柳ヶ瀬トンネルが一般道化されたのはいつ?

柳ヶ瀬トンネルに関して、実は疑問が1つ残っています。ワトソン君を名乗る私としては、ここは「追究」のしどころです。

Wikipedia「柳ヶ瀬線」のページの「国鉄バス時代」の項目には次のように記載されています。(2018/11/07現在)

柳ヶ瀬トンネルはJR化後に1987年(昭和62年)4月1日から県道敦賀柳ヶ瀬線として一般開放された

一方、同じWikipedia「柳ヶ瀬トンネル」のページには次のような記述があります。(同上)

1980年(昭和55年)4月7日 – 一般道として開放。

どちらかが誤りなのでしょう(まあ、どちらも誤りという可能性もあります)。気になるところです。後者の履歴を確認すると、2011年6月15日以降が上の表現であり、それ以前には次のように記されていたようです。

1980年(昭和55年)4月7日 – 北陸自動車道敦賀IC-米原JCT開通により供用開始

これでほぼ解決かもしれません。高速の開通で並行するバス専用道路が一般道化されるというのは、あまり意味が通りません。ただ、北陸自動車道のこの区間はたしかに1980年に開通しています。

以前の記述は北陸自動車道の「柳ヶ瀬トンネル」のことであり、1882年に当時の日本では最長の全長1352mの鉄道トンネルとして完成した「柳ヶ瀬トンネル」のほうではないはずです。

国鉄が民営化された1987年に一般道となったかどうかの確認はできませんでしたが、1980年説については否定できるのではないかと思われます。

滋賀・福井県境の柳ヶ瀬トンネル

アメダスの観測ポイントには、私が初めて接する地名がありました。次に掲げる観測点などは、ほぼ確実に他県と勘違いしそうです。

  • 33136 岩手県久慈市山形町川井
  • 45291 千葉県市原市米沢
  • 54191 新潟県岩船郡関川村下関
  • 60026 滋賀県長浜市余呉町柳ケ瀬字大門
  • 67026 広島県庄原市西城町三坂(道後山
  • 73256 愛媛県大洲市長浜
  • 88211 鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名字大谷(八重山
  • 88931 鹿児島県大島郡天城町大字浅間字湾屋 徳之島航空気象観測所

この中で気になったのが滋賀県の柳ケ瀬です。どうやら柳ケ瀬山に由来するもののようですが、滋賀と福井の県境には柳ヶ瀬トンネルがあります。北陸自動車道の柳ヶ瀬トンネルは上下2本あり、いずれも2車線です。

一方、県道140号敦賀柳ヶ瀬線のトンネルは単線だった頃の北陸本線の旧ルートであるらしく、1964年の廃線後には国鉄バスの専用道路となり、バス撤退後は一般道として転用されています。

この県道のトンネルは、標識にあるように大型車だけでなく自転車や歩行者も通行できません。現在は片側交互通行で運用されており、標識の手前には信号が設置されています。その信号待ちの赤信号は最大6分30秒だそうです。

ドラレコ動画ではトンネルを通過するのに2分ほどかかっています。時速換算で約40km/hです。狭さと暗さで慣れていてもそれ以上は厳しいのかもしれませんが、それなりの交通量はあるようです。

Google Mapで滋賀県長浜市余呉町柳ケ瀬の「景好寺」(赤)から福井県敦賀市曽々木の「釣エサ釣具なかむら敦賀店」(青)までルート検索してみました。柳ヶ瀬トンネルは緑線部分です。

意地の悪い私は徒歩検索に切り替えました。案の定、柳ヶ瀬トンネルを通過するルートが示されました。その距離は8.4キロで所要時間は2時間15分です。徒歩検索はまだ実用的なレベルには達していないようです。

「詳細」をクリックすると、「ご注意ください – 徒歩ルートは実際の状況を反映していない場合があります」のメッセージが表示されます。素直に信じてはいけないことをグーグル先生自身が認めています。

柳ヶ瀬トンネルが徒歩通行不可のため、実際に「景好寺」(赤)から「釣エサ釣具なかむら敦賀店」(青)まで徒歩移動しようとすると、南に大きく迂回して6時間以上かかるものと思われます。

数年後、私は再びこの区間のルート検索を試みるつもりです。