猿はいない猿島、鹿がいる友ヶ島

5月27日に最大瞬間風速1位を記録したのは和歌山県の友ヶ島でした。紀淡海峡に蓋をするかのように連なる友ヶ島は、地ノ島、虎島、沖ノ島、神島の総称です。4島で最大の島は定期船の船着き場がある沖ノ島です。

沖ノ島=友ヶ島という理解でも、あまり差し障りはないようです。定期船は5月27日と翌28日には全便欠航となっています。アメダスの観測点は沖ノ島西端の友ヶ島灯台付近にあります。対岸の西4km先には淡路島が構えています。

明治初期に築造された友ヶ島灯台は全国23基の保存灯台の1つです。灯台から観測露場まで100m足らずです。灯台と露場の間には東経135度の子午線が通過しています。「日本標準時子午線 日本最南端の地」の安っぽい標柱が建っています。

友ヶ島にはキャンプ場もあり、宿泊施設もあります。この宿泊施設は定期船第1便の到着より早い時間帯に朝食を提供しています。通年の居住者がいるわけではないにせよ、それで無人島と言えるのか疑問に思わなくもありません。

同じく砲台跡がラピュタ感を醸し出す横須賀沖の猿島では、キャンプは禁止されており、宿泊施設もありません。私の感覚では、猿島は白か黒かで言えば無人島の部類であり、友ヶ島は限りなく有人島に近い存在です。

猿島の沖合に(上陸できない)海堡があるように、砲台跡は当然ながら淡路島側にも残っていますが、紀伊半島側にも砲台跡があります。ラピュタの香りは船に乗らなくても味わえるわけです。

砲台の遺構は函館や対馬など各地に存在します。猿島と友ヶ島は東京湾と大阪湾への侵入を防ぐいわば最後の砦です。ただし、海岸砲台は空からの攻撃や潜水艦に対してはほぼ無力です。

キャンプだけでなくコスプレや花火やドローンが禁止されている猿島とは異なり、猿ヶ島では(今のところ)そのような制限はないようです。猿島にサルはいませんが、友ヶ島にはシカやリスやクジャクがいます。

管理されたラピュタが猿島で、シカの糞がキャンプ場のそこら中に転がっていても手を加えないのが友ヶ島です。そういう意味では、猿島のほうが有人島的であり、友ヶ島では無人島の雰囲気に浸ることが可能です。

無人島・有人島についても日本標準時子午線のように複数の考え方がありそうです。なお、虎島は沖ノ島の陸繋島ですが、沖ノ島西端から虎島西端まで3kmほどあります。海岸線延長1.6kmの猿島とはそもそも規模が違います。

友ヶ島の一般的な表記は「友島」ですが、気象庁Webサイトでは「友島」を用いていますので、あちらのページではそのまま「友ケ島」としています。

与論島(よろんじま)とヨロン島(よろんとう)

鹿児島県最南端の島は与論島(よろんじま)です。和泊町のある島は口永良部島(くちのえらぶじま)ですが、同じ鹿児島県の口永良部島より沖縄本島のほうが距離的には近いという位置関係にあります。

南西諸島(Google Earthプロ)

私は「よろんとう」と「島」を音読みするものだと思っていました。この歳になって初めて気づくことも多いようです。ただ、私が「よろんとう」と覚えていたのは無理からぬことではあるのです。

「水曜日のダウンタウン」の挨拶シリーズで、春日が浜田に仕掛けた “「よ」で始まり「す」で終わる言葉”のレベル6は「与論島は鹿児島最南端の島です」でしたが、 ナレーションも春日自身も紛れもなく「よろんとう」と読んでいます。

ヨロン島観光協会のWebサイトには次のような記述があります。「ヨロン島(ヨロントウ)の読み方」と題する項目です。

ヨロン島の観光の歴史をさかのぼると沖縄が日本復帰した昭和47年頃、他の島と差別化をしてイメージアップを図る為に、カタカナ表記で「ヨロン島」読みを「ヨロントウ」としてプロモーションを行いました。
<略>その頃から継続して観光面ではカタカナ表記で「ヨロン島」読みを「ヨロントウ」として使用し、現在に至っております。

ヨロン島観光協会>ヨロンについて

たしかに、オアフ島、クレタ島、セイロン島、セブ島など外国の島は、ことごとく音読みの「とう」です。一方、国内では国後島、択捉島、色丹島の北方領土3島が「島」を「とう」と音読みするだけで、訓読みの「しま」が圧倒的多数です。

呼称が揺れていた硫黄島については、2007年に小笠原村議会で故障の統一を求める決議が採択され、これを受けて国土地理院や海上保安庁などが「いおうとう」で足並みを揃えています。南硫黄島や北硫黄島も同様です。

いずれにしても、日本の島で「○○とう」はかなり特殊なケースであることに違いはありません。与論島の場合、「よろんじま」が正式名称で「よろんとう」は俗称ということになるのでしょう。

もっとも、当事者こそが俗称の仕掛け人であって、俗称ウェルカムのスタンスですから、俗称が広まったところで目くじらを立てることもないわけです。およそ50年前からの優れた戦略が功を奏していることになります。

いったい誰の発案なのか、そっちのほうが気になります。さて、与論島へのアクセスは、空路が鹿児島、奄美大島、沖縄の3路線、海路は鹿児島と沖縄の2路線で、それぞれ毎日就航しています。与論島のアメダス観測地点は空港内です。

有人島日本最南端の波照間島

1月1日から最高気温瞬間最大風速の各日1位地点をリスト化しているところです。前者の場合、2月末までの59日間で沖縄県八重山郡竹富町に属する波照間島(はてるまじま)にある2つの観測地点が計36回1位になっています。

日本の領土の最南端は東京都小笠原村に属する沖ノ鳥島です。北回帰線より南側の北緯20度25分にあります。資源確保のための有人化に向けて2010年から始まった港湾整備は2014年3月に死者7名の事故で中断しました。

翌2015年に再開された岸壁工事は継続中ですが、最大標高1mのサンゴ礁に人が暮らせる施設を確保するのは容易なことではないでしょう。まだまだ時間がかかりそうです。

有人島としての日本最南端が北緯24度03分の波照間島です。民間人が立ち入ることが困難な南鳥島は北緯24度17分であり、全島が私有地で米軍施設として利用されている沖大東島は北緯24度27分です。

マーカーに隠れて見えませんが石垣島の西にあるのが西表島で、竹富町役場は西表島にあります。波照間島は西表島の南です。周囲が約15km、人口は500人ほどで、ハブはいないそうです。

波照間はアメダスの観測地点としても最南端です。あいにくストリートビューで確認することはできませんでしたが、島のほぼ中央部にある灯台より西側の畑の中だと思われます。

志多阿原(したあばる)の観測ポイントは島の東側にある空港内なのでしょう。10年前までは石垣島と結んだ航空定期便があったようですが、今は波照間島へのアクセスは航路のみです。

台風24号は宮城島の風速計も破壊

沖縄本島中部の東海岸に与勝半島(または勝連半島)という出っ張りがあります。半島と平安座島(へんざじま)は、「海中道路」と呼ばれる県道10号線で結ばれています。

平安座島の北東に位置するのが宮城島(みやぎじま)です。平安座島と宮城島を繋ぐ橋は「桃源橋」という名前のようです。全長は27mです。島と島の間の水面は一般的には海峡と言われるはずです。

桃源橋を車で通っても、レンタチャリや徒歩で渡っても、海峡は川(運河)と誤解されるものと思われます。両サイドから埋め立てが進んだ結果です。橋を渡った宮城島にアメダス観測点があります。灌漑用ため池と思われる施設の端です。

宮城島のアメダスは2018年9月29日の11時10分に降水量2mm(10分)、気温25.7℃、南東の風31.5m/s(10分)、最大瞬間風速は46.2m/s(3秒)を記録しています。

11時20分から風速・風向の記録は途絶えており、10月1日の16時40分に復活しています。53時間もの空白が生じているわけです。と同様に気温と降水量は記録されていますので、停電等による施設全体の問題ではなく、風速・風向計単独のアクシデントだと思われます。

台風24号は沖縄近海で滞留していました。沖縄はほとんど丸1日に渡って暴風域内にありました。午前7時以降の10分毎の平均風速は例外なく30m/s以上であり、最大瞬間風速もことごとく40m/s以上です。

ところで、「海中道路」は今では著名な観光スポットの1つです。橋を架けたわけではなく、干潮時には歩いても渡れたという浅瀬の上に堤防のように築造された道路です。橋と違ってGLが低く、さほど海面と変わりません。

水門の関係で多少のアップダウンはありますが、「海中道路」の名前は誇張でも伊達でもありません。中央分離帯付きの4車線道路は、もともとは石油精製基地のパイプライン敷設のためにガルフ社が埋め立てたもののようです。

開通したのは沖縄本土復帰直前の1972年4月です。翌1973年は第1次オイルショックです。ガルフ社が同じセブンシスターズのソーカルと合併したのは第2次オイルショック後の1984年です。

【外部リンク】
国際気象海洋株式会社>台風24号進路図

淡路島・洲本はモータープール銀座

洲本市役所のWebサイトによれば、洲本市の人口は9月末現在で44,909人だそうです。今のところ、洲本市内で23か所の貸駐車場としての「モータープール」を見つけました。

尼崎市役所のWebサイトで公表されている2017年9月の推計人口は451,184人で、洲本の約10倍です。尼崎は大阪に隣接し「大阪市尼崎区」と呼ばれることさえありますが、まだMAP反映は21か所です。

おそらく洲本は大阪以外でもっとも高密度に「モータープール」が存在する基礎自治体ではないかと思われます。数としては50か所に迫っている奈良市が最多になりそうな勢いですが、対人口比率で洲本に並ぶには184か所必要です。

洲本の駐車場事情は、タイムズさんやリパークさんのような全国展開の駐車場が少ないという特徴的な傾向があります。地元の不動産業者が主導した結果だとしても、ネーミングはやはりオーナー次第でしょう。

古くからある大型の貸駐車場がまず「モータープール」を名乗り、中小がそれに追随したと考えるのが自然なのかもしれません。全国規模の大手が容易に手を出せない地域性が「モータープール」王国を維持しているようです。

私は淡路島の南にある沼島に行く途中で洲本の街を歩いたことがありますが、アーケードの商店街に入ったため、「モータープール」の存在には気づきませんでした。洲本市街地には八狸伝説に由来する狸の石像が8体設置されています。

ストリートビューは八狸の長老格とされる宅左衛門狸です。もっとも有名な柴右衛門狸の像は洲本八幡神社境内にありますが、石像の隣には道頓堀・中座の舞台下に祀られていた「柴右衛門狸大明神」が里帰りしています。

柴右衛門狸については、おおむね次のようなストーリーが語られています。

  • 芝居好きの柴右衛門狸が人間に化けて中座に通っていた
  • 木戸銭に木の葉が混ざっていることが不審がられた
  • 柴右衛門狸は中座側が用意した番犬に噛み殺された
  • その直後から中座の客足が鈍り、柴右衛門の祟りと噂された
  • 中座は柴右衛門狸を手厚く祀り、人気は回復した

明石海峡大橋の架橋以前、島外に出る手段は海路しかありませんでした。陸路の今は神戸経由で大阪に入ることなりますが、海路ではダイレクトに大阪まで行けるわけです。

島北部の淡路市、とりわけ旧・岩屋町は対岸の明石やその東隣の神戸との関係が深いのでしょうが、島中部の洲本港からの海路利用では神戸と大阪はさほどの大差が生じません。

というわけで、洲本は大阪志向が強いのではないかと思われますが、もともと淡路島には民間有料駐車場がビジネスとして成立しそうな市街地が洲本しかありません。洲本以外では、津名で2か所の「モータープール」を確認できただけです。