2019年初の40℃台は上越市大手町の高田

今年はないだろうとも言われていた40℃オーバーが新潟県上越市の高田で記録されました。8月14日12時54分に記録されたのは40.3℃です。高田の観測ポイントは1922年観測開始で、従来の記録は1994年8月12日の39.5℃でした。

地名としての「高田」は埼玉を除く46都道府県に存在しているようですが、現存する自治体で「高田」を含むのは、陸前高田市、大和高田市、安芸高田市、豊後高田市の4つです。上越市の高田は旧・高田市になります。

△△高田市(Google Earthプロ)
  • 高田市(1911年に高田町が市制施行)→上越市(1971年に直江津市と合併)
  • 豊後高田市(1941年に高田町が市制施行)
  • 豊後高田市(1954年に豊後高田町が市制施行、2005年の合併で2代目・豊後高田市)
  • 陸前高田市(1955年に高田町など3町5村が合併)
  • 安芸高田市(2004年に高田郡の6町が合併)

このうち陸前と安芸は清音の「たか」です。元祖・高田市が消滅したあとに発足した安芸高田市は、郡名を新市名に用いて律令国名を冠しています。高田町や高田村は現存しませんので、△△高田市がこれ以上増えることはまず期待できません。

上越市高田の観測地点は高田城(公園)の東側にあり、標高は13mです。完全な市街地で周囲は民家です。8月14日の最高気温2位は同じ上越市内の大潟で39.7℃でしたが、こちらは旧・直江津市の区域で露場は小学校の校庭脇です。

「高田」は地名でも人名でも別に珍しいわけではありません。試しに地理院地図で「低田」を検索してみましたが、ヒットしません。どうやら地名の「低田」はないものと思われます。姓としての「低田」は香川県に数軒あるようです。

太子(たいし)ではなく、大子(だいご)

目下のところ、この夏唯一の39℃台を記録しているのは茨城県の大子(だいご)です。8月9日に39.0℃を記録していますが、8月7日も38.3℃で最高気温全国1位でした。茨城県大子町は太平洋から30km以上離れ、福島と栃木両県に接しています。

茨城県北部(Google Earthプロ)

当然、その大子町の市街地は盆地になります。大子の観測ポイントは周囲を民家で囲まれており、東40m先は斜面、西70m先には相川が流れています。河岸段丘的な地形です。標高は120mだそうです。

大子の観測ポイントでは1月10日に最低気温-9.4℃を記録していますので、今年の年較差は48.4℃となります。39.5℃(5/26)と-28.6℃(2/9)の佐呂間には及びませんが、本州トップクラスで間違いないはずです。

世田谷や仙台や新潟に太子堂があるのですから、茨城に聖徳太子ゆかりの地名があったとしても不思議ではありませんが、「醍醐水」と呼ばれる湧き水が町名の由来のようです。

町内をストリートビューで散策してみると、石像がやたらと目につきます。とくに気になるのは、常陸大子駅から永源寺(もみじ寺)に向かう長岡橋西詰(南詰?)に置かれた計4体の石像です。

「ながおかはし」のプレートの上で合掌しているのは、髪型からして古代人なのかもしれません。町内には遺跡があるようです。もし女性像だとすれば、川岸であることから弁財天が有力ですが、琵琶は持っていません。

また、親鳥が運んで来る餌を持つ雛鳥のように大口を開けている3体はおそらく笑い地蔵であろうと思われます。その右には何らかの支柱が切断されたような痕跡があります。

さらにその右側には円盤状のコンクリの基礎が3つあることから、笑い地蔵?はもともとそこに設置されたものであり、支柱跡は合掌している古代人像?の設置箇所であったのかもしれません。

ちなみに、橋の左側はフクロウ、東詰(北詰)は蛙と河童です。何が原因で移設されるに至ったのでしょうか。あいにくストビューは2014年4月撮影の1本だけで、過去を遡ることはできません。

引田(ひけた)と財田(さいた)

7月10日と11日の最大瞬間風速1位は東かがわ市南野の「引田(ひけた)」で、7月11日の最高気温1位は三豊市財田町の「財田(さいた)」でした。香川県の観測ポイントが1位になるのは、少なくとも今年は初めてです。

香川県東端の東かがわ市は2003年に引田町など3町の合併で市制施行しています。「引田」のアメダス観測ポイントは、標高12mで瀬戸内海から1km足らずです。最大瞬間風速は2日とも南東の風ですから讃岐山脈からの吹き降ろしです。

財田と引田(Google Earthプロ)

香川県西部の三豊(みとよ)市は2006年に三豊郡7町が合併して成立しています。「財田」の露場は標高65mで、道路からやや奥まったところにあります。財田川の北側です。

確定した死刑判決が再審で無罪に覆った冤罪事件は4例あります。財田川事件もそのうちの1つです。1950年に当時の財田村で起きた強盗殺人事件が発端ですが、事件そのものと財田川は無関係です。

冤罪事件は島田事件、松山事件、弘前事件のように地名で呼ばれるか、吉田岩窟王事件、加藤老事件、免田事件、袴田事件のように冤罪被害者の姓を冠するのが一般的です。

  • 1950年2月 財田村で強盗殺人事件発生
  • 1950年4月 隣村農協の強盗傷害事件で逮捕
  • 1950年6月 農協事件の有罪判決
  • 1950年8月 本件で起訴
  • 1952年2月 高松地裁丸亀支部で死刑判決
  • 1956年6月 高松高裁が控訴棄却
  • 1957年1月 最高裁が上告棄却(死刑確定)
  • 1958年3月 第1次再審請求棄却
  • 1964年3月 再度の再審を求める手紙を送るも裁判所内で5年間放置
  • 1972年9月 第2次再審請求を丸亀支部が棄却
  • 1974年12月 第2次再審請求の即時抗告を高松高裁が棄却
  • 1976年10月 最高裁が地裁に差し戻し
  • 1979年6月 高松地裁が再審開始の決定
  • 1981年3月 高松高裁が検察側の即時抗告を棄却(再審確定)
  • 1984年3月 高松地裁で無罪

Wikipedia「財田川事件」のページには次のように記述されています。再審を棄却した裁判官に確信はなかったわけです。

地名の「財田」ではなく川の「財田川」と呼称する由来は、1972年に再審請求を棄却した裁判所の文言で越智伝判事が「財田川よ、心あらば真実を教えて欲しい」と表現したことである。

Wikipedia「財田川事件」

実際には「心あらば」ではなく「心あば」だったようです。

2日連続で最高気温1位の尾鷲

三重県内のアメダス観測地点のうち気温が観測対象となっているのは、桑名、亀山、小俣(おばた)、粥見(かゆみ)、鳥羽、南伊勢、宮川、紀伊長島、熊野新鹿(あたしか)、四日市、上野、尾鷲の12地点です。

6月28日の日最高気温は、上位8地点のうち6地点を三重で独占しています。1位・尾鷲の観測ポイントは合同庁舎内に設置された尾鷲特別地域気象観測所です。

  • 35.0℃ 三重県尾鷲市 尾鷲
  • 34.2℃ 三重県熊野市 熊野新鹿
  • 33.5℃ 三重県松阪市 粥見
  • 33.0℃ 三重県伊勢市 小俣
  • 33.0℃ 千葉県茂原市 茂原
  • 32.7℃ 岡山県高梁市 高梁
  • 32.7℃ 三重県紀北町 紀伊長島
  • 32.7℃ 三重県津市 津

合同庁舎は市役所や簡易裁判所、新聞社の支局などが立地する尾鷲市の中心部にあります。尾鷲は人口2万人に満たない規模ですから、周辺にビルが林立しているわけではありません。

紀伊半島(Google Earthプロ)

雨で有名な尾鷲ですが、日最高気温1位になるのはかなり珍しいことではないかと思われます。尾鷲の観測開始は1938年ですが、38℃以上が記録されたのは過去8回(日)しかありません。いずれも1990年代以降です。

  • 38.6℃ 2016/07/03
  • 38.4℃ 1995/08/27
  • 38.2℃ 2013/08/11
  • 38.1℃ 2018/07/23
  • 38.0℃ 2016/08/22
  • 38.0℃ 2013/08/10
  • 38.0℃ 2009/07/13
  • 38.0℃ 1990/07/18

尾鷲は翌6月29日も34.7℃で2日連続の日最高気温1位でした。

さて、現在公表されている平年値とは1981年から2010年までの30年間の平均値です。尾鷲の年降水量は3848.8ミリで、屋久島(4477.2ミリ)、えびの(4393.0ミリ)、魚梁瀬(4107.9ミリ)に次いで全国4位、本州では1位です。

日照時間の平年値は次のとおりです。えびのと魚梁瀬は雨量のみの観測ですので、近接地の加久藤と大栃を調べてみました。尾鷲の日照時間は全国平均レベルであって、周辺との比較でも突出して少ないわけではありません。

  • 1946.9時間 尾鷲
  • 1900.8時間 熊野新鹿
  • 1972.5時間 鳥羽
  • 2089.0時間 津
  • 1960.4時間 四日市
  • 2091.6時間 名古屋
  • 1530.5時間 屋久島
  • 1954.3時間 加久藤
  • 1764.5時間 大栃
  • 1906.2時間 内海
  • 1876.7時間 東京
  • 1996.4時間 大阪

東京や雨の少ない小豆島の内海より尾鷲の日照時間は長くなっています。尾鷲は雨が多いと言うより、降り始めたらその量が多いということになるようです。

ところで、大雨警報には浸水害に対する警報と土砂災害に対する警報の2種類があります。浸水害については表面雨量指数が、土砂災害については上流域で降った雨も考慮した土壌雨量指数が発令の基準に用いられています。

いずれにしても、降水量だけが警報・注意報の判断基準になるわけではありません。警報発令時の基準は原則として市町村単位で次のように定められています。行頭の数値が表面雨量指数で、ハイフンの次が土壌雨量指数です。

  • 40-161 尾鷲市
  • 30-157 熊野市
  • 38-146 伊勢市
  • 31-113 津市
  • 33-129 四日市市
  • 23-130 名古屋市
  • 22-184 屋久島町
  • 19-213 えびの市
  • 22-259 馬路町
  • 16-140 小豆島町
  • 19-180 新宿区
  • 15-*** 大阪市(大阪市内には土砂災害警戒区域なし)

隣接する熊野と尾鷲で等しい雨量だったとしても、熊野は警報で尾鷲は注意報というケースはあり得るわけです。尾鷲は多量の雨が降っても、その雨を受け流すことができるということになります。

さつま町柏原(かしわばる)が出発点

5月30日の最高気温1位は鹿児島県の「さつま柏原」でした。鹿児島の観測地点が最高気温1位になるのは珍しいはずです。まったくのダークホースだけに「さつま柏原」がどこにあるのかということさえ知りません。離島ではなさそうです。

北薩内陸部の「さつま町」が成立したのは2005年です。人口1.7万人弱の宮之城町と人口4000人台の鶴田町、薩摩町の3町合併によるものです。新しい町名は薩摩郡の郡名をひらがな表記にしたものと思われます。

柏原(かしわばる)地区は旧・鶴田町に属していました。旧・宮之城町との境界付近です。柏原のアメダス観測所は、市街地から続く民家がちょうど途切れて畑が広がっていく辺りに設置されています。

北薩地方 © OpenStreetMap contributors

周辺の観測ポイントは、阿久根(あくね)、川内(せんだい)、大口(おおくち)です。かつての大口市は今の伊佐市です。ところで、「原」を「HARU」や「BARU」と読むのは九州ではスタンダードかもしれません。

ただし、島原市(長崎)、西原村(熊本)、西原町(沖縄)のように、「HARA」または「BARA」も混在しているため、妙に気を利かせると裏目に出てしまいます。上の地図からわずかに漏れている霧島市の「牧之原」もそのクチです。

さて、所在地に「柏原」を含むアメダス観測点は「さつま柏原」のほかに3地点あります。「柏原」の読みは、今確認できている範囲で10通りです。

  • 東根(山形空港) 山形県東根市大字羽入字柏原新林
  • 信濃町 長野県上水内郡信濃町柏原字小丸山
  • 柏原 丹波市柏原町柏原