セットポジションスコア
盗塁時のスタート | 守備側無関心 | 四球で二塁へ

守備側無関心の“盗塁”

08/05/18分割
13/12/14更新

◆08年からいわゆる「守備側無関心」の際には、規則どおりに盗塁ではなく野選が記録されることになりました。旧「こんなとき、どう記録しますか?(1)」のページから「盗塁2」だけ独立させました。


新旧規則

2007年までの『公認野球規則』には次のような条項があった。

07年版 『公認野球規則』

10・08(g) 走者が盗塁を企てた場合、これに対して守備側チームがなんらの守備行為を示さず、無関心であるときは、その走者には盗塁を記録しないで、野手選択による進塁と記録する。
 【注】 たとえば、走者一・三塁のとき、一塁走者が二塁を奪おうとした場合、捕手が三塁走者の本塁への突入をおそれて、送球しなかったときなどには、たとえ守備行為がなくても、本項を適用しないで、盗塁を記録する。

08年改正により、この条項は次のように改められた。

08年版 『公認野球規則』

10・07(g) 走者が盗塁を企てた場合、これに対して守備側チームがなんらの守備行為を示さず、無関心であるときは、その走者には盗塁を記録しないで、野手選択による進塁と記録する。
 【原注】 守備側が無関心だったかどうかを判断するにあたって、次のような状況を全体的に考慮しなければならない。――イニング、スコア、守備側チームが走者を塁に留めようとしていたかどうか、投手が走者に対してピックオフプレイを試みたかどうか、盗塁の企てに対して通常は塁に入るべき野手が塁に入る動きをしたかどうか、守備側チームが走者の進塁にこだわらない正当な戦術的動機があったかどうか、守備側チームが走者に盗塁が記録されるのを強く阻もうとしたかどうか。
 たとえば、走者一・三塁で、一塁走者が二塁を奪おうとした場合、もし、守備側に戦術的動機があった――すなわち、二塁への送球の間に三塁走者が本塁へ突入するのを防ぐため、一塁走者の進塁にはこだわらなかった――と記録員が判断すれば、通常は盗塁を与えるべきである。また、たとえば、盗塁を記録されることによって、守備側チームのプレーヤーのリーグ盗塁記録、通算盗塁記録、リーグ盗塁王タイトルが危うくなる場合には、守備側チームは盗塁が記録されるのを強く阻もうとしていると判断してよい。

国内ルール

さて、07年までの10・08(g)によると、一定の条件下では「盗塁を記録しない」はずだが、実は日本ではすべて盗塁が記録されていた。

千葉功 「盗塁記録物語」 (1996年版『ベースボール・レコードブック』、880ページ)

 その後も盗塁の規則は少しずつ手直しされている。1908年からは重盗を企てたとき、どちらかの走者がアウトになったときには、進塁した走者にも盗塁は記録されないとなった。
 走者が盗塁を企てたが、守備側が無関心であったときには盗塁を記録しないという規則が制定されたのは1920年である(この2つの規則はいまでも生きているが、後者は日本のプロ野球では適用されていない)。

千葉氏は「日本のプロ野球では」と限定しているが、アマの主要団体も旧10・08(g)は適用していなかった。ただし、適用しない旨は各団体の内規によって定められているため、『公認野球規則』しか読んでいない者にとっては迷惑このうえない話だったのだ。

9回二死一塁で、守備側が大量リードしているなら、一塁手がベースにつく必要などない。あと1つアウトを取ればいいのだから、別にランナーを気にする必要はないからだ。旧10・08(g)はそのようなケースに適用されるものだと思うが、プロもアマも「盗塁」が記録されていたのだ。

女子軟式の事例(98年)

私がこのサイトを立ち上げる前、次のようなプレイを見たことがある。

一死一・三塁、守備側1点リードの最終回裏の攻撃。守備側は極端な前進守備を敷いた。一塁手はスリーフットレーンが始まる付近(ホームプレートと一塁ベースのほぼ中間)、二塁手はマウンドと一塁ベースの中間、遊撃手はマウンドと三塁ベースの中間で守備につき、三塁手だけは同点の走者がいるのでベースについていた。初球、ノーマークの一塁走者(逆転の走者)は当たり前のように二塁に走った。

私が見たのは女子軟式の大会だった。一塁手もベースを空けており、二遊間も二塁のベースカバーに入ろうともせず、センターにも特別のアクションはなかった。したがってキャッチャーも送球せず、完全に「どうぞご勝手に」の状況だった。

私はこのケース(ウルトラ前進守備)では、どうしても「盗塁」を記録するのがためらわれた(スコアラーとしての良心がとがめた)ので、『公認野球規則』を尊重して「盗塁」は記録しなかった。まあ、私は公式記録員ではないので、独自に対応したところで誰にも迷惑はかからない。

慣習法に反してあえて「盗塁」を記録しなかった例はこれ以外にはないけれども、私はこれ以降、一応「盗塁」を記録したうえで、「守備側無関心」とか「一塁手はベースにつかず」とか注記を加えるようになった。

結局、このときの打者はウルトラ前進守備のショートゴロだった。三塁走者がホームでタッチアウト(二死)になり、再び一・三塁の形に戻った。2番打者の2球目に一塁走者は二塁に盗塁を試みたが、キャッチャーはやはり送球しなかった。

98/08/10(江戸川) 守備側1点リードの7回(=最終回)裏
7番R 無死(なし) BBBSKFFB 四球 
8番R 無死1塁   SSH   二飛 初球に二盗、3球目の暴投で三進
9番R 1死3塁   H        捕安 バントヒット、三走そのまま
1番R 1死1・3塁 BH      遊ゴ 内野はウルトラ前進守備、初球に「二盗」(私の記録は今も「野選」)
2番R 2死1・3塁 SH      投ゴ 内野は普通の前進守備、2球目に一走が二盗

▲S…見逃しストライク、K…空振り、F…ファウル、B…ボール、H…インプレイの打球

2番打者の場面では、投球時まで一塁手がベースについて守っていたので、当時の10・08(g)【注】に基づき「盗塁」を記録したのは当然のことだ。

クームスの見解

ところで、野球に関する古典的名著には次のような記述がある。

ジョン・W・クームス 『個人プレーとティーム・プレー』 (ベースボール・マガジン社、内村祐之訳、250ページ)

 盗塁に対して守備側ティームが無関心であったために走者がやすやすと進塁した場合、その走者に盗塁を記録しない。
 ただし『送球のふり』は無関心ではない。
 実例。 一塁と三塁とに走者がいるとき、一塁の走者が二塁に向かってスタートを切った。捕手は、二塁に送球するふりをしたが、投げなかった。あるいは、捕手は、三塁または投手に向かって、素早い送球をおこなった。二塁に向かった走者は、ゆうゆうと二塁についた。これは盗塁であろうか? しかりである。送球のふり、あるいは他の塁へのすばやい送球は、盗塁行為に対して無関心なのではなく、走者を止めようとする(そして三塁走者の生還を防ごうとする)努力をおこなったものと解釈されるのである。

これは1950年代のアメリカ流解釈であり、しかもオフィシャルとも言いがたいが、私の知る範囲では、この種の記述をほかに見かけたことはない。

走者一・三塁のケースで、一塁走者が二盗を試みて、キャッチャーの送球とともに三塁走者がスタートを切るという形の重盗は、アマチュアではしばしば見られる(→「盗塁4」)。キャッチャーの二塁送球をピッチャーがカットしたり、キャッチャーは二塁送球のふりだけして実際には投げずに三塁走者を誘い出すというプレイも珍しくはない。

前述の女子軟式の試合でキャッチャーがどう対応したのか、今となっては記憶が定かではないけれど、すくなくとも三塁には送球していない(そう断言できるのは、私がキャッチャーからの牽制球もスコアカードに記入しているからだ)。

三塁走者をおびき出そうとして、ピッチャーにすばやく返球したわけでもなかった。この場合は、ピッチャーがカットした場合と同様、やはりスコアカードに記入することにしている。

また、二塁に投げるふりもしていないはずだ。最初から二塁のベースカバーに入れる距離に野手がいないのだから、二塁に投げるふりは無意味だ。ただ、三塁の走者をうかがったのは間違いないだろう。この場面では当然の行為だ。「送球のふり」があったかどうかは、ちょっとわかりかねる。

いずれにせよ、私は守備側が一塁走者の存在に対して無関心であったと判断して、「盗塁」ではなく「野選」を記録した。守備位置からして、一塁走者をアウトにする機会は絶無だった。

このような場合の一塁走者の進塁に「盗塁」を記録する価値などない。やすやすと進塁できるのに、「盗塁」を記録して、走者を評価する必然性は感じられない。

それに、「盗塁」を記録することは、捕手の阻止率を下げることになる。最初から「行きたいんなら、どうぞ」でやっているのに、阻止率が下がるのなら、そんな数値にはたいした意味はないことになる。

◆盗塁阻止率は、ルールブック上に定義がありません。あとから考え出されたものですから、ルールブックでは、盗塁阻止率の算出を前提にして盗塁が定義されているわけではありません。
◆日本のプロ野球では、阻止率の算出に当たって一定の操作が施されているはずですが、この事例が阻止率の分母から排除されているわけではないようです。→「盗塁阻止率について」

戦術的動機

01年5月21日深夜(厳密には22日)の大リーグ中継を見ていたら、マリナーズ4点リードの9回表一・三塁の場面(一塁走者がイチロー)で、アナウンサーから「盗塁のチャンスですね」と水を向けられた解説者が、一塁手がベースについていたら「盗塁」で、離れているときは「野選」になると語っていた。

つまり、メジャーでは昔から規則どおりに運用していたわけだ。日本で07年までこの規則が適用されなかったのはなぜなのか想像の域を出ないけれども、やはり判断が難しくなるからだろうと思われる。メジャー中継も多くなって、「日本独自のルール」は変更を余儀なくされたというころだろう。

08年改正規則を再録する。

08年版 『公認野球規則』

10・07(g)【原注】 <略>
 たとえば、走者一・三塁で、一塁走者が二塁を奪おうとした場合、もし、守備側に戦術的動機があった――すなわち、二塁への送球の間に三塁走者が本塁へ突入するのを防ぐため、一塁走者の進塁にはこだわらなかった――と記録員が判断すれば、通常は盗塁を与えるべきである。<略>

この部分の解釈は分かれるのではないかと思われる。私は一・三塁であっても「盗塁」を記録しないケースはあり得るという考え方に立つが、そうでない解釈もできるからだ。一・三塁で一塁走者がスタートすれば、守備側には必ず「戦術的動機」が働くはずだ。

守備側が走者の進塁に無関心なときは、常に「戦術的動機」があるからではないのだろうか。大差のついた最終回二死一塁で一塁手がベースを空けるのは、一・二塁間のヒットゾーンを必要以上に広くしたくないという「戦術的動機」に基づくものだろう。

「戦術的動機」が認められるときは「盗塁」を記録するのなら、一・三塁からの二盗の試みはすべて「盗塁」になってしまう。判断基準としては、捕手の送球の有無より一塁手がベースについて守っていたかどうかがもっとも大きいと思われる。

大学と社会人の事例(08年)

NPBで新規則適用第1号となったのは、4月2日のイーグルス対マリーンズ2回戦の9回表一死後、橋本のソロホームランで4点差になった直後だ。竹原が四球を選び、根元三振のときに二塁に達したが、一塁手はベースにつかず、捕手の送球もなく、投手も牽制を入れていないので、「野選」による進塁が記録されている。

私自身は08年に入って、すでに2回「盗塁」を記録しなかった。

08/05/12(花園) 近畿学生リーグ3部
兵庫県立大 004 000 00  =4
和歌山大 003 070 0x =11

6点差の8回裏一死一・三塁だった。三塁走者はサヨナラコールドのランナーだから、兵庫県立大は前進守備を敷いた。ファーストは一塁ベースについていなかったし、二遊間は二塁ベースのはるか前だ。牽制球もなかった。

初球ストライクのとき、一塁走者はスタートしたが、二遊間はベースに入ろうともしなかったし、振り返りもしなかった。もちろん、捕手は送球していない。守備側は一塁走者にフリーパスの権利を与えていたのであって、ゲッツーを避けたい和歌山大が一塁走者を走らせるのは当然のことだ。

08/05/17(橿原市営) 都市対抗奈良1次予選1回戦
奈良産大OBクラブ 020 030 000 =5
GSG斑鳩クラブ 021 000 2X =10

こちらも8回裏だ。7回まで同点だったが、GSGは四球と長短打で2点勝ち越していた。やはり一死一・三塁で奈良産業大OBクラブはバッターオンリーの前進守備だ。一塁手も二遊間も走者を無視したシフトだった。初球ボールのときに一塁走者はスタートした。

いずれのケースも公式記録がどう処理したかは確認していない。アマチュアの場合、私には公式記録に合わせる“趣味”はない。ほとんどの場合、私のほうがキャリアは長かったりする。下手に聞きに行くと、相手を困らせることになる…。


◆事実誤認、リンク切れ、変換ミスなどにお気づきの際は、お手数ですが「3代目んだ」(戦術的動機)または「メールのページ」からご一報いただけると幸いです。なお、関連ページとして「3代目んだ」(守備側無関心)もあります。

★08/05/18校正チェック済、ケなし、順OK
★08/05/18HTML文法チェック済(エラーなし)



検索リンクポリシースコア|次へ:四球で二塁へ、記録は?|作成順:できないはずの振り逃げ