再び、オランダ揚げとは

フランス、ロシア、オランダ、ルクセンブルクの国旗は次のような色の配置です。縦横比や色合いは厳密なものではありません。

フレンチ系の国旗

私は2013年12月30日付で「4代目んだ」に「オランダ揚げとは」と題して次のような投稿をしています。

先週の話ですが、某従業員食堂のAランチは「鶏のオランダ揚げ」でした。

私の認識の中でのオランダ揚げとは、野菜を加えた魚のすり身を素揚げしたいわゆる“さつま揚げ”の角天です。トレイに並んでいる実物は、磯辺揚げにマヨネーズをベースとしたと思われるソースがかけてあります。

実際に食べてみると、磯辺揚げのように見えた衣に混ぜられた緑色の正体は青海苔ではなくパセリかと思われます。色合いとしては目立ちませんが、衣にはニンジンと玉ねぎも入っているようです。

ネットで検索してみると、実にさまざまなオランダ揚げなるものが存在しており、何がオランダ揚げなのか突き止めることはできませんでした。

・鶏肉の唐揚げ(形状はチキンカツ風)の甘酢あんかけ
・魚のすり身に野菜のみじん切りを混ぜたものを溶き卵とパン粉入りの衣で揚げたフライ(魚ロッケ)
・すり身にしない白身魚を溶き卵と上新粉と野菜のみじん切りの衣で揚げたもの
・すり身にしない白身魚を小麦粉と野菜のみじん切りの衣で揚げたもの
・だし汁と砂糖と醤油で下拵えしたカボチャを片栗粉と小麦粉に青ネギを加えた衣で揚げたもの
・鶏ささみを片栗粉で揚げてすり胡麻を振りかけたもの
・レンコンの摺りおろしに高菜漬とオクラの小口切りなど加えて溶き卵と片栗粉の衣で揚げたもの(ポン酢で食す)
・高野豆腐をお湯で戻し軽く絞ってからごま油で揚げ、だし汁で煮含めたもの

素揚げであったり唐揚げであったり天ぷらであったりカツであったりでバリエーションは豊富です。ネタは鶏肉か白身魚が多いようです。魚の場合にはすり身にする場合とそうでない場合があります。また、衣か本体に玉ねぎ、ニンジン、パセリ、ピーマンなどのみじん切りやグリーンピースが加わっていることが多いようです。

由来についても諸説あります。

【A】パセリの別名がオランダゼリだから
【B】ニンジン、玉ねぎ、パセリ(ピーマン)の3色がオランダ国旗の赤白青(緑)を想起させるから
【C】洋風という意味での「オランダ」であり、それ以上の意味はない

【A】説はあまり信ぴょう性がありません。むしろ地中海原産のパセリになぜオランダゼリという名前がついているのか、そっちのほうが疑問です。【A】説が正しいのなら、パセリの入っていないオランダ揚げは邪道ということになります。

【B】説は後付でしょう。オランダ国旗の起源は世界最初の三色旗とされるプリンスの旗(オレンジ、白、青の水平三色旗)です。これがのちに赤、白、青の水平三色旗となったわけですが、この三色ならフランスの垂直三色旗がはるかに有名です。また、野菜の緑をわざわざ青に置き変えなくても、イタリアの国旗が緑、白、赤の垂直三色旗です。

【C】説が正解に限りなく近いだろうと私は考えています。ただ、この名前がついたのが、オランダが鎖国下における欧州唯一の交易国だった江戸時代なのか、それとも明治以降なのかということについては判然としません。

2013/12/30「4代目んだ」

6年ぶりに「オランダ揚げ」をネット検索してみると、Wikipediaに「オランダ煮」というページがヒットします。2014年1月11日に作成されたページですが、不思議なことにソースのWebページ閲覧日が1年前の2013年1月11日になっています。

私がその社員食堂で何度か食べたのは「オランダ揚げ」であり「オランダ煮」ではありません。「オランダ煮」とは素揚げしてから煮ている料理のようです。由来に関しては【C】説が採用されています。

まあ、【B】説は噴飯ものです。青・白・赤の三色旗で思いつくのは半数以上がフランスのはずです。世代間格差が生じるロシアはフランスより多くはないでしょうし、オランダを思いつくのは1割に満たないはずです。

青空文庫を検索してみましたが、芥川龍之介の「或阿呆の一生」に「阿蘭陀芹」が出てきます。オランダゼリも江戸時代にオランダ人が持ち込んだために、そういう名前になったに違いありません。

赤・黄・緑のギニア国旗サインポール

山形県内の理容店サインポール調査がとりあえず一巡しました。MAPに反映したのは725軒です。漏れた店舗も多いでしょうがサンプル数としては十分です。その内訳は次のとおりです。

  • 青・白・赤のフレンチ仕様(659軒)
  • 緑・白・赤のイタリアン仕様(1軒)
  • その他の色の組み合わせ(15軒)
  • サインポール見当たらず(50軒)

結局、緑・白・赤のイタリアン仕様のサインポールが設置されていたのは真室川町の1軒だけでした。山形県に限れば、イタリアンは1÷725=0.14%という極めて低い設置比率になります。

このような多少の偏在はあるとしても、全国的なイタリアン比率は1%以上だと私は感じています。また、あくまでも私の個人的な印象ですが、イタリアンは西高東低ではないかと思われます。西日本では比較的容易に見つかります。

さて、練馬区の江古田銀座には「赤・黃・緑」のサインポールを設置している店舗がありました。2017年9月撮影のストリートビューです。

1950年代のアフリカ諸国独立運動で“アフリカの誇り”とされたのはエチオピアです。エチオピアは第二次世界大戦前からの独立国です。エジプト、リベリア、南アも戦前の独立ですが、エチオピア国旗の上から「緑・黃・赤」のトリコロールカラーは多くのアフリカ諸国の国旗に採用されています。

汎アフリカのトリコロール国旗

左から「赤・黄・緑」はギニア国旗です。この反転タイプ「緑・黄・赤」はギニアの隣国・マリの国旗です(下の地図の右肩に示されたバマコがマリの首都です)。そこに緑の星が入るとセネガル国旗になります。

ギニア付近(Google Earthプロ)

まあ、さすがにサインポールが2色変わると、理容店のイメージからはかなり遠ざかってしまいます。

残念ながら、そっちがイタリアン

理容師法と美容師法は理容と美容を次のように定義しています。理容店ではパーマはできず、美容院ではカットや顔そりができないようにしか読めません。

第一条の二 この法律で理容とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えることをいう。

理容師法

第二条 この法律で「美容」とは、パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう。

美容師法

もちろんそういう厳密な運用はされておらず、両者の境界はかなり曖昧なのが現状です。高知県の全理容店をMAP化しているところですが、一部で美容院も拾っているはずです。

さて、私はイタリアンなサインポールを探しているわけです。別に惜しくはありませんが、「そこがイタリアンなのね」と言いたくなる店舗もありました。まずは2014/06撮影のストビューです。

右手にハサミ、左手にクシを持って走って?いる「チョキちゃん」のキャラクターマークは、1996年に全国理容生活衛生同業組合が公募で選定したもののようです。ガラスに貼り付けられたチョキちゃんのシートがイタリアンです。

一方、こちらは店舗ファサード部の胸板がイタリアン配色で塗色されています。

イタリア国旗は「緑・白・赤」の並び順ですし各色の幅は均一です。この塗色は白が狭く、並び順も「赤・白・緑」ですから、別にイタリア国旗を意識したわけではないのでしょう。

発注はノーマルに「青・白・赤」だったのではないでしょうか。その場合は屋号の文字色が黒になって、あまり具合がよろしくありません。そこで、青が文字色に昇格?して、青の代わりに緑が起用されたのではないかと私は推理します。

イタリアン系の国旗