長浜市南端にある長浜北と長浜北星

滋賀県立長浜北星高校のWebサイト「沿革」のページから、気になる部分を抜き出してみました(元号を西暦に置き換えています)。

  • 1924/04/10 「長浜町立長浜商業学校」設立
  • 1930/04/01 「滋賀県立長浜商業学校」と改称
  • 1944/04/01 「滋賀県立長浜工業学校」併設
  • 1948/03/31 「滋賀県立長浜工業学校」が廃止
  • 1948/04/01 「滋賀県立長浜南高等学校(商業、農業課程)」が設置
  • 1948/08/25 普通課程を設置、商業課程を「滋賀県立長浜北高等学校」に移転
  • 1948/09/18 定時制商業課程を「滋賀県立長浜北高等学校」に新設
  • 1949/04/01 県下公立高等学校編成替により、「滋賀県立長浜高等学校南校舎」と改称
  • 1950/04/01 平方町に新校舎完成。これを「南校舎」と称し、従来の「南校舎」を「中校舎」と改称し、全日制(普通、商業課程)定時制(商業課程)を設置
  • 1951/04/01 全日制工業課程(紡織科)を新設
  • 1952/11/15 校名を「滋賀県立長浜西高等学校」と改称
  • 1953/04/01 全日制工業課程に女子工芸科を新設
  • 1961/04/01 「滋賀県立長浜商工高等学校」と校名変更し、紡織科・繊維化学科・女子工芸科を繊維工業科に改編し、電気科の新設
  • 1998/04/01 全日制課程を総合学科に改編「滋賀県立長浜北星高等学校」に校名変更

記述不足ですので整理します。長浜北星の校名は次のように変更されています。

  • 1924年 長浜町立長浜商高
  • 1930年 滋賀県立長浜商高(県立移管)
  • 1948年 滋賀県立長浜南高(商→南)
  • 1949年 滋賀県立長浜高 南校舎(長浜北と統合)
  • 1950年 滋賀県立長浜高 中校舎
  • 1952年 滋賀県立長浜西高
  • 1961年 滋賀県立長浜商工高
  • 1998年 滋賀県立長浜北星高

1950年前後に「南校舎」や「中校舎」と呼ばれていたのですから、「北校舎」があるはずです。「北校舎」は1911年に高等女学校として開校した長浜北です。統合は長く続かず、1952年には北高と西高に再分割されます。

赤が中校舎(1952年当時の長浜西高校)で青が北校舎(当時の長浜北高校)です。北と西の位置関係はいたって妥当です。その後、1976年には緑の位置に長浜高校(2代目)が開校します。

さて、不幸の1つ目は「長浜北星」の名称です。なぜ「北星」なのでしょうか? 同校Webサイトの「学校長挨拶」のページに次のような記述があります。

本校校章には、天球に燦然と輝く北極星のごとく、若者たちの長い人生を生き抜く指針が与えられる高校に、湖北の希望の星と讃えられる高校になるようにとの願いが込められています。

それはそれで立派な理念でしょうが、「長浜」と「長浜北」がある以上、わざわざ「長浜北星」と名付ける必要はなかったのではないかと思わなくもありません。やがて、2つ目の不幸が訪れます。

長浜市は2006年に北の2町と合併し、2010年にはさらに北の6町を編入します。その結果、人口で滋賀県3位、面積では滋賀県1位となりました。旧・長浜市はその南端に位置しています。「長浜北星」から米原市との境界まで約3kmです。

3つ目の不幸は青の「長浜北」と緑の「長浜」が2016年に統合され、統合後は「長浜北」を名乗ったことです。歴史の長いほうが浅いほうを飲み込むのはよくあることです。そして、新・長浜北は緑の校舎を使うことになりました。

2度の合併により長浜市の市域は北に大きく広がりました。今は福井と岐阜の両県に接しています。南北は約40kmあります。その長浜市の南端に「北高校」と「北星高校」が共存しています。もともと赤と緑は市街地の南側でもあります。

いつか誰かがどこかで、(究極的にはどうでもいい)この疑問を抱くに違いありません。だとすれば、書き留めておく価値がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA