ながらスマホの悲劇

在香港日本国総領事館による一連の注意喚起では、上水(じょうすい)の衝突で死者が出たことは触れられていません。11月13日正午ごろ、上水駅前でデモ隊と反デモ隊がレンガを投げ合うという衝突が起き、70歳男性が死亡しています。

上水付近
上水付近(Google Earthプロ)

上水は深圳との「国境」まで約3.5キロの至近距離です。中国「国境」近くのストリートビューはおおむね1キロほどのところで行き止まりになります。そこから先は許可がなければ立ち入れない「香港辺境禁区」です。

埋め込んだのは2009年5月のストビューです。上水駅の隣が「国境」の羅湖駅です。羅湖駅でも駅舎の外に出ることは地域住民以外は許されていません。羅湖駅から深圳駅に続く専用通路で出入境手続ができるようになっています。

上水は実質的に「国境」の町であり、観光客が訪問できる香港最北の町と言ってもいいのかもしれません。ずいぶん怪しげな施設であるらしい新屋嶺拘置所も香港辺境禁区内にあります。

さて、動画を見ると70歳男性は双方の最前線に立ってスマホ撮影中だったようです。レンガが頭を直撃した数秒前、前からも後ろからもレンガが飛びかっていますが避ける様子はありません。

危険な状況で自ら視界を塞いでいたわけです。報道を総合すると、デモ隊と道に置かれたレンガを片付けようとする反デモ派との間で衝突が起きたようです。50人以上の負傷者が搬送され、翌14日の朝に彼は亡くなっています。


区議会議員選挙を受けて

こちらの動画は37秒ほどでリピートされますが、この動画だけでは何もわかりません。 そもそも投票日当日に撮影されものなのか、バスが停まっているのが投票所の前なのか、 渡しているポチ袋には何が入っているのか、ポチ袋を渡しているのが建制派(親中派)なのか、 決定的な動画であるとは言えません。

ただ、こういうことはあっても不思議ではないと私は理解しています。 私は選挙自体が延期という名の中止になるのだろうと考えていました。 監視団が張り付いていて操作ができないなら、この結果になることは十分に予見できたはずです。

監視に慣れていても選挙には慣れていなかったのかもしれませんが、小選挙区制では452議席中388議席も起こり得る話です。香港政府あるいは中国政府にどんな目算があって選挙を認めてしまったのか、今のところ首を傾げるばかりです。

当たらずと言えども遠からず

上陸12時間前(10/12 07:40)の天気予報です。

台風の接近に伴って、13日(日)明け方にかけて、四国から東北の広い範囲で潮位が高くなる見込みです。特に、東海地方では、過去最高潮位を50センチ上回る所もあり、記録的な高潮となるでしょう。沿岸施設では重大な災害の恐れがありますので、厳重に警戒して下さい。

tenki.jp>台風19号 非常に強い勢力で関東・東海に上陸へ

東海地方で過去最高潮位を50センチ上回った箇所はあったのでしょうか。台風19号で最高潮位が更新されたのは次の5地点です。

最高潮位更新地点
最高潮位を更新した地点(Google Earthプロ)

▼潮位、その日時、観測地点、従来の1位の潮位とその年月日を記載しました。

230cm(10/12 05:59)三宅島 193cm(2018/7/28)
172cm(10/12 16:11)小田原 123cm(2011/9/21)
200cm(10/12 15:05)石廊崎 183cm(2009/10/8)
170cm(10/12 17:35)清水港 150cm(2017/10/23)
182cm(10/12 17:04)御前崎 169cm(2004/10/9)

小田原が49cmオーバーでした。まあ、1cmぐらいは大目に見たいところです。小田原が東海地方だと言い切れるかどうかも微妙なところですが、東海地方の隣接地域ではあります。

台風19号が伊豆半島に上陸したのは19時前です。御前崎への最接近は17時半前後になります。当日の御前崎から焼津、清水、田子の浦の満潮時刻は16:56とされていました。干満差は1m程度です。

上陸直前の中心気圧は955hPaで、標準気圧は1013hPaです。低気圧の吸い上げ効果は1hPaで約1cmと言われています。吸い上げ効果だけでも、海面水位は50~60cm高くなるわけです。満潮が重なれば悠に1m超となります。

そこに波が押し寄せれば、雨で増水した河川は河口付近で溢れるしかありません。高潮被害は予見可能だと言っていいのかもしれません。予見可能だとすれば、不作為は「過失」となります。

焼津市成案寺川沿岸の水産加工センター団地などが被災しているようです。浸水そのものは防げないとしても、浸水することを前提に回避できた被害もあったのではないかと思えなくもありません。

静岡県内の住戸被害(全半壊、一部損壊、床上・床下浸水)は、焼津市で700棟超、伊豆の国市で600棟超、函南町で400棟超、沼津、静岡、牧之原、菊川の4市でそれぞれ100棟超とされています。

埋め込んだストビューは2015年2月撮影のものです。台風で倒れた看板です。上陸地点の近くになります。

創立100周年の入学生

旧・相馬郡小高町(おだかまち)は、2006年に原町市、鹿島町と合併して南相馬市になりました。合併後は小高区、原町区、鹿島区の地域自治区が置かれたため、2つの旧・町役場は区役所になっています。

小高区市街地
小高区市街地(Google Earthプロ)

南北朝時代、小高城がその名のとおり小高い丘に築造され、跡地は小高神社になっています。南を流れる小高川は天然の堀という位置づけです。市街地は城の対岸に形成され、区役所から太平洋まで3キロほどです。

原発事故による避難指示が解除されたのは2016年7月です。原町高校内の仮設校舎に移転していた小高商業高校と原町区のサッカー場に仮設校舎を建てた小高工業高校は2017年4月に統合され、工業高の敷地に小高産業技術高校が開校しています。

2013年7月撮影のストビューです。小高商は創立100周年の翌年に移転を余儀なくされました。台風19号の犠牲となった20歳代の南相馬市職員は、小高商の卒業生であり、その入学年度は100周年の年だったようです。

勤務先は小高区役所近くの交流センターで8:30出勤とのことです。まだ小降りだった11:00には区役所に避難所が開設されます。避難所指定されていない交流センターでも、20~30人ほど受け入れていたそうです。

20:00に区役所の避難所は閉鎖され、産業技術高校に臨時の避難所が開設されています。上流で小高川が決壊したからなのでしょう。区役所も交流センターもハザードマップでは1m未満の浸水想定区域です。

避難住民を産業技術高に移送し、避難所開設を手伝った彼が帰宅の途についたのが日付が変わった13日0:30頃、冠水した道路で立ち往生した車から脱出したという電話があったのが0:40頃と報道されています。

立往生したと思われるのはピンクのマーカーで示した信号のある交差点付近です。ハザードマップでは2m未満の浸水想定域です。信号の先は登りですから、道路は川になっていたものと思われます。

千曲川最下流の吊り橋

地理院地図で検索すると、滑津川は3つあります。福島県川内村を源流とする木戸川水系の河川、福島県いわき市を源流とし夏井川の約4キロ南で太平洋に注ぐ河川、長野県佐久市を源流とする千曲川の支流の3本です。

あまり歓迎したくない 「滑津」という字面ですが、いわき市の滑津川は清音の「なめつがわ」で、佐久市の滑津川は濁って「なめづがわ」と読むようです。佐久市の滑津川では台風19号で千曲川との合流点近くが決壊しています。

滑津川と千曲川の合流地点
滑津川決壊地点付近(Google Earthプロ)

滑津川が決壊したのは「石神交差点」の「差」の字の辺りです。その際、数台の車が濁流に飲まれて81歳男性が亡くなっています。信濃毎日新聞の記事によれば、この車は男性の長女が運転し長男宅に避難しようとしていたそうです。

車は国道141号線を北上しようとしますが、石神交差点で警察官に阻まれます。中込大橋が通行止めになっていたからです。車は141号線を左折し県道139号線に入りますが、朝日橋付近では早くから用水路が氾濫しており、こちらも通行止めでした。

Uターンしたところに決壊による濁流が押し寄せたということのようです。複数箇所の通行止めで行き場を失ってしまうのは大雨のときにありがちなことですが、不運なタイミングで決壊が起きてしまったわけです。

千曲川は佐久市を南から北に流れています。下流となる佐久市の北は小諸市です。小諸大橋の南で千曲川に架かる吊り橋は大杭橋です。2014年8月のストビューを埋め込みました。

2019年7月のストビューでは「歩行者は通行できます」の看板が撤去されています。もう1つの看板は「車両」の2文字が白く消されて「大杭橋老朽化のため通行止め」になっています。渡れないように柵も設置されています。

この大杭橋は台風19号で橋の東側(ストビューの奥)が落橋しています。1964年の架橋ということです。千曲川ではもっとも下流にある吊り橋でした。

高知地方気象台の露場は2km先

9月17日と18日の最高気温1位は高知でした。高知地方気象台は高知市本町3丁目の合同庁舎に入っています。この合同庁舎は耐震補強工事中で、2019年5月撮影のストリートビューに映っているお知らせ看板によれば10月完成予定とのことです。

合同庁舎の衛星写真を見てみます。西の緑の屋根は県民ホール、鉄塔のある東の建物はNTTビルです。敷地内には露場かもしれないスペースが北東の角と南西の角しかありません。

高地地方合同庁舎付近(Google Earthプロ)

ところが、北東角は正門脇の植栽であって観測機器は見当たりません。南西角に至っては、最新2019年5月のストビューでは2階建てのプレハブが設置されています。工事事務所と思われます。

露場の面積は広い方が望ましく,気象庁のアメダス観測所にお いては,おおむね70㎡以上の面積を確保している。また,気象庁では,気象測器の設置部分(7×5m程度)に人工芝を敷設した場合においても,気象観測への影響がないことを確認しており,雑草対策などに活用できる。

気象庁「気象観測の手引」

それに露場としてはやや狭く、70平米が確保されているとは思えません。また、高知の風向風速計の地上からの高さは15.5mと公表されています。耐震工事中の庁舎は5階建てです。

埋め込んだのは2018年6月撮影のストビューです。通用口側です。1フロア3mとすれば5階建ての屋上が15mになります。そんな風速計は北道路側にも南道路側にも見つかりません。

そもそもこのビル街で高さ15m程度の風速計では役に立たないはずです。ストビュー画像の右奥に見えるのは12階建てのホテルです。合同庁舎の斜向かいには15階建てのマンションもあります。

千葉ほどの高さは必要ないかもしれませんが、風速計に関してはある程度の高さが必要になるはずです。露場が見当たらないことを不思議に思っていたら、観測ポイントの所在地は「高知市比島町」になっていました。

露場(Google Earthプロ)

というわけで、改めてストビューで露場を探してみると、合同庁舎から約2km離れたところで見つかりました。約30m四方の土地がフェンスで囲われています。風速計も確認できますし、こんな看板も掲げられていました。

高知地方気象台 観測露場

ここでは、雨量、風向風速、気温、日照時間、気圧などを観測しています。観測されたデータは、高知市を代表するデータとして、天気予報や防災気象情報の発表に利用しています。
この中には無断で立ち入らないでください。

露場を囲むフェンスに掲げられた看板

松山では露場は気象台にあり風向風速計と日照計は別の場所に、徳島も日照計だけが少し離れたところに設置されています。高知のように丸ごと離れた場所で観測しているというパターンもあるわけです。