北海道の「別」はアイヌ語の川

10連休最後の5月6日の最高気温1位は北海道紋別郡湧別町の観測ポイントでした。オホーツク海の海岸線から2km近く離れた畑の中に観測施設があります。この日の最高気温TOP10は次のとおりです。

  • 28.0 ℃ 北海道紋別郡湧別町 湧別(ユウベツ)
  • 27.7 ℃ 沖縄県宮古島市 下地(シモジ)
  • 27.7 ℃ 沖縄県石垣市 石垣島(イシガキジマ)
  • 27.5 ℃ 北海道常呂郡佐呂間町 佐呂間(サロマ)
  • 27.1 ℃ 沖縄県八重山郡竹富町 志多阿原(シタアバル)
  • 27.0 ℃ 新潟県上越市 高田(タカダ)
  • 27.0 ℃ 北海道紋別郡遠軽町 遠軽(エンガル)
  • 26.9 ℃ 沖縄県宮古郡多良間村 仲筋(ナカスジ)
  • 26.8 ℃ 沖縄県八重山郡竹富町 大原(オオハラ)
  • 26.7 ℃ 沖縄県八重山郡竹富町 波照間(ハテルマ)

4位の佐呂間と7位の遠軽も湧別近隣の観測ポイントです。いずれもストビューで風速計を確認できます。探すのが簡単なほうから、遠軽>湧別>佐呂間の順になるはずです。湧別、佐呂間、遠軽の位置関係は次のとおりです。

湧別町付近 © OpenStreetMap contributors

オホーツク紋別空港の発着便は、羽田発が12:35着、羽田行が13:15発です。空港売店の営業時間は10:00~15:00、軽食コーナーが11:00~14:00になっています。15:00まで人が残っているものなのか不安は尽きません。

湧別町と遠軽町はもともと同じ「湧別村」です。1910年に湧別村と「上湧別村」に分村され、その上湧別村から1919年に分離したのが「遠軽村」です。遠軽村から 1925年には「生田原村」が、1946年に「丸瀬布村」と「白滝村」が分離します。

2005年に遠軽町、生田原町、丸瀬布町、白滝村が合併して新しい遠軽町が発足します。湧別町は2009年に上湧別町と合併しています。1910年当時の湧別村は、ピーク時には5町1村に分かれて、今は2つの自治体に収まっているわけです。

ところで、「~別」の地名は北海道に多く見受けられます。この「別」はアイヌ語の「川」だそうです。私はこの話を聞いたとき、石狩川流域の上川町、旭川市、深川市、滝川市、砂川市の配置を思い出した次第です。

そこで、「~別」の自治体MAPをつくってみました。現存するのが20自治体、廃止されたのが9自治体で、北海道27の青森2という分布でした。同様にアイヌ語由来とされる「~内(ない)」もMAPに加えました。

「内」も小さな川や沢を意味するようです。「~内(ない)」は現存11自治体ですが、山形県庄内町と新潟県胎内市は2005年に成立しています。残りの9自治体は北海道8、青森1です。

「~内(ない)」の消滅自治体は少なくとも47あり、北東北についてはアイヌ語由来なのだろうと思われます。西日本の「~内(ない)」は荘園由来のものがほとんどです。

【外部リンク】
まぐまぐニュース>【豆知識】北海道に「別」という字が付く地名が多い納得の理由

鶴居村の謎の構造物

4月17日の最高気温1位は北海道の鶴居村でした。この日の最高気温ベスト10は次のとおりです。北海道と沖縄で占められるシュールなランキングです。

  • 27.1℃ 北海道阿寒郡鶴居村 鶴居(ツルイ)
  • 26.9℃ 沖縄県八重山郡竹富町 波照間(ハテルマ)
  • 26.8℃ 沖縄県八重山郡竹富町 志多阿原(シタアバル)
  • 26.5℃ 北海道釧路市 中徹別(ナカテシベツ)
  • 26.4℃ 沖縄県島尻郡北大東村 北大東(キタダイトウ)
  • 26.4℃ 沖縄県石垣市 石垣島(イシガキジマ)
  • 26.4℃ 北海道野付郡別海町 別海(ベツカイ)
  • 26.4℃ 北海道標津郡中標津町 根室中標津(ネムロナカシベツ)
  • 26.3℃ 北海道釧路市 鶴丘(ツルオカ)
  • 26.2℃ 沖縄県島尻郡南大東村 南大東(ミナミダイトウ)
  • 26.2℃ 沖縄県八重山郡竹富町 西表島(イリオモテジマ)

波照間や志多阿原という上位常連組を抑えての1位だったわけですが、鶴居村のアメダスポイントを探しにストリートビューを開いてみました。観測地点は露場(ろじょう)と呼ばれています。露場が市街地にあればストビューで確認できます。

あっさり見つかったものの、その近くにある構造物が気になります。画面中央の高さ4mほどの金属製の構造物はいったい何なのでしょうか。モニュメントなのか街灯のように実用的なものなのか気になります。

近未来的なこの形状なら無意味に建てられたものではないはずです。ストビューは2014年7月に撮影されただけで、2巡目はまだ回ってきていません。残念ながら私の想像力は及びませんでした。

さて、鶴居村はその名称の由来となるタンチョウの生息地です。越冬ではなく留鳥で、餌の少なくなる冬季に餌付けしているだけのようです。釧路空港から鶴居村まで車で40分弱です。村域に釧路湿原を含み、北には阿寒岳を臨みます。

コードネームはBAKA

昨日4月5日の最高気温1位は埼玉県の鳩山でした。1月以降、最高気温1位は沖縄と父島で独占されていましたが、ようやく本州内陸部から最高気温1位が出る季節になったわけです。

そう言えば今日のお昼時、親子連れと思われる3台の自転車が私の進行方向を塞いでいたのでした。カゴのトートバッグにはおそらく弁当やシートが装備されていたのでしょう。名所ではありませんが、近くに桜の咲いている公園があります。

さて、旧日本軍の戦闘機でもっとも有名なのは零戦です。零戦は「零式艦上戦闘機」の略ですが、ほかの戦闘機は海軍が紫電や紫電改、陸軍が隼、飛燕、疾風などの愛称で呼ばれています。いかにも、という名称です。

戦闘機ではありませんが、計78機が出撃したという「桜花」は滑空式の特攻兵器です。なぜ「桜花」の名称になったのか、Wikipediaには秘匿の意味合いと記述されていますが、やはり「花と散る」の慣用句に連想は走ります。

全長6mで全幅5mの1人乗り、脱出装置なし、総重量の半分が爆弾、着陸用の車輪なし、不時着(水)で帰還できるのがむしろ不思議なほどです。米軍のコードネームは「Baka Bomb」ということです。

【外部リンク】 戦争証言アーカイブス>“人間爆弾” 桜花 ~第721海軍航空隊~

有人島日本最南端の波照間島

1月1日から最高気温瞬間最大風速の各日1位地点をリスト化しているところです。前者の場合、2月末までの59日間で沖縄県八重山郡竹富町に属する波照間島(はてるまじま)にある2つの観測地点が計36回1位になっています。

日本の領土の最南端は東京都小笠原村に属する沖ノ鳥島です。北回帰線より南側の北緯20度25分にあります。資源確保のための有人化に向けて2010年から始まった港湾整備は2014年3月に死者7名の事故で中断しました。

翌2015年に再開された岸壁工事は継続中ですが、最大標高1mのサンゴ礁に人が暮らせる施設を確保するのは容易なことではないでしょう。まだまだ時間がかかりそうです。

有人島としての日本最南端が北緯24度03分の波照間島です。民間人が立ち入ることが困難な南鳥島は北緯24度17分であり、全島が私有地で米軍施設として利用されている沖大東島は北緯24度27分です。

マーカーに隠れて見えませんが石垣島の西にあるのが西表島で、竹富町役場は西表島にあります。波照間島は西表島の南です。周囲が約15km、人口は500人ほどで、ハブはいないそうです。

波照間はアメダスの観測地点としても最南端です。あいにくストリートビューで確認することはできませんでしたが、島のほぼ中央部にある灯台より西側の畑の中だと思われます。

志多阿原(したあばる)の観測ポイントは島の東側にある空港内なのでしょう。10年前までは石垣島と結んだ航空定期便があったようですが、今は波照間島へのアクセスは航路のみです。

都道府県別の濃淡

2003年3月以前に気温の観測が始まった881地点のうち、2018年に最高気温か高い最低気温の1位が記録されたのは261地点です。その比率は3割弱の29.6%となります。

一方、各観測地点の最高気温と高い最低気温のTOP10が2018年中に更新されなかったのは197地点でした。22.4%です。この比率を都道府県別に集計してみました。全国的規模の猛暑ではあったとしても、濃淡は存在しています。

  • 29.6% 22.4% 全国 261/881 197/881
  • 05.9% 40.8% 北海道 10/169 69/169
  • 00.0% 69.6% 青森 0/23 16/23
  • 30.8% 03.8% 秋田 8/26 1/26
  • 33.3% 24.2% 岩手 11/33 8/33
  • 11.8% 11.8% 宮城 2/17 2/17
  • 45.5% 00.0% 山形 10/22 0/22
  • 29.6% 03.7% 福島 8/27 1/27
  • 28.6% 07.1% 茨城 4/14 1/14
  • 69.2% 00.0% 栃木 9/13 0/13
  • 46.2% 00.0% 群馬 6/13 0/13
  • 62.5% 00.0% 埼玉 5/8 0/8
  • 35.3% 17.6% 東京 6/17 3/17
  • 30.8% 15.4% 千葉 4/13 2/13
  • 00.0% 00.0% 神奈川 0/5 0/5
  • 63.3% 03.3% 長野 19/30 1/30
  • 40.0% 10.0% 山梨 4/10 1/10
  • 27.8% 11.1% 静岡 5/18 2/18
  • 66.7% 00.0% 愛知 6/9 0/9
  • 72.7% 00.0% 岐阜 16/22 0/22
  • 16.7% 00.0% 三重 2/12 0/12
  • 65.5% 03.4% 新潟 19/29 1/29
  • 55.6% 11.1% 富山 5/9 1/9
  • 50.0% 00.0% 石川 5/10 0/10
  • 70.0% 00.0% 福井 7/10 0/10
  • 44.4% 00.0% 滋賀 4/9 0/9
  • 87.5% 00.0% 京都 7/8 0/8
  • 44.4% 11.1% 大阪 4/9 1/9
  • 35.3% 05.9% 兵庫 6/17 1/17
  • 20.0% 20.0% 奈良 1/5 1/5
  • 09.1% 36.4% 和歌山 1/11 4/11
  • 18.8% 06.3% 岡山 3/16 1/16
  • 27.8% 11.1% 広島 5/18 2/18
  • 33.3% 00.0% 島根 6/18 0/18
  • 70.0% 00.0% 鳥取 7/10 0/10
  • 28.6% 14.3% 徳島 2/7 1/7
  • 28.6% 00.0% 香川 2/7 0/7
  • 35.7% 28.6% 愛媛 5/14 4/14
  • 00.0% 58.8% 高知 0/17 10/17
  • 43.8% 00.0% 山口 7/16 0/16
  • 61.5% 00.0% 福岡 8/13 0/13
  • 28.6% 35.7% 大分 4/14 5/14
  • 22.2% 00.0% 長崎 4/18 0/18
  • 80.0% 00.0% 佐賀 4/5 0/5
  • 41.2% 11.8% 熊本 7/17 2/17
  • 06.7% 66.7% 宮崎 1/15 10/15
  • 03.1% 68.8% 鹿児島 1/32 22/32
  • 03.8% 92.3% 沖縄 1/26 24/26

北海道(とりわけ道東)、青森、和歌山、高知、宮崎、鹿児島、沖縄ではありふれた普通の夏だったものと思われます。「災害レベル」の猛暑に見舞われたのは内陸と日本海側でした。

なお、福岡では13地点のうち8地点で高い最低気温の1位が更新され、なかでも福岡市中央区大濠の福岡管区気象台では8月22日に歴代全国2位となる30.5℃が記録されています。

また、静岡では富士山を含む18地点で最高気温の1位はありませんでしたが、高い最低気温は5地点で記録されています。ところで、富士山の8合目以上は厳密には静岡・山梨両県の境界が未確定です。

富士山特別地域気象観測所(旧測候所)ももちろん8合目以上にありますが、その住所は「富士宮市富士山頂」とされているため、ここでは静岡にカウントしています。気象庁Webサイトでは山梨側からの検索も可能です。

浅間大社は富士宮市宮町の市街地に本宮があり、富士山頂に奥宮があります。奥宮の社務所内には夏季限定で郵便局が開設され登山証明書等も発行されますが、奥宮の住所もやはり富士宮市です。

「富士に棲む魔物」(旧サイトのコンテンツです)