私立島根商の跡地は県営住宅

1900年に開校した「島根県商業学校」は翌1901年に「島根県立商業学校」に改称します。「島根県立松江商業学校」になるのは1933年です。松江商は創設期の「島根商」時代に夏1回、春は2回甲子園に出ています。

1924年開校の「松江簿記学校」は1946年に「松江高等経理学校」に改称し、1964年には「島根商業高等学校」になります。私立とはいえ、30年ぶりに「島根商」を名乗る学校が出現しました。

「松江高等経理学校」時代の所在地は松江駅前の朝日町です。専門学校から高校に組織変更したのを契機に郊外の大庭町に移転しています。私立の島根商高は、1976年には「松江西高等学校」に改称します。

一方の松江商は1985年10月に上乃木から今の浜乃木に移転します。この松江商の跡地に新校舎を建築して1987年に移転したのは松江西高です。旧(県立)島根商の学校用地を旧(私立)島根商が譲り受けたことになります。

さて、私立島根商時代の学校所在地である大庭町は町域がかなり広く、立正大淞南高も大庭町内にあります。1975年の地形図には一ノ谷池の南200mに丸囲みの文マークが記されていますので、これが私立島根商高と思われます。

今では県営住宅が建っています。1975年の地形図には運動公園も県立大もありません。ここなら、私はニアミスしたことがあります。運動公園内の松江市営球場には2007年に1回だけ訪れています。

旧・私立島根商業高校付近 Google Earthプロ

3つの美浜町

自治体名としての美浜町は愛知、福井、和歌山の3県にあります。千葉市には美浜区もあり、マリンスタジアムの住所が千葉市美浜区美浜です。美浜区全域は埋立地ですので、比較的最近の地名です。

「美浜」の字や町域名は、浦安市、北谷市、西之表市にもあります。市川市と接する浦安市美浜も埋立地です。東葛飾郡浦安町美浜と名付けられたのは1971年です。沖縄の北谷市美浜も埋立地で、北谷町運動公園は1988年のオープンです。

西之表市の美浜町はもともとの地名かと思われます。美浜簡易郵便局の標高は8mですし、市営住宅美浜団地は10m、美浜児童センターにいたっては標高27mです。西之表港や西之表市役所には歩いても行ける距離(1.2~1.5km)です。

この種子島の西之表が「美浜」の地名でもっとも歴史がありそうです。ちなみに、ちょっと反則っぽいかもしれませんが、今は京丹後市となっている旧・久美浜町は、町村制施行の1889年当時から久美浜村です。

さて、3つの美浜町はいずれも昭和の大合併で誕生しています。その先後は明確です。この3町と旧・久美浜町の位置関係は次のとおりです。

福井県美方郡美浜町

  • 1954年2月に耳村、北西郷村、南西郷村、山東村の4村合併で美浜町
  • 人口9,459人(2019/04/01)、町議定数14、財政力指数0.74
  • 小学校3、中学校1
  • セブンイレブン0、ローソン1、ファミマ3

和歌山県日高郡美浜町

  • 1954年10月に松原村、和田村、三尾村の3村合併で美浜町
  • 人口7,207人(2019/04/01)、町議定数10、財政力指数0.30
  • 小学校2、中学校1
  • セブンイレブン0、ローソン1、ファミマ1

愛知県知多郡美浜町

  • 1955年4月に河和町と野間町の2
  • 町合併で美浜町
  • 人口22,023(2019/03/31)、町議定数16、財政力指数0.72
  • 小学校6、中学校2、高校1
  • セブンイレブン4、ローソン2、ファミマ4

「美浜」流行り?の先陣を切った形の福井県美浜町のWebサイトには次のように記述されていますが、久美浜が頭の片隅にはあったのだろうと私は推測しています。さすがに種子島の美浜町は知らないでしょう。

「美浜町」という名は、この地域が「弥美庄(みみのしょう)」とも呼ばれていたので「美」の字を、4村とも海に接して美しい浜辺があるので「浜」の字を使いました。

美方郡美浜町>美浜町の紹介

和歌山県美浜町のWebサイトはあっさりしたものです。公募で何位だったのか、2位以下だとすればなぜ逆転したのかは示されていません。

「美浜町」の町名は、合併当時公募により名付けられたものです。

日高郡美浜町>町の沿革

愛知県美浜町のWebサイトではどういう理由で「美浜町」を名乗ったのか、私が探した範囲では見つけることができませんでした。知多郡美浜町は南セントレア市になり損ねた町でもあります。

1958年には三重県南部の阿田和町、神志山村、市木尾呂志村が合併して「御浜町」が発足しています。熊野市に隣接する町です。さすがに4番煎じの「美浜町」にはなれなかったものと思われます。

実は、私は1935年設立の和歌山県常盤商業学校を探っていたのでした。学校台帳では所在地が「和歌山県日高郡和田村字蔵垣1078-1」となっています。美浜町和田で検索したところ、福井県美浜町和田がヒットしたわけです。

南にあるべき海が北にあるのですから、ちょっとしたパニックです。大字まで同名かよという愚痴が出ても許されると信じています。愛知県美浜町の大字には「河和」(こうわ)と「奥田」はありましたが「和田」はありませんでした。

まあ、同じ名前を選んだだけあって共通点はあるもので、福井と和歌山の美浜町は町の木がマツ、愛知の美浜町と三重の御浜町はクロマツです。福井と愛知の町の花はツツジでした。そのうち町の木や町の花でMAPをつくるかもしれません。

常盤商は戦時転換で常盤農になっていますが、1944年に生徒募集を停止し、新制高校には移行せず閉校しているようです。ここが所在地ではないかと私が睨んでいる場所をストビューで見ると公共施設のような建物が建っています。

公民館とか地区の集会所のような佇まいで、すくなくとも一般の民家ではありません。看板・表札の類いが見当たらず、確証もありませんので、掲載は断念しました。

ボートのあるモータープール

和歌山県立神島高校Webサイトの「沿革」には、クラス編成の変遷も記されています。縮図のようにも感じましたので、表をつくってみました。

1948年の学制改革で旧制中学相当の市内4校は田辺高校に一本化されますが、1956年に商業科3クラスと商業家庭科2クラスで田辺商高が独立します。

田辺商高→神島高のクラス編成

1979年には普通科が併設され、1995年には商業系再編で「商業科」はなくなります。2005年にも学科の再編があり、翌2006年に現校名となります。ピーク時には11学級だったのに、約20年後の今はほぼ半減の6学級です。

田辺は和歌山第2の都市です。学校の数自体が減っている中で商業高校を名乗りながら存続できるのは、それこそ1県1~2校のレベルなのでしょう。新しい高校名となった神島は南方熊楠で有名な無人島の名前です。

海沿いにある高校からの距離は約2kmです。YouTubeには熊楠顕彰館による空撮動画がありましたので埋め込んでおきます。島そのものが天然記念物で、上陸には教育委員会の許可を要するということです。

さて、田辺と言えば私にとってはモータープールの名産地ですが、神島高校付近ではあまり見当たりません。「月極駐車場」や「月極め駐車場」の看板ばかりでした。新たに見つけたのは1か所だけです。

2017年11月のストビューです。駐車場の奥に見えるのは車ではなくボートです。海に近いからこその光景ですが、最初に見つけたモータープールがもしここなら、なんとなく納得したのかもしれません。

白光商業高校は「しらみつ」か?

千葉県八千代市を本拠とする白光舎は、直営と取次で約200店舗を抱えるクリーニング・チェーン店です。「白光」は「はっこう」と読みます。はんごだての著名メーカー「白光株式会社」もHAKKOです。

一方、宗教法人白光真宏会の「白光」は「びゃっこう」です。「世界人類が平和でありますように」関連のはずですが、私は白光商業高校もそっち系と思っていました。どうやらそういうわけではないようです。

この白光商について、Wikipedia「白光商業高等学校」のページには「1965年 – 学校法人白光学園の運営により開校。 1972年 – 休校」との記述があり、廃止時の所在地として「大和高田市根成柿」が記されています。

1970年の地形図では根成柿(ねなりがき)に高校を示す丸囲みの文マークを確認できます。今ではネオシティ大和高田というマンションが3棟建っています。1994年から1995年にかけての竣工です。次の画像は1985年11月撮影の航空写真です。

国土地理院(1985/11/03撮影)大和高田

白光商の敷地は画像中央を東西に走る道路の南側です。校庭は少年野球なり草野球なりのグラウンドとして整備?されています。芝も張ってあるようです。道路の対面は県営住宅の坊城団地です。

休校が1972年なのだとしても、校舎自体は今の集合住宅が建てられる直前まで残っていたようで、90年代初頭の空中写真でも上の画像とほぼ同じ姿を確認することができます。

所在地さえわかればワトソン君としての役割は終わりなのですが、実はちょっと気になることがあります。Wikipediaでは読みが「白光商業高等学校(しらみつしょうぎょうこうとうがっこう)」になっているのです。

「白玉あんみつ」を略したようなこの名称は、学校名としてはいかがなものだろうかと思うわけです。もちろん、白百合女子大や白梅学園大の事例は知っていますが、白光商は女子校ではありません。

京都・北野天満宮の最寄駅は、京福電気鉄道北野線の北野白梅町(きたのはくばいちょう)駅です。白梅でさえ「しらうめ」ではなく「はくばい」と読むこともあります。一般名詞とは言えない「しらみつ」の読みは納得し難いところです。

日本私立学校振興・共済事業団の「学校法人情報検索システム」で「白光学園」を検索したところ、法人名は「はっこうがくえん」でした。今治にも同名の法人がありますが、やはり読みは「はっこう」で理事長が白石さんです。

ただ、「しらみつ」の読みが皆無なのかと言うと、そういうわけでもないのです。生駒山の麓の石切には白光大神(しらみつおおかみ)を祀る神社があります。白光とは白蛇のことのようです。2015年3月のストビューです。

生駒山山頂の龍光寺では2匹の白蛇様が飼育小屋?で公開されています。というわけで、法人名が「はっこう」であるとしても、学校名は間違いなく「しらみつ」であった可能性はまだ排除できません。

サハリンの商業学校

北緯50度以南のサハリンが日本領となるのは、1905年のポーツマス条約によるものです。仲介を斡旋したセオドア・ルーズベルトは翌1906年のノーベル平和賞を受賞しています。サハリンには商業学校が4校あったようです。

  • 樺太公立大泊商業学校(コルサコフ)
  • 樺太公立真岡商業学校(ホルムスク)
  • 樺太公立豊原商業学校(ユジノサハリンスク)
  • 樺太公立敷香商業学校(ポロナイスク)

南の沿岸部がコルサコフ(旧・大泊町)、その内陸にあるのが州都ユジノサハリンスク(旧・豊原市=樺太庁所在地)、大陸側の沿岸部がホルムスク(旧・真岡町)、当時の国境近くはポロナイスク(旧・敷香町)です。

ホルムスクから北へ約44kmほどの場所にはチェーホフ(旧・野田町)と名付けられた町があります。アントン・チェーホフが流刑地としてのサハリン島を訪れたのは1890年の夏です。

チェーホフの北約35kmのトマリ(旧・泊居町)のストビューです。中腹に2つの鳥居を確認することができます。本殿は残っていないはずです。トマリには商工学校があったようです。

ビザは必要ですがサハリンには意外と気軽に行けるようで、成田と新千歳からユジノサハリンスクへの定期便があり、夏季限定で稚内-コルサコフ間のフェリーも就航しています(2019年は未定)。