オモテのVから8年後のウラ制覇

1928年第14回大会のオモテの優勝は松本商(現・松商学園)です。主戦投手は中島治康だったようです。松本商は1936年第22回大会では、一転して「巡」ウラ優勝校になっています。

  • 岐阜商9-1平安中6-5桐生中3-1京阪商5-4静岡商27-4長野商
  • (信越大会)長野商4-0新潟商4-3丸子農商
  • (長野予選)《長野商10-7丸子農商》6-1上田中10-4飯田商10-7松本商

飯田商(現・飯田長姫)は前年の代表校ですから、番狂わせということでもないようです。たまたま予選1回戦がゴールデンカードになっただけなのかもしれません。

2年後の1938年にも両者は1回戦で対戦して松本商が代表になっています。松本商が夏の予選で飯田商に負けたのは1936年の1回だけです。

  • 1934年長野予選2回戦 松本商15-4飯田商
  • 1936年長野予選1回戦 飯田商10-7松本商
  • 1938年長野予選1回戦 松本商19-3飯田商
  • 1939年長野予選2回戦 松本商8-4飯田商
  • 1950年長野予選2回戦 松商学園6-4飯田長姫
  • 1951年信越大会決勝 松商学園1-0飯田長姫
  • 1958年長野大会2回戦 松商学園4-0飯田長姫
  • 1981年地区代表決定戦 松商学園14-0飯田長姫
  • 2000年長野大会3回戦 松商学園10-3飯田長姫

さて、松商学園高校のWebサイトには「昭和11年 松本市大字筑摩県町に校舎新築、11月移転式挙行」との記述があります。昭和11年とはまさしく1936年です。MAPに反映させるためには、移転の時期が問題になります。

Wikipedia「松商学園高等学校」のページの記載(2017/09/22現在)も微妙です。

1913年6月 – 埋橋に校舎を新築し移転。
1936年2月 – 松本市大字筑摩県町(県3丁目)に校舎を新築。

この「新築」が竣工の意味なら、4月から移転しているものと思われます。そう考えるのが自然です。11月は式典だけだったのでしょう。4月の新年度で移転して、式典が半年後というのはこの業界ではありがちなことのようです。

というわけで、MAPには現在の校地で反映させました。旧・松本商の所在地だった町域名としての「埋橋(うずはし)」は、松本城の南東になります。

ストリートビューは2010年11月撮影の松本城西側の内堀に架かる「埋橋」です。

校門の先はクスノキの並木

1930年第16回の「巡ウラ」優勝校は千葉の茂原農です。

  • 広島商8-2諏訪蚕糸3-0平安中15-0東北中3-2水戸中
  • (東関東大会)水戸中7-4茨城工22-8千葉師範
  • (千葉予選)《千葉中13-6千葉師範》15-1成東中21-3茂原農

2006年4月、茂原農は茂原工との統合で茂原樟陽(もばらしょうよう)高校になっています。旧・茂原農の校地と校舎が統合後の茂原樟陽に引き継がれているようです。

Wikipediaの「茂原樟陽」のページには、旧・茂原工の校地は工業校舎として使用されているかのような記載もあります(2017/09/19現在)。公式サイトを覗いてみた限り、旧・茂原工の校舎が今も使われている形跡はありません。

統合当初の数年間は旧・茂原農が本校舎、旧・茂原工は工業校舎という形で運用されていたのかもしれません。新校名「樟陽」のうち「樟」は、校門を入ったところにあるクスノキの並木に由来するものと思われます。

「姓名分布&ランキング 写録宝夢巣」さんによれば、「楠」姓は全国で864位、「楠木」姓は2734位だそうです。一般的にはクスノキは「楠」と書きますが、どうやらクスノキに「樟」、タブノキに「楠」を当てるのが正解のようです。

クスノキは西日本に多く分布しており、兵庫、佐賀、熊本、鹿児島の4県で「県の木」とされています。上記姓名ランキングでも、「楠木」姓や「楠」姓はやはり西日本に多い苗字です。

京都大学の正門から入った真正面の木がクスノキです。ストリートビューには雪景色の時計台前クスノキがありました。2015年1月撮影のものです。

もう1つ、ストビュー(2013年3月撮影)を埋め込んでおきます。鹿児島県姶良市の蒲生八幡神社境内にある「蒲生のクス」です。根元に木製の格子扉が見えますが、中には8畳分の空洞があるそうです。

樹齢1500年と言われるのは、1123年の神社創建時にすでに存在していたとされているからでしょうが、日本では自生しない(異説あり)というクスノキですから、誰かが植林したことになるわけです。

福岡農跡地は沖学園が継承

敗者復活戦が行なわれた1916年第2回大会の「巡ウラ」優勝校を辿ってみます。予選は九州大会の名称になっていたようですが、参加した10校はすべて福岡勢です。

  • 慶応普通部6-2市岡中5-4鳥取中9-6中学明善《広島商19-4中学明善》
  • (九州大会)中学明善9-2福岡工13-1福岡商25-0福岡農

福岡県立福岡農業高校のWebサイト「学校沿革」によれば、1916年当時の福岡県立福岡農学校は福岡市博多区竹下(当時の筑紫郡那珂村)に校舎があったようです。博多区竹下をGoogle Mapで開いてみました。

沖学園が怪しそうです。沖学園は1958年に博多商業高校として開校しています。福岡農が福岡市南区塩原に移転したのも1958年です。福岡農の校地は沖学園に払い下げられたものと思われます。

福岡県立博物館のWebサイトで公開されている1934年発行の「最新福岡市街及郊外地図」にアサヒビールの工場に隣接して「農学校」があります。確定です。

埋め込んだストリートビューは2014年1月撮影の沖学園です。脇の道路は「竹下通り」という通称のようです。

さて、福岡農は初参戦の1916年第2回から1954年第36回まで7回挑んで7連敗、1976年第58回以降は連続出場しており、初勝利は1977年第59回です。

1979年から1995年まで17年連続初戦敗退ですが、この間に沖学園と2度対戦しています。1987年は1対21、1993年は1対25という派手な最終スコアです。

野球部は弱小チームでも、福岡農は1948年2月の全国中等学校対抗駅伝で優勝しており、学制改革を経た翌1949年の高校対抗駅伝でもV2を果たしています。

今の「全国高等学校駅伝競走大会」は1950年が第1回です。1953年と翌1954年の第4回と第5回の優勝チームは、当時「福岡県立筑紫野高校」と称していた福岡農です。ただし、今の福岡農には陸上部あるいは駅伝部はないものと思われます。

純粋な農業科は全国規模でもすでに絶滅危惧種であり、今の福岡農に設置されているのは都市園芸科、環境活用科、食品科学科、生活デザイン科です。「土を耕し 心を耕し 未来を耕す」の校訓が色褪せないことを希望します。

南海学園とは

高校野球の選手権大会は今年が第99回でしたが、大会そのものが中止になったのが2大会あります。戦前の5大会は海外のチームにウラ優勝校の権利が発生していますが、私はこれを深追いするつもりはありません。

日本の占領下で日本語による日本式の教育が施されていたわけです。不用意に触れると、外国語のリアクションを頂く可能性があります。私にはそれに対処する能力がありません。

これらの教育機関がどう引き継がれたのか、現在の所在地がわかっても当時の所在地と一致するかどうか確認できません。台湾と韓国はまだしも、中国と北朝鮮に関してはストリートビューもごく限られています。

というわけで、外地を辿るしかない1925年第11回大会、1927年第13回大会、1929年第15回大会、1931年第17回大会、1937年第23回大会の計5大会はスルーするものとします。

また、私の基準でウラ優勝校「不成立」としたのが計15大会あります。この15大会については、ウラ優勝校を辿れないわけではありません。私はイミテーションだと思っていますが、もともとがウラ優勝校を決めるための大会ではないわけです。

一定のルール下で混在してしまう不純物は受け入れざるを得ないのではないかという思いに今は傾いています。そこで、これらの15大会については、「巡」ウラ優勝校として、次回以降ピックアップしていきます。

さて、台北一中は現在の「台北市立建国高級中学」に継承されているようです。「台北市立建国高級中学」の校舎は1908年築とされています。1920年代の台北一中とイコールと考えてよさそうです。

「台北市立建国高級中学」をストリートビューで訪ねてみました。埋め込んだストビューは2017年4月撮影のもので、「台北市立建国高級中学」の向かい側にある「南海学園」です。

これも学校なのかと思いきや、どうやら植物園や博物館や劇場といった付近一帯の文教施設の総称のようです。なるほど、植物園は文字どおりの「学園」です。「学園」で学校を想像してしまうのは日本人だけなのかもしれません。

高野連公式サイトの出場校一覧のページで、「学園」を含む学校名が初めて登場するのは1948年の浅野学園です。現在では単に「浅野高等学校」ですが、当時は「浅野学園高等学校」だったようです。

今年で100周年を迎えたらしい成城学園Webサイト「学園の歴史」のページには次のような記述があります。

1926(大正15)年には旧制7年制の成城高等学校が創られ、第二中学校はその尋常科(4年制)に組み込まれました。翌1927(昭和2)年には5年制の成城高等女学校を開設し、総合学園としての形が整います。この年、財団法人成城学園の設立が許可されました

戦前は学校法人の制度がありませんので財団法人としたのでしょう。成城が「学園」の草分けかどうかはまだわかりませんが、1927年ならかなり古い部類に入るはずです。

滋賀師範と四日市商

1919年第5回大会のウラ優勝校として滋賀師範と四日市商を認定したわけですが、次の課題は当時の校舎がどこにあったのかということになります。滋賀師範については、Wikipediaの「滋賀師範学校」のページに次のような記述があります(2017/09/16現在)。

1903年: 上堅田町から滋賀郡膳所町大字錦 (現 大津市昭和町・西の庄) の新校舎に移転。
3月、新校舎落成式を挙行。

「大津市昭和町」でMAP検索すると、ちょうど「西の庄」との町域境に滋賀大教育学部付属の小中学校と幼稚園があります。というわけで、MAPではその付近にマーカーを打っておきました。そんなに外れてはいないはずです。

四日市商は難題かもしれません。四日市商業高校公式サイトの記述は次のとおりです。

明治41年9月 浜一色校舎が新築落成、校章制定
昭和20年6月18日 戦火により校舎焼失

海軍工廠を抱えていた四日市が攻撃対象になるのは当然のことです。Wikipediaの「四日市空襲」のページには次のように記載されています(2017/09/16現在)。

1945年(昭和20年)6月18日午前0時45分、アメリカ軍B-29戦略爆撃機89機が焼夷弾11,000発・567.3トンを投下。
人的被害は、被災者47,153人、死者736人、負傷者1,500人、行方不明者63人。約1時間の絨毯爆撃で全市の35%が焼失、市街地は焦土と化した。

1945年国勢調査における四日市市の人口は94,696人です。上記ページによれば、空襲は8月8日まで計9回繰り返され、最終的な被災者は49,198人とされています。

現在の四日市市浜一色町は海蔵川河口付近の南側一帯です。iPhoneに「四日市ぶらり」のアプリをインストールして、1911年「四日市市実測図」を閲覧してみました。

現在の浜一色町に隣接する高浜町の四日市市立橋北中学校の校地に「商業学校」の文字を見つけることができました。道路を挟んで北側に卍マークがあります。これは天聖院だと思われます。意外とあっさり特定できました。

埋め込んだストリートビューは2013年4月撮影のものです。赤のマーカー付近から河口を向いた状態です。

四日市市役所のWebサイトで見つけた広報誌のバックナンバー(2016年6月上旬号|きらり四日市人vol.39)です。

燃えて崩れる家々に挟まれた狭い道路を通って南へ向かいました。水があって周りに燃えるものがない田んぼに逃げ、あぜ道に座り込みながら、市街の方角が赤く燃えているのをただ見つめるだけでした。
朝方に火は収まりましたが、余熱ですぐには近寄れませんでした。市街は焼野原となり、防空壕も焼けてなくなっていました。防空壕の中から逃げたくても逃げられず、大勢の人が生きたまま焼け死んでいったことを思うと、今も胸が痛くなります。