ページ内目次の設置

WordPressでは、ブログはpost、固定ページはpageと呼ばれているようです。「賽は投げられた」は固定ページで作成しました。将来的には、旧「セットポジション」のカテゴリーに収める第3階層のページになるはずです。

「賽は投げられた」のページは、旧「セットポジション」の中では短編に属します。ページ内目次はなくても構わないわけですが、もう少し長くなると目次も不可欠になってきます。

まあ、そこは試行錯誤用のページですから、HTMLをいじって手動でページ内目次を設置してみました。旧「セットポジション」ではname属性を使っていましたが、Bloggerではid属性を用いていました。

同じ効果が得られるのなら4文字のnameより2文字のidです。id属性で無事に成功したわけですが、どうやらページ内目次を自動生成してくれるプラグインがあるようです。

というわけで、「Table of Contents Plus」というプラグインをインストールしてみました。インストールして有効化したところまではよかったのですが、肝心の使い方がよくわかりません。

私が「賽は投げられた」のページで目次を入れたい箇所は、注釈部分の下で横線の上です。Table of Contents Plusの初期設定では、ここに目次を表示させることができません。次のページに貴重な情報がありました。

ショートコードを使うことで、任意の位置に目次を入れることができるようです。というわけで、師匠に学んだ私は「次の投稿タイプのときに表示」のチェックはすべて解除して、ショートコードで目次を表示させることにしました。

このサイト、ロゴの下にパンくずリストがあり、右側ではカテゴリーが斜めに表示されています。しばらく師匠としてお使えすることになるかもしれません。

さて、次の課題は目次をセンタリングできないかということです。それらしいページはありました。

このページの記述どおりに「screen.min.css」を編集してみましたが、相変わらず左寄せのままでした。目的が達せられなかったため、センタリングはひとまず断念して、CSSは元に戻しました。

なにしろ、CSSの編集画面には次のような警告が示されます。

警告: 現在有効化されているプラグインの変更はおすすめしません。変更によって致命的なエラーが発生した場合、プラグインは自動的に無効化されます。

初心者には無視できない警告です。たじろいでしまいます。もともと旧「セットポジション」の目次は右寄せのリスト表示でした。

ところで、「賽は投げられた」のページには、「カウント0-1からの2球目」という記述がありました。ボールカウント表記はこの10年の間にボール先行に変わっています。「初球ボールのあとの2球目」に改めました。

今後、旧「セットポジション」からの焼き直しをうpするときは、この点に注意しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA