静岡、愛知、三重の雨量

静岡県内のアメダス観測地点で、10月12日の降水量が歴代10位の箇所は次のとおりです。観測史上最大雨量は8地点で記録されています。このうち三島は1930年、静岡は1940年が統計開始です。

▼順位、10/12の降水量、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

2位 238.5mm 磐田 252mm(1998/9/23)1978~
1位 307.5mm 掛川 302mm(1983/8/17)1976~
3位 243.0mm 三倉 316mm(1983/8/17)1982~
9位 294.0mm 川根本町 374.0mm(2011/9/21)1976~
3位 312.0mm 鍵穴 393mm(2001/9/10)1991~
1位 366.0mm 高根山 278.0mm(2012/6/19)2009~
1位 375.0mm 静岡空港 224.0mm(2017/6/21)2009~
2位 408.5mm 菊川牧之原 414mm(1982/9/12)1978~
2位 281.5mm 御前崎 360.0mm(2004/10/9)1932~
1位 401.0mm 静岡 368.0mm(2004/6/30)1940~
1位 597.5mm 梅ケ島 595mm(2001/9/10)1976~
2位 282.5mm 清水 297mm(2004/10/9)1978~
1位 529.0mm 御殿場 524mm(2007/9/6)1976~
1位 362.0mm 三島 316.0mm(1938/6/29)1930~
1位 689.5mm 湯ヶ島 595mm(2007/9/6)1976~
2位 339.0mm 土肥 351mm(2007/9/6)1990~
3位 519.0mm 天城山 627mm(1983/8/17)1976~
2位 284.0mm 松崎 299mm(1983/8/17)1976~

東部の観測点をマッピングしてみました。ピンクが1位地点、緑が2~3位、白はランク外です。富士の観測ポイントでは、10月12日の降水量は117mmと周囲の半分以下です。雨の降り方はあまり均一ではないようです。

静岡東部の降水量
静岡東部の降水量(Google Earthプロ)

愛知県でも観測史上1位の地点がありました。田原は渥美半島の太平洋側、一色は三河湾です。

2位 294.5mm 伊良湖 337.1mm(1962/7/2)1947~
1位 261.0mm 田原 230mm(1983/8/17)1976~
2位 207.5mm 豊橋 226.0mm(2008/8/28)2005~
2位 224.0mm 新城 224.0mm(2011/9/21)2002~
4位 199.0mm 蒲郡 237mm(1983/8/17)1979~
1位 169.0mm 一色 246mm(2001/9/10)1976~
7位 169.0mm 南知多 374mm(1976/9/12)1976~
4位 117.5mm セントレア 251.0(2017/10/22)2005~

三重県では志摩市の阿児(あご)が観測史上1位でした。

3位 206.5mm 名張 295mm(1982/8/1)1976~
5位 234.5mm 小俣 473.5mm(2017/10/22)1976~
6位 281.0mm 鳥羽 423mm(1982/8/3)1977~
1位 383.5mm 阿児 292.5mm(2017/10/22)1982~
5位 268.5mm 南伊勢 397mm(1982/8/3)1978~

当たらずと言えども遠からず

上陸12時間前(10/12 07:40)の天気予報です。

台風の接近に伴って、13日(日)明け方にかけて、四国から東北の広い範囲で潮位が高くなる見込みです。特に、東海地方では、過去最高潮位を50センチ上回る所もあり、記録的な高潮となるでしょう。沿岸施設では重大な災害の恐れがありますので、厳重に警戒して下さい。

tenki.jp>台風19号 非常に強い勢力で関東・東海に上陸へ

東海地方で過去最高潮位を50センチ上回った箇所はあったのでしょうか。台風19号で最高潮位が更新されたのは次の5地点です。

最高潮位更新地点
最高潮位を更新した地点(Google Earthプロ)

▼潮位、その日時、観測地点、従来の1位の潮位とその年月日を記載しました。

230cm(10/12 05:59)三宅島 193cm(2018/7/28)
172cm(10/12 16:11)小田原 123cm(2011/9/21)
200cm(10/12 15:05)石廊崎 183cm(2009/10/8)
170cm(10/12 17:35)清水港 150cm(2017/10/23)
182cm(10/12 17:04)御前崎 169cm(2004/10/9)

小田原が49cmオーバーでした。まあ、1cmぐらいは大目に見たいところです。小田原が東海地方だと言い切れるかどうかも微妙なところですが、東海地方の隣接地域ではあります。

台風19号が伊豆半島に上陸したのは19時前です。御前崎への最接近は17時半前後になります。当日の御前崎から焼津、清水、田子の浦の満潮時刻は16:56とされていました。干満差は1m程度です。

上陸直前の中心気圧は955hPaで、標準気圧は1013hPaです。低気圧の吸い上げ効果は1hPaで約1cmと言われています。吸い上げ効果だけでも、海面水位は50~60cm高くなるわけです。満潮が重なれば悠に1m超となります。

そこに波が押し寄せれば、雨で増水した河川は河口付近で溢れるしかありません。高潮被害は予見可能だと言っていいのかもしれません。予見可能だとすれば、不作為は「過失」となります。

焼津市成案寺川沿岸の水産加工センター団地などが被災しているようです。浸水そのものは防げないとしても、浸水することを前提に回避できた被害もあったのではないかと思えなくもありません。

静岡県内の住戸被害(全半壊、一部損壊、床上・床下浸水)は、焼津市で700棟超、伊豆の国市で600棟超、函南町で400棟超、沼津、静岡、牧之原、菊川の4市でそれぞれ100棟超とされています。

埋め込んだストビューは2015年2月撮影のものです。台風で倒れた看板です。上陸地点の近くになります。

支柱のある電柱、支線のある風速計

西伊豆に上陸した台風19号は、さいたま市付近を通過して、いわき市付近で太平洋に抜けました。台風19号による最大瞬間風速TOP10のアメダス観測点は次のとおりです。

▼最大瞬間風速(日時)、各観測ポイントにおける順位、観測地点、従来の1位の記録とその年月日、統計開始年を記載しました。

44.8m/s(12日15:15)6位 神津島 58.1m/s(2019/9/8)2009~
43.8m/s(12日21:17)1位 江戸川臨海 41.0m/s(2011/9/21)2009~
43.8m/s(12日20:32)3位 横浜 48.7m/s(1938/9/1)1938~
43.7m/s(12日20:56)1位 羽田 43.7m/s(2019/9/9)2009~
42.2m/s(12日17:16)3位 三宅坪田 48.4m/s(2019/9/8)2009~
41.5m/s(12日21:14)2位 東京 46.7m/s(1938/9/1)1937~
40.3m/s(12日21:20)6位 千葉 57.5m/s(2019/9/9)1966~
39.9m/s(13日04:18)*位 えりも岬 47.2m/s(2009/10/8)2008~ 39.2m/s(10日17:51)*位 父島 59.7m/s(1986/9/28)1968~
38.6m/s(12日17:55)2位 大島北ノ山 38.1m/s(2014/10/6)2009~

10地点のうち、4か所が離島で5か所が首都圏です。江戸川や羽田では(10年のスパンしかありませんが)観測史上1位でした。地味にランクインしているのが北海道の襟裳岬です。

襟裳岬が8位
台風19号の進路と襟裳岬(Google Earthプロ)

襟裳岬は昨日(11/8)で、今年の日毎の最大瞬間風速1位が35回目でした。ストビューでも風の強さを感じることができます。埋め込んだのは(最新)2014年8月のストビューです。

4本もの支柱を伴う電柱などそう見られるものではありません。実は、灯台近くの標高63mに設置されているアメダスの風向風速計にも3本の支線が施されています。

さて、風速の観測は1秒間に4回行われています。3秒間12回の観測値の平均が瞬間風速です。最大瞬間風速の歴代全国ランキングは次のとおりです。このうち、富士山と剣山では今は観測していません。

▼最大瞬間風速、観測地点、(年月日)、設置高さ+風速計そのものの高さ、を記載しました。

91.0m/s 富士山(1966/9/25)
85.3m/s 宮古島(1966/9/5) 40m+13.5m
84.5m/s 室戸岬(1961/9/16) 161m+21.8m
81.1m/s 与那国島(2015/9/28) 30m+14.4m
78.9m/s 名瀬(1970/8/13) 3m+20.8m
73.6m/s 那覇(1956/9/8) 28m+47.8m
72.3m/s 宇和島(1964/9/25) 2m+33.2m
71.0m/s 石垣島(2015/8/23) 6m+28.9m
69.9m/s 西表島(2006/9/16) 10m+10.1m
69.0m/s 剣山(1970/8/21)

統計開始が最近ということもあって、襟裳岬はTOP20にも入っていません。10分間2400回の観測値の平均が「風速」でその最大値が最大風速ですが、最大風速でもTOP20には入っていません。

下水処理施設の浸水

国見町と言えば、一般的には長崎県のサッカーの町が浮かびます。長崎県南高来郡国見町(くにみちょう)は、2005年10月の合併で雲仙市になっています。2006年3月には大分県国東郡国見町も合併で国東市になりました。

国見山や国見岳は北海道から鹿児島まで幅広く分布し、国見駅も宮城と高知にありますが、自治体名としての国見町は福島県伊達郡国見町(くにみまち)が残っているだけです。

国見町にある福島県下水道公社の県北浄化センターは、河北新報によれば最大4m浸水してしまったようです。同センターのWebサイトには次のような「お願い」が今も掲載されています。

●下水道を利用している方々へのお願い●
 台風19号の影響により、国見町にある県北浄化センターが浸水し、現在処理機能が停止しております。
 つきましては、下水道を使用されている下記の地域にお住いの方々については、生活排水を必要以上に排水しないよう、ご協力をお願いいたします。
 役職員一同一丸となって、一日も早い復旧復興をめざし対応いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
               記
1 対象となる地域 : 福島市、伊達市、桑折町、国見町において、下水道をご使用の方

福島県下水道公社「流域下水道施設のご案内」

台風19号による下水処理施設の機能停止は、岩手から静岡まで17か所で起きており、うち6か所は今も従来どおりの稼働をしていません。県北浄化センターは阿武隈川沿いの施設ですが、その浸水は支流となる滝川の決壊によるものです。

滝川の決壊箇所
滝川の決壊箇所(Google Earthプロ)

決壊箇所のストビューは2015年10月撮影のものです。右手が上流です。ガードレールが設置されているコンクリート護岸が残り、その上流部分が決壊しています。田んぼの向こう側の白い屋根が浄化センターです。

ストビューの左手は桃畑で、数軒の民家があります。住戸被害は限定的だったものと思われます。なお、伊達市と国見町の境界が入り組んでおり、決壊箇所は伊達市ですが、浄化センターの所在地は国見町です。

普代水門の村で沢から濁流

台風19号で1時間雨量が80mmを超えたアメダス観測点は次の6地点です。

95.0mm(~10/13 01:54)普代(岩手県下閉伊郡普代村第13地割)
93.5mm(~10/13 01:55)小本(岩手県下閉伊郡岩泉町小本)
85.0mm(~10/12 19:21)箱根(神奈川県足柄下郡箱根町芦ノ湯)
84.5mm(~10/13 01:21)宮古(岩手県宮古市鍬ケ崎下町)
81.5mm(~10/12 19:52)丹沢湖(神奈川県足柄上郡山北町神尾田)
80.5mm(~10/12 20:30)丸森(宮城県伊具郡丸森町舘矢間舘山)

3時間雨量で200mm以上は次の6地点でした。3時間降水量は10分刻みでカウントされるようです。

236.5mm(~10/13 02:20)普代
224.0mm(~10/13 02:30)小本
211.5mm(~10/12 13:00)箱根
211.5mm(~10/12 20:40)筆甫(宮城県伊具郡丸森町筆甫)
211.5mm(~10/13 02:20)宮古

岩手県北部沿岸部の普代(ふだい)、小本(おもと)、宮古が上位を占めています。久慈と山田も1時間雨量は70mm超です。

時間降水量70mm以上
時間降水量70mm以上の5地点(Google Earthプロ)

水門で有名な普代の観測ポイントは村役場の近くです。「2冠」の普代村で何も起こっていないはずはありません。普代村の世帯数は10/31現在で1,126世帯です。被災住戸は136棟ということですから、全世帯の1割以上になります。

ポテチ減産が生じた2016年8月末の台風10号は岩手県大船渡に上陸した稀有な台風でしたが、普代村では普代川とその支流の茂市川が氾濫しているようです。今回は普代川が氾濫したわけではありません。

普代村中心部
普代村中心部(Google Earthプロ)

国道45号線の旧道は商店街です。西側の山の数か所の沢から粘土混じりの水が流れ出し、45号線が泥まみれにになったようです。村役場の被害は確認できませんが、今はふれあい交流センターになっている旧庁舎は被災しています。

普代川上流域では記録的な雨が降ったわけではありませんので、普代川は無事だったのでしょう。地域内の雨量があまりにも多量で、山の保水能力を上回ったものと思われます。

【外部リンク】
広報ふだい 2011.3(震災直後に発行された村の広報誌、普代水門の記述あり)