「うらはら」を覚えた曲

第112回のつもりで精密DX-Gをやってきましたが、8月18日を最後に精密DX無印に当たりません。DX無印は最終ラウンドを残すのみですが、DX-Gのほうが先に終わりましたので、第111回ヒトカラ選手権はDX-Gです。

決勝第1ラウンドを終えた時点では次のような順位でした。イチ抜けラインは98点台だと豪語しておきながらのこの始末です。

  1. 97.720点 パステルラヴ ♪ 金井夕子
  2. 97.651点 三枚の写真 ♪ 三木聖子
  3. 97.550点 恋の予感 ♪ 安全地帯
  4. 97.482点 ひまわりの丘 ♪ 松田聖子
  5. 97.443点 キミノアト ♪ ももいろクローバーZ
  6. 97.153点 どうぞこのまま ♪ 丸山圭子
  7. 96.985点 さらば恋人 ♪ 堺正章

いやでも点数を取りに行かなければならなくなった最終ラウンド、8曲目に歌った「どうぞこのまま」が97.759点で一躍トップに躍り出ました。「どうそこのまま」は第107回で2位、第108回が7位、第109回が3位、前回が4位でした。

今回も有力候補だろうと踏んでいましたが、伸び悩んでいたわけです。一息ついた11曲目、「さらば恋人」が98.002点で公約?を果たします。.002点でも98点台は98点台です。

最終ラウンドでは得点順に上位15曲を2セット歌うことにしています。3位に後退していた「パステルラヴ」が後半1曲目で97.867点でした。98点台には届きませんでしたが、暫定2位で残りは14曲です。

後半8曲目、「どうぞこのまま」が98.034点で再度の逆転1位です。最終ラウンドで採点に寄り添えば、逆転劇は多くなります。これだけ熾烈な展開になるとテンションは上がります。

「さらば恋人」の2回目は97点台でした。まあ、そもそもが自己ベスト96点台だったわけですから、悪くはありません。ラス2の「君への道」も自己ベストを0.025点更新しましたが、得点順8位にとどまり連続入賞を逃しました。

▼2017/12/13 イチ抜けを果たした「どうぞこのまま」ですが、音程を落とした部分のフレーズは「暗喩としての飲み物の温度」に移しました。

なお、6曲目に歌った「すこしだけやさしく」の音程95%は今年2位という色めき立つレベルでした。音程95%到達は7曲目です。

  1. 96.158(98)乙女のワルツ ♪ 伊藤咲子(第108回)
  2. 96.476(96)チェリーブラッサム ♪ 松田聖子(第91回)
  3. 94.159(96)あゝ人生に涙あり ♪ 里見浩太朗・横内正(第94回=G95.231)
  4. 96.992(95)みちづれ ♪ 渡哲也(第90回)
  5. 96.203(95)水色の朝 ♪ 松田聖子(第92回=G97.239)
  6. 96.105(95)恋はみずいろ ♪ 森山良子(第104回=G97.171)
  7. 95.089(95)すこしだけやさしく ♪ 薬師丸ひろ子(第111回=G96.132)

実は、この「どうぞこのまま」については興味深い現象があります。2015年に精密DX無印で歌ったときは、生音バージョンとMIDI打ち込みのノーマルバージョンで大差はありませんでした。

  • 91.264点 音程85.8% 安定性67.8 表現力89.6 リズム96.6 V&L83.8
  • 91.782点 音程85.3% 安定性72.0 表現力89.3 リズム96.9 V&L85.9

上段が生音、下段がノーマルバージョンで歌ったときの平均です。これが今年は次のように変化しています。まず、DX無印です。

  • 94.393点 音程87.4% 安定性83.9 表現力91.8 リズム97.7 V&L87.9
  • 92.787点 音程84.3% 安定性81.0 表現力90.0 リズム97.8 V&L89.0

音程で3ポイントもの大差が生じています。同じ時期に同じように歌っているはずですが面白い現象です。DX-Gでも同様です(得点はボーナス加点前の素点)。

  • 94.663点 音程88.0% 安定性83.2 表現力91.8 リズム94.9 V&L89.2
  • 92.192点 音程84.7% 安定性81.5 表現力89.5 リズム94.9 V&L86.2

生音バージョンではボーナスなしでも95点を狙えますが、ノーマルバージョンではボーナスを足しても95点には届きません(1回だけクリア)。なお、「どうぞこのまま」を私は+6のキー上げオク下で歌っています。