下水処理施設の浸水

国見町と言えば、一般的には長崎県のサッカーの町が浮かびます。長崎県南高来郡国見町(くにみちょう)は、2005年10月の合併で雲仙市になっています。2006年3月には大分県国東郡国見町も合併で国東市になりました。

国見山や国見岳は北海道から鹿児島まで幅広く分布し、国見駅も宮城と高知にありますが、自治体名としての国見町は福島県伊達郡国見町(くにみまち)が残っているだけです。

国見町にある福島県下水道公社の県北浄化センターは、河北新報によれば最大4m浸水してしまったようです。同センターのWebサイトには次のような「お願い」が今も掲載されています。

●下水道を利用している方々へのお願い●
 台風19号の影響により、国見町にある県北浄化センターが浸水し、現在処理機能が停止しております。
 つきましては、下水道を使用されている下記の地域にお住いの方々については、生活排水を必要以上に排水しないよう、ご協力をお願いいたします。
 役職員一同一丸となって、一日も早い復旧復興をめざし対応いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
               記
1 対象となる地域 : 福島市、伊達市、桑折町、国見町において、下水道をご使用の方

福島県下水道公社「流域下水道施設のご案内」

台風19号による下水処理施設の機能停止は、岩手から静岡まで17か所で起きており、うち6か所は今も従来どおりの稼働をしていません。県北浄化センターは阿武隈川沿いの施設ですが、その浸水は支流となる滝川の決壊によるものです。

滝川の決壊箇所
滝川の決壊箇所(Google Earthプロ)

決壊箇所のストビューは2015年10月撮影のものです。右手が上流です。ガードレールが設置されているコンクリート護岸が残り、その上流部分が決壊しています。田んぼの向こう側の白い屋根が浄化センターです。

ストビューの左手は桃畑で、数軒の民家があります。住戸被害は限定的だったものと思われます。なお、伊達市と国見町の境界が入り組んでおり、決壊箇所は伊達市ですが、浄化センターの所在地は国見町です。

千曲川最下流の吊り橋

地理院地図で検索すると、滑津川は3つあります。福島県川内村を源流とする木戸川水系の河川、福島県いわき市を源流とし夏井川の約4キロ南で太平洋に注ぐ河川、長野県佐久市を源流とする千曲川の支流の3本です。

あまり歓迎したくない 「滑津」という字面ですが、いわき市の滑津川は清音の「なめつがわ」で、佐久市の滑津川は濁って「なめづがわ」と読むようです。佐久市の滑津川では台風19号で千曲川との合流点近くが決壊しています。

滑津川と千曲川の合流地点
滑津川決壊地点付近(Google Earthプロ)

滑津川が決壊したのは「石神交差点」の「差」の字の辺りです。その際、数台の車が濁流に飲まれて81歳男性が亡くなっています。信濃毎日新聞の記事によれば、この車は男性の長女が運転し長男宅に避難しようとしていたそうです。

車は国道141号線を北上しようとしますが、石神交差点で警察官に阻まれます。中込大橋が通行止めになっていたからです。車は141号線を左折し県道139号線に入りますが、朝日橋付近では早くから用水路が氾濫しており、こちらも通行止めでした。

Uターンしたところに決壊による濁流が押し寄せたということのようです。複数箇所の通行止めで行き場を失ってしまうのは大雨のときにありがちなことですが、不運なタイミングで決壊が起きてしまったわけです。

千曲川は佐久市を南から北に流れています。下流となる佐久市の北は小諸市です。小諸大橋の南で千曲川に架かる吊り橋は大杭橋です。2014年8月のストビューを埋め込みました。

2019年7月のストビューでは「歩行者は通行できます」の看板が撤去されています。もう1つの看板は「車両」の2文字が白く消されて「大杭橋老朽化のため通行止め」になっています。渡れないように柵も設置されています。

この大杭橋は台風19号で橋の東側(ストビューの奥)が落橋しています。1964年の架橋ということです。千曲川ではもっとも下流にある吊り橋でした。

ストリートビューのない国道399号線

内閣府の「台風第19号に係る被害状況等について」(10/24)に記載されている橋の被害は次のとおりです。このうち盛土流出の2件と橋脚露出の1件はMAPには反映しません。

【国道】
・国道20号 山梨県大月市初狩町下初狩 橋脚洗掘
・国道399号 山形県高畠町 橋梁流出
・国道144号 群馬県吾妻郡嬬恋村大字大笹~田代 橋梁流出
【都府県道】
・福島県 橋梁損傷1
・栃木県 橋脚沈下2
・東京都 橋脚沈下1
・長野県 落橋2
・京都府 橋梁流出1
【 鉄道 】
・JR東日本 東北線 本宮駅~杉田駅間 橋りょう盛土流出
・JR東日本 磐越東線 郡山~舞木間 橋りょう盛土流出
・JR東日本 水郡線 袋田~常陸大子 橋りょう流出
・JR東日本 水郡線 磐城浅川~里白石 橋りょう流出
・JR東日本 水郡線 西金~上小川 橋りょう傾斜
・JR東日本 八高線 群馬藤岡~丹荘間 神流川橋りょう変位
・箱根登山鉄道 鉄道線 宮ノ下~小涌谷 蛇骨橋りょう流出、
・上田電鉄 別所線 上田駅~城下駅 橋りょう落下
・三陸鉄道 リアス線 陸中山田~豊間根 橋脚露出

特定できていないのが国道399号線です。山形県のWebサイトで流出した橋の名前が「金原橋」であること、その所在地が高畠町高畠 (たかはた) であることはわかっています。

大字高畠で国道399号線は最上川水系の下有無川(しもありなしがわ)と2度クロスします。緑のマーカーで示した2つの橋のどちらであるかを特定することができませんでした。

この399号線は福島県いわき市と山形県南陽市を結ぶ国道ですが、いわゆる「酷道」の部類に属すようです。ストリートビューは赤のマーカーの地点で途切れていて、きわどく2つの橋に到達することができせません。

2014年6月撮影のストビューではここから先に進むことができないのです。高畠町は宮城・福島両県と接する県境の町です。

高畠町付近(Google Earthプロ)

アメダス観測地点の高畠も10月12日には観測史上1位の降水量を記録しています。山形県内の観測点で10/12の日降水量が歴代10位以内だったのは次の10地点です。

▼順位、10/12の降水量、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

8位 107.0mm 飛島 159mm(2005/8/13) 1978~
1位 155.5mm 肘折 142.0mm(2016/8/22) 1976~
5位 97.0mm 尾花沢 153mm(1997/6/28) 1976~
7位 134.5mm 大井沢 212.0mm(2013/7/18) 1978~
10位 63.0mm 東根 80.5mm(2016/8/17) 2003~
2位 111.0mm 上山中山 169.5mm(2014/7/9) 2006~
1位 218.0mm 高畠 157.5mm(2013/7/22) 1977~
1位 153.5mm 中津川 124mm(2002/7/10) 1981~
3位 136.0mm 高峰 168mm(1981/6/22) 1976~
1位 185.0mm 米沢 119mm(1978/6/26) 1976~

台風19号による山形県内の住戸被害は200棟弱ですが、5000軒以上の停電が生じています。日本海側の酒田港から飛島への定期航路は12日から4日連続で欠航したようです。

流れ橋も流されて

内閣府の「台風第19号に係る被害状況等について」に次のような記載があるのを見つけました。都府県道・政令市道の被災状況の項目です。

内閣府「台風第19号に係る被害状況等について」

京都ぉ? 台風19号の京都は暴風域に入ったか入らなかったのレベルだったはずです。関西の計画運休は一部にとどまり、深刻な被害は出ていないものと思っていました。早速調べてみたところ、たしかに流出したとのニュースがありました。

上津屋橋(Google Earthプロ)

れっきとした京都府道281号線の一部で、木津川に架かる上津屋橋(こうづやばし)でした。衛星写真では細いガス橋のようにしか見えません。幅員3.3mの人道橋です。バイクや自転車は降りて渡るようにという注意書きがあります。

ちなみに、「じゃらん」の口コミ評価は3.9(46件)です。長崎市オランダ坂が3.7、札幌市時計台は3.4、高知市はりまや橋は3.1ですから、全国的に有名な観光名所より高い評価を受けています。

埋め込んだストビューは2017年6月撮影のものです。今回流された橋ではなく先代の橋となります。前回流されたのは2017年10月で、その復旧は2018年6月です。流されたら流されたで、橋桁だけが残っている風景が珍重されるようです。

時代劇のロケで頻繁に使われる上津屋橋は、かつて「探偵ナイトスクープ」に登場したことがあります。2007年6月8日放映の「流れ橋の板は何枚?」で、長原探偵の回でした。

依頼者と長原探偵が板の枚数を数えながら渡りますが、数は一致しません。2往復しても一致せず(1回目の依頼者と2回目の探偵が1784枚で一致)、一緒に数えた5回目が1784枚でしたので、この数値に決まりました。

男2人が木橋を歩いて渡るだけという地味すぎる絵柄に、2往復目になると演出が入ります。華がないからとビキニ姿の女性が登場したり、悪人役に追われた農民(町民?)役が2人をお代官様に見立ててすがったりという仕込みです。

たしかに、簡単に答えが出てしまってはバラエティとしては成立しないわけです。尺を笑いで稼ぐにはこれもありです。なお、流れ橋は両岸の堤防を結んでいるわけではありません。堤防より低い位置に架けられています。

産経のヘリ空撮映像がありましたので埋め込んでおきました。

上対馬の鰐浦、下対馬の厳原

台風18号の影響で、10月2日の最大瞬間風速1位は対馬の鰐浦(わにうら)、翌10月3日の最大瞬間風速1位は厳原(いづはら)でした。鰐浦は対馬の北端、厳原は対馬の南部です。対馬にはアメダスの観測地点が3か所あります。

鰐浦は豊砲台跡付近と思われます。あいにくストビューでは確認できません。厳原は厳原港ターミナルビルと接続する合同庁舎です。空港の観測点はその所在地名の美津島(みつしま)で呼ばれています。

対馬付近(Google Earthプロ)

日本気象協会「tenki.jp」など複数のWebサイトではアメダス観測点の地図が掲載されていますが、おそらくは気象庁発表の緯度経度で座標入力しているものと思われます。実際の観測ポイントとは100~200mほどの差異が生じています。

厳原の場合は海上にマーカーが示されてしまいます。もちろん海上観測しているわけではありません。ズバリ示されないということは、探す楽しみが残っているということでもあります。

さて、日本の島の面積ランキングは、本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島、対馬の順です。国土地理院は対馬の面積を695.74平米としていますが、対馬は厳密には陸続きではありません。

対馬には東西の海を繋ぐ2つの運河があります。江戸時代に造られた大船越瀬戸(おおふなこしせと)と、1900年に海軍によって開削された万関瀬戸(まんぜきせと)です。ともに国道382号線が通り、大船越橋と万関橋が架けられています。

万関橋と大船越橋(Google Earthプロ)

瀬戸の名が付いた2つの運河は空港の近くです。一般的にはこの運河付近が上対馬と下対馬の境となるようです。2018年5月撮影のストビューを埋め込みました。万関橋から見た万関瀬戸です。

上対馬と下対馬は、もともとは上県郡と下県郡に由来する区分と思われます。地名に「上」なり「下」なりが付されるときは、上目黒と下目黒、上賀茂神社と下鴨神社のように川の上流と下流の関係にあるケースが多いはずです。

対馬の最高峰は南部の矢立山です。そもそも南北に流れる川自体が対馬には存在しません。何が基準でこの「上下関係」が成立したのか気になります。

「54年後の初勝利」