茶道発祥の地とは

「モータープールMAP(大阪以外)」に奈良市内11施設、京都市内1施設を追加しました。これで奈良県は270施設、奈良市は157施設を数えて、都道府県別では1位の兵庫に迫り、市町村別では2位の神戸を引き離しました。

12件はいずれも平置きの駐車場でした。まだまだ見つかるはずです。さて、今回追加したモータープールの近くにあったのが「茶道発祥の地」の石碑です。

何をもって「発祥」であると認定したのだろうと思ったわけですが、茶道の祖とされる村田珠光は11歳で出家して、この石碑から120m西にある浄土宗西山派の日輪山称名寺に入ったということです。

村田珠光は20歳になる前には称名寺を出てしまったという話もあります。珠光が茶道の原型を作ったのはその後になるはずです。まあ、あまり深追いしないのが平和なのかもしれません。

京都市上京区にある裏千家・今日庵は表千家・不審庵と隣接しており、武者小路千家の官休庵は南に700mほどです。千利休ゆかりの大徳寺真珠庵は京都市北区です。発祥は別にしてもメッカはやはり京都なのでしょう。

茶道を離れて、お茶そのものの起源にしても、奈良は形勢不利です。中国から持ち込んだお茶を比叡山山麓に植えたとされる最澄は、805年5月に神戸市和田岬に到着し7月に京都に入っています。

一方、最澄と同時期に唐に出発し東大寺や仏隆寺でお茶を栽培したとされる空海は806年10月に博多に着いたものの、大宰府での滞在期間が長く、関西に戻ったのは809年です。

ただし、茶筅については奈良県生駒市高山町が国産シェア90%だそうです。また、荒茶の生産量は京都5位で奈良6位のようです。茶道の確立に関わりのありそうな人物の生没年は次のとおりです。

  • 1394-1481 一休宗純
  • 1397-1471 能阿弥
  • 1423-1502 村田珠光
  • 1436-1490 足利義政
  • 1502-1555 武野紹鴎
  • 1520-1593 今井宗久
  • 1522-1591 千利休

福井市内で6件、西舞鶴で2件のモータープール追加

旅先で見かけたモータープールがあります。福井県庁の北側でした。

モータープールの看板

アスファルト舗装の平置きタイプの駐車場です。1件見つかれば他にもあるはずです。福井市内で計6件を「モータープールMAP(大阪以外)」に追加しました。

ついでに、福井で撮ったレアかもしれない写真を載せておきます。理髪店のサインポールは赤・白・青のフランス国旗(オランダ国旗でもあります)タイプが一般的ですが、なぜかイタリアンなサインポールがありました。

赤・白・緑の理容店サインポール
シルバーゾーンの標識

また、シルバーゾーンの標識はおそらく都道府県単位で異なるものと思われますが、福井でみかけたのは青地に顔と掌でした。

モータープールの看板は西舞鶴でも見かけましたが、こちらは車で通り過ぎただけで写真は撮れませんでした。場所は控えておきましたので、ストリートビューで確認してみました。

フェンスの角に「城北モータープール」と掲げられていますが、「城北モータープール」はフェンス内ではなく、この路地状敷地の奥にあります。フェンス内の駐車場は「三ノ丸モータープール」の名称です。

駐車場入口の左側に同じタイプの看板があります。不動産業者としては、社名と連絡先をアピールできるこの種の看板は無意味なものではないはずです。特定の業者が「モータープール」を好んで使っているのでしょう。

この2件もMAPに追加しています。いずれにせよ、このような平場の小規模な駐車場については、実際に足を運んだりしない限りなかなか見つけられない性質のものに違いありません。

バスプールとタクシープール

あまり一般的ではないのかもしれませんが、「バスプール」あるいは「タクシープール」という呼称もないわけではありません。もっとも有名なのは仙台駅のバス乗り場だと思われます。

先日訪れた高知龍馬空港では、予約していたタクシーが「バスプール」内に待機していました。

ストリートビューで見ると、こんなところになります。

羽田の「バスプール」は観光バスの一時待機場所であって、そこで乗り降りするわけではありません。規模の違いでしょうが、高知空港の場合は乗り降りもここで行っているのではないかと思われます。

その性格は別にしても、空港の公式サイトで「バスプール」の存在を確認できるのは、羽田のほかに、福岡、那覇、神戸、高松といったところです。

一方、「タクシープール」は「バスプール」より一般的な用語のようです。タクシー乗り場へ向かうタクシーの一時待機場所が「タクシープール」と呼ばれています。

「タクシープール」の場合、用法的にも「蓄え」の意味と合致します。

楽曲のモータープール

「島唄」はウチナーグチ・バージョンが1992年、スタンダード・バージョンが1993年リリースです。「島唄」を歌った4人編成のTHE BOOMには、その名も「モータープール」という楽曲があります。

「モータープール」 は、THE BOOM6枚目のオリジナル・アルバム「極東サンバ」の収録曲で発売は1994年です。歌詞は別ブログに掲げました。タイトルこそカタカナですが、歌詞中ではアルファベット表記です。

ここで歌われている「Motor Pool」が関西風の貸駐車場を意味するのか、それとも関東風の車両置場を表しているのかが問題です。数百台規模の後者ではないかと私は解釈しています。

作詞の宮沢和史は甲府市内の小中学校から甲府南高、明治大と進んでいますので、関西圏ではなく四国でもありません。1966年生まれですので、1994年は20歳代の後半です。

仮に関西風の貸駐車場を知っていたとしても、関東圏では通じない「モータープール」を積極的に使う理由はありません。

ROSSOというロックバンドにも「モーター・プール」という楽曲があります。2002年発売のファーストアルバム「BIRD」に収録されています。こちらは立体駐車場のようです。

作詞のチバユウスケは鎌倉出身の1968年生まれで、湘南学園高から明学大に進学しています。発売当時は30歳代の半ばです。立体駐車場ですので、車両置場ではなく貸駐車場ということになります。

大江千里の「BOYS & GIRLS」には歌詞の中に「モータープール」が登場します。1984年発売のセカンドアルバム「Pleasure」の収録曲です。2014年に槇原敬之がアルバム「Listen To The Music 3」でカバーしています。

RAZZ MA TAZZの「EYES」にも「モータープール」が出てきます。1996年発売のサードアルバム「PRESENT」の収録曲です。このアルバム、オリコン2位だそうです。

「BOYS & GIRLS」の大江千里も「EYES」を作詞した阿久延博も大阪出身で関西の大学です。当然のように「モータープール」とは貸駐車場のことだと思われます。

最近では、たこやきレインボーの「絶唱!なにわで生まれた少女たち」で「モータープール」がネタ的に使われています。たこやきレインボー3曲目のシングルで2014年の発売です。作詞は大阪出身の前山田健一です。

というわけで、「絶唱!なにわで生まれた少女たち」のMVを埋め込もうと思っていたわけですが、先日公開されたばかりのこの動画にしておきます。

私はPCに向かうときは、You Tubeを自動再生しています。動画を見ているわけではなく、音声だけ聞いています。てっきり本人だと思っていました。

曲は「灰とダイヤモンド」の落ちサビで、歌っているのはたこ虹のイエローでセンターの清井咲希です。たこ虹の赤は2014年に卒業しており、「絶唱!なにわで生まれた少女たち」は現在の5人編成になって最初の曲です。

モータープールMAPはひとまず完結

「モータープールMAP(大阪以外)」については、いったん完結とします。今後も追加していきますが、積極的に探すことはもうないかもしれません。どうせキリはありません。探せばまだ見つかるはずです。

MAPに落とし込んだ貸駐車場としてのモータープールは1040か所です。都道府県別では次のようになります。大阪に接する兵庫、奈良、和歌山が上位を占めますが、京都はそれほど多いわけではなく、東京とあまり変わりません。

  1. 兵庫県 282
  2. 奈良県 259
  3. 和歌山県 118
  4. 愛媛県 86
  5. 香川県 68
  6. 京都府 31
  7. 徳島県 30
  8. 静岡県 29
  9. 東京都 28

貸駐車場としてのモータープールが「関西に多い」や「関西と四国に多い」は正解ですが、「西日本に多い」はざっくりすぎて必ずしも適切ではないかもしれません。市町村別では次のようになります。

  1. 奈良市 146
  2. 神戸市 108
  3. 高松市 62
  4. 三田市 50
  5. 田辺市 45
  6. 尼崎市 37
  7. 和歌山市 34
  8. 八幡浜市 32
  9. 洲本市 30
  10. 徳島市 30
  11. 松山市 30
  12. 天理市 29
  13. 浜松市 22
  14. 京都市 21

ノーマークだった三田市が4位に食い込みました。私は三田、八幡浜、天理には行ったことがありません。高松には何度か行ったことがあり宿泊もしていますが、モータープールの存在には気づいていませんでした。

洲本は短時間の滞在であり、駐車場とは無縁のアーケードを歩いたために気づかなかったものと思われます。そのほかの奈良、神戸、田辺、和歌山、徳島、松山、浜松、京都では、モータープールの看板に気づいていました。

老舗で大規模な駐車場がモータープールを名乗ったことによって、その地域の後発の中小がこれに倣った可能性はありそうです。また、特定の不動産業者が積極的にモータープールという名称を使いたがったのではないかという疑いもあります。

実は、このMAPを展開する前に予備的に調べたのは姫路でした。姫路でモータープールがそれなりに見つかっていれば、私は分布を知りたいとは思わなかったことでしょう。

倉敷や津山のモータープールには気づいていました。姫路にあれば、京阪神とつながります。加古川(加古川市)と旭川(岡山市)の間の瀬戸内海沿岸部では姫路に1か所しか確認できませんでした。

長州出島のモータープール

2016年9月に登記簿が閉鎖された関門モータープール株式会社という法人があったようです。登記上の本店所在地は山口県下関市長州出島です。Google Earthプロの画像では、埋立地の右下に乗用車が並んでいます。

輸出待機用の車両置場だろうと思われますが、ストリートビューは橋の手前で途切れており、埋立地には届いていません。橋の入口には「関係者以外の立入を禁止します」との下関市港湾局の看板が掲げられています。

ストリートビュー・カーは関係者ではなかったということでしょう。橋の向う側が埋立地の長州出島で、その沖合に見える島影は位置関係から日本書紀にも登場する六連島(むつれじま)と思われます。

埋立地の中古車の輸出先は当初はアフリカだったようですが、韓国との間に定期航路もあるようです。関門モータープール株式会社さんがどちらに関与していたのかはわかりません。

長州出島は1995年から工事が始まり、2006年に一部供用開始となったそうですが、2008年に始まった下関海響マラソンのコースに組み入れられています。ランナーとして「関係者以外立入禁止」のエリアに堂々と入れるようです。

高低差50mの彦島大橋と高低差40mの出島大橋を往復で渡るという厳しいコースですが、10年目の今年はフルマラソンで1万人規模の大会だったようです。

なお、You Tubeを「長州出島」で検索すれば、クルーズ船入港の動画で長州出島のモータープールの様子を窺うことができます。

モータープール協会

「モータープール協会」でGoogle検索すると、いくつかの任意団体もしくは一般社団法人がヒットします。いずれも大阪市内またはその周辺自治体です。

  • (大阪市)西区モータープール協会
  • (東大阪市)布施モータープール協会
  • (大阪市)住之江交通安全協会モータープール部会
  • (大阪市)平野交通安全協会モータープール部会
  • (大阪市)東成モータープール協会
  • (大阪市)浪速区モータープール協会
  • (岸和田市)岸和田交通安全協会モータープール部会
  • (大阪市)住吉交通安全協会モータープール部会
  • (大阪市)西成区モータープール協会
  • (尼崎市)尼崎市モータープール協会
  • (東大阪市)河内モータープール協会
  • (大阪市)東淀川交通安全協会モータープール部会

これらは、他の地域では「自家用自動車協会」や「駐車場部会」あるいは「自家用自動車部会」に置き換えることができるようです。ほぼ警察署単位で設置されているところがミソです。

東大阪市は1967年に布施市、河内市、枚岡市が合併して成立していますが、警察署は布施署、河内署、枚岡署が残っており、わずかな例外はあっても旧市域を管轄しています。

大阪府松原市の行政書士さんのWebサイトには、こんなふうに記載されています。

なお、大阪市の都島区では交通安全協会内モータープール部会というこの種の会がありますが、ここは書類の発行だけでなく警察署への提出までしてもらえます。
そして車庫証明の交付予定日には電話で連絡までしてくれるという、なかなか珍しいサービスまでありました。

都島交通安全協会には自家用自動車部会はありますが、モータープール部会の存在を確認することはできませんでした。かつてはモータープール部会の名称だったのかもしれませんし、単純によそとの混同なのかもしれません。

さて、ストリートビューで西成交通安全協会を訪ねようとしたところ、Google Mapでは交通安全協会の向かい側に「お花畑」なるものが表示されます。

「お花畑」とは、いったいどういうところなのか気になります。ストリートビューで覗いてみると、本来の「お花畑」でした。一周すると、ぬいぐるみが有刺鉄線から顔と足を出しています。後頭部と腹部に有刺鉄線が食い込んでいるわけです。

埋め込んだのは2016年5月撮影のストビューです。誰が何のために置いたのかナゾですが、左肩に缶ビールを、右手には焼酎を抱えていることから、正面の酒屋さんかその客によって据えられたのかもしれません。

「お花畑」区画の西側の小屋にも、2014年4月から2016年5月にかけて、2~3体のぬいぐるみが置かれていたようですが、2016年8月のストビューでは撤去されています。

無断駐車の「罰金」

1000か所以上の貸駐車場をストリートビューで訪ねてきたわけですが、ほぼ例外なく「無断駐車禁止」の看板が掲げられています。無断あるいは不正駐車対策はオーナーあるいは正規の契約者にとって頭の痛い問題です。

タイムズさんの利用約款には次のような規定があります。

タイムズの利用者が、駐車料金を支払わないで、車両を駐車スペースから出庫、又は駐車場外へ移動したとき、正規の駐車スペース以外の場所へ駐車したとき、並びに当社が不正な駐車方法と認めたとき、その利用者は、当社に対し、駐車料金のほか損害金として金5万円をお支払い頂きます。

リパークさんのフラップ式約款では次のように定められています。

不正駐車(不正な入出庫および駐車)をした場合は、警察への通報、車両の他の場所へのレッカー移動等もしくはチェーン等で施錠させていただく場合があります。また、その場合の諸費用と正規駐車料金の他に違約金として2万円請求させていただきます。
なお、違約金および損害賠償(諸費用・駐車料金等)につきましては車両使用者(占有者)もしくは車両所有者に請求させていただきます。

時間貸駐車場の場合はこのような約款によって契約の成立が認められるようです。「無断駐車」ではなく、あくまでも「不正駐車」という解釈の世界に引きずり込んでいるわけです。

月極駐車場でもしばしば「無断駐車は罰金3万円を申し受けます」との看板を見かけますが、こちらは法的にはまったく無効です。タイヤロックやレッカー移動もできず、実効的な手段は事実上閉ざされています。

2ちゃんねるには、駐車車両の前に重機を置いて出られないようにしたという類の話も転がってはいますが、敷地に余裕がなければできないことでしょうし、作り話の匂いがしないわけでもありません。

ネット検索してみると、無断駐車に対して25,503円を支払わせたという事例が見つかりましたが、これにはトリックがあります。

→弁護士三浦義隆のブログ>事務所駐車場に無断駐車されたので賠償請求してみた

結論は「予防に力を入れるのが賢明だろう」とのことですが、もともと「罰金△万円」はその抑止効果を期待して掲げているわけですから、悩ましいところです。私がストビューで確認した中で、もっとも高額の「罰金」は10万円でした。

ハローキティのコラボ駐車場

24時間の無人時間貸駐車場「タイムズ24」の1号物件は、1991年12月に東京・上野にオープンしているようです。遊休土地の有効利用がコンセプトでしょうから、1号物件は現存しないものと思われます。

それまでの時間貸駐車場は料金収受のための人を配置していたわけです。山中寺のうどん屋さんのような兼業ならいざ知らず、専業の時間貸駐車場は一定規模でなければ成立しないものでした。

いわゆるコインパーキーングは革命でした。「モータープール」を名乗る貸駐車場の多くは月極ですが、その大半はコインパーキング出現以前の命名であろうと思われる佇まいです。

さて、時間貸しのコインパーキングはその存在を誇示するために派手な色彩の看板を掲げるのが通例です。2016年1月にオープンした浅草・杵屋通りのリパークとハローキティのコラボ駐車場第1号です。

自販機横の空き缶入れまでは統一できなかったようです。雷門から300mほどですが、立地的に観光客が訪れる場所でもなく、違和感のほうが強いかもしれません。積極的に停めたくなるかどうかは微妙です。

その後は路面も塗色されるようになり、名古屋の栄と大阪の通天閣はピンク、福岡の中洲はパープル、岡山の表町は緑、仙台の一番町は水色のペイントです。受け入れられるかどうかは、やはり立地次第だと思われます。

5年以上前のことですが、ヒトカラでラウンドワンに入ったとき、ハローキティ・ルームに通されたことがありました。壁紙がピンクだろうと私は別に気にすることはありません。

ラウンドワンは靴を脱いでスリッパに履き替える部屋が多く、その部屋も例外ではありませんでした。で、そのスリッパもキティちゃんスリッパだったわけですが、ドリンクバーで気づいたことがありました。

紀陽銀行田辺駅前支店駐車場の看板

「モータープールMAP(大阪以外)」に反映した貸駐車場としてのモータープールの数がとうとう1000か所を超えました。奈良や兵庫ではまだまだ見つかりそうな勢いです。やはり平場の駐車場はGoogle Mapなどには掲載されにくいようです。

さて、和歌山県田辺市の弁慶通りにある紀陽銀行田辺駅前支店の駐車場には、次のような案内看板が掲げられています。埋め込んだのは2015年4月撮影のストリートビューです。

「当駐車場が満車の場合はマルニモータープールへ駐車して下さい」と記載されています。この看板は駐車場に3枚(縦書きが1枚)あり、玄関脇の塀には略図付きの案内看板も設置されています。

「マルニモータープール」とは、約100m先にある「マルニ駐車場」さんのようです。紀陽銀行さんの契約駐車場です。

赤のマーカーが紀陽銀行さんの駐車場、青いマーカーがマルニ駐車場さんです。あいにく「…モータープール」との看板は見当たりません。かつてはあったのかもしれません。

途中には別の月極駐車場がありますが、「…駐車場」を名乗る施設を「…モータープール」と案内しても、とくに混乱は生じない地域性を感じることができます。MAPには案内看板設置箇所の紀陽銀行を「その他」で反映しておきました。

ところで、歌詞掲載用のブログとして「2代目んだ」を「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」に衣替えしました。本日より運用を開始しています。調整が必要なページが10ページほどありますので、しばらくの間はスローペースとなります。

完全に移行せざるを得ないページもありますし、痕跡だけを残すページもあります。