愛は平和ではない、愛は戦いである

タイトルそのままの言い回しではありませんが、これを始皇帝による名言として紹介しているサイトがあります。もし始皇帝だとすれば、「史記」の「秦始皇本紀」あたりが出典となるはずですが、その記載はありません。

私の世代がこの言葉に初めて接したのは「愛と誠」だったわけです。「週刊少年マガジン」で1973年から連載された劇画か、1974年夏公開の映画か、同年秋から放映されたTVドラマのいずれかです。

TVドラマは北村総一朗のナレーションから始まります。

愛は平和ではない
愛は戦いである
武器のかわりが
誠実(まこと)であるだけで
それは地上における
もっともはげしい きびしい
みずからをすてて
かからねばならない
戦いである――


わが子よ
このことを
覚えておきなさい
 (ネール元インド首相の
   娘への手紙)

「純愛山河 愛と誠」冒頭のナレーション

1970年代には、インドの初代首相は今の「ネルー」ではなく「ネール」の表記でした。ネット普及率が10%を超えた2000年ごろ、本当にジャワハルラール・ネルーがこの手紙を書いたのかどうかネット上では疑問が呈されていました。

梶原一騎には事実や史実と異なる「創作」が数多く指摘されています。花形満の「青い水面に美しく優雅に浮かぶ白鳥は、しかしその水中にかくれた足で絶え間なく水をかいている」は今では完全に否定されているはずです。

とはいえ「鴨の水掻き」の諺のように、水面下の苦労や努力を察するのも美徳であるかもしれません。また、坂本龍馬の「死ぬときはたとえどぶの中でも前のめりに死にたい」は星一徹が語ったものです。

フィクションの作中人物に語らせるだけなら許容範囲内であると私は理解しています。少なくともそれは捏造にはなりません。ただ、番組冒頭のナレーションで、いわゆる偉人の名を借りると「でっち上げ」の批判は避けられません。

ネルーは自分の一人娘にこのような手紙を書いたのでしょうか。私は疑問に思っていますが、意外に受け入れられているようです。「愛と誠」は2012年に妻夫木聡と武井咲の主演で再映画化されており、この映画でも使われたようです。

邦訳されているネルーの書簡集は、みすず書房の「父が子に語る世界歴史」全8巻を含めて10冊ほどあるようです。末尾外部リンク先のブログ主さんは、これを全部読んだうえで「愛は平和ではない」の文言を確認していません。

仮にネルーでないとしたら、梶原一騎の完全な創作なのでしょうか。私は何かモデルになるものがあるはずだと疑っています。その意味においては、始皇帝説はきわめて魅力的なものです。出所が明示されていませんけど…。

【外部リンク】
漫棚通信ブログ版>梶原一騎とネルー(その2)