名古屋の育英

愛知県立旭丘高校Webサイトには次のような記述があります。

愛知一中の校歌は、マラソン王日比野寛校長自らの作詞によるもので、明治37年に制定されました。これは日本で最初の校歌であるといわれています。四句二十連の長い詩の中には、愛知一中の教育理念が随所に盛り込まれていたため、旭丘高校と改称された後も、しばらくは歌い継がれていました

愛知県立旭丘高等学校>旭丘高校について 校歌

残念ながら「日本で最初の校歌」の歌詞は掲載されていませんし、今の校歌とは違うようです。日比野寛校長が愛知一中を退職するのは1916年のようです。翌1917年4月の第13回衆議院議員総選挙で憲政党から立候補して当選しています。

ちなみに、愛知一中が第3回全国中等学校優勝野球大会で敗者復活から優勝したのは同年8月です。愛知一中校長在任中の1908年に日比野寛は夜間の「育英学校」を立ち上げています。

1920年に昼間課程の「商業育英学校」が設立され、日比野寛は1922年から「名古屋育英商業学校」の校長に就任します。代議士は1期限りでした。やがて「育英商業学校」は東邦学園の傘下に入り、1935年には「金城商業学校」と改称します。

この「金城商業学校」は1945年3月の空襲で校舎(青)を失い、東に1.2km離れた兄弟校(赤)に同居することになります。学制改革を経て1952年には正式に東邦高に合併吸収されます。

名古屋市北区には「金城」という町域名があります(黄)。名古屋城の北側です。「金城商業学校」は今の東区東桜であり、名古屋城の南東です。どうして「金城」なのか気になりますが、地名ではなく人名なのかもしれません。

それはさておき、「金城商業学校」の最終所在地は東邦高ということになるわけです。東邦高は千種駅周辺の再開発で1971年に郊外の東山キャンパス(緑)に移転します。

なお、東邦商は戦時転換で系列の大同工業学校北校舎となり、商業校としては戦前で終わっているようです。

【外部リンク】
学校法人東邦学園>第41回「金城商業」最後の卒業アルバム
橦木倶楽部通信第4輯>50 育英商業学校-日比野寛-

三島市芝町の田方商

静岡県商業高等学校長会のWebサイトに「静岡県商業教育のあゆみ」と題するページがあります。年表中の1947年9月に「三島商業学校は私立東静商業学校合併」と記載されています。

今回の「商業高校MAP」は1943年度以降を対象にしていますので、三島商も東静岡商も対象となります。三島商は1948年の学制改革で三島二高となり、翌1949年には今の三島南高に改称しています。

一方の東静商は学制改革前に消滅した私立校です。東静商の最終所在地に辿り着くのは容易ではなさそうですが、想像以上の情報量がありました。まずは、三島市Webサイトです。

 明治40年(1907)光安寺(長谷町=現、日の出町)の住職桑畑龍音は境内に福田青年夜学校を創立しました。明治44年(1911)農家や実業家の子弟を対象に、その業務に要する知識、技能を修得させると共に、普通教育の補習を行うために三島農業補修学校を開校しました。
 大正14年(1925)寺の敷地内に校舎を新築して3年制の実務中学校としました。1学級のみで生徒は男子ばかり30人くらいでした。<略>
 その後、西福寺住職矢弓真善に経営が代わり、芝町に移転増築され、生徒数40人で4年制の田方商業学校となりました。昭和20年(1945)東静商業学校に、昭和22年(1947)市立三島商業学校(現、静岡県立三島南高等学校)に合併(がっぺい)されました。

三島市>むかしの学校「実務中学校」

いくつものキーワードが示されています。実務中から田方商に改称・移転した年こそ漏れていますが、最終所在地は芝町である可能性が高いわけです。実務中時代の光安寺は青のマーカー、西福寺が赤のマーカーです。

光安寺も西福寺も宗派は時宗ですので、そういう縁もあって学校を引き継いだのでしょう。さて、三島市のWebサイトにはこんなページもあります。これで、実務中から田方商への改称時期が判明します。

 三島地方唯一の私立学校
昭和5年、青木千代作氏が実科女学校を設立しました。昭和9年に三島家政学校を合併して三島実科高等女学校が誕生、現在の三島高等学校に引き継がれています。
私立の男子校は、三島実務中学校があり昭和11年に田方商業学校となりました。

三島市>三島実科高等女学校(三島高等学校)誕生(昭和初期(2))

また、「SOUTHERN CITY」という三島南高同窓会関係のWebサイトには同窓会の会報「函嶺春秋」がPDFで公開されており、その第23号6ページに「私立の東静商業と三島化学工業学校が母校に併合された」との記述があります。

この三島化学工とは、戦時転換で田方商に併置された学校ではないかと推測されます。三島商も三島工を併置していた関係で受け入れにさほど支障はなかったのでしょう。ここまでを年表にすると、次のようになります。

  • 1907年 福田青年夜学校
  • 1911年 三島農業補修学校
  • 1925年 三島実務中学校
  • 1936年 静岡県田方商業学校(芝町に移転)
  • (1944年 三島化学工業学校)
  • 1945年 東静商業学校
  • 1947年{三島商業学校に合併}

肝心の東静町または田方商の所在地ですが、西福寺は今の大宮町にあり芝本町との境界付近です。三島市のサイトでは「芝町は、現在の寿町・本町・芝本町・一番町にまたがる地域」とされていますので、大宮町は旧・芝町ではありません。

そこで、航空写真を見てみました。次に掲げるのは1941年4月撮影のものです。画面の右半分を占めるのが三嶋大社です。

国土地理院空中写真(1941/04/01)三島大社付近

画像の左中央に学校用地らしきものがあり、西福寺とは道路を挟んで向かい側という色めき立ちたくなる位置関係ですが、あいにくその区画は今の中央町です。残念ながら「商業高校MAP」上では西福寺にマーカーを置いてお茶を濁します。

尋常高等小学校に同居

富山湾沿岸の中新川郡水橋町は、西は富山市、東は滑川市と接していました。富山市に編入されたのは1966年です。1942年から1948年までの短期間存在した水橋商は、水橋町立東水橋実業学校として1935年に設立されています。

Wikipedia「富山県立滑川高等学校」の「沿革」から、水橋商関連の項目だけピックアップしてみました。(2018/12/30現在)

1935/09/30 水橋町立東水橋実業学校設立が認可され、同日より開校する
1942/03/27 富山県立水橋商業学校設立の件が認可される
1942/03/31 水橋町立東水橋実業学校を廃する
1942/04/01 水橋町立富山県水橋商業学校が開校する
1948/03/31 水橋町立富山県水橋商業学校を廃止する
1948/04/01 富山県立水橋高等学校(普通科、商業科)を開校する
1948/09/01 富山県立滑川高等学校、富山県立滑川女子高等学校、富山県立水産高等学校及び富山県立水橋高等学校を統合して、男女共学の富山県立滑川高等学校(普通科、商業科、薬業科、漁業科、水産製造科)を開校する
1952/05/01 定時制課程による富山県立滑川高等学校水橋分校(商業課程)を富山市立水橋中学校内において開校する
1968/04/01 定時制水橋分校の募集を停止する

Wikipedia>富山県立滑川高等学校

水橋商は1948年の学制改革に伴う再編で富山県立水橋高等学校となりますが、9月には共学化の方針に沿って4校が滑川高に一本化されます。水橋高としての寿命はわずか半年だったわけです。

同名の富山県立水橋高等学校は水橋駅の南側に現存しますが、体育コースを持つこの県立高校は1983年に開校した2代目です。「水橋高」で検索してもヒットするのは2代目ばかりということになります。

私が知りたいのは水橋商時代の所在地ですが、まるで手がかりがありません。行き詰まった私は1940年代の航空写真を眺めてみました。70年以上前で、しかも都市部ではありません。学校施設と思われる場所はすぐに目に入ります。

この場所が今の○○小学校だなと当てはめていくうちに、ふとPC画面の端に「水橋」の文字が目に止まりました。それはWikipediaに添えられた写真のキャプションでした。「東水橋尋常高等小学校に併設されていた東水橋実業学校」

なるほど。東水橋実は小学校への併設だったわけです。9月末という半端な時期に認可され即日開校したのは、すでに設備的には整っていたからでした。また、発足時に「水橋…」ではなく「東水橋…」としたのは仁義を切ったのかもしれません。

小学校併設なら新たに学校建設せずに低コストで学校を設置できます。生徒も今までと同じところに通うだけですから大きな負担にはなりません。高等小学校なら授業料は徴収しています。過渡期においてはたしかにグッド・アイデアです。

1952年に滑川高水橋分校が水橋中に開設されたのも同じ手法になります。東水橋尋常高等小学校は今の水橋中部小学校だそうです。「商業高校MAP」では水橋商のマーカーを今の水橋中部小に置きました。

比較的大きめの謎としては設置者があります。1942年3月27日に「富山県立…」で認可されているのに、実際に4月1日で開校したときは「水橋町立…」です。将来的な県立移管を前提にしたものだったのでしょうか。

伊那スタジアム脇の記念碑

伊那商業学校は1939年創立で1948年閉校の私立校です。所在地探しは難航するだろうと覚悟していましたが、拍子抜けするほどあっさり見つかりました。先駆者のおかげです。

伊那商の跡地は今では「伊那スタジアム(旧・長野県伊那運動公園野球場)」になっています。1947年9月22日米軍撮影の航空写真です。画像上部に見えるのが伊那商の校舎になるはずです。

国土地理院 空中写真(1947/09/22撮影)

実際には校舎は南向きに建てられていますので、国土地理院の写真の方位を60°ほど右に傾ける必要があります。次に示すのはGoogleMapによる今の航空写真です。外野が芝でないもう1つの球場は「伊那市営野球場」です。

赤のマーカーは「伊那商業学校建立跡記念碑」が建っている場所です。孫引きするしかありません。「この朝日ヶ丘の学舎を巣立った我々同窓生六三四名、「士魂商才」の大旆を掲げたこの地は我々の魂の故郷である」とのことです。

もちろん有志だとしても、わずか634名の卒業生でよくぞこの石碑を建てたものです。閉校後の校舎や講堂は、旧制・長野県立農林専門学校(→信州大農学部)が一時的に借用していたようです。

なお、学校用地はもともと伊那町のものだったようです。伊那商について詳しくは末尾外部リンクでどうぞ。

【外部リンク】
くーる長野 ~隠れた見所 おいしい食事~>「高遠ぶらり」を楽しむ~伊那商業学校跡地に行ってみました~

三春台か、六浦か

ミッション系の商業校はきわめて貴重です。太平洋戦争前後の短期間ながら関東学院商業学校があったようなのですが、関東学院大や関東学院高、関東学院六浦高のWebサイトでは確認できません。

関東学院と同じバプテスト教会に属する西南学院大のWebサイト上に次のようなPDF文書が見つかりました。

夜間授業の四年制、入学資格を旧制高等小学校とする関東学院商業学校を開設 (1940年)。1944年、非常時体制下で、商業学校は生徒募集を中止し、工業学校を設置する。1946年、工業学校は、商業学校と旧名称に復した。1948年、関東学院商工高等学校となる。1960年頃より入学生徒が減少、1970年、生徒募集停止。1973年、商工高等学校廃止。

西南学院大学>『関東学院百年史』を読んで p77

おかげさまで、所在地以外はこれで完璧のはずです。年表にすると、次のようになります。

  • 1940年 関東学院商業学校
  • 1944年 関東学院工業学校
  • 1946年 関東学院商業学校
  • 1948年 関東学院商工高等学校
  • 1970年 生徒募集停止
  • 1973年 閉校

4年制ですから、募集停止前年の1969年入学生は1973年に卒業します。卒業を待っての閉校である以上、関東学院高や関東学院六浦高が生徒を引き受けたわけではありません。商工高について何も触れないのは当然のことです。

商工高の所在地については、次のような情報があります。

昭和十五年四月、横浜市南区三春台の関東学院内に勤労青少年のための夜間甲種の商業学校として、発足した

関東学院大学>学院史資料室ニューズ・レターNo.5 p11

定時制だった商工高は主として関東学院高の施設を利用していたのでしょう。ただ、悩ましいことに商業校としての最終年度は1947年度です。関東学院高は戦禍で一時的に六浦(青)に移転しています。

三春台(赤)に戻ったのは1949年です。この際、関東学院高の一部が六浦教室として六浦に残り、1953年に正式に関東学院六浦高が分離しています。三春台の最寄り駅である京急黄金町駅と六浦の金沢八景駅間は今なら特急で25分です。

当時は本数も少なく、そんなに速くなかったはずです。1947年の時点では関東学院商は関東学院高とともに六浦に移転していたのかもしれませんが、通学への配慮で三春台に残っていた可能性もあります。

もはやネット上で確認できることではないでしょうから、とりあえず「商業高校MAP」ではマーカーを三春台に置きました。

校訓が「愛と誠」

唐突に脱線したのは、「愛と誠」を校訓としている高校があったからです。横浜女学院高校は横浜市中区山手町の西端にあります。同校Webサイトの「学校案内」のページには次のように記載されています。

校訓「愛と誠」
「愛と誠」は生きる力の基であるイエス・キリストの教えである。 いつも感謝をささげ、神さまに信頼をおき、絶えず希望を持つことにより、生きる喜びが与えられる。

横浜女学院中学校 高等学校>学校案内

宗教系の学校が商業校を名乗るのはかなり珍しいケースですが、横浜女学校の場合はもともとはキリスト教系ではありません。戦禍で2つの商業校が合併して、キリストが持ち込まれたのでした。

1945年(昭和20)5月29日、横浜大空襲で神奈川女子商業学校が全焼。一方の横浜千歳女子商業学校は、校舎を海軍に接収され、被災は免れたものの、破損の被害は甚大でした。こうした状況の中、やむを得ず、被災した神奈川女子商業学校が、横浜千歳女子商業学校の校舎を借用することになったのです。

青山学院大学ソーパー・プログラム>創立の礎>横浜学院

1943年創立の臣道女学院は翌44年に神奈川女子商に改称しています。1866年創立の山内小学校は、1921年に横浜千歳裁縫女学校、1933年に横浜千歳女学校、1936年に千歳高等家政女学校、1944年に横浜千歳女子商業学校です。

この両校が合併したのは1947年ですが、Wikipedia「横浜女学院中学校・高等学校」のページの「沿革」は次のように記載されています(2018/12/28現在)。これを素直に信じるなら、商業高校でなくなったのは1983年になります。

1921年 – 横浜千歳裁縫女学校設立
1941年 – 神奈川女子商業学校設立
1947年 – 横浜千歳女子商業学校と神奈川女子商業高等学校が併合、横浜女子商業学校・横浜女子中学校とする。
1983年 – 横浜学院女子中学校・高等学校と改称。
1999年 – 横浜女学院中学校・高等学校と改称。

Wikipedia>横浜女学院中学校・高等学校

1947年の段階で神奈川女子商業「高等」学校の名称はあり得ません。翌年の学制改革で高等学校が成立するはずです。一方、四谷大塚のWebサイトでは横浜女学院の沿革が次のように記載されています。

1947年に横浜千歳女子商業学校と神奈川女子商業学校が合併し、横浜女子高等学校と横浜女子中学校となり、1983年横浜学院女子中学校・横浜学院女子高等学校に改称。1999年、横浜女学院中学校・横浜女学院高等学校に校名を変更。

四谷大塚 中学案内>横浜女学院中学校

1947年の時点で横浜女子「高等」学校が存在するはずがありませんが、こちらに従うなら、商業校でなくなったのは1947年ということになります。だんだん楽しくなってきました。ポイントは1947年合併後の名称です。

  • Wikipedia説 横浜女子商業学校と横浜女子中学校
  • 四谷大塚説 横浜女子高等学校と横浜女子中学校

青学ソーパー・プログラムには「1947 年(昭和 22)やむにやまれぬ措置として、両校は合併。〈横浜学院女子商業学校・横浜女子中学校〉と改称します」との記述があります。この信頼性は高いはずです。

1947年に合併したのは横浜千歳女子商と神奈川女子商であり、合併創立後の名称は横浜学院女子商業学校と横浜女子中学校、翌1948年の学制改革で「商業」が取れて横浜女子高等学校に改称したのが真実のようです。

  • 1947 横浜学院女子商業学校
  • 1948 横浜女子高等学校
  • 1983 横浜学院女子高等学校
  • 1999 横浜女学院高等学校

さて、校舎が残ったのは千歳女子商でした。千歳女子商の校地が横浜女学院に引き継がれているものと思われますが、神奈川女子商についてはその所在地がわかりません。

柏の城本丸跡

志木市は町(市)自体がややこしい変遷をたどっています。志木町と宗岡村は離婚して再婚したレアな事例です。

  • 1889年 新座郡志木町
  • 1896年 北足立郡志木町
  • 1944年 北足立郡志紀町(合併)
  • 1948年 北足立郡志木町(分離)
  • 1955年 北足立郡足立町(合併)
  • 1970年 志木市

さて、本題の商業高校です。1939年に設立された志木町立商業学校は、戦時転換で工業学校となり、1946年には商業校に戻り、学制改革で志木高になったものの、1949年には閉校となっています。

どうやら高校跡には志木中が移転してきたようです。そこで、志木中のWebサイトを覗いてみると、やけに詳しい沿革が記されていました。

昭和22年4月 埼玉県北足立郡志紀町立志紀中学校として開校。
昭和23年4月 町村分離により、志木中学校として独立校となる。
昭和24年3月 志木商業高校が廃校となり、校舎の全てを使用。(現在の志木第三小学校校地)
昭和37年3月 新校庭完成。(現在の志木中校地)
昭和49年3月 新校舎完成。(現在の校地)

埼玉県志木市立志木中学校>志木中学校の沿革

こういうことのようです。まず1939年に赤のマーカーのところに志木町立商業学校が設立されます。1949年の閉校後は中学校が移転してきます。1962年に青のマーカーのところがグラウンドとして整備されます。

1974年に志木中は赤から青に移転し、空いた赤のスペースで翌1975年に志木三小が開校したということになります。この一帯は戦国時代の「柏の城」跡で、三小付近が本丸だそうです。

ところで、2018年ゆるキャラグランプリでは志木市文化スポーツ振興公社の「カパル」が逆転で1位に輝いています。河童系のゆるキャラは一定の勢力を確保しています。

  • 遠野市「カリンちゃん&くるりんちゃん」
  • 株式会社chico「ゆずがっぱ」
  • 株式会社メニコン「メル助」
  • 久留米市「くるっぱ」
  • 小樽紙匠堂「おたる運がっぱ」
  • 相模女子大学「さがっぱ・ジョー」
  • 天竜区観光協会佐久間支部「さくまる」
  • 相良村「サガラッパ」
  • 株式会社中国銀行「カッパのかんちゃん」
  • 志木市商工会「カッピー」
  • 福崎町「フクちゃん・サキちゃん」

カパルとにゃんごすたーのコラボ動画がありました。本来、カパルの手は指先まで緑です。アコギをそのまま弾くこともあるようですが、さすがにエレベでは手首から先が白黒の縞模様に変わっています。3本指は変わらないようですが…。

兜町商業学校

13年しか存在していませんが、始まりも終わりも所在地も目的も過不足なく残されています。

3年制の夜間学校で、昭和6年4月6日に開校しました。開校当初、同校は東株近辺の建物内(現在の日証館)にありましたが、その後、同取引所新本館の竣工(昭和6年9月)とともに、その5階に教室を移し、昭和19年まで開校されていました。

兜商の校長以下役員はすべて業界関係者で構成され、日常業務については取引所員がお世話をしていたとのことです。

日本取引所グループ>東証Arrows見学>兜町商業学校の校旗

戦前の東京株式取引所の所在地は兜町4番地です。現在の東京証券取引所の敷地の一部となります。1944年の閉校ということですので、何の迷いもなく「商業高校MAP」に反映することができます。

私はてっきり取引所会員企業の従業員が終業後に通っていたものと思っていましたが、「生徒たちは、例外なく証券関係などへの就職が確保されていた」との記述があります。

兜町と小網町に架かる「鎧橋」の兜町側には、中央区教育委員会による案内板が設置されています。

この案内板は「鎧の渡し跡」と題する次のような内容です。

伝説によると、平安の昔、源頼義が奥州討伐の途中、ここで 暴風逆浪にあい、鎧を海中に投げ入れ竜神に祈りを捧げたところ、 無事に渡ることができたので、以来ここを鎧が淵と呼んだといわれます。一説には平将門が兜と鎧を納めたところとも伝えられています。

中央区教育委員会の案内板

一方、中央区Webサイトでは兜町の地名の由来について次のように記載されています。頼義の長男が義家です。

源義家が奥州征伐の時、ここを通り暴風に出会うや、鎧を沈めて竜神に祈って無事なるを得ました。その帰途、近くに塚を築き鎧を埋めて神を祭ったという故事から生まれた町名です。

中央区>町名由来>日本橋茅場町・日本橋兜町地区

鎧を埋めた伝承から「鎧町」という地名になったのなら理解の範囲内ですが、これでは「兜町」の由来にはなりません。鎧から兜へ話が飛躍しています。兜町は明治になってからの地名です。

さて、平和不動産のWebサイトには兜神社に関する次のような記載があります。「日証館」とは平和不動産が入っているビルの名前であり、証券取引所ビルを管理しているのが平和不動産です。

日証館に隣接する場所に鎮座する神社は、証券界の守り神とされる兜神社です。
東京株式取引所(東京証券取引所の前身)が設けられるに当たり、明治11年(1878)5月に取引所関係者一同の信仰の象徴および鎮守として兜神社が造営されました。
なお、境内に安置されている兜岩の由来には次のような説があります。江戸時代、当地に屋敷を構えていた牧野氏邸宅内に、源義家(あるいは頼家)が兜を埋めたとも、俵藤太(藤原秀郷)が討ちとった平将門の兜を埋めたともいわれる兜塚と呼ばれる塚がありました。そして、この上にあった岩が兜岩であると伝えられています。

平和不動産株式会社>日本橋兜町の史跡

塚は鎧を埋めたものではなく兜を(も)埋めたものだったようです。ところで、源頼家は頼朝の次男であり、鎌倉幕府の第2代将軍です。時代が派手に異なりますので、おそらくは頼義の誤記なのでしょう。

なお、兜塚については、出陣前の戦勝祈願のために将門が自分で兜を埋めたという説もあるようです。また、北新宿にある鎧神社の境内には将門の鎧が埋められているそうです。将門説は薄いのかもしれません。

力行

「カ行」(かぎょう)ではなく「力行」(りっこう、りょっこう)です。鉄道用語は別にして、ほぼ死語となっているものと思われます。青空文庫を「力行」で検索すると20件ほどヒットしました。

冷淡なる社界論者は言ふ、勝敗は即ち社界分業の結果なり、彼等の敗るゝは敗るべきの理ありて敗れ、他の勝者の勝つは勝つべきの理ありて勝つなり、怠慢、失錯、魯鈍、無策等は敗滅の基なり、勤勉、力行、智策兼備なるは栄達の始めなりと。

北村透谷「最後の勝利者は誰ぞ」(初出1892年)

「勤倹」との組み合わせで「勤倹力行」として使われることが多いはずです。四字熟語と校訓の世界では現役です。「力行」を校訓として掲げている高校は確認できた範囲でも両手で足りません。

  • 滋賀・膳所「遵義、力行」
  • 島根・出雲西「誠実力行・明朗率直」
  • 宮城・亘理「質実剛健・勤勉力行」
  • 岩手・専大北上「質実剛健・誠実力行」
  • 鳥取・米子東「誠実 力行 明朗 率直」
  • 新潟・糸魚川「勤倹力行」
  • 熊本・専大玉名「報恩奉仕 質実剛健 誠実力行」
  • 神奈川・相川「質実剛健 進取力行 至誠明徳」
  • 宮城・気仙沼向洋「尚志 創造 力行」
  • 岡山・矢掛「至誠力行」
  • 北海道・音更「自律力行」
  • 岩手・江南義塾「公明 正大 自主 独立 勤倹 力行」
  • 宮城・佐沼「至誠 献身 窮理 力行」

1939年に設立された力行商業学校は1944年に戦時転換で力行工業学校となっていますが、どうやら商業校に復することなく閉校になっているようです。所在地についても判然としませんので、MAPでは小竹町の力行会館にマーカーを置きました。

【外部リンク】
学校法人 日本力行会>あゆみ(年代順)

東経大の国分寺移転時期

東京経済大Webサイトのメニューボタンで「概要・歴史」をクリックして「東経大の歴史」のページを開くと、次のような年表が示されます。

1900(明治33)年
 大倉商業学校開校
 9月1日、東京・赤坂葵町に開校。翌年1月、夜学専修科を開校。
1919(大正8)年
 高等商業学校への昇格、認可される。
 大倉高等商業学校となり、名門高商として全国にその名を馳せる。
1944(昭和19)年
 大倉経済専門学校と改称
1946(昭和21)年
 赤坂葵町から国分寺へ移転

東京経済大学>概要・歴史>東経大の歴史

旧制の高等商業学校なら、今の私にとっては関心の対象外ということになりますが、大倉高等商業学校には中等科が設置されていたようです。この中等科が戦争と学制改革を経てどうなったのか、これだけではわかりません。

実はサイト内検索で見つけましたが、下のスライドメニューで「東経大の歴史が分かる博物館」から「東京経済大学118年の歴史」に入り、1946年の「戦時下校名変更と国分寺への移動」をクリックすると、次のポップアップが出てきます。

戦時下にあった1943年1月、文部省が中学校令・高等女学校令・実業学校令を廃止し中学校令を公布したことに伴い、大倉高等商業学校中等科は東京大倉商業学校に改称。1944年4月には、大倉高等商業学校が大倉経済専門学校へと改称する。1945年5月25日、夜半からの空襲により、別館・書庫・職員集会所・物置を残し、校舎の大半が焼失。教職員と学生は、終戦の8月15日を疎開先で迎えた。
空襲による校舎消失により、1946年1月20日、戦災を受けた赤坂葵町の校地・現存建物と引き換えに、大倉財閥系の兵器会社であった中央工業所有の土地・青年学校宿舎・工員宿舎などの建物の取得を決定し、国分寺に校舎を移転する。

東経大の歴史が分かる博物館>戦時下校名変更と国分寺への移動

1943年1月に公布された「中学校令」とは「中等学校令」の誤記と思われますが、中等科は「東京大倉商業学校」に改称しています。文脈からして、改称されたのは1943年のことでしょう。

1943年に改称されたのなら、今回の「商業高校MAP」の対象となります。肝心なのは後段です。本体の大倉経済専門学校が移転したのはわかりますが、東京大倉商業学校が移転したとは記載されていません。

また、1946年1月20日は「建物の取得を決定し」た日かもしれません。Wikipediaの「東京経済大学」のページでは、この日を国分寺移転の日としていますし(2018/12/20現在)、そのように読めなくもありません。

ただし、港区教育委員会の「デジタル港区教育史」は、大倉経済専門学校の国分寺移転を1946年5月としています。1944年4月のNo772に次のような記載があります。

私立大倉高等商業学校 大倉経済専門学校と改称(昭二〇・五戦災により焼失、昭二一・五国分寺市南町一の七に移転)

デジタル港区教育史> 港区教育史 上/下 39

いずれにせよ高等商業学校の中等科だった「東京大倉商業学校」に関する記述はなく、ここで足取りが途絶えてしまいます。最終所在地が校舎焼失時のホテルオークラ隣接地なのか、移転後の国分寺なのか判断できません。

移転しなかった可能性のほうが高いと思われますので、MAPでは虎ノ門ツインビルにマーカーを置きました。なお、札幌と神戸の大倉山は大倉財閥ゆかりですが、横浜の大倉山は同姓の別筋ということです。