直径1mの回らないサインポール

伊達市は北海道と福島にあります。北海道の伊達市は1972年の市制施行です。福島県の伊達市は2005年に伊達郡5町が合併して成立しています。伊達家の発祥が福島の伊達で、伊達家の分家が入植したのが北海道の伊達です。

2つの伊達市(Google Earthプロ)

もともと新市名がかぶらないように「伊達市を除く」で公募しながら、それでも「伊達市」票は多かったそうです。新市名が決まった段階では北海道側も合併協議中です。強く反対することはできなかったのでしょう。

北海道の伊達市では直径1mはあると思われる巨大サインポールが見つかりました。これまで私が(ストビューで)見た中では最大の太さです。ただし、クルクル回転するわけではありません。

埋め込んだのは2014年7月撮影のストリートビューです。3階建ての鉄筋コンクリート造と思われますが、交差点角の柱部分を巨大サインポールに見立てて塗色されています。どうして茶色の部分を残したのかは謎です。

もう3000軒以上の理容店サインポールを見ているはずですが、これまで私の中での一番のお気に入りは富山県黒部市で見かけたものです。厳密に言えば、ポールではありませんけど…。

あいにく2014年9月のストビューしかありません。2010年10月に「吉床」さんから「ワイト」さんに屋号を変えて新装オープンしているようです。代替わりだったのかもしれません。

このサインポールも回らないものと思われますが、電源コードが伸びているのが気になります。隣の丸いコンクリ基礎が何に使われているのかというのも引っかかります。この基礎は2010年の開店時の写真には存在しません。

赤・黄・緑のギニア国旗サインポール

山形県内の理容店サインポール調査がとりあえず一巡しました。MAPに反映したのは725軒です。漏れた店舗も多いでしょうがサンプル数としては十分です。その内訳は次のとおりです。

  • 青・白・赤のフレンチ仕様(659軒)
  • 緑・白・赤のイタリアン仕様(1軒)
  • その他の色の組み合わせ(15軒)
  • サインポール見当たらず(50軒)

結局、緑・白・赤のイタリアン仕様のサインポールが設置されていたのは真室川町の1軒だけでした。山形県に限れば、イタリアンは1÷725=0.14%という極めて低い設置比率になります。

このような多少の偏在はあるとしても、全国的なイタリアン比率は1%以上だと私は感じています。また、あくまでも私の個人的な印象ですが、イタリアンは西高東低ではないかと思われます。西日本では比較的容易に見つかります。

さて、練馬区の江古田銀座には「赤・黃・緑」のサインポールを設置している店舗がありました。2017年9月撮影のストリートビューです。

1950年代のアフリカ諸国独立運動で“アフリカの誇り”とされたのはエチオピアです。エチオピアは第二次世界大戦前からの独立国です。エジプト、リベリア、南アも戦前の独立ですが、エチオピア国旗の上から「緑・黃・赤」のトリコロールカラーは多くのアフリカ諸国の国旗に採用されています。

汎アフリカのトリコロール国旗

左から「赤・黄・緑」はギニア国旗です。この反転タイプ「緑・黄・赤」はギニアの隣国・マリの国旗です(下の地図の右肩に示されたバマコがマリの首都です)。そこに緑の星が入るとセネガル国旗になります。

ギニア付近(Google Earthプロ)

まあ、さすがにサインポールが2色変わると、理容店のイメージからはかなり遠ざかってしまいます。

ついに発見、山形のイタリアン

「山形県の理容店サインポールMAP」に山形県内の理容店を落とし込み始めて351軒目にして、とうとうイタリアンなサインポールを発見しました。最上地方の真室川町で、屋号は「とこやさん」です。

埋め込んだのは2014年6月撮影のストビューです。これで全47都道府県でイタリアンなサインポールを見つけることに成功しました。モータープールとは異なり、地域的な偏在は少ないと踏んでいましたが、ここまでの苦戦は想像以上でした。

「カット&シャンプー1,500円」ということですので「とこやさん」はもちろん理髪店ですが、ストビューでは飲食店っぽい「悠」の看板も掲げられています。ボカシがかかっている赤い文字は「カラオケハウス」です。

同名の「カラオケハウス悠」は愛媛県新居浜市にも存在するようで、こちらはいわゆるカラオケスナックです。真室川町の「カラオケハウス悠」がカラオケ喫茶なのかスナックなのか、営業時間帯はわかりません。

そもそも店のオーナーが同一かどうかも判然としません。別個に賃貸されていることも考えられます。ガソリンスタンド側の看板の形状が異なりますので、同時期のオープンではないはずです。併業というわけではないかもしれません。

さて、真室川町に覚えがありましたので、サイト内検索をかけてみましたが、何もヒットしません。そんなはずはありません。私が真室川町の存在を知ったのは、紛れもなくこの1年以内のはずなのです。

犯人は「八森MAP」でした。なるほど、MAPの文字列はサイト内検索の範囲の対象外です。

最上地方(Google Earth プロ)

真室川町と金山町の境界にある標高380mの山が八森です。酒田市との境界近くには標高799mの八森があります。イタリアンなサインポールは真室川町南部の鮭川村との境界付近で見つかったものでした。

イタリアンの隣のイタリアン

フレンチレストランの隣に「青・白・赤」のノーマルなサインポールを掲げた理髪店を見かけたのは徳島市内でした。東京・築地には、イタ飯店の隣に「緑・白・赤」のサインポールが設置された理髪店があります。もはや究極のパターンです。

2016年2月のストビューを埋め込みました。左が「イタリア食堂のら」さんで、右が「石井理容室」さんです。「のら」さんはアド街でも紹介されたようです。さて、気になるのは両者の関係です。

「石井理容室」に「緑・白・赤」のサインポールが設置されたのと、「のら」さんの開業はどちらが先なのでしょう。サインポールの設置が先だとすれば、物件を探していた「のら」さんは、そのサインポールにいわば便乗したことになります。

ひょっとすると、物件を選ぶ決め手になったかもしれません。逆に、「のら」さんの開業後にイタリアンなサインポールが設置されたのなら、隣人に敬意を払いながら(お隣のリアクションを期待して?)発注したわけです。

まあ、両店舗のオーナーが同一の可能性もなくはありません。この建物が個人所有のビルだとすれば、2つの店舗は夫婦や親子が経営しているかもしれないわけです。この建物は「ルックハイツ築地」という分譲マンションです。

施主は交通公社総合開発ということですので、「ルック…」の名称にも納得です。分譲マンションであっても、1人で表通りに隣接する2店舗を購入あるいは賃貸する可能性は否定できませんが、少し薄い話です。

一番古いストビューは2009年12月であり、この時点で両店舗とも存在しています。「のら」さんのWebサイトは2007年7月開設と思われます。これ以前の「のら」さんに関する情報は見当たりません。おそらくオープンはこの時期でしょう。

一方、私が検索した限りでは、「石井理容室」さんに関するネット上の最古の情報は2009年10月で「イシイ理容室」の屋号です。ただ、その電話番号は2000年の電話帳に掲載されています。

イタリアンなサインポールの設置は別の問題として、店舗としては「石井理容室」さんが「のら」さんより先にあったものと思われます。というわけで、真相はヤブの中ですが、わかったところで実益はありません。

太子(たいし)ではなく、大子(だいご)

目下のところ、この夏唯一の39℃台を記録しているのは茨城県の大子(だいご)です。8月9日に39.0℃を記録していますが、8月7日も38.3℃で最高気温全国1位でした。茨城県大子町は太平洋から30km以上離れ、福島と栃木両県に接しています。

茨城県北部(Google Earthプロ)

当然、その大子町の市街地は盆地になります。大子の観測ポイントは周囲を民家で囲まれており、東40m先は斜面、西70m先には相川が流れています。河岸段丘的な地形です。標高は120mだそうです。

大子の観測ポイントでは1月10日に最低気温-9.4℃を記録していますので、今年の年較差は48.4℃となります。39.5℃(5/26)と-28.6℃(2/9)の佐呂間には及びませんが、本州トップクラスで間違いないはずです。

世田谷や仙台や新潟に太子堂があるのですから、茨城に聖徳太子ゆかりの地名があったとしても不思議ではありませんが、「醍醐水」と呼ばれる湧き水が町名の由来のようです。

町内をストリートビューで散策してみると、石像がやたらと目につきます。とくに気になるのは、常陸大子駅から永源寺(もみじ寺)に向かう長岡橋西詰(南詰?)に置かれた計4体の石像です。

「ながおかはし」のプレートの上で合掌しているのは、髪型からして古代人なのかもしれません。町内には遺跡があるようです。もし女性像だとすれば、川岸であることから弁財天が有力ですが、琵琶は持っていません。

また、親鳥が運んで来る餌を持つ雛鳥のように大口を開けている3体はおそらく笑い地蔵であろうと思われます。その右には何らかの支柱が切断されたような痕跡があります。

さらにその右側には円盤状のコンクリの基礎が3つあることから、笑い地蔵?はもともとそこに設置されたものであり、支柱跡は合掌している古代人像?の設置箇所であったのかもしれません。

ちなみに、橋の左側はフクロウ、東詰(北詰)は蛙と河童です。何が原因で移設されるに至ったのでしょうか。あいにくストビューは2014年4月撮影の1本だけで、過去を遡ることはできません。