再び、オランダ揚げとは

フランス、ロシア、オランダ、ルクセンブルクの国旗は次のような色の配置です。縦横比や色合いは厳密なものではありません。

フレンチ系の国旗

私は2013年12月30日付で「4代目んだ」に「オランダ揚げとは」と題して次のような投稿をしています。

先週の話ですが、某従業員食堂のAランチは「鶏のオランダ揚げ」でした。

私の認識の中でのオランダ揚げとは、野菜を加えた魚のすり身を素揚げしたいわゆる“さつま揚げ”の角天です。トレイに並んでいる実物は、磯辺揚げにマヨネーズをベースとしたと思われるソースがかけてあります。

実際に食べてみると、磯辺揚げのように見えた衣に混ぜられた緑色の正体は青海苔ではなくパセリかと思われます。色合いとしては目立ちませんが、衣にはニンジンと玉ねぎも入っているようです。

ネットで検索してみると、実にさまざまなオランダ揚げなるものが存在しており、何がオランダ揚げなのか突き止めることはできませんでした。

・鶏肉の唐揚げ(形状はチキンカツ風)の甘酢あんかけ
・魚のすり身に野菜のみじん切りを混ぜたものを溶き卵とパン粉入りの衣で揚げたフライ(魚ロッケ)
・すり身にしない白身魚を溶き卵と上新粉と野菜のみじん切りの衣で揚げたもの
・すり身にしない白身魚を小麦粉と野菜のみじん切りの衣で揚げたもの
・だし汁と砂糖と醤油で下拵えしたカボチャを片栗粉と小麦粉に青ネギを加えた衣で揚げたもの
・鶏ささみを片栗粉で揚げてすり胡麻を振りかけたもの
・レンコンの摺りおろしに高菜漬とオクラの小口切りなど加えて溶き卵と片栗粉の衣で揚げたもの(ポン酢で食す)
・高野豆腐をお湯で戻し軽く絞ってからごま油で揚げ、だし汁で煮含めたもの

素揚げであったり唐揚げであったり天ぷらであったりカツであったりでバリエーションは豊富です。ネタは鶏肉か白身魚が多いようです。魚の場合にはすり身にする場合とそうでない場合があります。また、衣か本体に玉ねぎ、ニンジン、パセリ、ピーマンなどのみじん切りやグリーンピースが加わっていることが多いようです。

由来についても諸説あります。

【A】パセリの別名がオランダゼリだから
【B】ニンジン、玉ねぎ、パセリ(ピーマン)の3色がオランダ国旗の赤白青(緑)を想起させるから
【C】洋風という意味での「オランダ」であり、それ以上の意味はない

【A】説はあまり信ぴょう性がありません。むしろ地中海原産のパセリになぜオランダゼリという名前がついているのか、そっちのほうが疑問です。【A】説が正しいのなら、パセリの入っていないオランダ揚げは邪道ということになります。

【B】説は後付でしょう。オランダ国旗の起源は世界最初の三色旗とされるプリンスの旗(オレンジ、白、青の水平三色旗)です。これがのちに赤、白、青の水平三色旗となったわけですが、この三色ならフランスの垂直三色旗がはるかに有名です。また、野菜の緑をわざわざ青に置き変えなくても、イタリアの国旗が緑、白、赤の垂直三色旗です。

【C】説が正解に限りなく近いだろうと私は考えています。ただ、この名前がついたのが、オランダが鎖国下における欧州唯一の交易国だった江戸時代なのか、それとも明治以降なのかということについては判然としません。

2013/12/30「4代目んだ」

6年ぶりに「オランダ揚げ」をネット検索してみると、Wikipediaに「オランダ煮」というページがヒットします。2014年1月11日に作成されたページですが、不思議なことにソースのWebページ閲覧日が1年前の2013年1月11日になっています。

私がその社員食堂で何度か食べたのは「オランダ揚げ」であり「オランダ煮」ではありません。「オランダ煮」とは素揚げしてから煮ている料理のようです。由来に関しては【C】説が採用されています。

まあ、【B】説は噴飯ものです。青・白・赤の三色旗で思いつくのは半数以上がフランスのはずです。世代間格差が生じるロシアはフランスより多くはないでしょうし、オランダを思いつくのは1割に満たないはずです。

青空文庫を検索してみましたが、芥川龍之介の「或阿呆の一生」に「阿蘭陀芹」が出てきます。オランダゼリも江戸時代にオランダ人が持ち込んだために、そういう名前になったに違いありません。

理髪店のサインポールは世界共通?

青・白・赤のトリコロール仕様の理髪店サインポールは世界共通だと言われています。本当にそうなのか、ストリートビューで探してみました。結論から言えば、ほぼ世界共通という認識で差し支えなさそうです。

アフリカやアラブでも確認することができましたが、とくにアラブ圏に関してはその設置率は10%に満たないものと思われます。ロシアもおそらく一桁なのでしょう。それほど浸透しているわけではなさそうです。

「動脈・静脈・包帯」説を筆頭に、サインポールの起源については諸説ありますし、いつから定着したのかも定かではありませんが、これほど多様な文化圏で受容されているのは珍しいことです。

こっそり続きを読んでみる

丼池はどこにあったのか?

「丼池」は大阪難読地名の三役クラスです。「どいけ」と読みます。「丼」を「どぶ」と読めるものではありません。まして、ドブ川の「どぶ」がそのまま正式な地名になるという自虐的な発想がなかなか出てきません。

この「丼池」なる池は実在していたようです。小学館「デジタル大辞泉」は次のように記述しています。

大阪市中央区南船場にあった池。明治7年(1874)に埋められた。池に面していた丼池筋には第二次大戦前は家具問屋、戦後は繊維問屋が密集。旧名、芦間池(あしまいけ)

コトバンク「丼池」

明治初期に埋められてしまったドブ池は、いったい南船場のどこにあったのでしょうか。丼池筋沿いであることは確定です。丼池筋は御堂筋の2本東を南北に走る通りです。

御堂筋の1本東は心斎橋筋であり、夜間以外は歩行者専用道路のアーケード付き商店街です。ここには訪日外国人相手のドラッグストアが林立しています。お隣の丼池筋はさほど特徴的というわけでもありません。

今は撤去されていますが、大阪初のアーケードは丼池筋だったそうです。大阪船場丼池筋連盟は1954年に設立された丼池問屋街協同組合を引き継ぎ、本町3丁目から南久宝寺3丁目までの500mの区間を「丼池ストリート」と称しています。

地図上の緑の線が「丼池ストリート」です。赤のマーカーは、本来のテーマである芦池(女子)商の跡地です。今は消滅した高校の所在地を探しているうちに、私は明治初期に埋められた丼池を探す羽目に陥ったのでした。

江戸時代の古地図を眺めてもそれらしき池は見当たりません。スマホに「大阪こちずぶらり」をインストールしてみましたが、やはり丼池筋沿いに池を見つけることができません。

そうこうするうちに、ピンポイントで丼池の所在地を示しているWebページが見つかりました。

「どぶいけ」というのは大阪市のど真ん中にある街・船場(せんば)の繊維問屋街のなかにある商店街です。漢字で書くと「丼池」。一角というか、南北に通っている道筋のことです。現在は埋め立ててありませんが大阪大空襲の1トン爆弾の炸裂跡「丼池」が戦後久宝中学となり現在は久宝公園として残っています

船場 小野利>船場 小野利 の紹介

明治初期に埋められた丼池のほかに、もう1つの丼池が1945年3月の大阪大空襲によって出現したようです。丼池筋沿いの爆弾跡が(第2の)丼池と呼ばれても不思議ではありません。引用元のページでは画像も公開されています。

大阪市街地に落とされた1トン爆弾は直径60cmで長さ180cmだそうです。数10m規模のちょうど丼のような穴が生じたでしょうし、やがて雨がたまってドブ池になったのかもしれません。ただし、丼池筋の名称は戦前の地図にも散見されます。

難波藁師(なにはやくし)塩町心斎橋車町にあり。
本尊薬師仏は弘法大師の作にて、長五寸三歩。古は天台の仏院にして難波薬師堂と号す。
年久しく荒廃に及んで、本尊も民家に伝はり、近世ここに安置す。毎月八日・十二日、宵薬師とて法会あり。
現成地址(げんじょうちのあと)この地に井あり。むかしは広き池にして巡りに片葉の芦を生ず。今什物とす。
とぷ地と称ずるはこの池の名なるペし。

摂津名所図会>巻之四 大坂(おほさか)の号>難波薬師

このページには地図も添えられています。赤丸がついているのは、芦池(女子)商跡地から2つ南の区画でした。住居表示では南船場3丁目5番のブロックです。

大阪市立芦池女子商業学校は1944年の設立です。国策により男子の商業校は主に工業校化するわけですが、その埋め合わせで女子の商業校が開設されるのは当然のことなのかもしれません。

今の南船場3丁目にあった国民学校の校舎が芦池女子商になります。芦池女子商は1948年の学制改革で芦池商高になりますが、同年より住吉商高が同居し、2年後には住吉商が芦池商を吸収、その2年後には8km南の元の校地に移転します。

「庇を貸して母屋を取られる」のではなく、「庇を貸して母屋から追い出される」という憂き目にあったことになります。もっとも芦池商の校舎・校地を受け継いだのは大阪市立芦池小学校ですから、元に戻っただけとも言えます。

芦池小は1987年に大宝(だいほう)小、道仁(どうにん)小との3校統合で、南小となります。南小は大宝小の校地に開設されましたので、芦池小の校地は空いたわけですが、次の「入居者」は丼池筋を挟んで隣接する南幼稚園でした。

2013/09のストビューです。鉄扉越しに小学校の石碑を確認することができます。校舎は取り壊され、一角には地域住民のための南船場会館が建てられています。幼稚園のグラウンドとして使われているようです。

愛は平和ではない、愛は戦いである

タイトルそのままの言い回しではありませんが、これを始皇帝による名言として紹介しているサイトがあります。もし始皇帝だとすれば、「史記」の「秦始皇本紀」あたりが出典となるはずですが、その記載はありません。

私の世代がこの言葉に初めて接したのは「愛と誠」だったわけです。「週刊少年マガジン」で1973年から連載された劇画か、1974年夏公開の映画か、同年秋から放映されたTVドラマのいずれかです。

TVドラマは北村総一朗のナレーションから始まります。

愛は平和ではない
愛は戦いである
武器のかわりが
誠実(まこと)であるだけで
それは地上における
もっともはげしい きびしい
みずからをすてて
かからねばならない
戦いである――


わが子よ
このことを
覚えておきなさい
 (ネール元インド首相の
   娘への手紙)

「純愛山河 愛と誠」冒頭のナレーション

1970年代には、インドの初代首相は今の「ネルー」ではなく「ネール」の表記でした。ネット普及率が10%を超えた2000年ごろ、本当にジャワハルラール・ネルーがこの手紙を書いたのかどうかネット上では疑問が呈されていました。

梶原一騎には事実や史実と異なる「創作」が数多く指摘されています。花形満の「青い水面に美しく優雅に浮かぶ白鳥は、しかしその水中にかくれた足で絶え間なく水をかいている」は今では完全に否定されているはずです。

とはいえ「鴨の水掻き」の諺のように、水面下の苦労や努力を察するのも美徳であるかもしれません。また、坂本龍馬の「死ぬときはたとえどぶの中でも前のめりに死にたい」は星一徹が語ったものです。

フィクションの作中人物に語らせるだけなら許容範囲内であると私は理解しています。少なくともそれは捏造にはなりません。ただ、番組冒頭のナレーションで、いわゆる偉人の名を借りると「でっち上げ」の批判は避けられません。

ネルーは自分の一人娘にこのような手紙を書いたのでしょうか。私は疑問に思っていますが、意外に受け入れられているようです。「愛と誠」は2012年に妻夫木聡と武井咲の主演で再映画化されており、この映画でも使われたようです。

邦訳されているネルーの書簡集は、みすず書房の「父が子に語る世界歴史」全8巻を含めて10冊ほどあるようです。末尾外部リンク先のブログ主さんは、これを全部読んだうえで「愛は平和ではない」の文言を確認していません。

仮にネルーでないとしたら、梶原一騎の完全な創作なのでしょうか。私は何かモデルになるものがあるはずだと疑っています。その意味においては、始皇帝説はきわめて魅力的なものです。出所が明示されていませんけど…。

【外部リンク】
漫棚通信ブログ版>梶原一騎とネルー(その2)