ボートのあるモータープール

和歌山県立神島高校Webサイトの「沿革」には、クラス編成の変遷も記されています。縮図のようにも感じましたので、表をつくってみました。

1948年の学制改革で旧制中学相当の市内4校は田辺高校に一本化されますが、1956年に商業科3クラスと商業家庭科2クラスで田辺商高が独立します。

田辺商高→神島高のクラス編成

1979年には普通科が併設され、1995年には商業系再編で「商業科」はなくなります。2005年にも学科の再編があり、翌2006年に現校名となります。ピーク時には11学級だったのに、約20年後の今はほぼ半減の6学級です。

田辺は和歌山第2の都市です。学校の数自体が減っている中で商業高校を名乗りながら存続できるのは、それこそ1県1~2校のレベルなのでしょう。新しい高校名となった神島は南方熊楠で有名な無人島の名前です。

海沿いにある高校からの距離は約2kmです。YouTubeには熊楠顕彰館による空撮動画がありましたので埋め込んでおきます。島そのものが天然記念物で、上陸には教育委員会の許可を要するということです。

さて、田辺と言えば私にとってはモータープールの名産地ですが、神島高校付近ではあまり見当たりません。「月極駐車場」や「月極め駐車場」の看板ばかりでした。新たに見つけたのは1か所だけです。

2017年11月のストビューです。駐車場の奥に見えるのは車ではなくボートです。海に近いからこその光景ですが、最初に見つけたモータープールがもしここなら、なんとなく納得したのかもしれません。

沖縄のモータープール見当たらず

先日、和歌山県田辺市内を車で通ったとき、名称なしで「当モータープールは月極専用駐車場です」の看板が掲げてある平場の駐車場を見かけました。だから行ったわけではありませんが、田辺はモータープールのメッカです。

すでに田辺では50施設以上の駐車場を「モータープールMAP(大阪以外)」に落とし込んできましたが、このパターンは記憶にありません。早速チェックしてみたら、案の定「新種」でした。

1/8現在で、「モータープールMAP」に反映した貸駐車場の数を自治体別に数えると次のようになります。まず、都道府県別です。大阪はこの合計よりも多くなるはずです。

  1. 兵庫 288
  2. 奈良 270
  3. 和歌山 125
  4. 愛媛 86
  5. 香川 68
  6. 京都 33
  7. 徳島 30
  8. 静岡 29
  9. 東京 28

市町村別では次のとおりです。大阪はダントツの1位でしょうが、大阪市以外の大阪府下の市町村が10位以内に入ってくるかどうかはかなり微妙だろうと私は考えています。

  1. 奈良 157
  2. 神戸 108
  3. 高松 62
  4. 田辺 56
  5. 三田 50
  6. 尼崎 37
  7. 和歌山 36(他に駐輪場1)
  8. 八幡浜 32
  9. 洲本 31
  10. 徳島 30
  11. 松山 30
  12. 天理 29
  13. 京都 23(他に駐輪場1)
  14. 浜松 22

堺市は人口80万人超の政令指定都市です。田辺の翌日、私は結果的に南海本線の堺駅から南海高野線の堺東駅まで歩きましたが、モータープールは目につきませんでした。数としてはせいぜい尼崎か和歌山並みではないかと踏んでいます。

さて、目下のところのモータープール空白県は佐賀と沖縄のみです。ないわけではなさそうですが、ストリートビューで看板または表札を確認できることが「モータープールMAP」掲載の必要条件です。

ざっと検索してみましたが、この条件をクリアする施設は見つかりませんでした。ただ、不動産業者の中には貸駐車場をモータープールと称して自身のWebサイトに掲載しているところがあります。

沖縄選出の下地幹郎代議士のWebサイトには実父の下地米一・元平良市長について触れたページがあります。この用法の「モータープール」は貸駐車場ではなく車両置場です。業界用語であって一般に浸透しているわけではありません。

米一がはじめたころの個人運送業者たちは、モータープールと呼ばれた駐車場で情報を交換し、仕事を融通しあっていたが、

下地ミキオ オフィシャルサイト>宮古の事業家・下地米一の生涯(2)

下地代議士は今でこそ維新の会所属ですが、宮古島出身の中大卒ですから大阪に縁が深いわけではなさそうです。貸駐車場をモータープールと呼ぶ文化圏で暮らしたことはないはずです。

単に「モータープール」では通じないだろうという判断が「モータープールと呼ばれた駐車場で」の表現になったものと思われます。

茶道発祥の地とは

「モータープールMAP(大阪以外)」に奈良市内11施設、京都市内1施設を追加しました。これで奈良県は270施設、奈良市は157施設を数えて、都道府県別では1位の兵庫に迫り、市町村別では2位の神戸を引き離しました。

12件はいずれも平置きの駐車場でした。まだまだ見つかるはずです。さて、今回追加したモータープールの近くにあったのが「茶道発祥の地」の石碑です。

何をもって「発祥」であると認定したのだろうと思ったわけですが、茶道の祖とされる村田珠光は11歳で出家して、この石碑から120m西にある浄土宗西山派の日輪山称名寺に入ったということです。

村田珠光は20歳になる前には称名寺を出てしまったという話もあります。珠光が茶道の原型を作ったのはその後になるはずです。まあ、あまり深追いしないのが平和なのかもしれません。

京都市上京区にある裏千家・今日庵は表千家・不審庵と隣接しており、武者小路千家の官休庵は南に700mほどです。千利休ゆかりの大徳寺真珠庵は京都市北区です。発祥は別にしてもメッカはやはり京都なのでしょう。

茶道を離れて、お茶そのものの起源にしても、奈良は形勢不利です。中国から持ち込んだお茶を比叡山山麓に植えたとされる最澄は、805年5月に神戸市和田岬に到着し7月に京都に入っています。

一方、最澄と同時期に唐に出発し東大寺や仏隆寺でお茶を栽培したとされる空海は806年10月に博多に着いたものの、大宰府での滞在期間が長く、関西に戻ったのは809年です。

ただし、茶筅については奈良県生駒市高山町が国産シェア90%だそうです。また、荒茶の生産量は京都5位で奈良6位のようです。茶道の確立に関わりのありそうな人物の生没年は次のとおりです。

  • 1394-1481 一休宗純
  • 1397-1471 能阿弥
  • 1423-1502 村田珠光
  • 1436-1490 足利義政
  • 1502-1555 武野紹鴎
  • 1520-1593 今井宗久
  • 1522-1591 千利休

福井市内で6件、西舞鶴で2件のモータープール追加

旅先で見かけたモータープールがあります。福井県庁の北側でした。

モータープールの看板

アスファルト舗装の平置きタイプの駐車場です。1件見つかれば他にもあるはずです。福井市内で計6件を「モータープールMAP(大阪以外)」に追加しました。

ついでに、福井で撮ったレアかもしれない写真を載せておきます。理髪店のサインポールは赤・白・青のフランス国旗(オランダ国旗でもあります)タイプが一般的ですが、なぜかイタリアンなサインポールがありました。

赤・白・緑の理容店サインポール

シルバーゾーンの標識

また、シルバーゾーンの標識はおそらく都道府県単位で異なるものと思われますが、福井でみかけたのは青地に顔と掌でした。

モータープールの看板は西舞鶴でも見かけましたが、こちらは車で通り過ぎただけで写真は撮れませんでした。場所は控えておきましたので、ストリートビューで確認してみました。

フェンスの角に「城北モータープール」と掲げられていますが、「城北モータープール」はフェンス内ではなく、この路地状敷地の奥にあります。フェンス内の駐車場は「三ノ丸モータープール」の名称です。

駐車場入口の左側に同じタイプの看板があります。不動産業者としては、社名と連絡先をアピールできるこの種の看板は無意味なものではないはずです。特定の業者が「モータープール」を好んで使っているのでしょう。

この2件もMAPに追加しています。いずれにせよ、このような平場の小規模な駐車場については、実際に足を運んだりしない限りなかなか見つけられない性質のものに違いありません。

バスプールとタクシープール

あまり一般的ではないのかもしれませんが、「バスプール」あるいは「タクシープール」という呼称もないわけではありません。もっとも有名なのは仙台駅のバス乗り場だと思われます。

先日訪れた高知龍馬空港では、予約していたタクシーが「バスプール」内に待機していました。

ストリートビューで見ると、こんなところになります。

羽田の「バスプール」は観光バスの一時待機場所であって、そこで乗り降りするわけではありません。規模の違いでしょうが、高知空港の場合は乗り降りもここで行っているのではないかと思われます。

その性格は別にしても、空港の公式サイトで「バスプール」の存在を確認できるのは、羽田のほかに、福岡、那覇、神戸、高松といったところです。

一方、「タクシープール」は「バスプール」より一般的な用語のようです。タクシー乗り場へ向かうタクシーの一時待機場所が「タクシープール」と呼ばれています。

「タクシープール」の場合、用法的にも「蓄え」の意味と合致します。