下水処理施設の浸水

国見町と言えば、一般的には長崎県のサッカーの町が浮かびます。長崎県南高来郡国見町(くにみちょう)は、2005年10月の合併で雲仙市になっています。2006年3月には大分県国東郡国見町も合併で国東市になりました。

国見山や国見岳は北海道から鹿児島まで幅広く分布し、国見駅も宮城と高知にありますが、自治体名としての国見町は福島県伊達郡国見町(くにみまち)が残っているだけです。

国見町にある福島県下水道公社の県北浄化センターは、河北新報によれば最大4m浸水してしまったようです。同センターのWebサイトには次のような「お願い」が今も掲載されています。

●下水道を利用している方々へのお願い●
 台風19号の影響により、国見町にある県北浄化センターが浸水し、現在処理機能が停止しております。
 つきましては、下水道を使用されている下記の地域にお住いの方々については、生活排水を必要以上に排水しないよう、ご協力をお願いいたします。
 役職員一同一丸となって、一日も早い復旧復興をめざし対応いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
               記
1 対象となる地域 : 福島市、伊達市、桑折町、国見町において、下水道をご使用の方

福島県下水道公社「流域下水道施設のご案内」

台風19号による下水処理施設の機能停止は、岩手から静岡まで17か所で起きており、うち6か所は今も従来どおりの稼働をしていません。県北浄化センターは阿武隈川沿いの施設ですが、その浸水は支流となる滝川の決壊によるものです。

滝川の決壊箇所
滝川の決壊箇所(Google Earthプロ)

決壊箇所のストビューは2015年10月撮影のものです。右手が上流です。ガードレールが設置されているコンクリート護岸が残り、その上流部分が決壊しています。田んぼの向こう側の白い屋根が浄化センターです。

ストビューの左手は桃畑で、数軒の民家があります。住戸被害は限定的だったものと思われます。なお、伊達市と国見町の境界が入り組んでおり、決壊箇所は伊達市ですが、浄化センターの所在地は国見町です。

新潟県の被害状況

台風19号による新潟県の河川の決壊は2か所です。

内閣府「台風第19号に係る被害状況等について」(11/3)

矢代川は妙高市の茶臼山付近を源流として、上越市の高田付近で関川に合流します。決壊箇所の1つである上越市西田中は妙高市との市境付近です。下の地図では黄色が矢代川で赤が本流の関川となります。

矢代川
矢代川(Google Earthプロ)

10月12日の日降水量は、下流の高田では歴代8位ですが、上流の関山や沿岸部の能生では観測史上1位でした。新潟県の観測地点で10月12日の日降水量が10位以内だった地点は次のとおりです。

▼順位、10/12の降水量、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

5位 141.0mm 秋津 165mm(2004/8/18)2003~
10位 111.0mm 小国 240mm(2005/6/28)1977~
8位 145.5mm 高田 176.0mm(1985/7/8)1922~
2位 138.0mm 安塚 150mm(1995/7/11)1976~
2位 189.0mm 川谷 330mm(2005/6/28)1985~
4位 136.0mm 松代 252mm(2005/6/28)1977~
4位 175.5mm 糸魚川 226.0mm(2017/7/1)1976~
1位 252.5mm 能生 217.5mm(2017/7/1)1976~
1位 177.5mm 筒方 172.0mm(2017/10/23)1985~
6位 137.0mm 塩沢 192.0mm(2011/7/30)1983~
1位 231.0mm 関山 186mm(1982/9/12)1976~
1位 192.5mm 津南 174.5mm(2013/9/16)1976~
1位 221.0mm 湯沢 179mm(1981/8/23)1976~
9位 155.5mm 平岩 190.5mm(2013/9/16)1978~
1位 210.0mm 樽本 143.5mm(2017/10/23)1985~

10月13日午前5時前に矢代川が決壊した上越市西田中では、田畑への浸水だけで人家へ被害は出ていないようです。ストビューを見ると、宅地と浸水した田んぼには段差があります。2012年10月撮影のストビューです。

ハザードマップでは3~5mの浸水が想定されている地域ですが、観測史上1位の雨でも溢れた水は旧北国街道を越えていません。新潟県の住戸被害は、長岡市、上越市、阿賀町などで350棟ほどです。

千曲川最下流の吊り橋

地理院地図で検索すると、滑津川は3つあります。福島県川内村を源流とする木戸川水系の河川、福島県いわき市を源流とし夏井川の約4キロ南で太平洋に注ぐ河川、長野県佐久市を源流とする千曲川の支流の3本です。

あまり歓迎したくない 「滑津」という字面ですが、いわき市の滑津川は清音の「なめつがわ」で、佐久市の滑津川は濁って「なめづがわ」と読むようです。佐久市の滑津川では台風19号で千曲川との合流点近くが決壊しています。

滑津川と千曲川の合流地点
滑津川決壊地点付近(Google Earthプロ)

滑津川が決壊したのは「石神交差点」の「差」の字の辺りです。その際、数台の車が濁流に飲まれて81歳男性が亡くなっています。信濃毎日新聞の記事によれば、この車は男性の長女が運転し長男宅に避難しようとしていたそうです。

車は国道141号線を北上しようとしますが、石神交差点で警察官に阻まれます。中込大橋が通行止めになっていたからです。車は141号線を左折し県道139号線に入りますが、朝日橋付近では早くから用水路が氾濫しており、こちらも通行止めでした。

Uターンしたところに決壊による濁流が押し寄せたということのようです。複数箇所の通行止めで行き場を失ってしまうのは大雨のときにありがちなことですが、不運なタイミングで決壊が起きてしまったわけです。

千曲川は佐久市を南から北に流れています。下流となる佐久市の北は小諸市です。小諸大橋の南で千曲川に架かる吊り橋は大杭橋です。2014年8月のストビューを埋め込みました。

2019年7月のストビューでは「歩行者は通行できます」の看板が撤去されています。もう1つの看板は「車両」の2文字が白く消されて「大杭橋老朽化のため通行止め」になっています。渡れないように柵も設置されています。

この大杭橋は台風19号で橋の東側(ストビューの奥)が落橋しています。1964年の架橋ということです。千曲川ではもっとも下流にある吊り橋でした。

鏡石町の浸水区域図

鏡石町は福島県中通り南部の町です。町の中心部はJR東北本線の西側にあり、台風19号による浸水被害は、JR水郡線の西側を流れる阿武隈川本流と支流です。

鏡石町成田地区
鏡石町成田付近(Google Earthプロ)

地図の水色が阿武隈川ですが、内閣府の報告書によれば、阿武隈川の浸水箇所は「諏訪町」と「成田」の2か所とされています。

内閣府「台風第19号に係る被害状況等について」(10/31)

鏡石町では支流の鈴川も2か所で決壊しています。鈴川の決壊箇所も「成田」です。上の地図では黄色が鈴川です。グーグルマップによれば緑が鈴ノ川で、赤が諏訪池川です。

あいにく地理院地図やゼンリン系のネット地図には、鈴川を始め支流の河川名称の記載はありません。決壊箇所や浸水区域に関しては鏡石町のWebサイトで公開されていました。

鏡石町成田地区の浸水区域
浸水区域と決壊箇所(鏡石町)

グーグルマップでは阿武隈川と鈴川の合流地点の南側は「成田」ではなく「河原」です。それが正しいのかもしれませんが、「河原」にある建物は成田工業さん1軒だけです。集落としては「成田」ですから、役所が「成田」として県に報告しても不思議なことではありあません。

家屋の浸水は床上79棟で床下4棟、人的被害は避難中に割れたガラスで足を切った1名だけということです。被害が比較的小規模だったこともあって、鏡石町の対応は事前も事後も完璧と言ってもいいほどです。

両岸に同じ地名があるのは

東京と神奈川の都県境となる多摩川下流では、丸子、野毛、瀬田、宇奈根、和泉など両岸に同じ地名が残っています。築堤技術が未発達だった時代の多摩川下流は激しく蛇行していたことになります。

いわき市平下平窪(たいら しもひらくぼ)は台風19号で死者4名を出した地区です。いずれも80歳以上の高齢者で、死因は溺死と報告されています。また、浸水した平浄水場の所在地も下平窪です。そもそもが「~窪」という地名です。

平下平窪の決壊箇所
いわき市平下平窪付近(Google Earthプロ)

濃いピンクが夏井川で、水色は茨原川です。夏井川では2箇所で決壊したとされていますが、そのうちTV映像で確認できたのはピンクのマーカーの場所です。浸水で機能停止に陥った浄水場は海抜11~12m程度です。

下平窪の諏訪神社は文永年間の創建と伝えられているそうです。元寇の時代です。拝殿と社務所は海抜20m程度の麓にありますが、本殿は海抜70m近い奥にあります。祠だけの本殿のようですが…。

避難所に指定されている平第四小学校は海抜13~14mです。浸水時は1階が水没するおそれがあるとして、今回も避難所としては利用されませんでした。さほど深刻な被害ではなかったようで、市の現地対策事務所が設置されたそうです。

平四小の所在地は「いわき市平下平窪諸荷65番地」です。この「諸荷」の地名は夏井川の対岸にもあります。「平赤井諸荷」です。下平窪には「古川」という小字さえあります。夏井川が浄水場あたりを流れていた時代はあったはずです。

四小近くのこのスーパーも浸水し、再開した15日は3時間だけの営業で、ようやく25日から平常営業となったようです。夏井川は25日の亜熱帯低気圧でも氾濫したということですが、どの地点で氾濫したのか定かではありません。