セットポジション社会人野球
代表決定戦3連敗 | チーム別通算成績 | 補強選手(東)

都市対抗チーム別通算成績(〜08年)

01/03/12作成
13/12/19更新

◆08年分を追加しました。


◇08年の結果

★日石が最多9回目のV。神奈川勢としては23回目(東芝6、ふそう3、日産2、鋼管2、いすゞ1)。
★王子準Vで通算勝率が.708。現存するチームでは.718の東芝に次ぐ。
★富士重工業が69年準V以来のベスト4。北関東としては00年の住金鹿島以来。
★Hondaが04年準V以来のベスト4。4強に関東勢3チームは4年連続。
★JFE西日本がベスト8。中国勢としては02年NKK以来。
★阪和は松下の2勝のみ。この5年間は18代表で9勝止まり。
★JR北海道が2年連続初戦突破、北海道勢としては01-02年のサンワード以来。
★熊本ゴールデンラークスも2年連続初戦突破、初出場から2年連続初戦突破は60年代以降5チーム目。
★継続中(08年現在)の最長連続出場は日本通運と日本新薬の8年連続(大会記録は66〜86年日生の21年連続)。

地区別通算成績

地区  勝 敗 勝率  最近のベスト8以上                            
北海道  96 125 .434  07四:JR北海道 02八:サンワード貿易 92八:NTT北海道、大昭和製紙北海道
東北   67 129 .342  06優:TDK 04四:JT、七十七銀行 01八:JT
北関東  69  91 .431  08四:富士重工業 07八:富士重工業 05八:住友金属鹿島、日立製作所
南関東 124 106 .539  08四:Honda 08八:JFE東日本 06四:日本通運 06八:ホンダ
東京  265 181 .594  08八:鷺宮製作所 07準:JR東日本 07四:鷺宮製作所 06四:JR東日本
神奈川 319 172 .650  08優:新日本石油ENEOS 07優:東芝 06準:日産自動車 06八:三菱ふそう川崎
東海  297 296 .501  08準:王子製紙 07八:王子製紙、トヨタ自動車 06八:ヤマハ
北信越  34  88 .279  93八:NTT北陸 87八:NTT信越 86準:NTT北陸 84八:電電北陸 
阪和  235 205 .534  08八:松下電器 07八:松下電器 02四:松下電器 02八:NTT西日本
京滋奈  53  92 .366  04八:日本新薬 03八:日本新薬 01八:日本新薬 94四:日本新薬
兵庫  115 137 .456  96八:三菱重工神戸 92八:神戸製鋼 91八:新日鉄広畑 90準:新日鉄広畑
中国   73 125 .369  08八:JFE西日本 02八:NKK 99四:三菱自動車水島 96準:三菱重工広島
四国   45  74 .378  77八:丸善石油 76八:愛媛相互銀行 75準:丸善石油 73八:丸善石油
九州  154 153 .502  05四:JR九州 04八:JR九州 03四:ホンダ熊本 02準:ホンダ熊本
外地   68  40 .630

チーム別通算成績

▼(1)勝利数の多い順、(2)勝率の高い順=0勝は出場回数の多い順、(3)最近の出場順に並べたつもりです。勝敗には3位決定戦22試合を含みます。したがって、「出場回数−優勝回数=負け数」というトーナメント大会の一般原則が否定されるチームもあります。なお、引き分けは無視しました。勝敗の右側のカッコ内が3位決定戦での勝敗です。カッコの右は勝率です。
チーム名は最後の出場時のものです。チーム名の次のカッコ内は市町村名です。戦前の外地については、都市名の前に地区名を冠記しました。
▼コロン(:)の次の数字は出場回数です。出場回数の右に「初」とあるのは初出場の年です(西暦末尾2桁)。複数回出場しているチームは「〜」のあとに最後の出場年を付記しています。大会回数を参照したいときは、「大会回数早見表」をご覧ください。行末の「」は、優勝年度です。
▼ブラウザ・ソフトの検索機能をご利用ください。「Ctrl」+「」()キーで検索ウインドウが開きます(オフラインでも使えます)。

84勝36敗(2-2).700=新日本石油ENEOS/新日本石油/日石三菱/日本石油(横浜):43回.初51〜08優56/58/61/62/67/86/93/95/08
65勝34敗(0-3).657=熊谷組(東京):34回.初50〜93.優57/60/66
61勝24敗(0-0).718=東芝(川崎):30回.初60〜07.優78/83/88/91/99/07
53勝36敗(3-3).596=大昭和製紙(富士/吉原):36回.初48〜93.優53/70/80
47勝35敗(1-0).573=新日鉄八幡/八幡製鉄(北九州/八幡):37回.初28〜97.優37/54
47勝47敗(1-0).500=日本生命(大阪):50回.初49〜08優85/92/97
45勝26敗(0-0).634=日産自動車(横須賀):28回.初65〜08優84/98
44勝29敗(0-0).603=ヤマハ日本楽器(浜松):32回.初65〜08優72/87/90
41勝34敗(0-0).547=日本通運(さいたま/浦和):35回.初57〜08優64
39勝32敗(1-0).549=NTT東日本/NTT東京/電電東京(東京):33回.初59〜06.優81

38勝17敗(1-0).691=日本鋼管(川崎/横浜):19回.初53〜87.優73/76
37勝16敗(0-0).698=三菱ふそう川崎/三菱自動車川崎/三菱重工川崎(川崎):19回.初69〜08優00/03/05
37勝44敗(1-0).457=松下電器(門真):44回.初53〜08
36勝28敗(0-1).563=新日鉄広畑/富士鉄広畑/日鉄広畑(姫路):29回.初42〜08優68/71
34勝9敗(0-1).791=全鐘紡(大阪):12回.初50〜65.優50/51/52/55
32勝17敗(0-0).653=ヴィガしらおい/大昭和北海道(白老):18回.初69〜95.優74
31勝30敗(0-1).508=日立製作所(日立):29回.初55〜08
29勝20敗(0-0).592=住友金属(和歌山/大阪):21回.初55〜95.優82
26勝7敗(0-0).788=東京倶楽部(東京):11回.初27〜37.優30/31/33/35
25勝18敗(0-0).581=JFE東日本/川崎製鉄千葉(千葉):18回.初80〜08

25勝18敗(0-0).581=日本コロムビア/コロムビア/全川崎(川崎):18回.初32〜70
25勝26敗(0-1).490=河合楽器(浜松):26回.初63〜01.優01
25勝31敗(0-0).446=西濃運輸(大垣):31回.初62〜08
24勝22敗(0-0).522=Honda/ホンダ/本田技研(狭山/和光/大和):23回.初67〜08優96
23勝11敗(0-0).676=丸善石油(松山):12回.初57〜80.優59
23勝19敗(1-0).548=NTT西日本/NTT関西/電電近畿(大阪):20回.初59〜08優65
22勝7敗(0-0).759=満州倶楽部(満州・大連):9回.初27〜38.優27/29
22勝8敗(0-0).733=全京城(朝鮮・京城):10回.初29〜42.優40/42
19勝7敗(1-1).731=全藤倉/藤倉全東京/藤倉電線(東京):8回.初38〜59.優38/39
19勝13敗(0-0).594=プリンスホテル(東京):14回.初80〜97.優89

19勝13敗(1-0).594=全大阪(大阪):14回.初27〜48.優34
19勝20敗(0-0).487=たくぎん/北海道拓殖銀行(札幌):20回.初57〜95
18勝15敗(0-0).545=NTT関東/電電関東(船橋/千葉):17回.初62〜98.優69/75
18勝18敗(0-1).500=鐘淵化学/鐘化カネカロン/鐘紡高砂(高砂):17回.初47〜75
18勝22敗(0-0).450=JR東海/国鉄名古屋/名古屋鉄道局(名古屋):22回.初27〜06
18勝22敗(0-0).450=NKK/日本鋼管福山(福山):22回.初73〜02
18勝26敗(0-0).409=日本新薬(京都):26回.初57〜08
17勝7敗(0-0).708=王子製紙/王子製紙春日井(春日井):8回.初92〜08優04
17勝10敗(0-0).630=三菱重工広島(広島):11回.初79〜07.優79
17勝14敗(1-0).548=サッポロビール/ニッポンビール(東京):14回.初54〜70

17勝20敗(0-0).459=NTT東海/電電東海/名古屋逓信局(名古屋):20回.初40〜96
16勝12敗(0-0).571=JR東日本/東京鉄道局(東京):12回.初42〜08
16勝13敗(0-0).552=いすゞ自動車/川崎いすゞ(藤沢/川崎):14回.初46〜02.優02
16勝17敗(0-0).485=Honda鈴鹿/ホンダ鈴鹿/本田技研鈴鹿(鈴鹿):18回.初72〜07.優94
16勝18敗(0-0).471=大阪ガス(大阪):18回.初86〜07
16勝21敗(0-0).432=富士重工業(太田):21回.初57〜08
16勝26敗(0-0).381=三菱重工神戸/新三菱重工神戸(神戸):26回.初62〜08
15勝15敗(0-0).500=三菱重工長崎(長崎):15回.初75〜07
15勝18敗(0-0).455=新日鉄室蘭/富士鉄室蘭(室蘭):18回.初56〜86
15勝19敗(1-0).441=三菱重工名古屋/三菱名古屋/新三菱重工名古屋(名古屋):19回.初57〜08

15勝19敗(0-1).441=新日鉄釜石/富士鉄釜石/釜石製鉄(釜石):18回.初38〜87
14勝10敗(0-0).583=東芝府中(府中):10回.初76〜99
14勝11敗(0-0).560=JR九州/門司鉄道局(北九州/門司):12回.初27〜08優36
14勝14敗(0-0).500=NTT北陸/電電北陸(金沢):14回.初64〜99
13勝17敗(1-1).433=東洋レーヨン(大津):16回.初50〜68
12勝7敗(0-0).632=シダックス(調布):7回.初94〜05
12勝9敗(0-0).571=日鉄二瀬(二瀬):9回.初51〜62
11勝3敗(0-0).786=大連実業団(満州・大連):4回.初28〜42.優28
11勝7敗(0-0).611=三菱自動車岡崎(岡崎):7回.初98〜07
11勝12敗(0-0).478=東京ガス(東京):12回.初55〜01

10勝2敗(0-0).833=大日本土木(岐阜):4回.初46〜49.優46/47
10勝9敗(0-0).526=新日鉄堺(堺):9回.初74〜89
10勝11敗(0-1).476=全神戸(神戸):11回.初27〜48.優32
10勝15敗(0-1).400=川崎重工/全川崎/川崎造船(神戸):14回.初38〜82
10勝16敗(0-0).385=NTT北海道/電電北海道(札幌):16回.初71〜04
9勝2敗(0-0).818=別府星野組(別府):3回.初47〜49.優49
9勝6敗(0-0).600=日本鉱業佐賀関(佐賀関):6回.初67〜82
9勝13敗(0-0).409=トヨタ自動車(豊田):13回.初63〜07
9勝18敗(0-0).333=NTT九州/電電九州(熊本):18回.初61〜99
8勝2敗(0-1).800=西日本鉄道(福岡):2回.初48〜49.優48

8勝7敗(0-0).533=かずさマジック/新日鉄君津(君津):7回.初88〜03
8勝7敗(1-0).533=三重交通(伊勢/宇治山田):7回.初52〜65
8勝10敗(0-0).444=小西酒造(伊丹/神戸):10回.初58〜99
8勝12敗(0-0).400=JT/日本たばこ(仙台):12回.初88〜04
8勝12敗(0-0).400=神戸製鋼(加古川/神戸):13回.初54〜01.優77
8勝14敗(1-0).364=大丸/全大丸(京都):14回.初49〜81
8勝14敗(0-0).364=クラレ岡山/倉敷レイヨン(岡山):14回.初57〜72
8勝18敗(0-0).308=NTT信越硬式野球クラブ/NTT信越/電電信越(長野):18回.初58〜07
8勝21敗(0-0).276=JR東日本東北/仙台鉄道局(仙台):21回.初27〜06
8勝21敗(0-0).276=NTT四国/電電四国(松山):21回.初63〜96

7勝9敗(0-0).438=リッカー/リッカーミシン(東京/八王子/立川):9回.初56〜81
7勝11敗(0-0).389=鷺宮製作所(東京):11回.初69〜08
7勝12敗(0-0).368=住友金属鹿島(鹿嶋/鹿島):12回.初83〜07
6勝4敗(0-0).600=ホンダ熊本/本田技研熊本(大津):4回.初90〜03
6勝6敗(0-0).500=日産自動車九州(苅田):6回.初94〜04
6勝7敗(0-0).462=オール常磐/常磐炭砿(いわき/常磐/湯本):7回.初52〜70
6勝8敗(0-0).429=ヨークベニマル(郡山):8回.初79〜94
6勝8敗(0-0).429=全横浜(横浜):8回.初27〜34
6勝11敗(0-0).353=新日鉄名古屋(東海):11回.初74〜98
6勝11敗(0-0).353=三協精機(諏訪):11回.初61〜78

5勝5敗(0-0).500=全積水クラブ/積水化学(京都):6回.初59〜66.優63
5勝5敗(0-0).500=全大宮(大宮):5回.初32〜36
5勝7敗(1-0).417=愛知産業(名古屋):7回.初46〜51
5勝9敗(0-0).357=三菱自動車京都/三菱京都(京都):9回.初70〜00
5勝10敗(0-0).333=TDK(にかほ/仁賀保):11回.初73〜08優06
5勝10敗(0-0).333=日本鉱業日立/日立鉱山(日立):10回.初37〜69
4勝1敗(0-0).800=札幌トヨペット(札幌):1回.初80
4勝2敗(0-0).667=全桐生(桐生):2回.初46〜47
4勝3敗(0-0).571=中山製鋼(大阪):3回.初40〜97
4勝4敗(0-0).500=東洋高圧大牟田(大牟田):4回.初55〜62

4勝4敗(1-0).500=トキコ(川崎):4回.初47〜61
4勝4敗(0-0).500=台北交通団(台湾・台北):4回.初30〜33
4勝5敗(0-0).444=七十七銀行(仙台):5回.初03〜08
4勝5敗(0-0).444=三菱重工三原(三原):5回.初66〜94
4勝5敗(0-0).444=新日鉄大分(大分):5回.初79〜93
4勝6敗(0-0).400=川崎製鉄神戸(神戸):6回.初78〜94
4勝7敗(0-0).364=倉敷オーシャンズ/三菱自動車水島/三菱重工水島(倉敷):7回.初68〜04
4勝7敗(0-0).364=JR北海道/札幌鉄道局(札幌):7回.初29〜08
4勝10敗(0-0).286=盛岡鉄道局(盛岡):10回.初48〜78
4勝11敗(0-0).267=NTT西日本中国野球クラブ/NTT中国/電電中国(広島):11回.初65〜03

4勝17敗(0-0).190=NTT東北/電電東北(仙台):17回.初65〜98
3勝1敗(0-0).750=マツダ(広島):1回.初76
3勝1敗(0-0).750=南海土建(大阪):1回.初51
3勝1敗(1-0).750=札幌スターズ(札幌):1回.初51
3勝1敗(0-0).750=大同製鋼(大阪):1回.初42
3勝2敗(0-0).600=朝日生命(東京):2回.初96〜01
3勝3敗(0-0).500=明治安田生命/明治生命(東京):3回.初82〜07
3勝3敗(0-0).500=日本通運名古屋(名古屋):3回.初62〜94
3勝3敗(0-0).500=山陽特殊製鋼(姫路):3回.初62〜64
3勝3敗(0-0).500=東洋紡富田(四日市):3回.初48〜55

3勝3敗(1-0).500=全豊岡/豊岡物産(豊岡):3回.初47〜49
3勝4敗(0-0).429=サンワード貿易(札幌):4回.初00〜03
3勝4敗(0-0).429=日本軽金属(蒲原/清水):4回.初51〜73
3勝4敗(0-0).429=四国電力(高松):4回.初64〜70
3勝4敗(0-0).429=太田雄飛倶楽部(太田):4回.初36〜42
3勝4敗(0-1).429=岡山鉄道局(岡山):3回.初52〜55
3勝4敗(0-1).429=全徳島(徳島):3回.初46〜49
3勝5敗(0-0).375=川崎製鉄水島(倉敷):5回.初84〜00
3勝6敗(0-0).333=昭和コンクリート(岐阜):6回.初96〜03
3勝6敗(0-1).333=大分鉄道局(大分):5回.初55〜65

2勝1敗(0-0).667=阿部企業(神戸):1回.初86
2勝1敗(0-0).667=スリーボンド(八王子):1回.初85
2勝1敗(0-0).667=ヤマハ発動機(磐田):1回.初82
2勝1敗(0-0).667=愛媛相互銀行(松山):1回.初76
2勝1敗(0-0).667=新京満州団(満州・新京):1回.初37
2勝1敗(0-0).667=京城殖産銀行(朝鮮・京城):1回.初28
2勝2敗(0-0).500=熊本ゴールデンラークス(熊本):2回.初07〜08
2勝2敗(0-0).500=三菱重工横浜(横浜):2回.初88〜96
2勝2敗(0-0).500=立正佼成会(東京):2回.初65〜67
2勝2敗(0-0).500=大和証券(東京):2回.初61〜63

2勝2敗(0-0).500=田村駒(庄内/大阪):2回.初38〜39
2勝3敗(0-0).400=協和発酵(防府):3回.初75〜02
2勝3敗(0-0).400=岩手銀行(盛岡):3回.初74〜84
2勝3敗(0-0).400=日本熱学(大阪):3回.初66〜69
2勝4敗(0-0).333=JFE西日本(福山・倉敷/福山):4回.初03〜08
2勝4敗(0-0).333=高崎高陽倶楽部(高崎):4回.初28〜31
2勝5敗(0-0).286=東邦ガス/東邦瓦斯(名古屋):5回.初39〜08
2勝5敗(0-0).286=大阪鉄道局吹田(吹田):5回.初32〜54
2勝6敗(0-0).250=北銀クラブ/北陸銀行(富山):6回.初54〜00
2勝6敗(0-0).250=新日鉄光(光):6回.初78〜92

2勝6敗(0-0).250=鹿児島鉄道局(鹿児島):6回.初30〜83
2勝7敗(0-0).222=JR四国/四国鉄道局(高松):7回.初54〜08
2勝11敗(0-0).154=王子製紙苫小牧/新王子製紙苫小牧(苫小牧):11回.初59〜00
2勝15敗(0-0).118=函館太洋倶楽部(函館):15回.初28〜54
1勝1敗(0-0).500=岩手県経済連(盛岡):1回.初85
1勝1敗(0-0).500=天王寺鉄道局(八尾):1回.初58
1勝1敗(0-0).500=三井造船(玉野):1回.初56
1勝1敗(0-0).500=土佐電鉄(高知):1回.初53
1勝1敗(0-0).500=京都クラブ(京都):1回.初52
1勝1敗(0-0).500=熊本オオツカ(熊本):1回.初51

1勝1敗(0-0).500=日本通運四国(徳島):1回.初50
1勝1敗(0-0).500=熊本鉄道局(熊本):1回.初50
1勝1敗(0-0).500=南海興業(丸亀):1回.初48
1勝1敗(0-0).500=撫順満鉄倶楽部(満州・撫順):1回.初40
1勝1敗(0-0).500=太陽レーヨン(大阪):1回.初39
1勝1敗(0-0).500=昭和製鋼(満州・鞍山):1回.初38
1勝1敗(0-0).500=ワゴナー(札幌):1回.初27
1勝2敗(0-0).333=セガサミー(東京):2回.初07〜08
1勝2敗(0-0).333=ヤオハンジャパン(沼津):2回.初94〜97
1勝2敗(0-0).333=秋田相互銀行(秋田):2回.初82〜86

1勝2敗(0-0).333=谷村新興(花巻):2回.初75〜76
1勝2敗(0-0).333=不二越鋼材(富山):2回.初57〜63
1勝2敗(0-0).333=日炭高松(水巻):2回.初59〜61
1勝2敗(0-0).333=古沢建設(鹿沼):2回.初49〜50
1勝2敗(0-0).333=大塚産業(長浜):2回.初48〜49
1勝2敗(0-0).333=海南日東紡(海南):2回.初46〜48
1勝2敗(0-0).333=奉天満鉄倶楽部(満州・奉天):2回.初35〜42
1勝2敗(0-0).333=全台北/全台北団(台湾・台北):2回.初34〜39
1勝2敗(0-0).333=大津晴嵐会(大津):2回.初37〜38
1勝2敗(0-0).333=長野保線(長野):2回.初29〜30

1勝3敗(0-0).250=清峰伸銅(会津坂下):3回.初59〜65
1勝3敗(0-0).250=全福島日東紡(福島):3回.初46〜51
1勝3敗(0-0).250=新潟クラブ(新潟):3回.初49〜51
1勝3敗(0-0).250=大洋漁業(下関):3回.初47〜49
1勝3敗(0-0).250=新潟鉄道局(新潟):3回.初37〜42
1勝4敗(0-0).200=日本IBM野洲(野洲):4回.初87〜96
1勝5敗(0-0).167=デュプロ/デュプロ印刷機(大阪/京都):5回.初69〜05
1勝5敗(0-0).167=川島紡績(岐阜):5回.初51〜58
1勝5敗(0-0).167=横浜金港クラブ(横浜):5回.初46〜50
1勝5敗(0-0).167=台南州団(台湾・台南):5回.初35〜42

1勝6敗(0-0).143=九州産交(熊本):6回.初70〜85
1勝6敗(0-0).143=東洋紡岩国(岩国):6回.初58〜72
1勝7敗(0-0).125=東洋高圧砂川(砂川):7回.初52〜62
1勝13敗(0-0).071=四国銀行(高知):13回.初52〜07
0勝8敗(0-0).000=全呉(呉):8回.初27〜39
0勝6敗(0-0).000=全京都(京都):6回.初29〜48
0勝5敗(0-0).000=新潟コンマーシャル倶楽部(新潟):5回.初34〜56
0勝4敗(0-0).000=マツダオート名古屋/愛知マツダ(名古屋):4回.初64〜67
0勝3敗(0-0).000=伯和ビクトリーズ/リースキン(東広島/広島):3回.初04〜08
0勝3敗(0-0).000=ニコニコドー(熊本):3回.初87〜96

0勝3敗(0-0).000=大倉工業(丸亀):.3回.初67〜82
0勝3敗(0-0).000=西川物産(金沢):3回.初69〜73
0勝3敗(0-0).000=電気化学(青海):3回.初67〜70
0勝3敗(0-0).000=新潟交通(新潟):.3回.初59〜62
0勝3敗(0-0).000=鷹取工機部/神戸鷹取(神戸):3回.初36〜40
0勝3敗(0-0).000=全名古屋(名古屋):3回.初36〜38
0勝3敗(0-0).000=米子鉄道局(米子):3回.初34〜36
0勝2敗(0-0).000=TDK千曲川(佐久):2回.初05〜08
0勝2敗(0-0).000=東海理化(豊川/西枇杷島):2回.初70〜08
0勝2敗(0-0).000=伏木海陸運送(高岡):2回.初02〜06

0勝2敗(0-0).000=羽幌炭砿(羽幌):2回.初59〜63
0勝2敗(0-0).000=小樽野球協会(小樽):.2回.初48〜55
0勝2敗(0-0).000=琴平電鉄(高松):2回.初51〜55
0勝2敗(0-0).000=杵島炭鉱(大町):2回.初52〜53
0勝2敗(0-0).000=大生相互銀行(前橋):2回.初52〜53
0勝2敗(0-0).000=全富山(富山):2回.初46〜48
0勝2敗(0-0).000=呉海軍廠(呉):2回.初40〜42
0勝2敗(0-0).000=全長野(長野):.2回.初32〜36
0勝2敗(0-0).000=富山紡績(富山):2回.初31〜33
0勝2敗(0-0).000=竜山鉄道局(朝鮮・京城):2回.初27〜31

0勝1敗(0-0).000=岩手21赤べこ野球軍団(矢巾):1回.初07
0勝1敗(0-0).000=ニチダイ(京田辺):1回.初06
0勝1敗(0-0).000=ミキハウス(広陵):1回.初05
0勝1敗(0-0).000=NOMOベースボールクラブ(堺):1回.初05
0勝1敗(0-0).000=一光(名古屋):1回.初02
0勝1敗(0-0).000=室蘭シャークス(室蘭):1回.初01
0勝1敗(0-0).000=沖縄電力(浦添):1回.初00
0勝1敗(0-0).000=全足利クラブ(足利):1回.初78
0勝1敗(0-0).000=愛知トヨタ(名古屋):1回.初77
0勝1敗(0-0).000=伊予銀行(松山):1回.初73

0勝1敗(0-0).000=オール那覇(那覇):1回.初72
0勝1敗(0-0).000=琉球生命(那覇):1回.初69
0勝1敗(0-0).000=高知相互銀行(高知):1回.初68
0勝1敗(0-0).000=山門鉄工所(下松):1回.初64
0勝1敗(0-0).000=琉球煙草(那覇):1回.初64
0勝1敗(0-0).000=帝国石油秋田(秋田):1回.初63
0勝1敗(0-0).000=東邦レーヨン(北島):1回.初61
0勝1敗(0-0).000=日鉄北松(鹿町):1回.初59
0勝1敗(0-0).000=全佐世保(佐世保):1回.初56
0勝1敗(0-0).000=阿波商業銀行(徳島):1回.初56

0勝1敗(0-0).000=日本専売公社千葉(千葉):1回.初55
0勝1敗(0-0).000=電電富山(富山):1回.初55
0勝1敗(0-0).000=立川AIO(立川):1回.初54
0勝1敗(0-0).000=本州製紙(富士):1回.初54
0勝1敗(0-0).000=高崎鉄道局(高崎):1回.初54
0勝1敗(0-0).000=備後通運(福山):1回.初54
0勝1敗(0-0).000=旋風クラブ(京都):1回.初53
0勝1敗(0-0).000=神戸銀行(神戸):1回.初53
0勝1敗(0-0).000=昭和電工(大町):1回.初52
0勝1敗(0-0).000=西京貨物(京都):1回.初51

0勝1敗(0-0).000=全下関(下関):1回.初51
0勝1敗(0-0).000=桐生織物(桐生):1回.初51
0勝1敗(0-0).000=広島クラブ(広島):1回.初50
0勝1敗(0-0).000=神戸クラブ(神戸):1回.初50
0勝1敗(0-0).000=山形ハッピー(山形):1回.初50
0勝1敗(0-0).000=篠崎倉庫(神戸):1回.初49
0勝1敗(0-0).000=山藤商店(前橋):1回.初48
0勝1敗(0-0).000=八木中和クラブ(八木):1回.初48
0勝1敗(0-0).000=今泉産業(郡山):1回.初47
0勝1敗(0-0).000=東洋産業(岐阜):1回.初47

0勝1敗(0-0).000=鯉城園(広島):1回.初46
0勝1敗(0-0).000=横浜蚕糸倶楽部(横浜):1回.初42
0勝1敗(0-0).000=高雄市団(台湾・高雄):1回.初40
0勝1敗(0-0).000=全旭川(旭川):1回.初40
0勝1敗(0-0).000=京都協会(京都):1回.初40
0勝1敗(0-0).000=長野法規(長野):1回.初39
0勝1敗(0-0).000=青森林友クラブ(青森):1回.初39
0勝1敗(0-0).000=日東紡(新潟):1回.初38
0勝1敗(0-0).000=大宮倶楽部(大宮):1回.初38
0勝1敗(0-0).000=旭川鉄道局(旭川):1回.初37

0勝1敗(0-0).000=新京電電(満州・新京):1回.初36
0勝1敗(0-0).000=横浜倶楽部(横浜):1回.初36
0勝1敗(0-0).000=徳島鉄道局(徳島):1回.初36
0勝1敗(0-0).000=千里山鉄道倶楽部(千里):1回.初35
0勝1敗(0-0).000=神戸税関(神戸):1回.初35
0勝1敗(0-0).000=鎌倉老童軍(鎌倉):1回.初34
0勝1敗(0-0).000=福島倶楽部(福島):1回.初33
0勝1敗(0-0).000=全広島(広島):1回.初32
0勝1敗(0-0).000=平壌鉄道倶楽部(朝鮮・平壌):1回.初30
0勝1敗(0-0).000=林兼商店(下関):1回.初30

0勝1敗(0-0).000=松本機関庫(松本):1回.初28
0勝1敗(0-0).000=九州鉄道(福岡):1回.初27

▲出場決定後、社会情勢の悪化で出場を辞退したり大会が中止になったりして、実際には本大会に出場していないケースは、出場回数としてカウントしていません。次のとおり延べ21チームあります。

【1937年第11回大会】満州倶楽部(大連)、全京城(京城)
【1939年第13回大会】満州倶楽部(大連)、満鉄倶楽部(奉天)
【1941年第15回大会】函館太洋倶楽部(函館)、仙台鉄道局(仙台)、太田雄飛(太田)、藤倉電線(東京)、全古河(横浜)、日東紡(たぶん新潟)、東邦瓦斯(名古屋)、中山製鋼(大阪)、日鉄広畑(姫路)、神戸税関(神戸)、呉建築(呉?)、八幡製鉄(八幡)、台南州団(台南)、全京城(京城)、大連実業団(大連)、新京電電(新京)、上海華中鉄道(上海?)


◆もともとは『サンデー毎日』増刊「第71回都市対抗野球公式ガイドブック」(00年発行)をもとに作成したものです。同誌は98年版からA4サイズに変わり、同時に出場チームの本大会通算成績が掲載されるようになりました。これらの通算勝敗で、私の集計と食い違いがあったのは次のとおりです。

◆別に私の集計が正しいと主張したいわけではありませんが、おおむね私のほうが多くなっています。経験上、この種の集計は、漏れることはよくありますが、余分にカウントすることはあまりありません。

◆同誌においては「本大会成績」に3位決定戦の勝敗が算入されるかどうか明示されていませんが、03年版ではNTT西日本以外のチームについては、3位決定戦も算入されています。


◆さて、集計に際して、もっとも困難な問題はチームの継続性・同一性でした。最近で言えば「大昭和北海道」と「ヴィガしらおい」のようなケースです。『グランドスラム』16号162ページでは、大昭和北海道の都市対抗出場回数が「17回」になっています。これはヴィガしらおいとの継続性を否定したものでしょう。ただ、95年にヴィガしらおいが出場した時点で、毎日新聞やパンフでは出場回数「18回」でしたので、私は継続性「あり」としています。つまり、チームの継続性は、出場時点における出場回数で判断しました。なお、W氏のご教示により、以下の不明点がクリアになりました。海より深く感謝する次第です。

★70年第41回大会が最後の出場の「日本コロムビア」は32年第6回大会に出場した「全川崎」との間に継続性があります。なお、42年第16回大会他の「全川崎」は「川崎造船」や「川崎重工」との間に継続性が認められるようです。
★27年第1回大会に出場した「九州鉄道」と48年第19回大会で優勝した「西日本鉄道」は、企業としてのつながりはあるようですが、チームとしては別チームの扱いのようです。48年が初出場初優勝であるとの記述を複数見かけました。
★38年大阪市代表「田村駒」は翌39年庄内町代表「田村駒」との間に継続性があり、39年大阪市代表「太陽レーヨン」は別チームとして扱われているとのことです。
★34年第8回大会の「全台北」と39年第13回大会の「全台北団」(いずれも台北市代表)は同一チームだそうです。
★42年第16回大会の「横浜蚕糸倶楽部」と46年第17回大会ほかの「横浜金港倶楽部」は、別チームで扱っています(人的にはつながりがあるようです)。
★「太田雄飛倶楽部」と「富士重工業」も別チーム扱いのようです。


 全京都、京都協会、西京貨物、京都クラブについて

先般、縮刷版をめくっていたら、1952年京都クラブにつき8回目の出場との記載をみかけました。京都クラブで出場したのはこの1回きりなのですが、全京都(6回)と京都協会(1回)を足すと、「8」回になります。後日、1948年のマイクロフィルムを調べてみたところ、全京都の出場回数が6回になっていました。京都代表の出場チームは次のとおりです。

1929(昭和4)年 全京都
1930(昭和5)年 全京都
1931(昭和6)年 全京都
1940(昭和15)年 京都協会
1946(昭和21)年 全京都
1947(昭和22)年 全京都
1948(昭和23)年 全京都 〜6回目
1949(昭和24)年 大丸
1950(昭和25)年 大丸
1951(昭和26)年 西京貨物
1952(昭和27)年 京都クラブ 〜8回目
1953(昭和28)年 旋風クラブ

48年全京都の出場回数が6回目なら、全京都と京都協会は無関係ということになります。全京都、西京貨物、京都クラブの3者間に継続性が認められるなら、48年の全京都が6回目で、52年の京都クラブが8回目になります。ただ、私の記憶では西京貨物は別チームだったはずですので、再度調べてみるつもりです。この辺りの継続性につき、何かご存知の方がおられましたら、ご教示いただけると幸いです。→「3代目んだ」(京都クラブの謎)

このページでは、いったん全京都、京都協会、京都クラブの3者を同一チームとして扱いましたが、現在は元に戻してあります。


◆中止となった1941年に出場権を得ていた全古河の市町村名を「古河?」としていましたが、「古河」とは茨城の「こが」(地名)ではなく、企業名の「ふるかわ」で横浜のチームだそうです。

◆都市対抗本大会におけるできるだけ正確な通算成績を呈示したいというのが当ページの本旨です。チーム名に関しては、『サンデー毎日』臨時増刊00年版のヤグラを優先させています。都市名を省いたり、逆に加えたりしたチームもありますが、正式名称の探査を目的としたページではありませんのでご容赦ください。日石カルテックスとか、天王寺鉄道管理局八尾クラブとか、東京瓦斯とか、日本アイ・ビー・エム野洲とか、いろいろあります。究極的には主催者以外は手に負えない話です。

◆当サイト内には、大学選手権に関する類似のページもあります。また、日本選手権に関して、06年までの通算勝敗を集計された方がおられます。→「3代目んだ」(日本選手権チーム別通算成績)

◆集計に際しては表計算を用いましたが、転記の際に入力ミスが生じている可能性を否定することはできません。とくに初出場の年と最後の出場年については、チェックが甘いことをお断りしておきます。また、都市対抗パンフから作成したわけですから、大元のパンフに間違いがあれば、上の集計にも反映されることになります。すでに訂正されましたので、このページからは削除しましたが、00年版の時点では都市名などに十指に余る誤りがありました。私が気づいていない誤りもまだあるはずだと考えるのが自然です。ご利用に際しては、あくまでもご自分の責任でお願いします。なお、誤りを発見された際には、「3代目んだ」(熊本ゴールデンラークス)または「メールのページ」からご指摘いただけると幸いです。

★08/07/18HTML文法チェック済(エラーなし)、ケなし、順OK
★ブリーフケース>都市対抗勝敗表>チーム



検索リンクポリシー社会人野球|次へ:補強選手一覧(東)|玉手箱:エース防御率とチーム打率