上対馬の鰐浦、下対馬の厳原

台風18号の影響で、10月2日の最大瞬間風速1位は対馬の鰐浦(わにうら)、翌10月3日の最大瞬間風速1位は厳原(いづはら)でした。鰐浦は対馬の北端、厳原は対馬の南部です。対馬にはアメダスの観測地点が3か所あります。

鰐浦は豊砲台跡付近と思われます。あいにくストビューでは確認できません。厳原は厳原港ターミナルビルと接続する合同庁舎です。空港の観測点はその所在地名の美津島(みつしま)で呼ばれています。

対馬付近(Google Earthプロ)

日本気象協会「tenki.jp」など複数のWebサイトではアメダス観測点の地図が掲載されていますが、おそらくは気象庁発表の緯度経度で座標入力しているものと思われます。実際の観測ポイントとは100~200mほどの差異が生じています。

厳原の場合は海上にマーカーが示されてしまいます。もちろん海上観測しているわけではありません。ズバリ示されないということは、探す楽しみが残っているということでもあります。

さて、日本の島の面積ランキングは、本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島、対馬の順です。国土地理院は対馬の面積を695.74平米としていますが、対馬は厳密には陸続きではありません。

対馬には東西の海を繋ぐ2つの運河があります。江戸時代に造られた大船越瀬戸(おおふなこしせと)と、1900年に海軍によって開削された万関瀬戸(まんぜきせと)です。ともに国道382号線が通り、大船越橋と万関橋が架けられています。

万関橋と大船越橋(Google Earthプロ)

瀬戸の名が付いた2つの運河は空港の近くです。一般的にはこの運河付近が上対馬と下対馬の境となるようです。2018年5月撮影のストビューを埋め込みました。万関橋から見た万関瀬戸です。

上対馬と下対馬は、もともとは上県郡と下県郡に由来する区分と思われます。地名に「上」なり「下」なりが付されるときは、上目黒と下目黒、上賀茂神社と下鴨神社のように川の上流と下流の関係にあるケースが多いはずです。

対馬の最高峰は南部の矢立山です。そもそも南北に流れる川自体が対馬には存在しません。何が基準でこの「上下関係」が成立したのか気になります。

「54年後の初勝利」

2019年ウラ優勝校は音戸の瀬戸から

第101回全国高校野球選手権大会のウラ優勝校は、広島県立音戸高校でした。広島のウラ優勝校は2014年の安芸府中以来7年ぶりで5校目となります。→「ウラ優勝校の一覧」

  • 履正社 5-3 星稜 9-0 中京学院大中京 6-3 作新学院 18-0 岡山学芸館 6-5 広島商
  • (広島予選)広島商 10-7 尾道 3-2 尾道商 7-2 広島新庄 12-10 高陽東 9-8 如水館 14-0 広島商船 12-1 音戸

「音戸(おんど)」の読みにかすかな記憶があります。何か少しだけ縁があったような気がしますが、なかなか思い出すことができません。Wikipediaには次のような記述がありました。

広島県立音戸高等学校(ひろしまけんりつ おんど こうとうがっこう)は、広島県呉市音戸町北隠渡に所在する公立の高等学校。音戸の瀬戸にかかる音戸大橋のそばにある。

Wikipedia「広島県立音戸高等学校」

私は今年3月に「瀬戸MAP」を作りました。「音戸の瀬戸」もMAPに入っています。音戸高校があるのは倉橋島です。倉橋島と本土との間の海峡が「音戸の瀬戸」です。

音戸の瀬戸(Google Earthプロ)

もっと広域にしないと、位置関係がわかりにくいかもしれません。倉橋島の西にあるのが江田島になります。

呉市付近(Google Earthプロ)

本州や北方領土を加えた日本の島の面積ランキングで倉橋島は36位です。2018年10月に国土地理院が発表した面積で30位台の島は次のとおりです。

  • 30位 93.65㎡ 沖永良部島(鹿児島県知名町、和泊町)
  • 31位 91.33㎡ 江田島・能美島(広島県江田島市)
  • 32位 90.73㎡ 伊豆大島(東京都大島町)
  • 33位 90.66㎡ 長島(鹿児島県長島町)
  • 34位 81.25㎡ 礼文島(北海道礼文町)
  • 35位 77.25㎡ 加計呂麻島(鹿児島県瀬戸内町)
  • 36位 69.46㎡ 倉橋島(広島県呉市)
  • 37位 69.11㎡ 八丈島(東京都八丈町)
  • 38位 65.56㎡ 下甑島(鹿児島県薩摩川内市)
  • 39位 64.58㎡ 大三島(愛媛県今治市)

知名度としては劣るかもしれませんが、音戸大橋は橋マニアには嬉しい橋のようです。航路を確保するために橋桁を上げざるを得ず、接続部はダブルアクセルの螺旋状です。埋め込んだのは2013年10月のストビューです。

太子(たいし)ではなく、大子(だいご)

目下のところ、この夏唯一の39℃台を記録しているのは茨城県の大子(だいご)です。8月9日に39.0℃を記録していますが、8月7日も38.3℃で最高気温全国1位でした。茨城県大子町は太平洋から30km以上離れ、福島と栃木両県に接しています。

茨城県北部(Google Earthプロ)

当然、その大子町の市街地は盆地になります。大子の観測ポイントは周囲を民家で囲まれており、東40m先は斜面、西70m先には相川が流れています。河岸段丘的な地形です。標高は120mだそうです。

大子の観測ポイントでは1月10日に最低気温-9.4℃を記録していますので、今年の年較差は48.4℃となります。39.5℃(5/26)と-28.6℃(2/9)の佐呂間には及びませんが、本州トップクラスで間違いないはずです。

世田谷や仙台や新潟に太子堂があるのですから、茨城に聖徳太子ゆかりの地名があったとしても不思議ではありませんが、「醍醐水」と呼ばれる湧き水が町名の由来のようです。

町内をストリートビューで散策してみると、石像がやたらと目につきます。とくに気になるのは、常陸大子駅から永源寺(もみじ寺)に向かう長岡橋西詰(南詰?)に置かれた計4体の石像です。

「ながおかはし」のプレートの上で合掌しているのは、髪型からして古代人なのかもしれません。町内には遺跡があるようです。もし女性像だとすれば、川岸であることから弁財天が有力ですが、琵琶は持っていません。

また、親鳥が運んで来る餌を持つ雛鳥のように大口を開けている3体はおそらく笑い地蔵であろうと思われます。その右には何らかの支柱が切断されたような痕跡があります。

さらにその右側には円盤状のコンクリの基礎が3つあることから、笑い地蔵?はもともとそこに設置されたものであり、支柱跡は合掌している古代人像?の設置箇所であったのかもしれません。

ちなみに、橋の左側はフクロウ、東詰(北詰)は蛙と河童です。何が原因で移設されるに至ったのでしょうか。あいにくストビューは2014年4月撮影の1本だけで、過去を遡ることはできません。

「がいばら」と読む柏原

岐阜県下呂市の広報誌の題字です。濁点は温泉の湯けむりをイメージしたものでしょう。カタカナ変換して想像力をフル稼働してはいけないもののようです。下呂温泉は有名ですが、市内には中呂(ちゅうろ)や上呂(じょうろ)もあります。

「市政だより げろ」2009年6月号の題字

広報誌は2016年6月号からアルフェベット表記の「GERO」に変わっています。下呂市小坂町(おさかちょう)の「柏原」は郵便番号検索でもネット地図でもヒットしませんが、地理院地図には「がいばら」のフリガナ付きで記載されています。

下呂市Webサイトの土砂災害ハザードマップは、小坂町門坂地区が「門坂(松尾)」、「門坂(柏原)」、「門坂」に3分割されて公開されています。また、広報誌の2009年7月号3ページ目には「柏原」の記載があります。

「市政だより げろ」2009年7月号

郵便番号検索にもネット地図にもない「柏原」の地名は下呂市小坂町に確実に存在している(た?)わけです。また、「がいばら」の読みについては、国土交通省中部地方整備局の高山国道事務所Webサイトの複数の文書で確認できます。

国道41号阿多粕改良事業概要

2010年2月9日付の「国道41号「小坂久々野トンネル(仮称)」平成22年2月下旬よりトンネル掘削開始」の文書は、おそらくプレスリリースと思われますが、たしかに「がいばら」のルビが施されています。

柏原大橋?付近(Google Earthプロ)

木曽川の支流・飛騨川に架けられた橋がトンネルの入口に続いています。ちょうど「41」の国道マークが入っているところです。この橋も柏原(がいばら)大橋の名称のようですが、確認することはできませんでした。

「柏原」を「GAIBARA」と読むのは全国唯一と思われます。柏原が小坂町の大字だったのか、大字門坂字柏原だったのかはわかりませんでしたが、2004年の合併ですから調べるのはそう難しくないはずです。

5月だというのに39.5℃

5月26日の最高気温1位は北海道・佐呂間の39.5℃でした。北海道の最高気温は37.8℃がこれまでの記録で、まだ38℃台が記録されたことはありませんでしたが、昨日の10位が38℃ちょうどです。

  • 39.5 ℃ 北海道常呂郡佐呂間町 佐呂間(網走・北見・紋別地方)
  • 38.8 ℃ 北海道帯広市 帯広(十勝地方)
  • 38.8 ℃ 北海道中川郡池田町 池田(十勝地方)
  • 38.8 ℃ 北海道足寄郡足寄町 足寄(十勝地方)
  • 38.5 ℃ 北海道紋別郡湧別町 湧別(網走・北見・紋別地方)
  • 38.4 ℃ 北海道中川郡幕別町 糠内(十勝地方)
  • 38.1 ℃ 北海道河西郡芽室町 芽室(十勝地方)
  • 38.1 ℃ 北海道北見市 北見(網走・北見・紋別地方)
  • 38.0 ℃ 北海道河西郡更別村 更別(十勝地方)
  • 38.0 ℃ 北海道網走郡津別町 津別(網走・北見・紋別地方)

また、5月の最高気温としても大幅な記録更新です。1993年5月13日に秩父で記録された37.2℃がこれまでの5月最高気温です。昨日の佐呂間の39.5℃は、北海道新記録であり5月の新記録でもあります。

北海道の気温観測173地点中36地点で観測史上1位だったということですが、佐呂間の観測開始は1977年です。実は、大半の観測ポイントでは観測開始が1970年代から1980年代に集中しています。

「観測史上1位」と言っても、たかだか50年に満たない期間の中での1位に過ぎないわけですが、2位の帯広は測候所ですので観測開始が1892年です。きのうは「100年に1度」以上の猛暑だったことになります。

さて、北海道の観測ポイントが最高気温1位になるのは、4月17日の鶴居5月6日の湧別に次いで今年3度目です。佐呂間は湧別のときに触れてしまいましたので、6位の幕別町糠内(ぬかない)をストビューで訪れてみました。

糠内の観測地点は畑の中です。周辺には多少の建物がありますが、気象観測に影響が及ぶことはなさそうです。2位の帯広測候所から見ると、3位・池田は東、6位・糠内は南、7位・芽室は西に位置しています。

幕別町糠内付近(Google Earthプロ)

糠内の語源となる「ヌカン」はアイヌ語で小石だそうです。糠内付近の猿別川に架かる厳橋のストビュー(2014/06撮影)です。

たしかに小石はあります。どこの川でも中洲はこんなものではないかと思わなくもありませんが…。