丹沢大山のモータープール公衆トイレ

群馬県太田市の金山総合公園展望台の駐車場は、市のWebサイトに「モータープール」として掲載されていたわけですが、神奈川県伊勢原市の大山山麓にも公共施設の「モータープール」があるようです。

現代ではさして有名スポットというわけでもありませんが、丹沢尾根の東端にある大山は江戸時代には山岳・天狗信仰の対象として、大山詣りが流行っていたようです。

ハッピーロード商店街で知られる板橋区大山町の地名の由来は、川越方面から大山に至る分岐点ということのようです。

また、東京都千代田区の三宅坂交差点から静岡県沼津市に至る国道246号線は、大山街道と呼ばれることもあります。世田谷区の三軒茶屋交差点には大山街道の道標が残っており、川崎市溝口の旧道沿いには「大山街道ふるさと館」があります。

伊勢原市役所Webサイトの「大山モータープール公衆便所の改修について」と題するニュースリリースです。公開日は2015年4月7日とされています。

大山ケーブル行きのバス終点に位置する「大山モータープール公衆便所」が、3月31日(火)に大幅リニューアルされ、インフォメーションセンターとして生まれ変わりました。

トイレ内の便器は、すべて従来の和式から洋式に変更され、壁や天井などの外装も一新。大山の玄関口としてふさわしい、清潔感のあるトイレが完成しました。

また、ハイキング客からの要望もあった靴洗い場も設置されました。

公衆トイレの名称が「大山モータープール公衆便所」ということのようです。ストリートビューは2014年2月撮影のものですので、改修前です。

左側の駐車場入口の看板は「大山第2駐車場」です。右側は神奈中バスの終点であり大型車の転回場になっていますが、バス停の名称は「大山ケーブル」です。「モータープール」との看板等はどこにも掲出されていません。

どうやら正式に「モータープール」と名付けられた施設は存在せず、トイレの名称だけが「大山モータープール公衆便所」ということのようです。唐突感が否めません。

伊勢原市役所のWebサイトを「モータープール」でサイト内検索すると、20数件ヒットします。農業委員会の議事録にも「モータープール」の文言があり、上の第2駐車場を指しているものと思われます。