セットポジション社会人野球
プリンス(勝敗編) | 日本楽器 | 観戦試合勝敗表

1967年日本楽器

07/02/26作成
13/12/19更新

◆1967年第38回都市対抗で日本楽器(→ヤマハ)は準優勝しました。ただの準Vではありませんでした。31チームが出場したこの大会、準決勝まで進むと4試合です。普通なら36イニングで済みます。日本楽器は14+10+9+9+13+6+10と、ほとんど2倍の71イニングかけて決勝進出を果たしました。


静岡1次予選と山静2次予選

時系列で、まず予選結果から調べてみた。

当時の静岡1次予選は「2敗で終わり」の敗者復活トーナメントだ。10チームのうち4チームが山静2次予選に進む。日本楽器(以下「日楽」)は前年の山静第2代表・河合楽器に競り勝って2次進出を決め、3連勝して初めて1位通過を果たした。対照的に前年の山静第1代表・大昭和製紙が初めて1次予選敗退に甘んじた。

河合楽器   ━━┓11
         ┣━━┓4
清水タイガース──┘3 ┣━━┐
            │0 │
浜田産業   ─────┘  │5
               ━━┓
日本楽器   ━━━━━┓3 ┃6 ┃
            ┣━━┛  ┃
富士クラブ  ─────┘0    ┃4
                  ┣━━第1代表:日本楽器
大昭和製紙  ─────┐1    │1 第2代表:日本軽金属
            ┣━━┓  │
日本軽金属  ━━━━━┛2 ┃3 │
               ━━┘
静甲いすゞ  ─────┐  │1
            │4 │
金指造船所  ━━┓3 ┣━━┘
         ┣━━┛8
清水クラブ  ──┘2
清水クラブ  ━━┓3
         ┣━━┐0 
清水タイガース──┘0 ┣━━┐
            ┃8 │3
大昭和製紙  ━━━━━┛  ━━┓
               ┃4 ┃
河合楽器   ━━━━━━━━┛  ┃8
                  ┣━━ 第3代表:河合楽器
金指造船所  ━━━━━━━━┓  │0  第4代表:金指造船所
               ┃7 │
静甲いすゞ  ─────┐  ━━┘
            │0 │5
浜田産業   ━━┓8 ┣━━┘
         ┣━━┛8
富士クラブ  ──┘0

山静2次予選は5チームによるリーグ戦だ。上位2チームに本大会の出場権が与えられる。67年当時は1次予選終了後に1次敗退チームから補強選手を選ぶことができたので、日楽は前年ベスト4の大昭和から三田や加藤などを補強して2次予選に臨んだ。

山静2次予選戦績
日楽 河合 日軽 金指 櫛形 勝敗
日本楽器 3○1 1○0 3○0 10○0 4勝0敗
河合楽器 1●3 4●6 6○1 11○0 2勝2敗
日本軽金属 0●1 6○4 1●2 9○0 2勝2敗
金指造船所 0●3 1●6 2○1 9○0 2勝2敗
オール櫛形 0●10 0●11 0●9 0●9 0勝4敗

日楽は全勝で2次予選を突破し、2回目の都市対抗出場を決めた(2位3チームは再リーグ戦)。

1回戦(大会2日目第1試合)

1回戦の相手は電電近畿、2年前の優勝チームだ。日楽の都市対抗初出場はやはり2年前の1965年だ。1回戦で八幡製鉄に完封負けしている。3点ビハインドで迎えた9回表一死後、川島が死球で出塁して、日楽の代打攻勢が始まる。

キャッチャーの細川に対して、大昭和から補強された三原が代打に起用された。三原は四球を得て一死一・二塁。次いで、三田の代打・丸田はファーストゴロ。走者二・三塁だがツーアウトだ。山田の代打・神谷がセンター前ヒットで2者生還、1点差に詰め寄り同点のランナーが出て二死一塁。

この間、代走が起用されたり、電電近畿が守備固めに入ったりしているから、打者が浅いカウントで打ったりしたら、スコアをつけている者は発狂寸前だろう。片桐がライト前ヒットで続いて二死一・三塁。片桐が二盗を決めて、逆転の走者が得点圏に進んだ。東本のセンター前ヒットで、神谷生還、片桐は本塁タッチアウト。

9回裏の電電近畿は3者凡退で延長戦に突入した。10回以降の日楽は常に走者を出し、押し気味に試合を進めているが、決勝点を奪うことはできなかった。

67/07/28(後楽園) 都市対抗1回戦 試合時間:4時間23分
日本楽器 000 100 003 000 00 =4 岡部−仲子−三田−△高橋
電電近畿 102 001 000 000 00 =4 佐藤−加藤−△和田

当日の夕刊には「このカードは明29日の第3試合で行なわれることになった」とあるが、この日程変更はその日のうちに再変更を迫られる。第4試合の9回裏、やはり3点のビハインドを背負った電電東海が同点に追いついて、追い越せなかったからだ。9回終了が23:27ということで、第4試合は延長に入らず引き分け再試合となった。

大会3日目第2試合(1回戦再試合)

日程の再変更で、日楽の再試合は翌29日の第2試合に組み入れられた。ところが、1回裏の一死一塁で雷雨のため試合が中断。大会本部は午後7時半から再開するという苦肉の策に出た。たしかに日程消化を考えると、大会序盤でこれ以上延ばしたくないだろう。

両チームはいったん宿舎に引き上げ、応援団も雨上がりの街に出ていったそうだ。3時間45分という長い中断を経て、ナイターで再開された試合は、前日同様に電電近畿が先手をとり日楽が追いかける展開になった。

3点リードされた日楽は8回二死から川島を代打に送る。川島はレフトスタンドに2点差に迫るソロホームランを放った。さらに、9回一死一塁で代打の山田が同点2ラン。山田は続く10回には死球押し出しで勝ち越した直後に決定的な2点タイムリーを打っている。

67/07/29(後楽園) 都市対抗1回戦 再試合 試合時間:3時間07分
日本楽器 000 002 012 3 =8 三田−高橋−○仲子
電電近畿 100 013 000 0 =5 加藤−●佐藤−筒井−和田

前日は4試合日の第1試合だった。この日は午後7時半に1回裏から再開したのだから、試合が終わったのは確実に夜10時を回っていただろう。日楽の都市対抗初勝利は、まるまる2日かけての難産の末に奪いとったものだった。

1967年7月30日付『毎日新聞』朝刊

勝敗の帰結より、変転極まりないこのドラマチックな試合の流れにほんろうされたことだけで、ファンは満足だったろう。いい試合だった。浜松、大阪両チーム総力をあげての死闘に心からねぎらいと称賛の拍手を贈りたい。

奈良井記者の署名記事(戦評)はこのように結ばれている。記事が息づいている。

大会6日目第2試合(2回戦)

2試合とも9回に追いついた日楽だが、これだけで終わるなら、昔の話をわざわざ私が取り上げる必要はない。

中2日置いての2回戦、相手は立正佼成会だ。立正佼成会も2年ぶり2度目の出場、ただし2年前は1勝している。この大会の日楽にぴったりと寄り添う雨が、2度目のいたずらをした。4回の日楽の攻撃中ににわか雨で中断、今度は2時間11分とやや短いので、宿舎に帰れるほどの余裕はなかっただろう。

再開された試合は同点で9回に入った。9回裏、日楽の攻撃、一死で二塁走者は二塁打の川島。立正は左の酒井がマウンドに上がり、日楽はスイッチヒッターの東本で応じている。2人は同じ明大で酒井が1年先輩になるらしい。

インコースに来たらバントするつもりだったと言う163センチの小兵は右打席に入り、1−2からの4球目をレフトスタンドに運んだ。大会史上初の代打サヨナラアーチだそうだ。

67/08/01(後楽園) 都市対抗2回戦 試合時間:2時間55分
立正佼成会 000 100 010 =2 ●若生−酒井
日本楽器 010 100 002x=4 仲子−○三田

「9回」、「代打」、「雨」…キーワードのスリーカードだ。

大会8日目第1試合(準々決勝)

拓殖銀行との準々決勝はノーマルな試合だ。なにしろ、日楽は初回にさっさと先制している。先発の仲子が完封しているのだから、何も起こりようがない。代打も出ていない。

67/08/03(後楽園) 都市対抗準々決勝 試合時間:2時間29分
日本楽器 200 000 020 =4 ○仲子
拓殖銀行 000 000 000 =0 ●盛田−長縄−野並

日楽野球部の創部は1958年だという。この大会ではアベック出場となった同じ浜松の河合楽器より少し遅い。河合楽器の都市対抗初出場は63年であり、いきなりベスト4に進んでいる。この日の勝利で、ライバル意識がないはずがない河合に迫ったわけだ。

大会10日目第1試合(準決勝)

当時の都市対抗は準々決勝を2日に分けていた。もし準々決勝4試合を1日で済ませてしまう日程だったら、日楽は5連戦に巻き込まれていたことになる。もっとも、準決勝が3日がかりになるとは誰も想像しないものだろうけれど…。

準決勝第1ラウンドは、日楽が3本のソロアーチで先手をとり、日立は2ランで反撃する。7回表、日楽は代打・三原のヒットをきっかけに内野ゴロでリードを2点に広げた。

迎えた9回裏、日立は一死満塁から松浦がライト線を破る。2者生還して同点、3人目のサヨナラの走者は本塁タッチアウト。打者走者の松浦も三塁でタッチアウト。結局、同点のまま延長13回で引き分けて、日楽にとっての3度目の延長戦は2度目の再試合となった。

67/08/05(後楽園) 都市対抗準決勝 試合時間:4時間20分
日本楽器 001 200 100 000 0 =4 仲子−高橋−三田−△岡部
日立製作所 000 020 002 000 0 =4 松井−△村井

さて、この試合は準決勝の第1試合だった。たっぷり時間をかけてくれたので、第2試合は2時間遅れの午後8時半プレイボールだったそうだ。

大会11日目(準決勝再試合)

準決勝第2ラウンドは静かなゲームだ。1回は両チームともに3者凡退、11個のゼロが積み重なった。6回裏、ヒットの細川を米倉が送り、片桐の投手ゴロで細川が三塁に進んだ。両チームを通じて初めての三塁走者だ。

ここで、激しくなった雨のため25分中断、再開の見込みがなかったようで、そのままノーゲームとなっている。6回途中なので正式試合としては認められない。

67/08/06(後楽園) 都市対抗準決勝再試合
日立製作所 000 000 村井
日本楽器 000 00 三田 (ノーゲーム)

朝日の記事が面白かったので載せておく。

1967年8月7日付『朝日新聞』朝刊

 都市対抗野球、準決勝の日本楽器−日立製作所の再試合は6日、途中で雨のためまた中止となった。今大会の日楽は再試合の連続で珍しい記録、いろいろな話題をよんでいる。
 まず1回戦の対電電近畿では、4時間23分、延長14回のすえ4−4の引分け。翌日の再試合では試合の途中で豪雨に見舞われ、試合を3時間45分も中断。そのあと続行して延長10回のすえ、逆転勝ち。ところが2回戦の対立正佼成会でも試合途中でまたも雨。これも2時間11分中断したうえ9回裏、東本の史上初の代打サヨナラ本塁打でうっちゃり勝ちした。おかげで大会本部は日程の変更につぐ変更で頭をかかえたが、日楽をめぐる波乱はまだつづく。
 5日の日立製作所との準決勝では、延長14回、4時間20分の今大会随一といわれた激戦を展開。しかしこれまた4−4のまま引分けに終わった。
 再試合の6日の東京は全く雨も呼びそうもない天気。「きょうこそ決勝進出をきめてやる」と張切ってやってきた日楽ナインだったが、またまた試合途中で雨を呼んでしまった。とにかくすんなり運んだ試合は準々決勝の対拓銀だけという大会本部泣かせの珍記録をのこした。
 この日楽、予選の山静大会でもよく雨に降られて雨中試合は経験も豊かとか。森口日楽監督は「うちにはだれか雨を呼ぶ男がいるらしい。雨には絶対に強いのですよ」と冗談を言いながらも6日のノーゲームが決まってさすがに疲れきった様子。とうとう疲れのため選手4人が発熱し、全員ビタミン注射を打ちつづけながらの奮闘ぶりは涙ぐましいものがある。

日程変更については、やはり主催社の記事を引こう。

1967年8月7日付『毎日新聞』朝刊

第38回都市対抗野球大会準決勝、日立対浜松戦が6日、雨のためのノーゲームとなり、7日午後3時半から行なわれることになった。このため優勝戦は8日午後6時半からに延期された。なお8日に予定されていた巨人・広島戦は巨人側の好意で中止となった

大会12日目(準決勝再試合)

トーナメント大会で同一カード3度目の対戦はそうあるわけではない(→「再々試合」)。都市対抗では同一大会で再試合を2度戦ったチームは、この年の日楽と1979年の大昭和製紙(1回戦の日本通運戦、2回戦の新日鉄広畑戦)だけだ。

第3ラウンドは日立が5回に高畠の二塁打で先制するが、日楽は7回中野のソロアーチで追いつき、第1ラウンドに続いて延長戦に入った。この年は3位決定戦を含めて31試合おこなわれているが、延長戦は5試合であり日楽はそのうち4試合に絡んだ。

67/08/07(後楽園) 都市対抗準決勝再試合 試合時間:3時間13分
日本楽器 000 000 100 2 =3 高橋−岡部−○仲子
日立製作所 000 010 000 0 =1 ●松井

10回表、日楽は二死から米倉がエラーで出た。控え捕手の大場が三塁打、投手の仲子も内野安打で続き、ファイナル進出を決めた。

1967年8月8日付『毎日新聞』朝刊

勝利の瞬間、浜松の森口監督は三塁側スタンドの応援席に向かって高々と手を振った。笑顔がくずれ、いまにも泣き出しそうな表情。「大変でした……」延長また延長、そして再試合―。大会史上を飾る死闘を勝抜いてきた喜びがその第一声にしみじみとこもっていた。<略>「もう負けてもいいという気持でした。無欲の勝利でしょうか。細川がちょっと元気がなかったし、まだ1度も出ていない大場にせめて1度でも…とマスクをかぶらせたのですが…」と、やっと勝利の味をかみしめるように目をつぶった。

8月8日付の『毎日新聞』には決勝で対戦する両チームのこれまでの成績が載っているが、日本石油の131打数31安打(.237)に対して、日楽は245打数61安打(.249)だ。投球回数は日石の36イニングに対して日楽は65イニングに達する。もちろん、これにはノーゲームの分(17打数2安打、6イニング)は含まれていない。

大会13日目(決勝)

日石はこの時点ですでに優勝4回を誇る。準決勝までの4試合、一度もリードを許すことなく順当に勝ち上がってきた大本命だ。延長や逆転には縁がない。完勝だったわけだ。巨人戦を中止に追い込んだ決勝の相手は難敵だった。日石のエースは平松政次。準決勝まで4試合すべてに登板、33イニング投げて被安打は17、無四球だ。

67/08/08(後楽園) 都市対抗決勝 試合時間:2時間23分
日本楽器 000 000 000 =0 ●仲子−三田
日本石油 112 002 00X =6 ○平松

平松は決勝も5安打無四球完封、2回にはホームランを放って優勝と橋戸賞(MVP)に自ら花を添えている。

1967年8月9日付『毎日新聞』朝刊

 「横浜ナイン、都市対抗5度目の優勝おめでとう」――。後楽園球場を埋めつくした4万人の大観衆は“黒獅子旗”を獲得した横浜ナインの洗練されたプレーに、また“橋戸賞”の快腕、平松投手の速球に、惜しみない拍手を送った。だがそれよりも、準優勝の浜松(日本楽器)への拍手はもっと大きかった。<略>平松が2日間の休養をとっているあいだ、浜松ナインは日立を相手の長い試合、死闘ともいえる接戦に力をふりしぼっていた。毎日注射をうちながらの奮闘であった。
 そのかいもなく殊勲の2ホーマーを放っている山田左翼手が、へんとうせんで倒れて欠場、好守の片桐二塁手も発熱で床に倒れた。“久慈賞”の中野遊撃手もへんとうせん、仲子投手は歯痛、柏原捕手は腰痛とつぎつぎに故障選手が続出した。それを押して中野らは出場した。3試合ぶりにベンチ入りした山田左翼手が「平松君のあのすばらしい速球を打ってみたい」とベンチの隅で敗色の濃い試合を見ながら出ない声をふりしぼっていたのが痛々しかった。<略>雨でノーゲームとなった試合を含むと8試合、その通算時間はなんと“23時間30分”のまるまる1日にも及ぶ記録的なものだ。<略>

丸谷記者によるこの署名記事は、「洗練された王者・横浜 浜松(日本楽器)の敢闘精神」と題されたもので、紙面右上に配されている。いわば大会の総評にあたるものだろうが、冒頭7行で優勝した日石を称えただけで、準優勝の日楽には38行を費やしている。

1967年の“グッドルーザー”は新美敏を擁した5年後、川島勝司監督のもとで初優勝を果たすことになる。

投手起用と打撃成績

8試合分の投手起用は次のとおりだった。

日本楽器の投手起用
相手
(月日)
電電近畿
(7/28)
電電近畿
(7/29)
立正佼成会
(8/01)
拓殖銀行
(8/03)
日立製作所
(8/05)
日立製作所
(8/06)
日立製作所
(8/07)
日本石油
(8/08)
岡部 先_22/3 2_2 了△42/3 2_1
仲子 2_31/3 了○3 先_7 完○9 先_41/3 了○4 先●5
三田 3_2 先_5 了○2 3_21/3 先_6 2_3
高橋 了△6 2_12/3 先_5

登録メンバーと打撃成績は次のとおりだ。

▼左端は背番号、○印は補強選手です。加藤、三原、米倉、三田は大昭和製紙ですが、柏原がどこの選手かはわかりません。「1左3-0」は「1番レフトで3打数ノーヒット」と読んでください。

 8 山田 勝春 25 亜細亜大  1左3-0 打一2-2 1左4-0 *左1-0 1左4-1
25 神谷 恒雄 24 立教大   打左3-2 打*1-0             走*0-0       7左3-0 打*1-0
 3 片桐 鉄也 24 亜細亜大  2二6-2 2二3-0 2二4-1 2二2-1 2二5-2 2二2-0       走*0-0
28○加藤  昭 30 鴻巣高   3右3-0 3右5-1 3右4-1 3右4-2 3右4-2 3右2-0 3右4-1 3右4-1
 4 東本 芳徳 23 明治大   *右4-2 打*1-0 打*1-1 1左3-0 *右2-0             *左1-0
 9 合田 善寛 22 中央大   4中7-2 4中4-3 4中4-0 4中4-1 4中5-2 4中2-0 4中4-0 4中3-0
 1 中野 孝征 23 作新学院高 5遊6-2 5遊4-1 5遊4-1 5遊4-2 5遊6-1 5遊2-0 5遊4-1 5遊3-0
 6 塩沢  誠 23 専修大   6一7-1 6一3-0 7一3-2 7一4-0 6一6-1       *一2-0 7一2-0
 7 川島 勝司 24 中央大   7三5-3 打二1-1 6三4-3 6三3-0 7三6-2       2二4-1 2二3-1
 2 細川 浩資 24 専修大   8捕3-0 *捕1-0 8捕3-0 8捕4-1 9捕2-0 9捕2-1 8捕2-0
19 大場  勝 22 立命館大                                      *捕2-1 8捕3-0
 5○三原 啓司 24 早稲田大  打*0-0 7三3-0             打*1-1 6一2-0 6一4-2 6三3-1
10 岡本 伸夫 26 日本大         *三2-0                   7三2-1 1三3-0
14 田仁 幸光 20 大竹高   走*0-0                                     打*1-0
12○柏原 英二 29 法政大   *捕1-0 8捕2-0             *捕2-0
16 藤下 弘毅 24 明治大         打*1-0                               打*1-1
20 石川 正明 25 芝浦工大                                            *一0-0
15 岡部 脩三 24 浜名高   9投1-1                   *投2-0       *投0-0
18 仲子 隆司 23 佐久間高  *投1-0 *投1-1 9投2-0 9投3-0 8投2-0       *投2-1 9投1-0
17○米倉 守信 25 東京農大  打*1-0 1左4-1 打*1-0             1左2-0 *左1-0 1左3-1
13○三田  晃 26 成器商高  *投0-0 9投1-0 *投0-0       *投1-1 8投1-0       *投0-0
22 丸田 憲二 25 立教大   打*1-0                                     打*1-0
21 高橋 宏之 24 明治大   *投2-0 *投0-0             *投1-0       9投2-0
11 横山 正彦 24 亜細亜大(投手)
24 鈴木  務 20 享栄商高(捕手)
30 森口 哲夫 32 福島商高(監督)


◆40年前の話ですから当時の20歳は今年還暦です。当時30歳なら今は70歳ということになります。この世代のネット人口も増えているはずですので、当時後楽園でご覧になった方がおられましたら、ぜひ「遺言」をいただきたいと思ってこのページを作成しました。70年代はともかく60年代の情報はネット上にはほとんどありませんから…。当時の様子などを「3代目んだ」(1967年日本楽器)または「メールのページ」からお聞かせ願えませんでしょうか。また、事実誤認、変換ミス、数値の誤り、リンク切れ等にお気づきの際も、お手数ですがご一報いただけると幸いです。

◆日本楽器は準決勝を3試合戦っていますが、02年の九州大学選手権では日本文理大が延長23回の準決勝のあと同日決勝に臨んでいます(「元気があれば、何でもできる?」)。
◆準決勝でこういうことが起きれば、長いイニングを戦ったほうが決勝では不利なのは当然のことです。そうさせないための知恵が、都市対抗では03年から採用された「タイブレーク」なのだろうと思われます(「一死満塁の攻防」)。ただし、私は一貫して「タイブレーク記録処理に異議あり!」の立場です。
◆当サイトには「サスペンデッドゲーム」「再試合かサスペンデッドか」のページもあります。

★07/02/26校正チェック済、ケなし、順OK
★07/12/28HTML文法チェック済(エラーなし)



検索リンクポリシー社会人野球|次へ:観戦試合勝敗表|作成順:フレーム内リンク