという指摘を受けることもできます。もし、規則の条項を「引用」できないのなら、どのようにしてルールを伝えるのでしょう? 勝手な解釈を含めて伝達すればいいのでしょうか?
◆こんな断りを入れずに済むように来年こそ対処していただきたいものです。“私はアホです”というクレジットを自分で刷り込んでいるような行為だと思うのですが…。
◆この項については、「3代目んだ」(引用禁止!)でご意見を承ります。


外部リンクです。
明治大学小野研究室データ野球用語
 ルール上も、また実際の試合でも、野球は球審の「プレイ」の宣告によって試合が始まります。試合終了は「ゲームセット」ではなく、単に「ゲーム」です。野球マンガは別にして、(今は)これが「正しい」のですが、「プレイボール」や「ゲームセット」は100年前から使われていたようです。(通知済、07/02/04設定)

◆背番号(胸番号)に関する両競技の規定は「背番号のないパンフ」のページで比較してあります。

◆ルール解釈の誤り、事実誤認、変換ミス、リンク切れ等にお気づきの際は、お手数ですが「3代目んだ」(ヘルメットを脱いだらアウト)または「メールのページ」からご一報いただけると幸いです。

★07/09/08校正チェック済、ケなし、順OK
★08/03/22HTML文法チェック済(エラーなし)



検索リンクポリシールール|次へ:似て非なるもの|玉手箱:スコアボードと方位