グランドチャンピオン大会

第1回から第27回までのイチ抜け曲をエントリーしたのは、2014年9月の第72回ヒトカラ選手権でした。純粋なグランドチャンピオン大会にしてしまうと、第72回ではイチ抜け曲が出なくなります。

それでは面白くありませんので、3曲だけ非イチ抜け曲を加えました。機械的に入賞回数順で選んで、入賞10回の「赤いスイートピー」、入賞6回の「千曲川」と「U&I」をエントリーしました。

第72回は精密DX(無印)で音程優先のシリーズでしたが、結果的には「千曲川」が音程94%で3位入賞を果たし、イチ抜け該当なしの事態を避けることができました。入賞をイチ抜けの必要条件としているからです。

2016年春の第94回では、第28回から第54回までのイチ抜け曲をエントリーしました。精密DX-Gで音程優先のシリーズです。前例を踏襲して、非イチ抜け曲の「赤いスイートピー」、「夏の扉」、「津軽海峡・冬景色」もエントリーしました。

予選第2ラウンド終了時、「津軽海峡・冬景色」が90%で13位でしたが、「夏の扉」と「赤いスイートピー」は20位台に低迷していました。一方、入賞ラインは音程92%96点台の雲行きです。

そこで、エントリー変更を決断しました。予選第3ラウンドから投入したのは、2014年音程9位の「一人の道」、2015年音程2位の「時をかける少女」、同6位「琵琶湖周航の歌」の3曲です。

予選第3ラウンドでは「一人の道」が92%11位、「琵琶湖周航の歌」が91%12位、「時をかける少女」も91%14位と入賞を窺える好位置に食い込み、予選第4ラウンドでは「時をかける少女」が93%で4位に浮上しました。

最終的に「時をかける少女」は6位をキープしてイチ抜けを果たしました。来年は3回目となる(似非)グランドチャンピオン大会を開催する必要があります。次のようなレギュレーションとすることを決めました。

  • 1次エントリーは第55回から第82回までのイチ抜け曲とする
  • 2次エントリーは任意に選んだ3曲とする
  • 採点ゲームは精密DX(無印)とする
  • 順位決定は得点と全国平均との差を用いる(同点なら得点順)
  • 得点順上位3曲は平均点との差による順位にかかわらず入賞とする
  • 音程順最上位曲は平均点との差による順位にかかわらず入賞とする
  • 決勝第1ラウンド進出は予選ラウンドの平均点との差上位15曲とする
  • 決勝第2ラウンド進出は前ラウンドまでの得点順上位15曲とする
  • 決勝ラウンドでは15曲を2セット歌う

私は「DAM」以上の機種指定をしませんので、今でも月1~2回のペースで精密DX(無印)を搭載したLIVE DAM(無印)にあたることがあります。

半年ぐらいかかりそうですが、まだDX単独回が成立しそうです。もし8月末までに終わらないときは、DX-Gとの混合回として9月中に終わらせる予定です。

「平均点との差1位の曲は得点順(音程順)にかかわらず入賞」というレギュレーションを設定していたのは第67回から第99回までです。引き算が面倒でやめましたが、2年に1度のスペシャル回ならやっていいと思っています。

なお、DX無印とDX-Gの平均点は共通です。つまり、DX-Gにおける平均点とはボーナス加点前の素点の平均です。

モータープールMAPはひとまず完結

「モータープールMAP(大阪以外)」については、いったん完結とします。今後も追加していきますが、積極的に探すことはもうないかもしれません。どうせキリはありません。探せばまだ見つかるはずです。

MAPに落とし込んだ貸駐車場としてのモータープールは1040か所です。都道府県別では次のようになります。大阪に接する兵庫、奈良、和歌山が上位を占めますが、京都はそれほど多いわけではなく、東京とあまり変わりません。

  1. 兵庫県 282
  2. 奈良県 259
  3. 和歌山県 118
  4. 愛媛県 86
  5. 香川県 68
  6. 京都府 31
  7. 徳島県 30
  8. 静岡県 29
  9. 東京都 28

貸駐車場としてのモータープールが「関西に多い」や「関西と四国に多い」は正解ですが、「西日本に多い」はざっくりすぎて必ずしも適切ではないかもしれません。市町村別では次のようになります。

  1. 奈良市 146
  2. 神戸市 108
  3. 高松市 62
  4. 三田市 50
  5. 田辺市 45
  6. 尼崎市 37
  7. 和歌山市 34
  8. 八幡浜市 32
  9. 洲本市 30
  10. 徳島市 30
  11. 松山市 30
  12. 天理市 29
  13. 浜松市 22
  14. 京都市 21

ノーマークだった三田市が4位に食い込みました。私は三田、八幡浜、天理には行ったことがありません。高松には何度か行ったことがあり宿泊もしていますが、モータープールの存在には気づいていませんでした。

洲本は短時間の滞在であり、駐車場とは無縁のアーケードを歩いたために気づかなかったものと思われます。そのほかの奈良、神戸、田辺、和歌山、徳島、松山、浜松、京都では、モータープールの看板に気づいていました。

老舗で大規模な駐車場がモータープールを名乗ったことによって、その地域の後発の中小がこれに倣った可能性はありそうです。また、特定の不動産業者が積極的にモータープールという名称を使いたがったのではないかという疑いもあります。

実は、このMAPを展開する前に予備的に調べたのは姫路でした。姫路でモータープールがそれなりに見つかっていれば、私は分布を知りたいとは思わなかったことでしょう。

倉敷や津山のモータープールには気づいていました。姫路にあれば、京阪神とつながります。加古川(加古川市)と旭川(岡山市)の間の瀬戸内海沿岸部では姫路に1か所しか確認できませんでした。

2018/01/08現在の自治体別ランキング

長州出島のモータープール

2016年9月に登記簿が閉鎖された関門モータープール株式会社という法人があったようです。登記上の本店所在地は山口県下関市長州出島です。Google Earthプロの画像では、埋立地の右下に乗用車が並んでいます。

輸出待機用の車両置場だろうと思われますが、ストリートビューは橋の手前で途切れており、埋立地には届いていません。橋の入口には「関係者以外の立入を禁止します」との下関市港湾局の看板が掲げられています。

ストリートビュー・カーは関係者ではなかったということでしょう。橋の向う側が埋立地の長州出島で、その沖合に見える島影は位置関係から日本書紀にも登場する六連島(むつれじま)と思われます。

埋立地の中古車の輸出先は当初はアフリカだったようですが、韓国との間に定期航路もあるようです。関門モータープール株式会社さんがどちらに関与していたのかはわかりません。

長州出島は1995年から工事が始まり、2006年に一部供用開始となったそうですが、2008年に始まった下関海響マラソンのコースに組み入れられています。ランナーとして「関係者以外立入禁止」のエリアに堂々と入れるようです。

高低差50mの彦島大橋と高低差40mの出島大橋を往復で渡るという厳しいコースですが、10年目の今年はフルマラソンで1万人規模の大会だったようです。

なお、You Tubeを「長州出島」で検索すれば、クルーズ船入港の動画で長州出島のモータープールの様子を窺うことができます。

モータープール協会

「モータープール協会」でGoogle検索すると、いくつかの任意団体もしくは一般社団法人がヒットします。いずれも大阪市内またはその周辺自治体です。

  • (大阪市)西区モータープール協会
  • (東大阪市)布施モータープール協会
  • (大阪市)住之江交通安全協会モータープール部会
  • (大阪市)平野交通安全協会モータープール部会
  • (大阪市)東成モータープール協会
  • (大阪市)浪速区モータープール協会
  • (岸和田市)岸和田交通安全協会モータープール部会
  • (大阪市)住吉交通安全協会モータープール部会
  • (大阪市)西成区モータープール協会
  • (尼崎市)尼崎市モータープール協会
  • (東大阪市)河内モータープール協会
  • (大阪市)東淀川交通安全協会モータープール部会

これらは、他の地域では「自家用自動車協会」や「駐車場部会」あるいは「自家用自動車部会」に置き換えることができるようです。ほぼ警察署単位で設置されているところがミソです。

東大阪市は1967年に布施市、河内市、枚岡市が合併して成立していますが、警察署は布施署、河内署、枚岡署が残っており、わずかな例外はあっても旧市域を管轄しています。

大阪府松原市の行政書士さんのWebサイトには、こんなふうに記載されています。

なお、大阪市の都島区では交通安全協会内モータープール部会というこの種の会がありますが、ここは書類の発行だけでなく警察署への提出までしてもらえます。
そして車庫証明の交付予定日には電話で連絡までしてくれるという、なかなか珍しいサービスまでありました。

都島交通安全協会には自家用自動車部会はありますが、モータープール部会の存在を確認することはできませんでした。かつてはモータープール部会の名称だったのかもしれませんし、単純によそとの混同なのかもしれません。

さて、ストリートビューで西成交通安全協会を訪ねようとしたところ、Google Mapでは交通安全協会の向かい側に「お花畑」なるものが表示されます。

「お花畑」とは、いったいどういうところなのか気になります。ストリートビューで覗いてみると、本来の「お花畑」でした。一周すると、ぬいぐるみが有刺鉄線から顔と足を出しています。後頭部と腹部に有刺鉄線が食い込んでいるわけです。

埋め込んだのは2016年5月撮影のストビューです。誰が何のために置いたのかナゾですが、左肩に缶ビールを、右手には焼酎を抱えていることから、正面の酒屋さんかその客によって据えられたのかもしれません。

「お花畑」区画の西側の小屋にも、2014年4月から2016年5月にかけて、2~3体のぬいぐるみが置かれていたようですが、2016年8月のストビューでは撤去されています。

ユニバーサル野球協会

歌詞掲載部分につき、サブブログへの移転を完了しました。ひょっとすると、まだ残っているかもしれませんので、再度チェックしたいと考えています。せっかくですから、タグについても調整していきます。

なお、サブブログについてはJUGEMからの乗り換えも視野に入れたいと考えています。もともと、あまり使い心地がよくなかったために、「2代目」から「3代目」へ切り替えた経緯があります。

こうした事情で、「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」は処理を急ぎたい曲を年内にあと2~3曲追加するだけにとどめたいと考えています。年が明けてから移転先を検討します。

さて、「ユニヴァーサル野球協会」(新潮文庫or白水社Uブックス)という小説があります。著者はロバート・クーヴァーです。固有名詞の多さに辟易する小説です。主人公はサイコロで架空の野球団体の試合を展開します。

高2の冬だったと記憶しています。私の前の席にはレアな大洋ホエールズファンが座っていました。当時、日本シリーズの常連だったのは阪急ブレーブスです。阪急なら私でもオーダーやローテを組むことができます。

私たちはサイコロではなく鉛筆を転がして、後身球団でもまだ実現していない阪急VS大洋の日本シリーズを楽しんだのでした。当初は六角柱の鉛筆を2回転がしていただけでしたが、試合を重ねるごとにオプションが充実していきました。

たとえば、シングルヒットの場合の二塁走者の扱いです。攻撃側は本塁を狙うかどうかの選択権を持ち、狙う場合はもう1回鉛筆を転がすことができます。1~3なら得点、4~6なら本塁アウト(一塁走者は三塁へ)だったはずです。

面白くなるように自分たちでルールを変えていくわけですから、のめり込んでいくのは当然のことです。福本と高井の盗塁の成否が同じ確率というのは納得できませんが、意外性・偶発性を排除しすぎるとつまらなくなります。

2009年2月にヒトカラ・デビューした私は、同年7月から月ごとの採点結果を集約して、ベストナインを決めるようになりました。やがて、月ごとの集計は曲数による集計に変わりました。

私が選曲して私が歌っているだけのことですから、とくに名前など必要としていませんが、8チームでユニヴァーサル野球協会のひそみに倣って「ヒトカラ選手権」と呼ぶことにします。

完全な後づけになりますが、過去のページについてもこの名称を加えていきます。