リンゴ「ふじ」の生誕地

今年5月に発表された農林水産統計では、リンゴの品種別収穫量は「ふじ」が40万3,000トンで53%、「つがる」が7万8,600トンで10%、「王林」が5万2,300トンで7%です。今や「ふじ」は世界有数のリンゴ品種だそうです。

「ふじ」の名前の由来は、「ふじ」生誕の園芸試験場が所在する青森県南津軽郡藤崎町と富士山と山本富士子ということです。藤崎町は国道7号線沿いで、弘前市と青森市に挟まれています。鉄道では奥羽本線と五能線の合流点です。

藤崎町(大字)榊(字)柏原は、素直に「かしわばら」でいいものと思われます。と言うより、判断材料が少なく検討の余地がさほどありません。郵便番号検索ではヒットしません。各種ネット地図では「かしわばら」です。

藤崎町榊柏原付近(Google Earthプロ)

柏原地区は藤崎町のほぼ中央部に位置しますが、街の中心部というわけではありません。画像中央の7号線バイパスと県道が交わる辺りが柏原地区です。ストリートビューで見た限りでは1棟の建物もありません。田んぼばかりです。

建物がない以上、「柏原」が施設名称に使われることもないわけです。土地登記簿上だけの地名と言ってもいいかもしれません。そんな地名の読みを誰が気にするのかということになってしまいます。

さて、1930年代から農林省園芸試験場東北支場で育成された「ふじ」が品種登録されたのは1962年だそうです。試験場は再編統合によって盛岡に移転し、今は弘前大学農学生命科学部の藤崎農場です。

「ふじ保育園」や「ふじロード」、「藤崎アップル球場」などの名称にその痕跡は残っていますが、全国唯一の「りんご科」が設置されていた弘前実業藤崎分校も今年3月には閉校しています。

「柏原」の西南西約3.6kmの交差点にリンゴのフォルムを意識したと思われる木がありました。2014年6月のストビューです。

二代目校長は二宮金次郎の孫

薪を背負って本を読みながら歩いている二宮金次郎像は全国各地にあるはずです。私が通っていた小学校にもありました。危険を伴ういわば「ながら読書」であって、それが賞賛される行為なのかどうか子供心にも疑問を感じていました。

金次郎の孫に当たる二宮尊親(たかちか)の胸像は、北海道豊頃町二宮の郷土資料館駐車場に設置されています。道道210号線と牛首別川が並行する地点です。豊頃町役場には尊親の全身像もあるようですが、ストビューでは確認できません。

北海道開拓者として有名な尊親ですが、その晩年には今の報徳学園の校長を務めていた時期があったようです。報徳学園Webサイトでは、沿革が次のように示されています。

■1911年(明治44) 4月
大江市松翁、御影町に報徳実業学校(3年制)設立。
■1919年(大正8) 5月
二宮尊徳の嫡孫二宮尊親校長(二代目)就任。
■1924年(大正13) 3月
私立報徳商業学校に改称。
■1932年(昭和7) 4月
神戸青谷へ移転。
■1944年(昭和19) 4月
文部大臣の命により工業学校へ転換。
■1947年(昭和22) 4月
戦時中、空襲による校舎焼失のため西宮の現在地に移転。報徳中学校認可。
■1952年(昭和27) 12月
校名を報徳学園高等学校、同中学校と改称。

報徳学園中学校・高等学校 > 報徳学園について

私のミッションは商業校の最終所在地です。この年表を素直に受け取ると、1944年から1952年まで工業学校時代が続き、商業校としての最終所在地が青谷となります。そんなはずはありません。

どうやら1944年に「神戸工業学校」と改称し、1946年に「報徳商業学校」に戻り、1948年の学制改革では「報徳商業高等学校」となったようです。したがって、名称から「商業」が消えたのは1952年であり、当時の所在地は現在地です。

ところで、豊頃町役場は十勝川沿いにあります。町指定文化財で町のシンボルであるハルニレの木は対岸の河川敷です。樹形が扇型の奥の木は、実は2本の木が寄り添っており、樹齢はちょうど開拓時代と重なる140~150年です。

校門の先はクスノキの並木

1930年第16回の「巡ウラ」優勝校は千葉の茂原農です。

  • 広島商8-2諏訪蚕糸3-0平安中15-0東北中3-2水戸中
  • (東関東大会)水戸中7-4茨城工22-8千葉師範
  • (千葉予選)《千葉中13-6千葉師範》15-1成東中21-3茂原農

2006年4月、茂原農は茂原工との統合で茂原樟陽(もばらしょうよう)高校になっています。旧・茂原農の校地と校舎が統合後の茂原樟陽に引き継がれているようです。

Wikipediaの「茂原樟陽」のページには、旧・茂原工の校地は工業校舎として使用されているかのような記載もあります(2017/09/19現在)。公式サイトを覗いてみた限り、旧・茂原工の校舎が今も使われている形跡はありません。

統合当初の数年間は旧・茂原農が本校舎、旧・茂原工は工業校舎という形で運用されていたのかもしれません。新校名「樟陽」のうち「樟」は、校門を入ったところにあるクスノキの並木に由来するものと思われます。

「姓名分布&ランキング 写録宝夢巣」さんによれば、「楠」姓は全国で864位、「楠木」姓は2734位だそうです。一般的にはクスノキは「楠」と書きますが、どうやらクスノキに「樟」、タブノキに「楠」を当てるのが正解のようです。

クスノキは西日本に多く分布しており、兵庫、佐賀、熊本、鹿児島の4県で「県の木」とされています。上記姓名ランキングでも、「楠木」姓や「楠」姓はやはり西日本に多い苗字です。

京都大学の正門から入った真正面の木がクスノキです。ストリートビューには雪景色の時計台前クスノキがありました。2015年1月撮影のものです。

もう1つ、ストビュー(2013年3月撮影)を埋め込んでおきます。鹿児島県姶良市の蒲生八幡神社境内にある「蒲生のクス」です。根元に木製の格子扉が見えますが、中には8畳分の空洞があるそうです。

樹齢1500年と言われるのは、1123年の神社創建時にすでに存在していたとされているからでしょうが、日本では自生しない(異説あり)というクスノキですから、誰かが植林したことになるわけです。