遠くの空

有安杏果の卒業メッセージは次のような言葉で締めくくられています。

★「ももパワー充電所」2018-01-15 12:00:00「ファンの皆様へ」

寒い日が続くけど、ぐれぐれも体調に気をつけて頑張ってくださいねっ。

遠くの空からだけど、ずっとみんなのこと応援してます。

この「遠くの空」とは、素直に解釈するとあの世か海外です。「卒業」して「普通の女の子の生活を送りたい」だけなら、ここは「同じ空」であるべきです。

やはり、海外を意味するものと思われます。横アリ前のラジオで音楽監督の武部聡志に語っています。

★2016年6月19日「武部聡志のSESSIONS」

BoAさんとか安室ちゃんとか、歌いながら踊れる人になりたいと思ってたんですよ、ずっと。ずっとそういうの聴いてて、洋楽とかも聴いたり、歌詞とか関係なくカッコいいサウンドを聴いたりしてましたね

2016年7月の「ココロノセンリツ Vol.0」では、セットリストの13曲目がCarole King「You’ve Got a Friend」で、14曲目がMR.BIG「TO BE WITH YOU」でした。

2016年11月に別府で開かれた「ココロノセンリツ Vol.0.5」でも、「TO BE WITH YOU」とエルトン・ジョンの「Your Song」が入っています。2017年1月のフォーク村ではドラム演奏とともに「ホテル・カリフォルニア」を歌っています。

2017年東名阪ツアー前のブラザートムとのラジオでは、 「ブルーノートで歌いたい」とも発言しています。南青山のブルーノートは300席弱のジャズクラブです。You Tubeの公式チャンネルには懐かしい名前がありました。

有安杏果の選曲によるEGO-WRAPPIN’の「くちばしにチェリー」からブルーノートの話題になっており、何も知らずに口にしたわけではありません。そんな引き出しも持っていたということになります。

ジャズはaikoの影響もあるのでしょう。ブルーノートの本家はニューヨークですが、「ブルーノートで歌いたい」がどちらを指しているのかはわかりません。

【2018/03/12追記】

「くちばしにチェリー」はブログにも登場していました。出発がダンスということもあるのでしょう。

★ももパワー充電所>jazzy♪(2014-12-14 21:59:32)

あっ、フォーク村ではなかなか披露する機会ないかもだけど
私、歌詞に惹かれるメロディアスなJ-POPも大好きなんだけど

意外と
身体で感じるjazzyな曲も大好きだったり・・・♪

「くちばしにチェリー」とか
ハードル高すぎるけど
いつか歌ってみたかったりする(^m^)

ニュルブルクリンクの魔物

今年に入ってからYou Tubeにあがっていたロードレース(自転車)の動画を見ていました。そのついでに、どうしても見たくなったのが、F1のかなり荒れたレースでした。有力ドライバーが次々と脱落し、最後はベテランが制したレースです。

2000年前後、雨のいたずら、ヨーロッパのコース、という漠然とした記憶しかありません。最初はシルバーストーンで探してみましたが、該当するレースはありませんでした。

1999年9月の第14戦、ドイツのニュルブルクリンクで開催されたヨーロッパ・グランプリこそが、私が見た中でもっとも面白かったF1のレースです。当時は全16戦でしたので、第14戦を含めて残り3戦です。

ポイントは、1位10P、2位6P、3位4P、4位3P、5位2P、1位1Pで与えられます。第13戦までのドライバーズ・ポイントは次のとおりでした。まだ、4人に優勝のチャンスがあります。

  • 60P ハッキネン(マクラーレン)予選3位
  • 60P アーバイン(フェラーリ)予選9位
  • 50P フレンツェン(ジョーダン)予選1位
  • 48P クルサード(マクラーレン)予選2位

フレンツェンは無限ホンダ初のポールポジションで、ハッキネンの7戦連続ポールを阻みました。ジェネ(ミナルディ)のトラブルでスタートはやり直しとなり、再スタートでハッキネンが2位に浮上します。

1コーナーで予選7位のヒル(ジョーダン)がスローダウン、予選11位のヴルツ(ベネトン)がヒルをかわそうとして予選13位のディニス(ザウバー)と接触、ディニスのマシンは裏返しになります。

この事故でセーフティーカーが入り、レース7周目に再開します。ニュルブルクリンクの魔物はしばらく息を潜めます。雨が降り始めた17周目の上位陣は次のとおりです。

  • 17周目1位 フレンツェン(ジョーダン)50+10
  • 17周目2位 ハッキネン(マクラーレン)60+6
  • 17周目3位 クルサード(マクラーレン)48+4
  • 17周目4位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+3
  • 17周目5位 アーバイン(フェラーリ)60+2
  • 17周目6位 フィジケラ(ベネトン)13+1

このまま終われば年間チャンピオン争いからクルサードが脱落して、ハッキネンからフレンツェンを挟んでアーバインまで3者が6ポイント差という熾烈なデッドヒートになります。

フェラーリのピットにはレインタイヤが用意されていたもののアーバインがドライタイヤを要求したため、右リアタイヤが間に合わずピットストップが28秒というロスが生じたのでした。

また、20周目にいち早くレインタイヤに履き替えたハッキネンは、雨が上がり路面が乾くにつれて徐々に後退し、ドライタイヤに戻したときには周回遅れになってしまいます。

  • 26周目1位 フレンツェン(ジョーダン)50+10
  • 26周目2位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+6
  • 26周目3位 クルサード(マクラーレン)48+4
  • 26周目4位 フィジケラ(ベネトン)13+3
  • 26周目5位 バリチェロ(スチュワート)15+2
  • 26周目6位 トゥルーリ(プロスト)1+1

このまま終われば、3人が60ポイントで並び、クルサードも52ポイントです。ラルフのピットイン後、クルサードは2位に上がります。1位10ポイントで2位6ポイントですから、第15戦と第16戦を連勝すれば6ポイント差は自力で逆転できます。クルサードの2位確保には大きな意味があります。

33周目、トップのフレンツェンと2番手のクルサードが同時にピットイン。フレンツェンはトップのままコースに復帰したものの電気系のトラブルによって1コーナーの先でストップし、リタイアします。

  • 34周目1位 クルサード(マクラーレン)48+10
  • 34周目2位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+6
  • 34周目3位 バリチェロ(スチュワート)15+4
  • 34周目4位 フィジケラ(ベネトン)13+3
  • 34周目5位 ハーバート(スチュワート)2+2
  • 34周目6位 ヴィルヌーヴ(BAR)0+1

これでクルサードがトップに立ち、そのままゴールすれば10ポイント獲得です。フレンツェンの0ポイントは確定し、ハッキネンとアーバインも入賞圏外ですから、このまま終われば、残り2戦で2ポイント差に3人がひしめく大混戦です。

35周目、再び雨が強く降り始め、挙動を乱すマシンが出てきます。ニュルブルクの
魔物はまだ手を休めません。37周目、クルサードがコースアウトしてリタイアします。

  • 40周目1位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+10
  • 40周目2位 フィジケラ(ベネトン)13+6
  • 40周目3位 ハーバート(スチュワート)2+4
  • 40周目4位 トゥルーリ(プロスト)1+3
  • 40周目5位 バリチェロ(スチュワート)15+2
  • 40周目6位 ヴィルヌーヴ(BAR)0+1

7位まで上がっていたアーバインはレインタイヤに変えますが、これが裏目に出ます。ラルフがピットインした45周目にはもう路面は乾き始めました。ラルフのピットインで1位を奪ったのはフィジケラでした。

  • 47周目1位 フィジケラ(ベネトン)13+10
  • 47周目2位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+6
  • 47周目3位 ハーバート(スチュワート)2+4
  • 47周目4位 トゥルーリ(プロスト)1+3
  • 47周目5位 バリチェロ(スチュワート)15+2
  • 47周目6位 バドエル(ミナルディ)0+1

フィジケラは勝てば初優勝です(本当に勝っていればベネトン最後の優勝でした)。ミナルディのバドエルが6位入賞圏内です。ミナルディの入賞は1995年最終戦以来ありません。このまま終わっても十分に「波乱」です。

49周目、アーバインを周回遅れにしたフィジケラがコースアウト、タイヤバリアで
ステアリングを投げ捨てたフィジケラは、外に出たあと金網にもたれたまま顔を上げません。これで、ラフルが再び1位となります。

ラルフが勝てば初優勝を地元で飾ることになります。ニュルの魔物はまだ牙を研いでいました。フィジケラのリタイア直後、ラルフは右リアをバーストして大きく後退します。6位に浮上していたアーバインはレインタイヤをドライに履き替えるために3回目のピットインです。

  • 60周目1位 ハーバート(スチュワート)2+10
  • 60周目2位 トゥルーリ(プロスト)1+6
  • 60周目3位 バリチェロ(スチュワート)15+4
  • 60周目4位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+3
  • 60周目5位 ヴィルヌーヴ(BAR)0+2
  • 60周目6位 ジェネ(ミナルディ)0+1

このあと、ヴィルヌーヴがリタイア(完走扱い)して、アーバインが6位、ハッキネンが7位に浮上します。64周目、アーバインの左フロントがロックして、競っていたハッキネンが6位に上がり、ハッキネンは最終周回でジェネもかわして4位に食い込みます。

  • 1位 ハーバート(スチュワート)2+10
  • 2位 トゥルーリ(プロスト)1+6
  • 3位 バリチェロ(スチュワート)15+4
  • 4位 ラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ)32+3
  • 5位 ハッキネン(マクラーレン)60+2
  • 6位 ジェネ(ミナルディ)0+1

ハーバートは4年ぶりの優勝、スチュワートとしては3年目の初優勝です。翌年からジャガーに引き継がれましたので、最後の優勝でもあります。もちろん1-3フィニッシュも初めてです。

F1参戦3年目のトゥルーリは初めての表彰台で、2回目は2003年ドイツまで待たなければなりません。プロストチームの2位は2年ぶり2回目(最後)で、プロスト・プジョーとしてはこの1回きりです。

3位に入ったバリチェロは翌年からフェラーリに移籍し、ミハエル・シューマッハとともに黄金時代を築きます。なお、ミハイルはこの年のイギリスグランプリで負傷して欠場中でした。

結果的に第15戦はアーバイン優勝でハッキネン3位、第16戦はハッキネン優勝でアーバイン3位でしたので、荒れた第14戦のラスト2周でハッキネンが奪った2ポイントは重かったわけです。

楽曲のモータープール

「島唄」はウチナーグチ・バージョンが1992年、スタンダード・バージョンが1993年リリースです。「島唄」を歌った4人編成のTHE BOOMには、その名も「モータープール」という楽曲があります。

「モータープール」 は、THE BOOM6枚目のオリジナル・アルバム「極東サンバ」の収録曲で発売は1994年です。歌詞は別ブログに掲げました。タイトルこそカタカナですが、歌詞中ではアルファベット表記です。

ここで歌われている「Motor Pool」が関西風の貸駐車場を意味するのか、それとも関東風の車両置場を表しているのかが問題です。数百台規模の後者ではないかと私は解釈しています。

作詞の宮沢和史は甲府市内の小中学校から甲府南高、明治大と進んでいますので、関西圏ではなく四国でもありません。1966年生まれですので、1994年は20歳代の後半です。

仮に関西風の貸駐車場を知っていたとしても、関東圏では通じない「モータープール」を積極的に使う理由はありません。

ROSSOというロックバンドにも「モーター・プール」という楽曲があります。2002年発売のファーストアルバム「BIRD」に収録されています。こちらは立体駐車場のようです。

作詞のチバユウスケは鎌倉出身の1968年生まれで、湘南学園高から明学大に進学しています。発売当時は30歳代の半ばです。立体駐車場ですので、車両置場ではなく貸駐車場ということになります。

大江千里の「BOYS & GIRLS」には歌詞の中に「モータープール」が登場します。1984年発売のセカンドアルバム「Pleasure」の収録曲です。2014年に槇原敬之がアルバム「Listen To The Music 3」でカバーしています。

RAZZ MA TAZZの「EYES」にも「モータープール」が出てきます。1996年発売のサードアルバム「PRESENT」の収録曲です。このアルバム、オリコン2位だそうです。

「BOYS & GIRLS」の大江千里も「EYES」を作詞した阿久延博も大阪出身で関西の大学です。当然のように「モータープール」とは貸駐車場のことだと思われます。

最近では、たこやきレインボーの「絶唱!なにわで生まれた少女たち」で「モータープール」がネタ的に使われています。たこやきレインボー3曲目のシングルで2014年の発売です。作詞は大阪出身の前山田健一です。

というわけで、「絶唱!なにわで生まれた少女たち」のMVを埋め込もうと思っていたわけですが、先日公開されたばかりのこの動画にしておきます。

私はPCに向かうときは、You Tubeを自動再生しています。動画を見ているわけではなく、音声だけ聞いています。てっきり本人だと思っていました。

曲は「灰とダイヤモンド」の落ちサビで、歌っているのはたこ虹のイエローでセンターの清井咲希です。たこ虹の赤は2014年に卒業しており、「絶唱!なにわで生まれた少女たち」は現在の5人編成になって最初の曲です。

さらば涙と言おう

「さらば涙と言おう」は、2012年8月の第42回で6位入賞の実績があります。当時は精密2です。今回第114回ヒトカラ選手権では決勝第1ラウンドを終えて得点順3位をキープしていますので、5年ぶり2回目の入賞はほぼ確実です。

この曲は1971年放映のTVドラマ「おれは男だ!」の主題歌であり、オリジナルは森田健作です。

◆2017/12/13 歌詞掲載部分を削除してタイトルを変更しました。移転先のページは「さらば涙と言おう/森田健作/1971年/詞:阿久悠」です。

2013年に発売された河口恭吾のカバーアルバム「昭和40年男たちのメロディー」の1曲目が「さらば涙と言おう」です。

歌詞サイトの歌詞が食い違うという現象は珍しくありませんが、原因がはっきりとわかるケースはなかなかありません。ゴスペラーズはオリジナルに忠実な「悲しさ」です。

なお、「さみしさ」については、歌詞サイトは例外なく「み」でした。DAMのテロップも「み」です。You Tubeでカラオケや弾き語り音源を聴いても、ほとんどが「み」です。「び」はごく限られた少数派でした。

「み」の出現は江戸時代に遡るそうですから、1970年代初頭の男性ボーカルに「み」があっても何の不思議もありません。

桃色吐息は「さびしい」

精密DXの第112回ヒトカラ選手権が終了しました。来月には新機種が出るようですので、ますますLIVE DAM無印は希少種となりそうです。DX無印の単独回はもう無理かもしれません。

第112回で4位入賞の「桃色吐息」は2014年第66回のイチ抜け曲です。LIVE DAM無印の前の機種はPremiere DAMですが、Premiere DAMの精密2で私の自己ベストは「桃色吐息」の92点です

「桃色吐息」は高橋真梨子がソロになって10曲目のシングル曲で、カメリアダイヤモンドのCM曲だったそうですが、あいにく私には記憶がありません。半音13個分という音域の狭い曲でもあります。私はキーを6個上げてオク下で歌っています。

私は、ペドロ&カプリシャスが解散して高橋真梨子がソロになったのだと30年以上に渡って信じ込んでいましたが、ペドロ&カプリシャスは5代目ボーカルを迎えて今でも活動中だそうです。

◆2017/12/12 歌詞掲載部分は別ブログ「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」「桃色吐息/高橋真梨子/1984年/詞・康珍化」に移しました。

さて、第112回は既イチ抜け曲を8曲エントリーしていました。これは魂胆のある選曲です。既イチ抜け曲8曲の入賞はほぼ確実です。最後の1枠に滑り込んだ曲が自動的にイチ抜けとなります。

転調などほとんどなく3分で終わる70年代の曲と、転調が当たり前で5分以上がザラという最近の曲を同じフィールドで競わせるのは無理があります。エントリーは15曲に絞りました。

結果的には「白いパラソル」と「未来予想図II」が伸び悩み、2014年1月リリースの「七色のスターダスト」が5位入賞でイチ抜けを果たしました。2010年以降の曲としては、第83回の「ふるさとは今もかわらず」以来のイチ抜けになります。

まあ、「作詞:伊勢正三・南こうせつ、作曲:南こうせつ」ですから、ある意味では70年代そのものですが…。

ところで、先日の第113回予選第2ラウンドが終わって、帰り支度を始めたときのことです。この日はエントリー30曲を歌ったあとで、デフォルト・キーで歌ってしまった「さらば青春」を+3で歌い直しました。

帰り際の習慣で「ここだけ採点ランキング」を見ると、こんな感じでした。「ここだけ採点ランキング」は3か月保存です。

「Tシャツに口紅」、「さよならの向う側」、「いつでも夢を」、「三枚の写真」はその日に私が歌った曲です。「白いパラソル」、「ラヴ・イズ・オーヴァー」、「蒼いフォトグラフ」の3曲は第110回で私が出したものです。

残る「未来予想図II」はカラオケ定番曲です。私が歌ったのかもしれませんが、そうでない可能性もあります。DX-Gでは最近はエントリーしていないはずです。第112回のリベンジの意味合いで、画面タッチして32曲目を歌ってみました。

私のDX-Gにおける自己ベストは「水色の朝」の98.8点台です。去年の春から更新していません。「未来予想図II」で98.9点台が出てしまいましたが、ログアウトしたあとでしたので非公認の参考記録とします。

帰宅後に調べてみたところ、97.2点台の「未来予想図II」は第110回の最終ラウンド終了後に私が歌ったものでした。なお、録音していた98.9点台の音源を聴いてみましたが、別にそんなに上手くはありませんでした。

「あたし」だから、できたこと

◆2017/12/08~サブブログ開設に伴い、主要部分を移記しました。上段が「あたし」、下段が「淋しい」です。
【あたし】Link Link/ももいろクローバーZ/2015年」
「Link Link/ももいろクローバーZ/2015年/詞・只野菜摘」

「Link Link」は2015年3月発売の14thシングル「青春賦」のカップリング曲です。公式チャンネルでは「青春賦」トレーラーに1番のサビが収録されています。

私は「Link Link」を+3のキー上げオク下で歌っています。精密DX-Gでは抑揚とビブラートで苦戦していて、自己ベストはボーナス加点前の素点で94.8点台、ボーナス加点後で96.3点台です。音程もまだ90%に届いたことはありません。

「わたし」と「あたし」

精密DX-Gによる第112回ヒトカラ選手権の予選第1ラウンドが終わりました。97点オーバーは「パステルラヴ」、「いい日旅立ち・西へ」、「ひまわりの丘」、「三枚の写真」、「M」の5曲でした。

96点台後半が「秋の気配」、「七色のスターダスト」、「キミノアト」、「揺れる想い」、「君への道」、「さらば恋人」です。入賞ラインは97点台中盤、イチ抜けラインは98点台に落ち着くものと思われます。

ラスト31曲目に歌った堺正章「さらば恋人」は、どうやらヒトカラでは初めて歌った曲のようです。精密2の時代の記録を調べたところ、「街の灯り」は見つかりましたが、「さらば恋人」は入っていませんでした。

はるか昔にタカラで歌った記憶があります。この趣味を始めてもう10年近くになるというのに、そんな曲がまだ残っていたとは意外です。初めて歌って96点台後半なら、今シリーズのうちに98点台に届くかもしれません。

さて、DX-Gですからエントリー曲について今回も縛りはかけませんでしたが、次回の精密DX無印では「自己ベスト91点台の曲」縛りとし、その次は「ビブラート8/10を出したことのある曲」縛りとします。

今回のエントリー曲は第110回を一部差し替えただけです。春を待つ曲である「東京メルヘン」をこの季節に歌うのは、さすがに気が引けます。で、「東京メルヘン」については、同じ木之内みどりの「横浜いれぶん」に差し替えました。

1976年11月発売の「東京メルヘン」では一人称名詞である「私」が3回出てきます。

▲2017/12/10 歌詞掲載部分を削除しました。「わたし」と「あたし」については、サブブログ「寂しい/淋しい/さびしい/さみしい」でフォローしていきます。→「【あたし】横浜いれぶん/木之内みどり/1978年」

30曲目に歌った有安杏果「心の旋律」には、歌詞表示がひらがなの「あたし」が6か所あります。ブルーレイ付属のライナーノートでも、ひらがな表記で「あたし」です。

女性曲を歌うことの多い私にとって、この「わたし」と「あたし」は非常に興味深いテーマの1つです。ビジネスメールでの「あたし」はNGでしょうが、書くときは「私」でも口にするときは「あたし」というケースは多いはずです。

1970年代の「わたし」と「あたし」には、かなり隔たりがあったように私は理解しています。「わたし」のほうがある意味で上品であり、「あたし」は良く言えば庶民的です。

1980年代初頭の少女漫画「いつもポケットにショパン」で、主人公の須江麻子が幼馴染の緒方季晋と電話で会話するシーンがあります。ケータイ電話など想像すらしていなかった時代の物語ですから、もちろんイエ電です。

緒方季晋は麻子と麻子の母親である須江愛子の声が似ていること、麻子は「あたし」と言い、愛子は「わたし」と言うことから、電話口でも両者を区別できることを指摘します。

私が「わたし」と「あたし」を気にし始めた最初のきっかけかもしれません。

 

川嶋あいの「旅立ちの日に…」でも、DAMの歌詞表示は「私」に「あたし」のルビがあり、音源を聴いても「あたし」と歌っています。このテーマは今後も定期的に扱い、最終的には固定ページに集約したいと考えています。

(1)時代とともに「あたし」派が増えてきた。ただし、公私で使い分けられていることが多い、(2)「あたし」は西日本ほど勢力が強い、という仮説を掲げておきます。