台風21号通過後に壊れた蒲生田岬の風速計

四国最東端は徳島県阿南市の蒲生田岬です。原発誘致を白紙撤回した頃は「がもうだ」と報道されていたように私は記憶していますが、徳島県観光協会や阿南市のWebサイトでは「かもだ」岬です。

領海法や瀬戸内法では、この蒲生田岬(紀伊水道)まで瀬戸内海の範囲に入ります。蒲生田岬の風速・風向計が機能不全に陥ったのは台風24号ではなく、停泊中のタンカーを関空連絡橋に激突させた台風21号です。

蒲生田岬のアメダスの最大瞬間風速は、2018年9月4日7時20分に20m/sを、9時50分に30m/s、10時40分に40m/sを超えます。ピークは11時20分の48.8m/sで、蒲生田における去年の最大値です。

蒲生田の最大瞬間風速は12時00分には30m/sに下がり、20m/s台の最後は15時30分です。20時10分以後は10m/s前後で落ち着いていましたが、日付の変わった5日の0時40分を最後に風速・風向の記録が途絶えます。

復活するのは9月7日の早朝4時20分です。はたして夜間作業で対応しなければならないほどのことなのだろうかと思わなくもありません。道路や鉄道が寸断されたわけではありません。たかが風速計です。

たとえ復旧が翌日の夕方になったとしても、誰も文句は言わないでしょう。故障の内容も復旧作業の内容もわかりませんが、高さ10mの風速計であるからには、高所作業を伴うものでしょう。

さて、私が訪れた時代にはありませんでしたが、岬には「波の詩(うた)」と題するハート型のモニュメントが設置されています。埋め込んだのは2012年8月撮影のストビューです。