長くひもじい1日だった

社会人 00/12/12作成
13/12/19更新
次へ
47k 玉手箱

◆このページに示してある新幹線の発着時刻は、1995年当時のものです(一部2000年時点のものもあります)。


イントロダクションで述べたように、社会人野球は基本的にトーナメント方式だ。標準モードで3試合、うまくすると4試合日もある。4試合見られるなら、少々の遠出でもコスト的には引き合う。

東京発新大阪行きの「のぞみ」最終が終点に着くのは23:48だ。駅構内のカプセルホテルで夜明けを待ったのは、95年5月19日のことだった。翌朝6:00始発の下り「ひかり」に乗って、広島駅に着いたのは7:43。

この日はおいしい4試合日。だからこそ、無理を重ねてやってきた。8:30開始予定だが、アマチュア野球では観客のことなど考慮の外にある(ように思われる)。両チームの準備が整えば始めていいと思っているらしい。

◇いつものこと

そこで、例によって悪趣味なリストを作成してみよう。社会人野球での第1試合開始予定時刻と実際のプレイボールの時刻を一覧にしてみた。なお、実際の開始時刻はオフィシャル・タイムがわかっているときはそちらを優先し、そうでない場合は私の手元の時計による。

赤字は定刻より1分でも遅れて始まった試合、青字は定刻より10分以上早く始まった(と思われる)試合です。

年月日 都市対抗本大会 球場 予定 開始 備考
95/07/30
96/08/31
97/07/26
99/07/31
01/07/29
02/08/30
02/08/31
95/07/22
95/07/25
95/07/29
96/08/24
96/08/25
96/08/28
97/07/23
99/07/25
01/07/22
01/07/23
01/07/24
91/07/21
93/07/24
93/07/25
94/07/23
94/07/25
02/08/27
02/08/28
02/08/29
95/08/01
92/09/06
00/08/01
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
都市対抗
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
東京ドーム
8:30
8:30
8:30
8:30
8:30
9:00
9:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:30
11:30
11:30
11:30
11:30
11:30
11:30
11:30
13:00
13:30
14:30
8:29
8:30
8:31
8:31

8:29
8:57
8:58
11:14
10:59
10:58
11:00
10:58
11:00
10:58
10:55
10:59
11:01
10:57
11:30
11:29
11:29
11:29
11:30
11:31
11:32

11:30
13:00
13:30
14:30







初日、たぶん開会式の影響
年月日 都市対抗予選 球場 予定 開始 備考
01/05/04
95/06/03
93/06/19
02/06/28
02/06/30
01/06/29
95/06/21
92/06/28
02/06/09
93/06/13
02/06/17
96/06/15
02/06/23
02/06/29
95/06/17
97/06/14
96/06/03
97/06/02
97/06/03
97/06/22
東京1次予選
東京1次予選
東京2次予選
東京2次予選
東京2次予選
東京2次予選
東京2次予選
東京2次予選
神奈川2次予選
神奈川2次予選
神奈川2次予選
南関東2次予選
南関東2次予選
南関東2次予選
南関東2次予選
南関東2次予選
東海1次予選
広島1次予選
広島1次予選
東北2次予選
府中
府中
西武
西武ド
神宮
神宮
神宮
神宮
横浜
川崎
横浜
県営大宮
県営大宮
県営大宮
天台
千葉マリン
岡崎
広島
広島
山形市営
9:00
10:30
11:00
11:00
11:00
14:00
15:00
18:00
9:00
14:00
18:00
9:00
9:00
10:00
11:00
11:00
10:30
9:00
9:00
9:00
8:50
10:23
10:?
10:54
10:56
13:56
14:55
17:57
9:00
13:56
17:56
9:17
8:51
9:55
10:58
10:58
10:26
8:57
8:58
8:45
無料

11:00着





初日、開会式あり


開会式がとろい
年月日 日本選手権(予選)
スポニチ大会
球場 予定 開始 備考
94/10/22
96/10/13
97/10/10
95/10/10
95/10/11
94/10/23
97/09/17
00/09/09
01/09/08
02/09/20
02/09/21
95/09/06
96/09/22
97/08/18
94/03/12
94/03/13
96/03/07
96/03/09
96/03/10
97/03/08
97/03/09
98/03/07
98/03/08
01/03/15
93/03/13
93/03/14
95/03/11
96/03/11
96/03/12
97/03/12
00/03/17
01/03/17
94/03/16
日本選手権
日本選手権
日本選手権
日本選手権
日本選手権
日本選手権
関東2次予選
関東2次予選
関東2次予選
関東2次予選
関東2次予選
中国2次予選
中国2次予選
兵庫1次予選
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
スポニチ大会
GS神戸
GS神戸
大阪ドーム
GS神戸
GS神戸
GS神戸
天台
大宮市営
県営大宮
市営大宮
県営大宮
マスカット
マスカット
姫路
西武
神宮
西武
西武
西武
西武
神宮
川崎
川崎
川崎
神宮
神宮
西武
神宮
西武
横浜
神宮
神宮
神宮
9:00
9:00
9:00
9:30
9:30
10:00
8:30
9:00
9:00
9:00
9:00
9:00
9:00
10:00
8:30
8:30
8:30
8:30
8:30
8:30
8:30
8:30
8:30
8:30
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
11:00
13:00
8:56
8:54
9:00
9:27
9:26
9:57
8:23
8:50
8:49

8:53
8:53
8:54
9:01
9:52
8:22
8:25
8:23
8:21
8:20
8:24
8:28
8:25
8:26
8:21
11:00
10:55
10:51
10:53
10:51
10:54
10:51
10:52
12:58







無料

無料
無料


無料
年月日 その他の大会 球場 予定 開始 備考
95/04/09
97/04/12
97/04/13
98/04/10
98/04/12
95/05/20
96/05/11
96/08/02
96/08/03
96/08/04
96/08/05
97/05/03
95/04/22
97/04/19
95/04/29
95/05/19
96/04/21
96/05/17
97/05/04
97/05/05
00/11/03
95/04/16
96/03/24
01/10/28
96/03/20
97/03/19
97/03/20
98/03/21
95/05/24
02/04/18
01/10/07
01/07/07
02/07/06
02/05/06
静岡大会
静岡大会
静岡大会
静岡大会
静岡大会
大阪大会
九州大会
北海道大会
北海道大会
北海道大会
北海道大会
ベーブルース杯
郡山市長杯
郡山市長杯
長野大会
広島大会
日立市長杯
富山大会
徳山大会
京都市長杯
びわこ大会
足利大会
千葉市長杯
千葉市長杯
東海春季大会
東海春季大会
東海春季大会
東京春季大会
関東選抜リーグ
関東選抜リーグ
さいたま市長杯
クラブ南関東予選
クラブ南関東予選
東京クラブ春季大会
浜松
草薙
浜松
浜松
浜松
日生
大谷
札幌
札幌
札幌
札幌
大垣
郡山
しらさわ
長野県営
広島
日立
富山市民
徳山
西京極
皇子山
足利 
千葉マリン
千葉マリン
小牧
岡崎
岡崎
東京ガス
川崎
西武ド
市営浦和
市営大宮
市営浦和
府中
9:00
9:00
9:00
9:00
9:00
9:30
9:00
9:00
9:00
9:00
9:00
9:00
8:30
9:00
8:30
8:30
8:30
9:00
8:30
9:30
9:00
8:30
9:00
9:00
9:00
9:00
9:00
8:30
9:00
11:00
8:30
9:00
9:00
9:00
8:50
8:49

8:51
8:51
8:51
9:19
8:54
8:56
8:56
9:04
8:56
8:?
8:11

8:51
8:25
8:24
8:23
8:57
8:?
9:29
8:47
8:20

8:56
8:50
8:54
8:51
8:50
8:19
8:50

10:51
8:16
8:53
8:58
8:51











8:52到着1回表終了
無料
無料

無料


8:31到着1回表4番打者

無料

無料
無料



無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料

ささやかな抵抗

社会人の場合、都市対抗の本大会はほぼ定刻どおりに始まるが、ほかの大会では5分程度のフライング・スタートが日常茶飯事だ。私の経験では有料試合では15分前、無料試合では19分前に始まったこともある。時間前に着いたのに、1回表が終わっていたことさえある。とくに静岡大会では10分前が「定刻」だと考えているフシがある。

たとえば、6:00始発の新幹線に乗るつもりで5:55にホームに着いたのに、駅員に「その電車ならさっき出ましたよ」と言われたら、誰だって食ってかかるぐらいのことはしたくなるだろう。

まあ、無料試合なら文句を言える筋ではない。たとえ1時間前に始まろうと、間に合わなかったほうが悪い(?)。有料試合のときに定刻前に着いて試合が始まっていたら、私はひとことイヤミを言ってから入ることにしている。金を出す以上、口を出す権利はもれなくついてくると考えるからだ。

アマチュア野球の場合、プレイボールから見るつもりなら30分前に着くように出かけることをおすすめする。もっとも、8:30開始予定とか9:00開始予定だと、どんなに頑張っても30分前には着けない球場もある。

東京から朝イチの「やまびこ」に乗っても仙台着は8:08だ。県営宮城球場(=00年当時、05年からフルキャストスタジアム宮城)の最寄り駅は、仙台から1つ目だ。8:30開始の試合には本来なら間に合うはずなのだ。だが、フライング・スタートの程度によっては間に合わない可能性もある。だから、なかなか踏ん切りがつかない。

茨城県の高校野球では3試合日の場合、第1試合が8:50試合開始になっている。わざわざ半端な時刻を設定しているくせに、定刻どおりに始まるわけではない。まあ、早く始めたい事情はわからぬでもない。

照明を使いたくないのだろうし、照明のない球場では日没を避けたいのだろう。天候によっては、日程上の都合から1試合だけでも成立させたいという思惑も働くだろう。だから、天気の悪いときはフライング・スタートの度合いが強まることを肝に命じておくべきだ(経験則)。

95年広島大会準々決勝

さて、広島駅到着は7:43だった。とりあえず、駅の売店で弁当やサンドイッチを2食分仕入れた。フライング・スタートを考えれば、悠長に市電やバスを待ってはいられない。ここはもうタクシーに限る。

95/05/19(広島) 広島大会準々決勝第1試合 8:24〜11:33

三菱重工広島

012 700 002 =12

竹広−井沢−○田辺−吉岡−上野

JR西日本

013 000 000 =4

●手塚−池山−稲用−小橋−桑崎

第1試合は8:24開始だった。7点差でコールドなのに6点差のまま最終回に入って、9回表に8点差になった。おかげで、たっぷり3時間かかった。第2試合は淡々と進んだが、意外なことに先攻のJR四国が勝ったので、9回裏の攻撃もあった。

95/05/19(広島) 広島大会準々決勝第2試合 12:14〜14:36

JR四国

021 011 000 =5

○森内−杉山

NKK

100 000 300 =4

●古賀

第3試合が、私にとってのメイン・ディッシュだ。沖縄電力(以下「沖電」)の3番・DHは翁長。読み方がわからずに悩んでいた選手の1人だった。どうやら「おなが」でいいらしい。先発バッテリーは国仲と上原。2人とも甲子園で見たことがある。

国仲は93年夏、浦添商高初出場のときの背番号1だった。5回5失点で横浜商大高の強打線に屈した。上原は92年夏、30年ぶりの復活出場を遂げた沖縄尚学高の正捕手であり、桐蔭学園高戦では延長12回にサヨナラのホームを踏んだ。

95/05/17(広島) 広島大会準々決勝第3試合 15:17〜17:53

(8)

(6)4
(D)
RD
(3)
(9)
(7)
(5)
(2)
(4)


当山
屋良
小川
翁長
仲田
神谷
野原
柴引
新里
上原秀
大城
中村
城間














四球

一ギ
三振

左安

三振





右2
死球
一ギ
左安
二ゴ



三振
中安

左安
二併








三失
遊ゴ
右安
遊併


四球
一ギ
三振

三振







三振
遊失
中飛
右安
三振


三振
二飛
三振






三振
遊ゴ
一邪


左2
遊ゴ
右安

中飛
二飛

左2
中安


三失
数安点
100
213
300
521
000
520
511
300
310
442
300
100
000
35117
沖電
 投手  回 打 安振球失責
○国仲L 9 37 107566


米子
 投手  回 打 安振球失責
 秀安R 4 18 63232
●林 R 5 23 57143
沖縄電力

=7

盗塁:大園(4ウ)、渡辺悟(4ウ)
   仲田(9表)

盗塁死:岡本(2ウ)

牽制死:矢野(5ウ)、森山(6ウ)

走塁死:当山(1表)、大園(6ウ)
    池尻(8ウ)

ボーク:国仲(1表)

失策:米3(4表、6表、9表)

併殺:沖1(6ウ)
   米2(3表、4表)

残塁:沖7、米4
新王子製紙米子

=6


(8)
(7)
(3)
(D)

(5)
(9)
(4)
(6)

(2)

笠尾
矢野
大園
森山
池上
渡辺悟
岡本
三好
長谷川
安藤
池尻
月井













中2
投飛
遊ゴ
補邪






投ゴ
四球
三振

遊ゴ







遊ゴ

三振


左飛
左安
三振

中安
右2

四球
三振

二飛
左安








中飛



左安
中安


遊直







三振
右飛
遊飛

投ギ
三振
右安







死球
右犠

三振


死球

死球

中2
右飛

中安
数安点
410
410
430
310
000
310
323
300
300
111
200
001
30105

初回、沖電は国仲のボークで先制を許すが、2回に上原のテキサス安打などで逆転。4回にはエラーの走者をバスターエンドランで二塁に進め、上原が再びタイムリー安打を放って追加点をあげた。新王子製紙米子(以下「米子」)もその裏、効果満点のダブルスチールなどで同点に持ち込んだ。

合計10時間42分

5回以降、試合は凍りついてしまった。米子の2番手・林は5回から8回までの4イニングで7奪三振。国仲も巧みな牽制で走者を2度刺した。

そして8回裏、米子は二死二塁から3番・大園がライトの右に運んだ。二走・池尻はサードを回った。ライト・野原の返球はサード寄りの「絶好球」だった。池尻は返球が吸い込まれた上原のキャッチャーミットに自ら飛び込む形になった。

9回裏、沖電は無死満塁から屋良が均衡を破る走者一掃の左中間二塁打を打ち、翁長も続いて4点差となった。だが、試合は素直に終わってくれなかった。9回裏、米子は2個の死球を足がかりに3点を返した。東京六大学リーグの1試合最多盗塁記録を持つ笠尾幸広が三振に倒れて、ようやくゲームセットだ。17:53だった。

この日は4試合日だ。まだ帰れない。朝方、駅の売店で買い込んだ弁当もサンドイッチも菓子パンも、もう底を尽いていた。入場は無料だ。自由に出入りできる。道路の反対側にコンビニがあるのは知っている。だが、1日のうちせめて1食ぐらいはまともに食べたいではないか。だから、外には買いに行かなかった。

95/05/19(広島) 広島大会準々決勝第4試合 18:25〜21:00

JR東海

040 000 002 =6

家接−○藤本

協和発酵

000 202 001 =5

●宇多村

ひもじい思いに耐えながら見ていた第4試合も、やはり同点で9回を迎えた。そして9回には、申し合わせたように点を取り合った。延長戦こそなかったけれども、4試合とも先攻チームが勝ったから、9回裏までみっちり54アウトの試合ばかりだ。4試合トータルの試合時間は10時間42分、私にとっては当時の新記録だった。

実はこの日のうちに大阪に行く皮算用だった。翌日は大阪大会を見る予定だったのだ。もう時間も時間だし、いまさら新幹線の中で弁当を食べる気にはなれなかったので、広島に泊まった。翌朝6:25発の「のぞみ」に乗って新大阪に向かった。


次へ 「社会人」の目次 表紙にもどる TOP ランダム