台風の上陸地MAP

2004年台風22号の勢力の推移は次のようなものでした。左から日付、時刻、中心気圧(hPa)、暴風域(km)です。

  • 10/8 00:00 925 150
  • 10/8 03:00 920 150
  • 10/8 06:00 920 150
  • 10/8 09:00 920 150
  • 10/8 12:00 920 150
  • 10/8 15:00 920 150
  • 10/8 18:00 920 150
  • 10/8 21:00 925 150-130
  • 10/9 00:00 930 130-110
  • 10/9 03:00 935 130-110
  • 10/9 06:00 940 110-90
  • 10/9 09:00 945 110-70
  • 10/9 12:00 950 110-70
  • 10/9 15:00 950 110-60
  • 10/9 16:00 950 110-60(伊豆半島上陸)
  • 10/9 17:00 965 100-50(三浦半島通過)
  • 10/9 18:00 980 90-40(千葉市再上陸)
  • 10/9 21:00 985 70-40

この進路を地図に反映させると次のようになります。今回の台風19号の予想進路とほぼ重なるはずです。上陸時の中心気圧もほぼ同じだと思われます。

2004年台風22号の進路(Google Earthプロ)

2004年台風22号の人的被害は死者・行方不明者で計9名で、住戸被害は一部損壊や床下浸水を含めて1万3000戸ほどです。2004年台風22号と今回の台風19号の決定的な違いは暴風域の広さです。

11日21:50発表の暴風域は東側370kmで西側280kmです。上陸時には250-200kmぐらいに狭まるのでしょうが、それでも2004年台風22号の倍です。面積では4倍になります。

もう1つの懸念は大潮と重なっていることです。幸いにも満潮には重なりませんが、23区東部で浸水被害が発生すると100万人規模の孤立が発生する可能性があります。もちろん、この全員を収容する施設などありません。

接近には間に合いませんでしたが。「台風の上陸地MAP(2001年~」を作成していますので公開します。