熊谷か多治見か、日本一はどっち?

日本における最高気温は長らく山形の40.8℃でした。1933年7月25日に記録されています。太平洋には高気圧が、日本海には台風があり、フェーン現象がもたらした特異値だったはずです。

74年間守られた記録は、2007年8月16日に熊谷と多治見の40.9℃で塗り替えられます。2013年8月12日には伏兵・江川崎が41.0℃で更新、今年の夏は東の横綱・熊谷が41.1℃で1位に返り咲きました。

熊谷の観測地点は熊谷地方気象台です。県庁所在地に地方気象台(または管区気象台)がないのは、埼玉のほかに千葉(銚子)、滋賀(彦根)、山口(下関)の4県です。浦和や大宮では東京に近いため熊谷に設置されたものと思われます。

一方、多治見の観測ポイントは舗装された駐車場の脇にあるようです。北東側は高速道路の法面であり、西側の隣接土地にはブロック基礎の倉庫のような平屋建ての建物があります。

この倉庫?の空調室外機は幹線道路側に向けられていますので、直接に影響を受けることはないのでしょうが、熱がこもりやすいのではないかと思える立地ではあります。

観測施設が設置された後に倉庫?が建てられたはずですが、観測施設に隣接する民有地に建築制限をかけるような法令はないはずです。これはこれで受け入れるしかないのでしょう。

では、日本一暑い観測地点はどちらなのか、いくつかの数値で比較してみます。ちなみに、熊谷気象台は市街地にあり標高は30m、地形的には荒川の扇状地です。多治見は盆地で観測点の標高は120mです。

2008~2017年の最高気温

  • 37.3、36.8、38.1、39.8、37.8、39.3、38.8、38.6、37.3、37.8(熊谷)
  • 39.037.639.4、38.1、38.539.539.339.939.7、36.5(多治見

2009~2018年の7月の日最高気温平均

  • 30.1、32.6、33.0、31.5、32.0、31.3、31.6、30.4、32.8、34.5(熊谷)
  • 30.833.2、32.9、31.933.832.8、31.5、32.533.535.3多治見

2009~2018年の8月の日最高気温平均

  • 30.8、34.8、32.0、35.2、33.9、31.7、31.4、32.3、30.5、34.0(熊谷)
  • 32.935.033.7、34.8、35.5、31.7、33.935.233.535.6多治見

2009~2018年の7月の日最低気温平均

  • 22.323.323.3、22.4、22.622.422.8、22.0、23.924.6熊谷
  • 22.0、22.7、22.2、22.4、22.4、21.7、22.1、22.0、23.0、23.9(多治見)

2009~2018年の8月の日最低気温平均

  • 22.3、25.223.324.324.023.223.423.523.124.0熊谷
  • 22.3、24.5、23.2、23.0、23.0、22.8、23.2、23.1、23.0、23.8(多治見)

▼以下、2018年については10月末現在です。

2009~2018年の夏日

  • 128、134、129、132、145、132、133、129、136、141(熊谷)
  • 153147144153158145158156146152多治見

2009~2018年の真夏日

  • 53、85、75、77、70、60、61、67、64、76(熊谷)
  • 81908485997866878790多治見

2009~2018年の猛暑日

  • 04、41、26、32、23、19、20、08、11、37(熊谷)
  • 10、38、27、26、33、15、25271639多治見

2009~2018年の熱帯夜

  • 03301515101120051629熊谷
  • 01、13、02、04、05、03、06、02、04、16(多治見)

安定的に暑いのが多治見、ツボにハマると怖いのが熊谷ということになりそうです。そして、盆地の関係で寒暖差の激しい多治見の夜は比較的過ごしやすいようです。

WPFront Scroll Top

再開できる環境が整ったように思われますが、まずは新たに導入したプラグインから。本日公開した固定ページ「2018年夏・猛暑の記録」はかなり長いページになりましたので、ページトップへの戻るボタンが必要です。

Javascriptとcssでスクロールトップのボタンをつくることもできるようですが、今は余裕がありませんので、プラグインに頼ることにしました。

とくにこだわりがない限り、もっともオーソドックスなものを選ぶのが無難でしょうから、「WPFront Scroll Top」を導入しました。プラグインを導入したときは、あとで困らないようにその旨をメモとして残しておくルールだったように覚えていますので、ここから話を展開させます。

さて、私は去年5月と今年1月にあるアクシデントに巻き込まれていました。ある意味では自業自得とも言えますが、これらはかなり貴重な体験であり、Web上でもなかなかお目にかかれない性質のものです。

時さえ来れば、これらの「事件」を詳細に記述するつもりですが、その「時」を計算すると東京オリンピックの頃になります。それまでは慎重に封印を決め込むことになります。

で、ひょっとするとこのアクシデントには、次のラウンドがあるかもしれません。私は主導権を握っている立場ではありませんので、これは予測不可能です。次のラウンドはない可能性のほうが高いと踏んでいますが、あると今まで以上に厄介です。

ニュルブルクリンクの魔物

今年に入ってからYou Tubeにあがっていたロードレース(自転車)の動画を見ていました。そのついでに、どうしても見たくなったのが、F1のかなり荒れたレースでした。有力ドライバーが次々と脱落し、最後はベテランが制したレースです。

2000年前後、雨のいたずら、ヨーロッパのコース、という漠然とした記憶しかありません。最初はシルバーストーンで探してみましたが、該当するレースはありませんでした。

1999年9月の第14戦、ドイツのニュルブルクリンクで開催されたヨーロッパ・グランプリこそが、私が見た中でもっとも面白かったF1のレースです。当時は全16戦でしたので、第14戦を含めて残り3戦です。

ポイントは、1位10P、2位6P、3位4P、4位3P、5位2P、1位1Pで与えられます。第13戦までのドライバーズ・ポイントは次のとおりでした。まだ、4人に優勝のチャンスがあります。

  • 60P ハッキネン(マクラーレン)予選3位
  • 60P アーバイン(フェラーリ)予選9位
  • 50P フレンツェン(ジョーダン)予選1位
  • 48P クルサード(マクラーレン)予選2位

フレンツェンは無限ホンダ初のポールポジションで、ハッキネンの7戦連続ポールを阻みました。ジェネ(ミナルディ)のトラブルでスタートはやり直しとなり、再スタートでハッキネンが2位に浮上します。

1コーナーで予選7位のヒル(ジョーダン)がスローダウン、予選11位のヴルツ(ベネトン)がヒルをかわそうとして予選13位のディニス(ザウバー)と接触、ディニスのマシンは裏返しになります。

この事故でセーフティーカーが入り、レース7周目に再開します。ニュルブルクリンクの魔物はしばらく息を潜めます。雨が降り始めた17周目の上位陣は次のとおりです。

  • 17周目1位 フレンツェン(ジョーダン)50+10
  • 17周目2位 ハッキネン(マクラーレン)60+6
  • 17周目3位 クルサード(マクラーレン)48+4
  • 17周目4位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+3
  • 17周目5位 アーバイン(フェラーリ)60+2
  • 17周目6位 フィジケラ(ベネトン)13+1

このまま終われば年間チャンピオン争いからクルサードが脱落して、ハッキネンからフレンツェンを挟んでアーバインまで3者が6ポイント差という熾烈なデッドヒートになります。

フェラーリのピットにはレインタイヤが用意されていたもののアーバインがドライタイヤを要求したため、右リアタイヤが間に合わずピットストップが28秒というロスが生じたのでした。

また、20周目にいち早くレインタイヤに履き替えたハッキネンは、雨が上がり路面が乾くにつれて徐々に後退し、ドライタイヤに戻したときには周回遅れになってしまいます。

  • 26周目1位 フレンツェン(ジョーダン)50+10
  • 26周目2位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+6
  • 26周目3位 クルサード(マクラーレン)48+4
  • 26周目4位 フィジケラ(ベネトン)13+3
  • 26周目5位 バリチェロ(スチュワート)15+2
  • 26周目6位 トゥルーリ(プロスト)1+1

このまま終われば、3人が60ポイントで並び、クルサードも52ポイントです。ラルフのピットイン後、クルサードは2位に上がります。1位10ポイントで2位6ポイントですから、第15戦と第16戦を連勝すれば6ポイント差は自力で逆転できます。クルサードの2位確保には大きな意味があります。

33周目、トップのフレンツェンと2番手のクルサードが同時にピットイン。フレンツェンはトップのままコースに復帰したものの電気系のトラブルによって1コーナーの先でストップし、リタイアします。

  • 34周目1位 クルサード(マクラーレン)48+10
  • 34周目2位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+6
  • 34周目3位 バリチェロ(スチュワート)15+4
  • 34周目4位 フィジケラ(ベネトン)13+3
  • 34周目5位 ハーバート(スチュワート)2+2
  • 34周目6位 ヴィルヌーヴ(BAR)0+1

これでクルサードがトップに立ち、そのままゴールすれば10ポイント獲得です。フレンツェンの0ポイントは確定し、ハッキネンとアーバインも入賞圏外ですから、このまま終われば、残り2戦で2ポイント差に3人がひしめく大混戦です。

35周目、再び雨が強く降り始め、挙動を乱すマシンが出てきます。ニュルブルクの
魔物はまだ手を休めません。37周目、クルサードがコースアウトしてリタイアします。

  • 40周目1位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+10
  • 40周目2位 フィジケラ(ベネトン)13+6
  • 40周目3位 ハーバート(スチュワート)2+4
  • 40周目4位 トゥルーリ(プロスト)1+3
  • 40周目5位 バリチェロ(スチュワート)15+2
  • 40周目6位 ヴィルヌーヴ(BAR)0+1

7位まで上がっていたアーバインはレインタイヤに変えますが、これが裏目に出ます。ラルフがピットインした45周目にはもう路面は乾き始めました。ラルフのピットインで1位を奪ったのはフィジケラでした。

  • 47周目1位 フィジケラ(ベネトン)13+10
  • 47周目2位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+6
  • 47周目3位 ハーバート(スチュワート)2+4
  • 47周目4位 トゥルーリ(プロスト)1+3
  • 47周目5位 バリチェロ(スチュワート)15+2
  • 47周目6位 バドエル(ミナルディ)0+1

フィジケラは勝てば初優勝です(本当に勝っていればベネトン最後の優勝でした)。ミナルディのバドエルが6位入賞圏内です。ミナルディの入賞は1995年最終戦以来ありません。このまま終わっても十分に「波乱」です。

49周目、アーバインを周回遅れにしたフィジケラがコースアウト、タイヤバリアで
ステアリングを投げ捨てたフィジケラは、外に出たあと金網にもたれたまま顔を上げません。これで、ラフルが再び1位となります。

ラルフが勝てば初優勝を地元で飾ることになります。ニュルの魔物はまだ牙を研いでいました。フィジケラのリタイア直後、ラルフは右リアをバーストして大きく後退します。6位に浮上していたアーバインはレインタイヤをドライに履き替えるために3回目のピットインです。

  • 60周目1位 ハーバート(スチュワート)2+10
  • 60周目2位 トゥルーリ(プロスト)1+6
  • 60周目3位 バリチェロ(スチュワート)15+4
  • 60周目4位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+3
  • 60周目5位 ヴィルヌーヴ(BAR)0+2
  • 60周目6位 ジェネ(ミナルディ)0+1

このあと、ヴィルヌーヴがリタイア(完走扱い)して、アーバインが6位、ハッキネンが7位に浮上します。64周目、アーバインの左フロントがロックして、競っていたハッキネンが6位に上がり、ハッキネンは最終周回でジェネもかわして4位に食い込みます。

  • 1位 ハーバート(スチュワート)2+10
  • 2位 トゥルーリ(プロスト)1+6
  • 3位 バリチェロ(スチュワート)15+4
  • 4位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+3
  • 5位 ハッキネン(マクラーレン)60+2
  • 6位 ジェネ(ミナルディ)0+1

ハーバートは4年ぶりの優勝、スチュワートとしては3年目の初優勝です。翌年からジャガーに引き継がれましたので、最後の優勝でもあります。もちろん1-3フィニッシュも初めてです。

F1参戦3年目のトゥルーリは初めての表彰台で、2回目は2003年ドイツまで待たなければなりません。プロストチームの2位は2年ぶり2回目(最後)で、プロスト・プジョーとしてはこの1回きりです。

3位に入ったバリチェロは翌年からフェラーリに移籍し、ミハエル・シューマッハとともに黄金時代を築きます。なお、ミハイルはこの年のイギリスグランプリで負傷して欠場中でした。

結果的に第15戦はアーバイン優勝でハッキネン3位、第16戦はハッキネン優勝でアーバイン3位でしたので、荒れた第14戦のラスト2周でハッキネンが奪った2ポイントは重かったわけです。