「わたし」と「あたし」

精密DX-Gによる第112回ヒトカラ選手権の予選第1ラウンドが終わりました。97点オーバーは「パステルラヴ」、「いい日旅立ち・西へ」、「ひまわりの丘」、「三枚の写真」、「M」の5曲でした。

96点台後半が「秋の気配」、「七色のスターダスト」、「キミノアト」、「揺れる想い」、「君への道」、「さらば恋人」です。入賞ラインは97点台中盤、イチ抜けラインは98点台に落ち着くものと思われます。

ラスト31曲目に歌った堺正章「さらば恋人」は、どうやらヒトカラでは初めて歌った曲のようです。精密2の時代の記録を調べたところ、「街の灯り」は見つかりましたが、「さらば恋人」は入っていませんでした。

はるか昔にタカラで歌った記憶があります。この趣味を始めてもう10年近くになるというのに、そんな曲がまだ残っていたとは意外です。初めて歌って96点台後半なら、今シリーズのうちに98点台に届くかもしれません。

さて、DX-Gですからエントリー曲について今回も縛りはかけませんでしたが、次回の精密DX無印では「自己ベスト91点台の曲」縛りとし、その次は「ビブラート8/10を出したことのある曲」縛りとします。

今回のエントリー曲は第110回を一部差し替えただけです。春を待つ曲である「東京メルヘン」をこの季節に歌うのは、さすがに気が引けます。で、「東京メルヘン」については、同じ木之内みどりの「横浜いれぶん」に差し替えました。

1976年11月発売の「東京メルヘン」では一人称名詞である「私」が3回出てきます。

▲2017/12/10 歌詞掲載部分を削除しました。「わたし」と「あたし」については、サブブログ「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」でフォローしていきます。→「【あたし】横浜いれぶん/木之内みどり/1978年」

30曲目に歌った有安杏果「心の旋律」には、歌詞表示がひらがなの「あたし」が6か所あります。ブルーレイ付属のライナーノートでも、ひらがな表記で「あたし」です。

女性曲を歌うことの多い私にとって、この「わたし」と「あたし」は非常に興味深いテーマの1つです。ビジネスメールでの「あたし」はNGでしょうが、書くときは「私」でも口にするときは「あたし」というケースは多いはずです。

1970年代の「わたし」と「あたし」には、かなり隔たりがあったように私は理解しています。「わたし」のほうがある意味で上品であり、「あたし」は良く言えば庶民的です。

1980年代初頭の少女漫画「いつもポケットにショパン」で、主人公の須江麻子が幼馴染の緒方季晋と電話で会話するシーンがあります。ケータイ電話など想像すらしていなかった時代の物語ですから、もちろんイエ電です。

緒方季晋は麻子と麻子の母親である須江愛子の声が似ていること、麻子は「あたし」と言い、愛子は「わたし」と言うことから、電話口でも両者を区別できることを指摘します。

私が「わたし」と「あたし」を気にし始めた最初のきっかけかもしれません。

 

川嶋あいの「旅立ちの日に…」でも、DAMの歌詞表示は「私」に「あたし」のルビがあり、音源を聴いても「あたし」と歌っています。このテーマは今後も定期的に扱い、最終的には固定ページに集約したいと考えています。

(1)時代とともに「あたし」派が増えてきた。ただし、公私で使い分けられていることが多い、(2)「あたし」は西日本ほど勢力が強い、という仮説を掲げておきます。

「2016年入賞曲」をうp

「2016年入賞曲」のページを公開しました。かなりのボリュームになりましたが、1年ごとにまとめることにします。まだ、もう少しだけ加えることがありますので、さらに肥大化しますが…。

さて、もう10日ほど前のことですが、一度は行きたかった「ベスト10」という店舗に行ってきました。ユニークなシステムです。

個人的には10番目の24時間営業というのが嬉しい話です。私はできれば午前中で終わらせたいと考えているからです。ヒトカラーにとって嬉しいのは5番目だろうと思われます。

ワンオーダーが必須ではない快活クラブやヒトカラ専門店もありますが、一般的なカラオケ店舗はワンオーダー制です。あまり健康的とは言えないメニューから選ばなければなりません。

私は近所のセブンイレブンで買ったペットボトルとカットメロンを持ち込みました。受付をクリアしたヒトカラーにとっての最大の難所は、店員がドリンクなりフードなりを運んできたときにどう対処するかという点です。

歌うのをやめると恐縮させることになりますから、私は淡々と歌い続けます。ただし、選曲については考慮しないわけでもありません。基本的には無難な曲でお出迎えすることになります。

ドリンクバーやトイレに行くときなど、タイミングを見計らってドアの横で待機している店員を見かけることもあります。この店のシステムなら、お互いに気を使わなくてもいいわけです。

8番目に「365日一定料金」とありますが、レジにはお盆料金設定のお知らせがありました。まあ、目くじらを立てるようなことでもありません。

「2017年入賞曲」をうp

旧「セットポジション」には「観戦試合一覧」のページがありました。年月日と球場と最終スコアだけを羅列したものです。数年分蓄積されたそのリストは私以外には利用価値はなさそうなものですが、意外に読まれていました。

これから順次整備していくことになりますが、この「入賞曲」のページはいわば「観戦試合一覧」に匹敵するのかもしれません。

今日は久しぶりに近所の11:00開店の店に行ったわけですが、ここはランチ付きで1000円ポッキリというリーズナブルなカラオケ店舗です。冷暖房付きの個室に1人で3~4時間こもって野口英世1枚で済むのですから抜群のコスパです。

通された部屋は今年の冬まではLIVEDAM無印の部屋だったはずですが、STADIUMに変わっていました。まだ絶滅危惧種とまでは行きませんが、なかなか無印に当たらなくなりました。

DAMのマシンでは、メニュー→オススメ→ここだけ採点ランキング→精密採点DX(-G)で、その部屋の最近3か月の上位10曲を見ることができます。まれに同一曲の100点で埋まっていることもあります。

今日の部屋は1位が92点台でした。私は10曲で10位まで完全に埋めたことがまだありません。今日の選曲では93点台が1~2曲あっても92点台はまず出ないはずです。なにしろ決勝ラウンドです。

新しい扉を開くことができるのかと思いきや、5曲目の「揺れる想い」がまさかの87点台でした。音程73%でしたから、フラットの状態が続いたものと思われます。5曲目に歌ったということは予選5位だったのですが…。

結局、11曲目の「ラヴ・イズ・オーヴァー」で10位まで埋めることができました。11曲で埋めたのは3回目です。次のチャンスは当分巡ってこないものと思われます。最終的にはこうなりました。

決勝ラウンドでは、15曲を同じ順番、同じキー、同じバージョンで2回歌うことにしています。今日の前半はトーンコントロールを「ロック」に設定し、後半は「演歌」に設定しました。

予選11位の「ラヴ・イズ・オーヴァー」が今シリーズ3位に躍り出て、イチ抜けを果たしました。最終日の逆転は比較的よくあるケースですが、圏外の11位から逆転したのはおそらく初めてのことです。

さて、「賽は投げられた」のページにストリートビューを埋め込んでみました。今ではマスカットスタジアムに行く途中でカエルの鳴き声を聞くことはないのでしょう。

実現するのは2年ぐらい先になりそうですが、私にはある企みがあります。忘れないように書き留めておきます。今回が最初の布石というわけです。

というわけで、今後もストリートビューを埋め込むページが増えるはずです。野球とカラオケだけで終わらせるつもりはありません。

そのストリートビューですが、Twenty Sixteenのビジュアル画面ではセンタリングができませんでした。やや強引な手法でセンタリングしましたが、これでよかったのかどうか検証が必要です。

「イチ抜け曲の一覧」のページをうp

「イチ抜け曲の一覧」のページをうpしました。第3階層のページです。次は第2階層のページを作成して、サイト全体の構成を整えていくことになります。

プラグインのページ内目次を設置してみましたが、たいした需要はないであろう個人的なページですから、統一性より機能性を優先させて、自前のページ内目次にしました。

さて、少し悩んでいることがあります。パンくずリストを自動生成してくれるプラグインがあるようですが、これを導入するかどうかという問題です。

自動生成してくれるなら楽に違いないのでしょうが、必ずしもそうではなかろうと私は考えています。自動生成なら「イチ抜け曲の一覧」も「賽は投げられた」もURLを変更する必要があります。

プラグインはURL上の階層を反映してパンくずリストを自動生成するはずだからです。URLを変えるということは、これまでのテキストリンクも変更しなければならなくなるわけです。

いわば一長一短であって、あちらを立てればこちらが立たずの状態なのだろうと認識しています。私としてはもう少し熟慮したいと思っています。

旧「セットポジション」はURL上は2階層でした。今回は3階層目を使うつもりではいますが、一度公開したページのURLを変更するほうが煩わしいように思えますので、プラグインは導入しない方向に傾いています。