2019年初の40℃台は上越市大手町の高田

今年はないだろうとも言われていた40℃オーバーが新潟県上越市の高田で記録されました。8月14日12時54分に記録されたのは40.3℃です。高田の観測ポイントは1922年観測開始で、従来の記録は1994年8月12日の39.5℃でした。

地名としての「高田」は埼玉を除く46都道府県に存在しているようですが、現存する自治体で「高田」を含むのは、陸前高田市、大和高田市、安芸高田市、豊後高田市の4つです。上越市の高田は旧・高田市になります。

△△高田市(Google Earthプロ)
  • 高田市(1911年に高田町が市制施行)→上越市(1971年に直江津市と合併)
  • 豊後高田市(1941年に高田町が市制施行)
  • 豊後高田市(1954年に豊後高田町が市制施行、2005年の合併で2代目・豊後高田市)
  • 陸前高田市(1955年に高田町など3町5村が合併)
  • 安芸高田市(2004年に高田郡の6町が合併)

このうち陸前と安芸は清音の「たか」です。元祖・高田市が消滅したあとに発足した安芸高田市は、郡名を新市名に用いて律令国名を冠しています。高田町や高田村は現存しませんので、△△高田市がこれ以上増えることはまず期待できません。

上越市高田の観測地点は高田城(公園)の東側にあり、標高は13mです。完全な市街地で周囲は民家です。8月14日の最高気温2位は同じ上越市内の大潟で39.7℃でしたが、こちらは旧・直江津市の区域で露場は小学校の校庭脇です。

「高田」は地名でも人名でも別に珍しいわけではありません。試しに地理院地図で「低田」を検索してみましたが、ヒットしません。どうやら地名の「低田」はないものと思われます。姓としての「低田」は香川県に数軒あるようです。

太子(たいし)ではなく、大子(だいご)

目下のところ、この夏唯一の39℃台を記録しているのは茨城県の大子(だいご)です。8月9日に39.0℃を記録していますが、8月7日も38.3℃で最高気温全国1位でした。茨城県大子町は太平洋から30km以上離れた福島と栃木両県に接する町です。

茨城県北部(Google Earthプロ)

当然、その大子町の市街地は盆地になります。大子の観測ポイントは周囲を民家で囲まれており、東40m先は斜面、西70m先には相川が流れています。河岸段丘的な地形です。標高は120mだそうです。

大子の観測ポイントでは1月10日に最低気温-9.4℃を記録していますので、今年の年較差は48.4℃となります。39.5℃(5/26)と-28.6℃(2/9)の佐呂間には及びませんが、本州トップクラスで間違いないはずです。

世田谷や仙台や新潟に太子堂があるのですから、茨城に聖徳太子ゆかりの地名があったとしても不思議ではありませんが、「醍醐水」と呼ばれる湧き水が町名の由来のようです。

町内をストリートビューで散策してみると、石像がやたらと目につきます。とくに気になるのは、常陸大子駅から永源寺(もみじ寺)に向かう長岡橋西詰(南詰?)に置かれた計4体の石像です。

「ながおかはし」のプレートの上で合掌しているのは、髪型からして古代人なのかもしれません。町内には遺跡があるようです。もし女性像だとすれば、川岸であることから弁財天が有力ですが、琵琶は持っていません。

また、親鳥が運んで来る餌を持つ雛鳥のように大口を開けている3体、おそらくは笑い地蔵であろうと思われます。その右には何らかの支柱が切断されたような痕跡があります。

さらにその右側には円盤状のコンクリの起訴が3つあることから、笑い地蔵?はもともとそこに設置されたものであり、支柱跡は合掌している古代人像?の設置箇所であったのかもしれません。

ちなみに、橋の左側はフクロウ、東詰(北詰)は蛙と河童です。何が原因で移設されるに至ったのでしょうか。あいにくストビューは2014年4月撮影の1本だけで、過去を遡ることはできません。

能登半島先端の柏原

石川県珠洲(すず)市は1954年に珠洲郡3町6村の合併で成立しています。能登半島の突端部です。宝立町(ほうりゅうまち)柏原は、郵便番号検索でもネット地図でも「かしはら」です。「かしはら」読みとしては最北端でもあります。

珠洲市のWebサイトには「定住用物件」が紹介されています。柏原からは2件登録されていますが、都合よくフリガナが振ってありました。築60年以上の物件です。水回りの修理が必要だそうですが、100万円を限度として補助金も出るようです。

珠洲市>定住用物件(空き家)情報-内浦エリア

さて、珠洲市にはかつて原発2基の建設計画がありました。中部電力が能登半島東端の三崎町、関西電力+北陸電力が日本海側の高屋地区を建設予定地としていたものです。電力3社による共同運営という触れ込みでした。

珠洲市付近(Google Earthプロ)

福島第一原発や柏崎原発から東京までの直線距離は約220kmほどです。珠洲市から名古屋まで富山湾を抜ける直線距離は約250kmで、珠洲から京都までで約300kmです。建設されていたら、送電ロスは最大規模だったに違いありません。

興味深いのは、もっとも積極的だったと思われる関西電力は加圧水型で、中部電力と北陸電力は沸騰水型だということです。3社共同開発なら、どちらに転んだのか気になるところです。

1999年10月27日の参議院決算委員会の議事録です。当時の緒方靖夫議員の質問です。

 問題の土地の売り主である神奈川県在住の医師は、現在確かに脱税容疑で裁判中ですけれども、この医師は先週開かれた第二回の公判で、関西電力による土地買収の工作が露見して原発建設計画がとんざしてしまうことを懸念して、関西電力側の意向に従い、将来関西電力側が買収の事実が公になっても構わないと判断する時期まで所得申告を待つことにしたと、一連の売買に関西電力の関与があったことを認めているわけですよ。
 しかも、昨年九月、東京国税局査察部がこの医師の脱税容疑に関連して関西電力の珠洲立地事務所を調べた際、本来なら契約書上所有者であるゼネコン関係会社が持っているはずの土地権利証が同事務所に保管されていたことが発見され、国税当局に押収されています。この事実については昨日の定例記者会見で関西電力の石川社長も認めている。

参議院決算委員会議事録

最高裁まで争った医師には有罪判決が出ていますが、同情の余地がないわけでもありません。立地予定地の高屋町の土地11万㎡を東京の不動産会社に売却したところ、しばらくは税務申告しないようにと要請されたそうです。

その意向を汲んで申告を見送った医師を税務当局は所得隠しとして起訴します。それ自体は当然のことです。医師は公的機関に等しい電力会社の要請を受け入れた以上、フォローしてもらえるものと思い込んでいたようです。

建設用地は8割以上が取得済みとの報道もあります。それらの土地の大半は有効利用されることもなく放置されているのでしょう。まあ、もともとそういう土地だからこそ建設計画が出たのかもしれませんけど…。

能登半島では堤防のない海岸線沿いの道路も見かけます。

「がいばら」と読む柏原

岐阜県下呂市の広報誌の題字です。濁点は温泉の湯けむりをイメージしたものでしょう。カタカナ変換して想像力をフル稼働してはいけないもののようです。下呂温泉は有名ですが、市内には中呂(ちゅうろ)や上呂(じょうろ)もあります。

「市政だより げろ」2009年6月号の題字

広報誌は2016年6月号からアルフェベット表記の「GERO」に変わっています。下呂市小坂町(おさかちょう)の「柏原」は郵便番号検索でもネット地図でもヒットしませんが、地理院地図には「がいばら」のフリガナ付きで記載されています。

下呂市Webサイトの土砂災害ハザードマップは、小坂町門坂地区が「門坂(松尾)」、「門坂(柏原)」、「門坂」に3分割されて公開されています。また、広報誌の2009年7月号3ページ目には「柏原」の記載があります。

「市政だより げろ」2009年7月号

郵便番号検索にもネット地図にもない「柏原」の地名は下呂市小坂町に確実に存在している(た?)わけです。また、「がいばら」の読みについては、国土交通省中部地方整備局の高山国道事務所Webサイトの複数の文書で確認できます。

国道41号阿多粕改良事業概要

2010年2月9日付の「国道41号「小坂久々野トンネル(仮称)」平成22年2月下旬よりトンネル掘削開始」の文書は、おそらくプレスリリースと思われますが、たしかに「がいばら」のルビが施されています。

柏原大橋?付近(Google Earthプロ)

木曽川の支流・飛騨川に架けられた橋がトンネルの入口に続いています。ちょうど「41」の国道マークが入っているところです。この橋も柏原(がいばら)大橋の名称のようですが、確認することはできませんでした。

「柏原」を「GAIBARA」と読むのは全国唯一と思われます。柏原が小坂町の大字だったのか、大字門坂字柏原だったのかはわかりませんでしたが、2004年の合併ですから調べるのはそう難しくないはずです。

不知火町の柏原

熊本県宇城市不知火町柏原の「柏原」の読みが、ゼンリン系と郵便番号系で二分されています。

【かしわら】

  • いつもNAVI
  • NAVITIME
  • MapFan
  • Mapion
  • Yahoo!地図
  • goo地図
  • コトバンク
  • みずほ銀行

【かしわら】

  • 日本郵政
  • Weblio辞書
  • 日本ソフト販売
  • 地名辞典オンライン
  • 送料の虎
  • 漢字書き順辞典
  • ゆうびんねっと
  • MEMORVA
  • Cube

要は、元になっているデータベース次第なのでしょう。宇城市の柏原地区はせいぜい50世帯です。不知火町御領との境界に1つだけ信号がありますが、交差点名の標識はありません。遺跡も小学校もありません。

宇城(うき)市のWebサイトでも読み方は示されていません。周辺で「原」のつく地名としては不知火町長崎の「桂原遺跡」があります。柏原地区から約4kmの至近距離です。宇城市Webサイトでは読みが「かずわら」になっています。

有明海・八代海付近(Google Earthプロ)

宇城市の北に隣接する宇土(うと)市で、「原」のつく大字は次の6か所です。郵便番号検索では次のような読みになります。念のために「いつもNAVI」でも調べてみましたが、相違はありませんでした。

  • 北段原町(きただんばらまち)、南段原町(みなみだんばらまち)
  • 笹原町(ささわらまち)
  • 松原町(まつわらまち)、新松原町(しんまつわらまち)
  • 椿原町(つばわらまち)

南に隣接する八代郡氷川町で「原」が入る大字は3か所です。

  • 河原(かわはら)
  • 宮原(みやはら)、宮原栄久(みやはらえいきゅう)

さらに南北に広げて熊本市と八代市の「~原」を調べてみましたが、決定的な傾向は見えてきません。九州特有の「ばる」もありますし、「わら」も「ばら」も「はら」もあります。

今のところ「かしわはら」は全国的には少数派であって、とくに西日本では見かけません。ただ、バカ・アホ分布のようにもし京都中心の同心円を描くなら、熊本に「かしわはら」があってもいいわけです。とりあえずMAP上では「かしわばら」扱いとします。

なお、「不知火」については、合併前の不知火町が歴史的仮名遣いの「しらぬひ」を正式なフリガナとしていた関係で形式的には「しらぬひ」ですが、実際の読みは「しらぬい」です。

また、不知火の動画も探してみましたが、残念ながら埋め込めるような動画は見つかりませんでした。