ストリートビューのない国道399号線

内閣府の「台風第19号に係る被害状況等について」(10/24)に記載されている橋の被害は次のとおりです。このうち盛土流出の2件と橋脚露出の1件はMAPには反映しません。

【国道】
・国道20号 山梨県大月市初狩町下初狩 橋脚洗掘
・国道399号 山形県高畠町 橋梁流出
・国道144号 群馬県吾妻郡嬬恋村大字大笹~田代 橋梁流出
【都府県道】
・福島県 橋梁損傷1
・栃木県 橋脚沈下2
・東京都 橋脚沈下1
・長野県 落橋2
・京都府 橋梁流出1
【 鉄道 】
・JR東日本 東北線 本宮駅~杉田駅間 橋りょう盛土流出
・JR東日本 磐越東線 郡山~舞木間 橋りょう盛土流出
・JR東日本 水郡線 袋田~常陸大子 橋りょう流出
・JR東日本 水郡線 磐城浅川~里白石 橋りょう流出
・JR東日本 水郡線 西金~上小川 橋りょう傾斜
・JR東日本 八高線 群馬藤岡~丹荘間 神流川橋りょう変位
・箱根登山鉄道 鉄道線 宮ノ下~小涌谷 蛇骨橋りょう流出、
・上田電鉄 別所線 上田駅~城下駅 橋りょう落下
・三陸鉄道 リアス線 陸中山田~豊間根 橋脚露出

特定できていないのが国道399号線です。山形県のWebサイトで流出した橋の名前が「金原橋」であること、その所在地が高畠町高畠 (たかはた) であることはわかっています。

大字高畠で国道399号線は最上川水系の下有無川(しもありなしがわ)と2度クロスします。緑のマーカーで示した2つの橋のどちらであるかを特定することができませんでした。

この399号線は福島県いわき市と山形県南陽市を結ぶ国道ですが、いわゆる「酷道」の部類に属すようです。ストリートビューは赤のマーカーの地点で途切れていて、きわどく2つの橋に到達することができせません。

2014年6月撮影のストビューではここから先に進むことができないのです。高畠町は宮城・福島両県と接する県境の町です。

高畠町付近(Google Earthプロ)

アメダス観測地点の高畠も10月12日には観測史上1位の降水量を記録しています。山形県内の観測点で10/12の日降水量が歴代10位以内だったのは次の10地点です。

▼順位、10/12の降水量、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

8位 107.0mm 飛島 159mm(2005/8/13) 1978~
1位 155.5mm 肘折 142.0mm(2016/8/22) 1976~
5位 97.0mm 尾花沢 153mm(1997/6/28) 1976~
7位 134.5mm 大井沢 212.0mm(2013/7/18) 1978~
10位 63.0mm 東根 80.5mm(2016/8/17) 2003~
2位 111.0mm 上山中山 169.5mm(2014/7/9) 2006~
1位 218.0mm 高畠 157.5mm(2013/7/22) 1977~
1位 153.5mm 中津川 124mm(2002/7/10) 1981~
3位 136.0mm 高峰 168mm(1981/6/22) 1976~
1位 185.0mm 米沢 119mm(1978/6/26) 1976~

台風19号による山形県内の住戸被害は200棟弱ですが、5000軒以上の停電が生じています。日本海側の酒田港から飛島への定期航路は12日から4日連続で欠航したようです。

隣り合う理容店(2)

青森県五所川原市役所と長崎県諫早市の喜々津駅の近くにも隣り合う理容店がありました。どちらも山形のような住宅地ではありませんが、この様子では隣同士の理容店は全国に100組近くあるのかもしれません。五所川原の衛星写真です。

五所川原市役所付近(Google Earthプロ)

上空からの画像で気になるのは、まるで手形のような形状の画像左下のコンクリ舗装部分です。私道と回転広場なのでしょう。2つの理髪店のストビューは2018年6月撮影のものです。ほぼ同サイズの店舗が見事に並んでいます。

竜飛崎の階段国道で有名な国道339号線の本線沿いです。国道の道路幅員は歩道込みで12mほどと思われます。両店舗の入口と入口の間の距離もその程度なのでしょう。「Since 1969」がおそらくは老舗筋の店舗と推測されます。

旧道とはいえ国道沿いで市の中心部ですから、共存にはあまり問題はないのでしょう。待ち時間の少ない店に流れることもありそうです。一方、諫早のお隣同士はJR長崎本線の喜々津駅から踏切を越えて徒歩3分です。

喜々津駅付近(Google Earthプロ)

長崎本線は喜々津駅から内陸に入る新線と大村湾沿いを走る非電化の旧線に分離して、長崎駅手前の浦上駅で再び合流します。新線の開業は比較的新しい1972年で、新線と旧線の運転本数の比率は約2:1です(平日は34本と16本)。

空撮では駅の北側の更地が気になります。工場跡地で2007年解体ということですが、最新2018年3月撮影の衛星写真でも更地のままです。

第137回イチ抜けは「さらばシベリア鉄道」

第137回の予選ラウンド終了時の暫定順位は次のとおりでした。1位「天国のキッス」は第101回でイチ抜けしていますので、この時点では2016年発売の「しょこららいおん」がイチ抜けポジションです。

98.117(90)天国のキッス ♪ 松田聖子 ★
97.519(89)しょこららいおん ♪ 高城れに
97.423(86)さよなら大好きな人 ♪ 花*花
97.029(85)春よ、来い ♪ 松任谷由実
96.988(87)ありがとう…感謝 ♪ 小金沢昇司
96.913(86)灰とダイヤモンド ♪ ももいろクローバーZ
96.833(85)小さな勇気 ♪ 有安杏果
96.757(89)三日月 ♪ 絢香
96.481(90)さらばシベリア鉄道 ♪ 大滝詠一

これで終われば「小さな勇気」が初入賞、「三日月」が1年ぶりの入賞ですから、私としてはステイでよかったわけです。思惑とは異なり、決勝第1ラウンドが大荒れに荒れました。

前半11曲目「揺れる想い」が97.596点で2位に飛び込み、イチ抜けポジション奪いました。「揺れる想い」は1993年発売です。いささか残念な思いはありますが、これだけなら十分に想定内です。

決勝第1ラウンドでは予選ラウンドの音程順上位15曲を2セット歌っています。私はマイマイク派ですが、ここ2~3年は前半15曲でMIC1に接続して後半はMIC2につないでいます。 後半15曲のうち実に6曲が自己ベスト更新でした。

98.117(90)天国のキッス ♪ 松田聖子 ★
97.951(89)さらばシベリア鉄道 ♪ 大滝詠一
97.832(87)M ♪ PRINCESS PRINCESS
97.800(85)ありがとう…感謝 ♪ 小金沢昇司
97.596(85)揺れる想い ♪ ZARD
97.519(89)しょこららいおん ♪ 高城れに
97.423(86)さよなら大好きな人 ♪ 花*花
97.029(85)春よ、来い ♪ 松任谷由実
95.264(91)▲メイン・テーマ ♪ 薬師丸ひろ子 ★

決勝第1ラウンド終了時の順位はこのように激変しました。決勝第2ラウンドは不発でしたので、この9曲がそのまま最終的な入賞曲となりました。2~3か月に1度ですが、こういう日があります。

精密DX-G単独のシリーズは今回で34回目になります。得点順7位の曲は次のとおりです。

第82回 94.767(88)思い出通り雨 ♪ ふきのとう
第85回 96.552(87)かざらない青春 ♪ 岡田奈々
第87回 96.806(88)島人ぬ宝 ♪ BEGIN
第91回 96.537(91)真冬の恋人たち ♪ 松田聖子
第94回 96.904(89)悲しみがとまらない ♪ 杏里
第97回 96.500(87)帰ってこいよ ♪ 松村和子
第100回 96.586(86)キミノアト ♪ ももいろクローバーZ
第102回 97.512(87)硝子坂 ♪ 高田みづえ
第106回 97.420(90)真冬の恋人たち ♪ 松田聖子
第107回 97.480(85)悲しい色やね ♪ 上田正樹
第109回 97.297(88)夏の扉 ♪ 松田聖子
第110回 97.360(86)雨 ♪ 森高千里
第111回 97.443(87)キミノアト ♪ ももいろクローバーZ
第113回 97.299(87)渡良瀬橋 ♪ 森高千里
第114回 97.372(88)恋の予感 ♪ 安全地帯
第117回 96.964(87)あなた ♪ 小坂明子
第118回 97.190(85)制服 ♪ 松田聖子
第119回 96.783(88)赤いスイートピー ♪ 松田聖子
第121回 97.279(88)精霊流し ♪ グレープ
第122回 96.808(88)守ってあげたい ♪ 鬼束ちひろ
第123回 96.621(90)もしもピアノが弾けたなら ♪ 西田敏行
第124回 96.115(85)三日月 ♪ 絢香
第125回 97.052(87)秋止符 ♪ アリス
第127回 96.285(86)ガーネット ♪ 奥華子
第128回 97.200(86)守ってあげたい ♪ 松任谷由実
第129回 96.477(90)ささやかなこの人生 ♪ 風
第130回 96.704(87)ガーネット ♪ 奥華子
第131回 96.945(86)つばさ ♪ 本田美奈子
第132回 96.678(86)象牙海岸 ♪ 竹内まりや
第133回 96.955(86)小さきもの ♪ 林明日香
第134回 97.025(87)希望の向こうへ ♪ ももいろクローバーZ
第135回 96.415(89)M ♪ つるの剛士
第136回 97.191(86)M ♪ PRINCESS PRINCESS
第137回 97.423(86)さよなら大好きな人 ♪ 花*花

7位が96.8~96.9点台に落ち着くような選曲が理想だと考えています。ボーナス込みで97点なら、ボーナスなしの素点は95点です。素点で95点オーバーなのに入賞できないと、それはそれでモチベーションが下がります。

さて、イチ抜けの「さらばシベリア鉄道」は太田裕美の19枚目のシングル曲として1980年11月に発売されています。サビのメロディがやや異なる大滝詠一のセルフカバー・バージョンのほうが私は好みです。

福山雅治は2015年発売のアルバム「魂リク」でさらシベをカバーしますが、大滝バージョンを踏襲しています。1986年発売の「旅空夜空」に収録された小林旭「アキラのさらばシベリア鉄道」は独自路線です。

セルフカバーは1981年3月発売のアルバム「A LONG VACATION」に収録されています。ロンバケの1曲目は「君は天然色」です。イントロはチューニング音で始まり、演奏始めのカウントも収められています。

9曲目(B面4曲目)の「FUN×4」の後奏には拍手とアンコールの声が入っています。これを受けてのラスト10曲目が「さらばシベリア鉄道」です。アルバム上の公演のアンコール曲という位置づけです。

作詞の松本隆は31曲目、作曲の大滝詠一は11曲目のイチ抜けです。さらシベは今回が7回目の入賞ですが、過去6回の入賞は次のとおりです。音程は整っても得点は出ない曲でした。

  • 2010/06 第14回 順位比3位 8.82(9/101)
  • 2012/03 第36回 得点順9位
  • 2014/05 第67回 音程順8位
  • 2019/04 第132回 音程順5位(福山バージョン)
  • 2019/07 第135回 音程順4位
  • 2019/08 第136回 (音程順2位で繰り上げ)

初入賞の第14回ではJOYの全国採点を利用しました。JOYの分析採点には違和感がありましたから、全国採点の月間順位を元に入賞曲を決めました。さらシベは101人中9位でしたので、9÷(101+1)×100の計算式で順位比を求めました。

ストビューはバイカル湖南岸です。シベリア鉄道はウラジオストクからモスクワまで1週間だそうです。まず食事が合わないでしょうし、乗ってみたいとは微塵も思いません。

航空気象観測所MAP

9月5日の最大瞬間風速1位から4位までは次のとおりでした。宮古島には観測ポイントが3地点ありますが、この3地点と4位との差が強烈です。台風13号の宮古島直撃によるものです。最大瞬間風速が50m/sを超えたのは今年初めてです。

  • 1位 61.2m/s 鏡原(宮古島) 
  • 2位 59.6m/s 宮古島
  • 3位 58.1m/s 下地(宮古島)
  • 4位 37.0m/s 北原(久米島)

鏡原の観測ポイントは宮古空港です。鬱陶しいのは、空港内に設置されている観測ポイントが空港名ではなくその所在地名で呼ばれていることです(例外的に神戸空港と静岡空港については空港名=観測ポイント名です)。

そこで、空港気象観測所MAPをつくってみました。気象庁の「航空気象官署等一覧」に掲載されている航空地方気象台(5施設)、航空測候所(3施設)、航空気象観測所(75施設)、航空気象連絡室(7施設)をMAP化しました。

このうち航空気象連絡室についてはアメダスの観測ポイントではありません。また、航空気象観測所のうち礼文空港と伊江島空港は現在のアメダス観測点に含まれていません。5+3+73=81施設がアメダス観測地点です。

海上空港や離島の空港も少なくないことから、各地点の最大瞬間風速1位の記録を付しました。空港MAPのつもりはありませんが、民間の公共空港で漏れているのは調布や但馬などわずかです。

私はかつて砂川でイースタンリーグの試合を見て札幌に泊まり、翌日から円山球場の社会人野球北海道大会を4日間観戦したことがあります。行きも帰りも新千歳で手配しました。

予約した旅行代理店を出た直後に、行きは旭川が正解だったのではないかと少し後悔したことがあります。たとえば高千穂峡は宮崎空港ではなく熊本空港のほうが近かったりします。

横断歩道が欠ける三重の国道23号線

東急線で残された数少ない踏切があり、自由通りが中原街道に突き当るのが雪が谷大塚駅前交差点付近です。短い区間に3本の横断歩道が設置されています。変則交差点のうえに踏切も絡んで、いっそう厄介なところです。

この構造では、横断歩道内に取り残されてしまう車が出るのは避けられません。駅の改札は2階ですので、芝信用金庫やauショップのある8番の区画を再開発して、駅とペデストリアンデッキで直結したいところです。

これとは真逆で、なぜここに横断歩道がないのだろうと思ったのが津市内の国道23号線でした。三重県で人口10万人以上を抱える自治体は四日市、津、鈴鹿、松阪、桑名、伊勢の6市です。この6市をつないでいるのが国道23号線です。

SからGに向かっています(緑は横断歩道)

横の太い道路を国道23号線とします。S地点を出発した私はG地点に向かって歩いていました。Aに辿り着いたとき、信号は縦方向が青に変わりました。ところが、AからBに渡る横断歩道がないのです。縦方向の交通量はそれなりにありました。

結局、信号が変わるまで私はA地点での待機を余儀なくされました。こういう構造になっていることを知らないまま次の交差点に向かいます。C地点でまた同じことが起きました。CからDへの横断歩道があれば渡れるのに欠けています。

これをホテルから目的地に向かった朝と、ジャパレンから駅に向かった夕方の2回経験したのです。東京でも大阪でもこのタイプの交差点はありますが、それが連続することはあまりないと思われます。

そこで「三重県内の国道23号線交差点MAP」をつくってみたという次第です。青のマーカーは国道23号線に2本の横断歩道(歩道橋や地下道を含む)のある交差点、赤は1本またはまったく横断歩道のない交差点です。

明和町から伊勢市にかけての田園地帯で青が多いのに、市街地を貫き鉄道とも並行する津市内では赤が多いように思えます。もちろん、地域住民が許容するならそれでいいわけです。横断歩道の設置は警察の権限です。

伊勢市内の高向交差点のストリートビュー(2013/04)には、自転車横断帯を歩行者が渡り終えるところが写っていました。