銅鑼湾書店事件の拉致犯の告白

2015年10月から12月にかけて香港・銅鑼湾書店の関係者5人が次々と「失踪」する事件がありました。雨傘運動は2014年で、行政長官選挙が2016年3月に予定されていました。事件の詳細は末尾外部リンク群に譲ります。

5人は中国当局に拘束されたわけですが、私が不思議に思っていたのは中国当局の意図です。禁書を中国人に販売(郵送)した人物を中国国内で拘束するのはセーフです。1人目のオーナーはタイで、5人目の株主は香港で拉致されています。

これは明らかにアウトです。5人目に関しては香港からの出境記録が残っていないそうです。釈放後、本人は自ら出頭したと語るだけで中国に入ったルートを明らかにしていません。

1人や2人ならいざ知らず5人も拉致すると、さすがに国際ニュースになるでしょう。中国当局としては、ある程度のニュースにしたいという思惑もあるのだろうと私は考えていました、

単に銅鑼湾書店を閉店に追い込むだけなら(あるいは禁書を販売しないようにするだけなら)、5人も拉致する必要はありません。ましてわざわざ香港に帰す理由もありません。人道的な見地から帰国を認めたはずはないのです。

帰す以上は何らかのメッセージとともに香港に帰ってもらう必要があります。4人目に釈放された店長は釈放2日後に告発会見を開きます。これが中国当局にとってハプニングだったのか、それとも想定内だったのかの評価は私にはできかねます。

ただ、この告発会見で拘束の詳細が語られたことは、結果的に2つの効果をもたらしています。中国は国際的な批判を浴びることになりますが、一方で香港市民や台湾に対しては確実にプレッシャーを与えることができたのです。

とうとう拉致した側からの証言も飛び出してきたわけですが、やはりその目的は「香港にいるすべてのトラブルメーカーに恐怖心を与える」ことだったようです。今年4月に台湾に亡命した元店長の足取りは次のとおりです。

2015/10/24 深圳市羅湖の入境審査所で「中央専案組」に拘束
2015/10/25 浙江省寧波に連行
2016/2   軟禁先で香港メディアの取材を受ける
2016/3   広東省韶関市に移送
2016/6/14 釈放
2016/6/16 記者会見
2019/4/25 台湾に移住

林栄基元店長の足取り
元店長の足取り(Google Earthプロ)

なお、Wikipedia「銅鑼湾書店」のページでは、2015年10月15日に最初の2人が行方不明になったかのように記載されていますが、日経ビジネス16/1/13などはこの2人が10月26日に失踪したとしています。

【外部リンク】
香港独言独語>銅鑼湾書店(2)(個人ブログ、2005/2/9)
香港BS>反中国書店の香港人経営者が行方不明(2015/11/16)
Newsweek>香港「反中」書店関係者、謎の連続失踪──国際問題化する中国の言論弾圧(2016/1/6)
BBC>香港の書店で相次ぐ失踪 中国政府の汚職や色恋を出版(動画、2016/1/11)
BBC>失踪の香港書店関係者、中国テレビで過去の犯罪「自白」(2016/1/18)
AFP>香港の出版社員失踪、中国公安が3人の拘束を認める(2016/2/5)
香港BS>誘拐された反中書店の1人がTV出演!そして驚きの発言(2016/3/1)
CNN>失踪の書店主、香港に戻る 拉致説を否定(2016/3/25)
BBC>失踪の香港書店店長「歯ブラシ自殺監視下」にあったと(2016/6/17)
香港BS>中国で失踪した銅鑼湾書店のラムさんが中国当局からの監禁を暴露(2016/6/17)
日経ビジネス>銅鑼湾書店事件、「ノーと言える香港人」の告発(2016/6/22)
NHK放送文化研究所>香港,行方不明だった書店幹部が「テレビでの罪の“自白”は強制されたもの」と表明(2016年8月号)
東洋経済>書店店長の「平凡な香港人」が語る自由の重み(2017/3/23)
社会評論社>【寄稿】香港・銅鑼湾書店(跡?)に行ってきました。(2017/10/26)
香港BS>銅鑼湾書店の桂民海、再び中国で連れ去られる(2018/1/23)
西日本新聞>中国、ゆがんだ捜査 長期拘束の香港元店長語る(2019/5/6)
FNN>中国で逮捕状なしの拘束・尋問  香港を脱出した男が語る恐怖の真相(2019/9/19)
大紀元時報日本>豪に中共スパイが亡命 諜報工作を暴露 専門家「70年来の最大の情報漏えい」(2019/11/25)

ながらスマホの悲劇

在香港日本国総領事館による一連の注意喚起では、上水(じょうすい)の衝突で死者が出たことは触れられていません。11月13日正午ごろ、上水駅前でデモ隊と反デモ隊がレンガを投げ合うという衝突が起き、70歳男性が死亡しています。

上水付近
上水付近(Google Earthプロ)

上水は深圳との「国境」まで約3.5キロの至近距離です。中国「国境」近くのストリートビューはおおむね1キロほどのところで行き止まりになります。そこから先は許可がなければ立ち入れない「香港辺境禁区」です。

埋め込んだのは2009年5月のストビューです。上水駅の隣が「国境」の羅湖駅です。羅湖駅でも駅舎の外に出ることは地域住民以外は許されていません。羅湖駅から深圳駅に続く専用通路で出入境手続ができるようになっています。

上水は実質的に「国境」の町であり、観光客が訪問できる香港最北の町と言ってもいいのかもしれません。ずいぶん怪しげな施設であるらしい新屋嶺拘置所も香港辺境禁区内にあります。

さて、動画を見ると70歳男性は双方の最前線に立ってスマホ撮影中だったようです。レンガが頭を直撃した数秒前、前からも後ろからもレンガが飛びかっていますが避ける様子はありません。

危険な状況で自ら視界を塞いでいたわけです。報道を総合すると、デモ隊と道に置かれたレンガを片付けようとする反デモ派との間で衝突が起きたようです。50人以上の負傷者が搬送され、翌14日の朝に彼は亡くなっています。


区議会議員選挙を受けて

こちらの動画は37秒ほどでリピートされますが、この動画だけでは何もわかりません。 そもそも投票日当日に撮影されものなのか、バスが停まっているのが投票所の前なのか、 渡しているポチ袋には何が入っているのか、ポチ袋を渡しているのが建制派(親中派)なのか、 決定的な動画であるとは言えません。

ただ、こういうことはあっても不思議ではないと私は理解しています。 私は選挙自体が延期という名の中止になるのだろうと考えていました。 監視団が張り付いていて操作ができないなら、この結果になることは十分に予見できたはずです。

監視に慣れていても選挙には慣れていなかったのかもしれませんが、小選挙区制では452議席中388議席も起こり得る話です。香港政府あるいは中国政府にどんな目算があって選挙を認めてしまったのか、今のところ首を傾げるばかりです。

10月後半の香港デモ

10月18日付では、梳士巴利花園(ソールズベリー芸術広場)と西九龍駅をマッピングしました。

今週末について,20日(日)13時30分から九龍エリア(梳士巴利花園~西九龍駅)で行われる民間人権陣線主催のデモ行進(警察不許可)は,16日(水)に民陣召集人(ジミー・シャム氏)が何者かに襲撃されたこともあり,大規模になることが予想されます。また,最近の抗議活動では,デモ行進終了後も,一部の抗議者と警察の間で対峙・衝突に発展したり,抗議者が火炎瓶の投てき,警察署関連施設やMTR駅,商店・レストランなどの破壊・放火等をゲリラ的に行うなど,過激化する例が見られます。

1018 香港における抗議活動に関する注意喚起(その46)

なお、10月16日の襲撃事件については、旺角警察署から徒歩3分の商業地ということですが特定には至っておらず、MAPには旺角で反映しました。

10月31日付では、ビクトリアパーク、中環、天后、銅鑼湾、湾仔、金鐘。太子駅、中環駅をマッピングしました。

29日,香港警察はプレスリリースを発出し,10月31日(木)夜,ハロウィーンに合わせて銅鑼湾(ビクトリアパーク)~中環で行われる不許可の集会及びデモ行進への参加がインターネット上で呼びかけられており,当該地域の店舗等に対して最新の状況に留意の上,必要に応じ早めに閉店する等,安全確保のための注意を呼びかけた旨周知しました。また,天后,銅鑼湾,湾仔,金鐘,中環一帯で道が塞がれる等の可能性に触れ,市民に対して極力同エリアに行かないよう併せて注意喚起しています。これに合わせ,MTRは一部の駅を早めに閉鎖することを決定しています(太子駅は14時,中環駅は21時に閉鎖)。

1031 香港における抗議活動に関する注意喚起(その48)

この時期、在香港日本国総領事館はデモや集会の予定を専用のWebページを用いて広報するようになりました。したがって、「注意喚起」で具体的な地名が登場することは少なくなっています。抗議活動が下火になったわけではありません。

香港BS(HK BUSINESS SOLUTION)のWebサイトに10/26から11/3の抗議集会のスケジュールが掲載されていました。一部を引用します。

■10月27日(日)
・尖沙咀(チムサーチョイ)梳士巴利花園(Salisbury Garden)
追究警暴 守護民衆 與記者同行:15時~、警察の暴力追求を訴える集会
・観塘(クントン)海浜花園
自由紙鶴追悼会:16時~、鶴を折り亡くなった方を追悼
■10月31日(木)
・太子(プリンスエドワード)
831恐襲撃兩個月:太子駅にて追悼

香港BS>今週末以降の最新デモ関連スケジュール(10/25)

9月13日の金鐘・レノンの壁や10月7日に太子駅で開かれたのも「追悼集会」でした。「追悼」とはどういうことなのでしょう? マスコミ的には今回の抗議活動による最初の死者は11月に入ってからです。

自殺で処理されたケースや行方不明はあり得ることだと私は考えていますが、どうやら8/31の太子駅での衝突で複数の行方不明者が出たのだとデモ側は認識しているようです。

10月前半の香港デモ

10月2日付の「その39」にはマッピングできる地名がありませんでした。同じ10月2日付では次のような注意喚起が掲載されています。ギアが1段加速したわけです。10月1日は警察による実弾の発砲があった日です。

香港警察から,香港各地での抗議活動の影響により,市民は安全な場所に留まり,外出を避け,最新の状況を入手するようプレスリリースがありました。

1002 香港における抗議活動に関する注意喚起(その40)(令和元年10月1日分)

10月4日付の「その41」では太古駅、コーンヒル、太古城中心、九龍をマッピングしました。九龍はやや漠然としていますが、デモが許可されないなら申請するのも手間なだけです。

1 本3日晩,太古城地区で,抗議者や市民が集結し,警察と対峙しています。MTR太古駅,コーンヒル,太古城中心等で抗議活動が行われている模様であり,22時過ぎに警察は催涙弾を発射しました。太古駅はもうすぐ閉鎖されるとの情報もあります。
2 また,九龍地区でも抗議活動が行われており,今後,その他の地域にも広がり,抗議者と警察当局との対峙・衝突が激しくなる可能性もあります。

1004 香港における抗議活動に関する注意喚起(その41)(令和元年10月3日分)

「その42」のショッピングセンターは個別の施設を特定できないため、荃湾、沙田、青衣、九龍、将軍澳をマッピングしました。九龍湾については九龍湾駅としています。もちろん発砲現場もMAPには反映させています。

なお、ショッピングセンターが使われるのは、公共施設である公道や公園と異なり、 施設管理者の要請がない限り容易に警察が踏み込めないという事情があるものと思われます。

(1)10月4日(金)
● 21時~ 実弾発砲された高校生を応援するための合唱(於 香港全区のショッピングセンター)
(2)10月5日(土)
● 13時~ ショッピングセンター内を歩き回る運動(於 荃湾,沙田,青衣,九龍,九龍湾,将軍澳のショッピングセンター)
● 19時~ 国際人道支援を求める集会(於 銅鑼湾・ビクトリアパーク)
(3)10月6日(日)
● 14時~ 警察暴力反対集会(於 銅鑼湾・ビクトリアパーク)
(4)10月7日(月)(重陽節)
● 19時~ 抗議活動関連「義士」の追悼集会(於 太子駅)
2 最近の抗議活動では,警察から不許可とされた場合でも,予定されていた時刻の前後に多数の市民が集まって抗議活動が行われ,その後に火炎瓶の投てきや放火,設備の破壊が行われるなど,過激化する例が見られます。また,警察署関連施設やMTR駅が攻撃対象となったり,モールでの集団合唱や親中派と見なされた商店・レストランの破壊などの行為がみられ,中には警察と抗議者の間や市民同士で衝突が発生した例も見られます。
3 特に,10月1日には,抗議者と警察の衝突の中で,警察が実弾を発砲し,負傷者が出る初の事案が発生しました。なお,警察は記者会見の中で,同日は4ヵ所で計6発の実弾を発砲した旨明らかにしています

1004 香港における抗議活動に関する注意喚起(その42)

10月8日付の「その43」では銅鑼湾と中環をマッピングしました。

1  本5日零時から,違法な集会等で身分識別を相当程度妨げるマスクを使用することを禁止する「マスク禁止規則」が施行されました。昨4日晩には,同規則制定に反発した抗議活動が複数で行われ,抗議者がMTR諸駅や商店を破壊等しました。その中で,実弾による負傷者が発生し,またMTR全線はじめ多くの公共交通機関が運行を停止しました。
2  本5日は,午後から抗議者が銅鑼湾に集結して西進してデモ行進し,中環で抗議活動が続いています。これまでの例を見ても,抗議活動は,香港島北部一帯のほか,九龍・新界の他地域に広がる可能性があります。
3  また,香港MTRは,エアポートエクスプレスの香港駅-空港駅間の直行を除いて運行停止が続いています。また,一部公共・商業施設が閉鎖されるほか,一部のスーパーマーケット,コンビニエンスストア等が営業時間を短縮し,早めに閉店しているところもあります。
4  本5日午前,香港警察はアラートメッセージを発出し,今後数日間は無許可の公衆活動が行われ,混乱を引き起こす可能性がある旨注意喚起しました。
明6日は「マスク禁止規則」に反対する大規模デモがネット上で呼びかけられており,また7日にも抗議活動が予定されているところ,呉々も注意が必要です。

1008 香港における抗議活動に関する注意喚起(その43)(令和元年10月5日分)

「その44」では銅鑼湾、中環、尖沙咀、油麻地、旺角、太子をマッピングしました。

1  本6日は,午後から抗議者が銅鑼湾に集結,西進してデモ行進し,15時現在,中環まで到達しています。また,尖沙咀,油麻地,旺角,太子等でも抗議活動が行われています。
これまでの例を見ても,抗議活動は,香港島北部一帯や九龍・新界の他地域に広がる可能性があります。
2  また,本6日15時頃,香港警察はアラートメッセージを発出し,無許可の公衆活動により恐らく暴力と混乱が生じるだろうとして,極力外出を控え,警察プレスリリース等の情報に留意するよう注意喚起しました。

1008 香港における抗議活動に関する注意喚起(その44)(令和元年10月6日分)

「その45」では尖沙咀警察署、荃湾、屯門、沙田、火炭、青衣、九龍、将軍澳、坑口、杏花邨、西環、中山記念公園、新城市広場、愛丁堡広場、ビクトリアパークをマッピングしました。九龍湾は九龍湾駅としました。

(1)10月10日(木)
● 17時~ 右目を負傷した女性を応援する集会(於 尖沙咀・尖沙咀警察署外のバス停)
● 18時~ ショッピングセンター内歌唱運動(於 荃湾,屯門,沙田,火炭,青衣,九龍,九龍湾,将軍澳,坑口,杏花邨)
● 19時~ 過去の賢人を敬う運動(於 西環・西環海浜~西営盤・中山記念公園)
● その他,台湾双十節に関する運動,抗議活動支持の商店での買物等が呼びかけられています。
(2)10月11日(金)
● 21時~ ショッピングセンター歌唱運動(於 香港全区のショッピングセンター)
(3)10月12日(土)
● 20時~ 覆面参加集会(於 沙田・新城市広場中庭)
(4)10月13日(日)
● 19時~ 香港への支援に関する世界感謝集会(於 中環・愛丁堡広場,銅鑼湾・ビクトリアパーク)
2 最近の抗議活動では,火炎瓶の投てきや放火,警察署関連施設やMTR駅,商店・レストランなどの破壊が行われる等,過激化する例が見られます。特に,先週末には,5日零時の「マスク禁止規則」施行に反発して,4~7日には連続して各地で抗議活動が複数行われ,4日には実弾による負傷者も再び発生しました。また,MTRの運行停止等,一部の公共施設,スーパーマーケット,商店,レストラン,コンビニエンスストア等の営業時間短縮や一時閉鎖など,日常生活にも影響が出ています。

1011 香港における抗議活動に関する注意喚起(その45)(令和元年10月10日分)

10月4日の発砲は元朗地区です。動画を埋め込んでおきます。デモ隊に襲われた私服警官?が発砲しており、10月1日の荃湾での発砲とは様相が異なります。

非番の警官だったとも言われていますが、非番の日に銃を携行するものでしょうか。また、なぜ彼の警官という身分がバレてしまったのでしょう。この動画の前に何らかのそれなりの言動があったと考えるのが自然です。

この動画から、発砲地点は大棠路(だいとうろ)駅の近くだと特定できます。7月21日に白服集団が市民を襲撃した元朗駅から700mほどの距離です。

大棠路の発砲現場
10月4日の発砲現場(Google Earthプロ)

流れ橋も流されて

内閣府の「台風第19号に係る被害状況等について」に次のような記載があるのを見つけました。都府県道・政令市道の被災状況の項目です。

内閣府「台風第19号に係る被害状況等について」

京都ぉ? 台風19号の京都は暴風域に入ったか入らなかったのレベルだったはずです。関西の計画運休は一部にとどまり、深刻な被害は出ていないものと思っていました。早速調べてみたところ、たしかに流出したとのニュースがありました。

上津屋橋(Google Earthプロ)

れっきとした京都府道281号線の一部で、木津川に架かる上津屋橋(こうづやばし)でした。衛星写真では細いガス橋のようにしか見えません。幅員3.3mの人道橋です。バイクや自転車は降りて渡るようにという注意書きがあります。

ちなみに、「じゃらん」の口コミ評価は3.9(46件)です。長崎市オランダ坂が3.7、札幌市時計台は3.4、高知市はりまや橋は3.1ですから、全国的に有名な観光名所より高い評価を受けています。

埋め込んだストビューは2017年6月撮影のものです。今回流された橋ではなく先代の橋となります。前回流されたのは2017年10月で、その復旧は2018年6月です。流されたら流されたで、橋桁だけが残っている風景が珍重されるようです。

時代劇のロケで頻繁に使われる上津屋橋は、かつて「探偵ナイトスクープ」に登場したことがあります。2007年6月8日放映の「流れ橋の板は何枚?」で、長原探偵の回でした。

依頼者と長原探偵が板の枚数を数えながら渡りますが、数は一致しません。2往復しても一致せず(1回目の依頼者と2回目の探偵が1784枚で一致)、一緒に数えた5回目が1784枚でしたので、この数値に決まりました。

男2人が木橋を歩いて渡るだけという地味すぎる絵柄に、2往復目になると演出が入ります。華がないからとビキニ姿の女性が登場したり、悪人役に追われた農民(町民?)役が2人をお代官様に見立ててすがったりという仕込みです。

たしかに、簡単に答えが出てしまってはバラエティとしては成立しないわけです。尺を笑いで稼ぐにはこれもありです。なお、流れ橋は両岸の堤防を結んでいるわけではありません。堤防より低い位置に架けられています。

産経のヘリ空撮映像がありましたので埋め込んでおきました。