セットポジション野球TOP社会人野球
遠来のお客様たち | 定型句 | プリンスの軌跡(選手編)

スポニチ大会の定型句

07/03/18分割
14/02/11更新

◆スポニチ大会のパンフには、例年、監督の抱負が掲載されます。この種の試みは、阪神大学リーグのパンフなどにも見られますが、これをネタに遊んでみました。

◆00年から『グランドスラム』誌の春発行分(選手名鑑)には、チームスローガンが掲げられるようになりました。この中から私は勝手に最優秀スローガン(グランプリ)を選んでいます。


◇2001

誰もが多芸多才というわけではないのだから、野球の選手や監督に文才を求めるつもりはない。だから、決まり文句が悪いと言いたいのではない。ごくまれには、目を引くものもある。スポニチ大会なら、94年プリンスホテル・石山監督の「昨年は三つの全国大会で準優勝だったので今年は準はいらない」である。 

01年のスポニチ大会パンフから冒頭のセンテンスを拾ってみた。

四国銀行 21世紀のシーズン開幕に伝統ある東京スポニチ大会に出場でき大変光栄であります。
日本通運 第56回東京スポニチ大会に出場できることを光栄に思います。
JR東日本 伝統ある東京スポニチ大会に出場できることを感謝するとともに、
住友金属鹿島 21世紀初年度に伝統ある東京スポニチ大会に出場できる事を大変嬉しく思います。
日産自動車九州 新世紀を迎え、初めての全国大会に出場出来た事を光栄に思っております。
東京ガス 今年初めての公式戦である今大会に参加できることを心から感謝したい。
NTT西日本 新世紀スタートの今年、球春を告げる東京スポニチ大会に出場できることを嬉しく思うと同時に感謝しております。
いすゞ自動車 この伝統ある東京スポニチ大会に出場できる事を感謝致します。
富士重工業 新たな世紀を迎え伝統あるスポニチ大会に出場できる事を感謝致します。
日立製作所 球春を告げる伝統ある東京スポニチ大会に今年も出場できることを深く感謝致します。
三菱重工横浜 新世紀最初の社会人野球大会である東京スポニチ大会に出場出来ることを光栄に思います。
東芝 球春を告げる伝統ある東京スポニチ大会に出場できることを誇りと感じております。
三菱自動車京都 伝統ある東京スポニチ大会に出場できることを誇りに思うと同時に、
新日鉄君津 今シーズンもスポニチ大会に出場できることを誇りに思うと同時に、
松下電器 新世紀の球春を告げる、第56回東京スポニチ大会に出場できる事を嬉しく、又誇りに感じております。
ヤマハ 今シーズンも東京スポニチ大会よりスタートが切れる事はチームにとって大変光栄に思っています。
川鉄千葉 球春を告げるスポニチ大会に今年も出場出来る事を大変光栄に思います。
日本生命 21世紀、最初の公式戦を本大会で迎えられることを、大変誇りに思います。
NTT東日本 今世紀の幕開けである東京スポニチ大会に出場し、戦えることを光栄に思います。
三菱ふそう川崎 今シーズンもスポニチ大会に出場できることを誇りに思うと同時に、
ミキハウス 21世紀の社会人野球の幕開け、伝統ある今大会に創部6年目の若いチームが出場させて頂けることを大変感謝しております。

このように冒頭で「光栄」に思ったり、「誇り」に思ったり、「感謝」したり、「嬉しく」思ったりしているチームが出場32チーム中21チームある。私が初めてスポニチ大会を見に行ったときの92年のパンフでは、大阪ガスが「伝統ある今大会に6年連続出場する事ができ光栄に思っております」と書いていただけだった。

ひと頃は、「球春を告げる今大会で好成績を残し、都市対抗に向けて弾みをつけたい」が流行っていたが、最近ではやや影をひそめたようだ。もちろん監督本人が書いたものだとは限らない(そうでないケースも多いかもしれない)けれども…。

◇2002

02年は出場チームが8チーム減って24チームになった。そのうち15チームが「感謝」「光栄」「誇り」組だ。

日産自動車九州 2年連続で歴史ある東京スポニチ大会に出場できることを大変光栄に思います。
いすゞ自動車 この伝統ある東京スポニチ大会に出場できる事を心より感謝致します。
新日鉄君津 今年も東京スポニチ大会に出場できることを光栄に思っております。
住友金属鹿島 この伝統ある東京スポニチ大会に出場できる事を感謝致します。
NTT東日本 球春を告げる東京スポニチ大会に出場できることを大変光栄に思います。
日立製作所 球春を告げる伝統ある東京スポニチ大会に今年も出場できる事を大変光栄に思います。
鷺宮製作所 今年度最初のスポニチ大会(公式戦)に出場出来る事を感謝致します。
日本通運 第57回東京スポニチ大会に出場できることを光栄に感じます。
JR東日本東北 新春を飾るスポニチ大会に出場する事を光栄に思います。
シダックス 球春到来。本年のスタートを飾る第57回東京スポニチ大会に出場させて頂くことを大変光栄に存じます。
日産自動車 第57回東京スポニチ大会に出場できることを感謝致します。
東芝 伝統ある東京スポニチ大会に出場できる事を光栄に思っております。
川鉄千葉 球春を告げるスポニチ大会に今年も出場できる事を大変光栄に思います。
日本新薬 今年を占う春一番の東京スポニチ大会を闘えることに誇りを感じています。
三菱重工横浜硬式野球クラブ 伝統ある東京スポニチ大会に出場させて頂き感謝致します。

定型句そのものを否定するつもりはない。ただ、「です・ます」体の直後に続くセンテンスが「…展開していきたい。」「…取り組んで来た。」「弾みにしたい。」という具合に、文体が変わってしまうのはいかがなものだろうか。ここらあたりの企業が、こんな社外文書を日常的に使っているとは思えないけれど…。

この点では、新日鉄君津が(相対的に)すぐれている。2つのセンテンスで構成した01年は、末尾を「…誇りに思うと同時に、…と考えている。」「…積み重ねたい。」で結んでいる。いたって自然であり、違和感はない。02年は3つのセンテンスだが、「光栄に思っております。」「…と考えています。」「…と思います。」で、一貫している。

◇2003

03年も出場チームは24チームだ。冒頭での「感謝」「光栄」「誇り」組は2チーム増えて17チームだった。

日産自動車 第58回東京スポニチ大会に出場できることを感謝致します。
鷺宮製作所 この伝統ある東京スポニチ大会に出場できることを大変光栄に思います。
松下電器 球春を告げる東京スポニチ大会に、4年連続で出場できる事を誇りに思うと共に感謝の気持ちでいっぱいであります。
王子製紙 第58回東京スポニチ大会に20年ぶりに出場できる事を大変光栄に思っております。
日本通運 伝統ある東京スポニチ大会に41回目の出場を果たし、光栄に感じます。
新日鉄君津 本年も伝統ある東京スポニチ大会に出場できることを光栄に思います。
富士重工業 球春を告げるこの伝統ある東京スポニチ大会に出場できる事を大変光栄に思います。
日産自動車九州 第58回東京スポニチ大会に出場出来る事を大変光栄に思います。
NTT西日本 球春を告げる伝統あるこの東京スポニチ大会に出場できることを大変嬉しく、また光栄に思う。
NTT東日本 伝統ある東京スポニチ大会に出場できる事を光栄に思います。
新日本石油 この伝統ある東京スポニチ大会に、今年も出場できる事を光栄に思っております。
川鉄千葉 球春を告げるスポニチ大会に出場できる事を大変光栄に思います。
JR東日本東北 球春を告げるスポニチ大会に出場できる事を大変光栄に思います。
日立製作所 球春を告げる伝統ある東京スポニチ大会に出場できることを誇りに思うと同時に、満足のいく好成績を残し、是非今シーズンの弾みにしたい。
ホンダ 球春を告げる伝統ある東京スポニチ大会に3年振りに出場出来る事を大変光栄に思います。
三菱ふそう川崎 「球春を告げるこの伝統ある東京スポニチ大会に出場できることに心より感謝するとともに好成績を収め、都市対抗、日本選手権優勝に向けての弾みをつけたいと考えている。
日本生命 2年ぶりの東京スポニチ大会出場を大変嬉しく思います。

東京ガスが新バージョンを開発したようだ。

また、「東京ガス」の“全力プレーで粘り強い野球”を全国社会人野球ファン、そして弊社社員にアピールすることにより、本大会に出場できる「感謝の意」を表したい。

どうせ流行するなら、こちらのほうがいい。

◇2004

04年は出場24チームのうち19チームが「光栄」「誇り」「感謝」「喜び」組だった。

▼以下、04年以降は全チームを掲載し、文末が統一されているチームは「○」、統一されていないチームには「●」を付しました。

東芝 光栄に思っております。 ● おります/いきたい
JR東日本 誇りに思い、 ○ こなして来た/発揮したい/勝ち取りたい
西濃運輸 光栄に思います。 ● 思います/できました/弾みにしたい
日立製作所 光栄であります。 ● あります/なった/弾みにしたい
NTT西日本 光栄に思います。 ○ 思います/思います/目指します
日本通運 (なし) ● 臨みます/不安はない/ぶつかっていく
かずさマジック 光栄に思います。 ○ 思います/思います/思います
日産自動車 光栄に思っております。 ● 思っています/繋げたい/掴みたい
ヤマハ 感謝致しております。 ○ おります/戦います/思います
富士重工業 喜びを、 ○ 頑張りたい/取り組んでいる/戦って行きたい
日本新薬 感謝致します。 ● 致します/試したい/なくなった/頑張ります
シダックス (なし) ○ 寒い気候…/所存であります
大阪ガス 光栄に思います。 ● 思います/なっています/戦い抜きたい
新日本石油 光栄に思っております。 ○ おります/参りました/若返りました/おります
日産自動車九州 感謝致します。 ○ なりました/致します/思います
鷺宮製作所 (なし) ○ つなげていきたい/溢れている/弾みとしたい
トヨタ自動車 光栄に思います。 ○ 思います/頑張ります/お願い致します
住友金属鹿島 感謝致します。 ● 致します/頑張ります/楽しみにしている
三菱ふそう川崎 感謝するとともに ○ 考えている/繋がっている/狙う
東京ガス (なし) ○ 目標とした/繋げていきたい
七十七銀行 光栄に思います。 ○ 思います/目指します
JFE東日本 感謝いたします。 ○ いたします/考えます/思います
三菱重工名古屋 (なし) ○ 出来ました/おります/思います
NTT東日本 感謝致します。 ● 致します/取り組んでこれた/伝えたい

◇2005

05年は、定型句がますます蔓延して20チームになった。しかも、「光栄」に集約されつつある。文末の不一致に関しては解消される方向にあるようだ。

東芝 大変光栄に思います。 ○ 思います/頂きました/戦っていきます
かずさマジック 大変光栄に思います。 ○ 思います/目指します
ヤマハ 光栄に思うと同時に ○ 一杯です/思います/発信しましょう!
住友金属鹿島 感謝致します。 ● 致します/展開していきたい/楽しみである
松下電器 嬉しく、また誇りに思って ○ 考えております/期待しています
ホンダ 光栄に思います。 ○ 思います/感じています/めざします
シダックス (なし) ○ 成績/年です/今年/お見せします
JFE東日本 大変光栄に思うとともに ○ 感謝いたします/整いました/勝ち取ります
NTT西日本 大変光栄に思うとともに ○ 感謝致します/なりました/思います
NTT東日本 感謝致します。 ● 感謝致します/弾みとしたい/目立つ/ぶつける
西濃運輸 大変光栄に思います。 ● 思います/繋がりました/挑む
富士重工業 大変光栄に思います。 ● 思います/図りたい/巻き起こしたい
大阪ガス 大変光栄に思います。 ○ 思います/おります/頑張ります
鷺宮製作所 大変光栄に思います。 ● 思います/いきたい/繰り広げられている/戦っていきたい
七十七銀行 大変光栄に思います。 ○ 思います/取り組んでいます/思います
新日本石油ENEOS 光栄に思っております。 ○ おります/参りました/若返りました/おります
日本通運 (?) ● 感じております/重ねてきた/掲げた/目的とする
トヨタ自動車 大変喜ばしく思います。 ○ 思います/考えております/野球をします
日産自動車 光栄に思っています。 ○ 思っています/思います
東京ガス (なし) ○ 掲げた/繋げていきたい
王子製紙 大変光栄に思っております。 ○ 思っております/思います
日産自動車九州 大変光栄に思っております。 ○ 思っております/思います
日立製作所 スタート出来る喜びと、 ○ 一杯です/思っております
JR東日本 (なし) ○ 感じます/思います/思います

日通はかなり微妙だ。「特別なもの」ときた。言語感覚がやや怪しいような気がする。「抜きに出る」は「抜きん出る」だろうし、優勝は「目的」ではなくやはり「目標」ではないだろうか。

第60回を迎える伝統あるJABA東京スポニチ大会の節目の年に際する本大会への出場は、チームにとり特別なものと感じております。 <略> 「相手より、ひとつ抜きに出る」を合言葉に本大会の歴史と素晴らしい過去の好勝負に勝る熱戦を繰り広げ、“優勝”を目的とする。

ところで、日石の抱負は04年と同じかもしれない。わざわざ確認するようなことでもないけれど、きっと毎年若返っているのだろう。

◇2006

定型句は05年と同じ20チームだ。05年に続いて定型句を使わなかったのがシダックスと日本通運であり、これまで定型句嫌いだった東京ガスがとうとう屈した。一方で、七十七銀行が定型句から離れた。

三菱ふそう川崎 (なし) ○ 考えている/目指す/狙う
シダックス (なし) ○ 致しました/おります/挑みます/申し上げます
東海理化 大変光栄に思っております。 ○ おります/挑戦していきます/思います
かずさマジック 大変光栄に思います。 ○ 思います/悔しい思いです/まいります/目指します
東京ガス 心より感謝いたします。 ● いたします/所存であります/目指したい
JR九州 大変嬉しく思います。 ● 思います/展開していきたい/思います
NTT東日本 喜びに心より感謝するとともに ○ 弾みをつけたい/繋がっている/闘いぬきたい
新日本石油ENEOS 光栄に思っております。 ○ おります/あります/掲げました/ください
デュプロ 大変光栄に感じております。 ○ おります/できました/おります/思います
日本通運 (なし) ○ 目標とする/吹き込んでいる/いきたい/継ぎたいと思う
ヤマハ 大変うれしく光栄に思って ○ おります/きました/溢れています/戦っていきます
住友金属鹿島 感謝致します。 ● 致します/いきたい/いきたい/楽しみである
ホンダ 光栄に思います。 ● 思います/健在/確信している/目指す
日立製作所 有難う御座います。 ○ 御座います/考えております/思っております
鷺宮製作所 大変光栄に思います。 ○ 思います/吹きました/できました/思います
NTT西日本 大変嬉しく、また光栄に思う。 ○ 思う/繋がっている/期待している/いきたい
日産自動車 大変光栄に思っております。 ○ おります/しました/感じています/おります
トヨタ自動車 大変光栄に思います。 ○ 思います/いたします/繋がっています/思います
松下電器 感謝するとともに、大変誇りに ○ おります/感じています/目指します
東芝 大変光栄に思います。 ○ 思います/なりました/戦っていきます
明治安田生命 大変光栄に存じております。 ○ おります/思います
JFE東日本 感謝致します。 ● 致します/取り組んでいる/思います
王子製紙 大変光栄に思っております。 ○ おります/思います
七十七銀行 (なし) ● いきたい/繋がっている/臨む/頑張ります

とくに目立った変化はない。定型句による字数稼ぎは相変わらずだ。監督が代わった日石は、使い回しはしなかったようだ。

◇2007

出場チーム数は「22」に減ったが、定型句は「20」で変わらない。とうとう90%を超えたわけだ。

JR東海 大変光栄に思います。 ○ 思います/まいりました/思います/思います
明治安田生命 大変光栄に存じます。 ○ 存じます/思っております/思います
NTT西日本 大変嬉しく、また光栄に思う。 ○ 思う/取り組んできた/図ることもできた/いきたい
日本通運 (?) ○ 思い入れがある/挑む/“突破”/試金石とする
JR東日本東北 大変光栄に感じると共に心より感謝いたします。 ○ いたします/なりました/戦います/いたします
東芝 大変光栄に思います。 ● 思います/まいりました/こだわりたい
住友金属鹿島 感謝致します。 ● 致します/いきたい/楽しみである/きりたい/戦いたい
JFE東日本 大変光栄に存じます。 ○ 存じます/おります/おります
ヤマハ 大変うれしく光栄に思う ● おります/アップした/戦っていきたい
NTT東日本 喜びに感謝致します。 ● 致します/弾みとしたい/目立つ/ぶつける
JR九州 大変嬉しく思います。 ● 思います/展開していきたい/思います
松下電器 感謝するとともに、大変誇りに ○ おります/おります/目指します
日立製作所 大変光栄に思っております。 ○ おります/おります/おります/思います
三菱自動車岡崎 大変光栄に思います。 ○ 思います/思います/思います
セガサミー 大きな喜びであり、○ 思っております/思います/ご期待下さい
東邦ガス 光栄に思います。 ● 思います/スタートを切っていきたい
Honda 光栄に思います。 ○ 思います/まいります/目指します
日産自動車 大変光栄に思っております。 ● おります/昨年以上に強い/おります
富士重工業 出場できる喜びを ○ 頑張りたい/取り組んでいる/臨みたい
NOMOベースボールクラブ 誠にうれしく思います。 ○ 思います/できました/思います/思います
JR東日本 心より感謝申し上げます ○ 申し上げます/思っております
Honda鈴鹿 (なし) ○ 取り組んできた/激化している/期待がかかる/出てきた/バックアップする/戦い抜きたい

05年に「特別なもの」を使った日本通運は、07年は「昨年の予選で関東代表権を取り臨む今年の本大会には、ひと味違う思い入れがある」と「思い入れ」を使ってきた。

出場チーム数が2つ減ったために、日通と三菱ふそう川崎、日立と東京ガスで「出場決定戦」をやったようだ。もともとホスト地区である関東の場合は、春秋の支部大会や都市対抗予選の結果で出場チームが決まるわけで、「出場できることを光栄に思う」はいいとしても、「出場させていただくことを光栄に思う」はNGなのだ。

自ら勝ち取った出場権なのだから、「出場させていただく」はおかしい。明治安田生命は「出場させていただくことになり、大変光栄に存じます」であり、Hondaが「出場させて頂く事を光栄に思います」だった。

文末の不一致は1チーム増えて7チームになった。気の毒だからチーム名は出さないが、「62回目を向かえる伝統ある東京スポニチ大会に」と書いているチームがあった。文末の不一致は仕方がないとしても、これぐらいは主催者サイドで直してやればいいのに…。

◇2008

出場チーム数がなぜか「29」に増えた。レベルを下げたいらしい。定型句は「23」チームとなり、数では史上最多を記録した。文末の不一致も11チームに増えた。

JR九州 大変嬉しく思います。 ● 思います/展開していきたい/思います
Honda 光栄に思います。 ○ 思います/まいります/目指します
NTT西日本 大変嬉しく、また光栄に思います。 ○ 思います/参りました/繋がりました/臨みます
富士重工業 大変光栄に思っております ● おります/展開したい/戦い抜きたい
王子製紙 ありがたく、嬉しく思います。 ○ 思います/思います
三菱ふそう川崎 (なし) ● なります/考えている/楽しみである/臨む
NTT東日本 喜びに心より感謝するとともに ○ 弾みをつけたい/繋がっている/闘いぬきたい
日産自動車 大変光栄に思っております。 ● おります/こだわりをもっていく/思います
NOMOベースボールクラブ 誠にうれしく思います。 ○ 思います/思います/おります
セガサミー 大きな喜びを感じております ● おります/過程であります/繋げたい
西濃運輸 大変光栄に存じます。 ○ 存じます/できました/思います
住友金属鹿島 感謝致します。 ● 致します/いきたい/きりたい/戦いたい/楽しみである
かずさマジック 大変光栄に思います。 ○ 思います/まいります/まいります/きました/あります

JR東日本 大変光栄に存じます。 ● 存じます/なっている/考えている/つけたい
東海REX (なし) ○ 目指している/戦いになる/整った/返す/期待ができる
東芝 光栄に感じております。 ● おります/考えている/出来た/勢いをつけたい
日立製作所 (なし) ○ 出場となる/試す場としたい/仕上るだろう/発信していきたい
日本新薬 (なし) ○ できるかどうか?/見出したい
東京ガス 心より感謝いたします。 ● いたします/所存であります/目指したい
Honda熊本 大変嬉しく光栄に思います。 ○ 思います/思っています/戦います
日本通運 (?) ○ 感じている/整えることができた/感じる/乗り越えていきたい/心より思う

東海理化 大変光栄に思っております。 ○ なりました/思います/思います
新日本石油ENEOS 大変光栄に思っております。 ○ おります/若返りました/思います/ご観戦下さい
松下電器 大変光栄に思います。 ○ 思います/おります/目指します
鷺宮製作所 大変光栄に思います。 ● 思います/出来ました/プレーする/思っております
TDK (なし) ● おります/する/考えます/あります/います/お願い申し上げます
JFE東日本 大変光栄に存じます。 ○ 存じます/おります/思います/確信しています
明治安田生命 大変嬉しく、また光栄に存じます。 ○ 存じます/存じます/思います
トヨタ自動車 大変光栄に思います。 ○ 思います/激しくなっております/目指します

JR九州とHondaは文末が去年と同じだ。東京ガスも2年前とそっくり同じだ。住金鹿島は去年とセンテンスの順序が入れ替わっただけかもしれない。まあ、これ以上あえて確認しないのが武士の情けというものだ(単に去年のパンフを探し出すのが面倒なだけだったりするが…)。

注目の日本通運は、「伝統あるJABA東京スポニチ大会に出場することは、チームにとり大変に意義深いものと感じている」だった。「光栄に思う」より、はるかにフィットする。まあ、「磐石の形整えることができた」は「磐石の形整えることができた」のほうがいいけれども…。

今後流行するかもしれないのが、「…ご観戦下さい」や「…ご期待下さい」だ。これまでのところ、青島、大久保の両プロ経験者が使っている。たしかに、この発想はアマには縁が薄い。

スローガン大賞

『グランドスラム』の春発行分は、選手名鑑号であり、00年からチーム・スローガンも掲載されている。私が勝手に選んだスローガン大賞は、00年日本IBM野洲「野球にリハーサルはない」だ。

01年は、三菱自動車岡崎の「そのプレーで日本一になれるのか!」がお気に入りだ。すくなくとも単に「日本一」を掲げているチームには勝っている。ただし、大賞は「おまえがやるんだろ!」日本IBM野洲だ。かなりいいセンスをしている。野球のほうでもいい成績を残してほしいものだ。

02年のスローガンの中では、一光の「忘れるな! 代表決定戦3連敗!! 〜Ambitious play〜」に心惹かれるが、横文字は余計だろう。大阪ウイング硬式野球クラブの「木になれる」は、意味不明で木になる。いや、気になる。

▲社会人野球は02年から木製バットに戻りました。「木になれる」とは“木になることができる”の意味ではなく、“木(製バット)に慣れる”という意味だったようです。ご教示ありがとうございました。→「3代目んだ」(スポニチ大会/08年)

グランプリには、松下電器「時代と共に野球と友に」を推そう。ちょっとできすぎだから、広報あたりが作ったのではないかと疑いたくなる。3連覇のかかる野洲は、「夢を実現に」だった。「夢を現実に」か「夢を実現」の誤植ではないかと思われるが、そうでないとしたら、私のついていけない世界まで突っ走ったのかもしれない。

03年のグランプリは、明治生命「異体同心」だ。松下はやはり部外者の手が入っているのではないかという気がしなくはない。「勝ちにこだわり価値を高めよ!」だった。これだけのセンスがあるなら、転職したほうがいいのではなかろうか。

04年は混戦だ。なかなかレベルが高い。シダックスの「高下在心」は野村カラーだろう。日本生命の「獅子頂点 〜何がなんでも〜」や三菱自動車岡崎の「侍になれ!!」も悪くない。JR東日本の「Get The Flag」はどこかで聞いたような気もするが、水準には達している。

全伊勢崎硬建クラブの「365日 緑色の心で」は意味がとれない。「緑色の心」とはどういう意味なのだろう。04年は閏年だから、1日だけは別の色になるのかもしれない。グランプリはTDK千曲川「愚公移山」とする。あの人数で山が動くとは思えないが、山を動かそうという心意気を買う。

05年は「挑戦」がやけに目立つ。許せるのは光シーガルズの「夢かなうまで挑戦」ぐらいだろう。わざわざスローガンの中にまで企業名を入れなくてもいいのに、というチームも複数ある。そろそろネタが尽きたのかもしれない。

「ABC野球で名門復活! A=Aggressive B=Basic C=Clever」はヤマハだ。「Basic」を入れたことで、「ABC」に通じている。Cを「Challenge」にしなかったところも評価できる。日通の「“感動”の一年に!」はシンプルだ。日石の「這い上がれ」は泥臭さがいい。

全播麿硬式野球団の「情熱…勝ちたいんや!!」も素直だ。JFE東日本の「Over The Top」はラグビーの反則か映画の題名としか思えない。松山フェニックスの「“飛びたて不死鳥”都の空に!」にも心惹かれたが、グランプリは王子製紙「再出発(謙虚に)」としよう。

06年は伊勢崎硬建クラブの「やっぱり野球が大好きです」、茨城ゴールデンゴールズの「へこたれん。」、全播麿硬式野球団の「目つきを変えろ!!」が目を引いた。日本通運の「“NEC”旋風・2006」は、よその会社のことなのかと思われてしまいかねない。

前年の都市対抗でも日本選手権でも1回戦敗退だった王子製紙が「緒戦必勝 〜全てをぶつけろ〜」を掲げている。地に足がついたスローガンだ。気持ちが伝わってくる。グランプリは日産自動車「闘・想・進」とする。

07年は全般的に出来が悪い。フェデックスの「前後裁断」は道元の『正法眼蔵』に出てくる言葉だ。ニチダイの「信汗不乱」は故・仰木彬氏の座右の銘だ(造語)。鷺宮製作所「猪進自在」はオリジナルの造語と思われるので、これをグランプリとする。

日本生命の「奪首 〜自己成長〜」はスポーツ新聞のノリだ。この程度なら、日本通運の「突破」やNTT西日本の「くらいつけ!勝負はこの1球に」や王子製紙の「負けん」のほうがいい。茨城コールデンゴールズの「ピンポンパン」はそれこそ意味不明だ。

08年もレベルは高くない。グランプリはOBC高島の「積」とする。蓄積の積であることから、「継続」の大切さを表現しているものと思われる。あるいは、足し算ではなく掛け算であることから、チームプレイの重要性を強調したいのかもしれない。漢字1文字でイメージが膨らむ点を買う。


◆このページは「背番号のないパンフ」のページに収録していた項目を独立させたものです。女子軟式選手権のパンフにも2〜3行程度のコメントが掲載されます(「3度目の1点差」)。また、スポニチ大会に関しては「遠来のお客様たち」のページをどうぞ。

◆事実誤認、変換ミス、リンク切れ等にお気づきの際は、お手数ですが「メールのページ」からご一報いただけると幸いです。

★07/03/17校正チェック済、ケなし、順OK
★08/04/07HTML文法チェック(エラーなし)、14/02/07(エラーなし)



野球TOPリンクポリシー社会人野球|次へ:プリンスの軌跡(選手編)|作成順:櫛風沐雨