リンゴ「ふじ」の生誕地

今年5月に発表された農林水産統計では、リンゴの品種別収穫量は「ふじ」が40万3,000トンで53%、「つがる」が7万8,600トンで10%、「王林」が5万2,300トンで7%です。今や「ふじ」は世界有数のリンゴ品種だそうです。

「ふじ」の名前の由来は、「ふじ」生誕の園芸試験場が所在する青森県南津軽郡藤崎町と富士山と山本富士子ということです。藤崎町は国道7号線沿いで、弘前市と青森市に挟まれています。鉄道では奥羽本線と五能線の合流点です。

藤崎町(大字)榊(字)柏原は、素直に「かしわばら」でいいものと思われます。と言うより、判断材料が少なく検討の余地がさほどありません。郵便番号検索ではヒットしません。各種ネット地図では「かしわばら」です。

藤崎町榊柏原付近(Google Earthプロ)

柏原地区は藤崎町のほぼ中央部に位置しますが、街の中心部というわけではありません。画像中央の7号線バイパスと県道が交わる辺りが柏原地区です。ストリートビューで見た限りでは1棟の建物もありません。田んぼばかりです。

建物がない以上、「柏原」が施設名称に使われることもないわけです。土地登記簿上だけの地名と言ってもいいかもしれません。そんな地名の読みを誰が気にするのかということになってしまいます。

さて、1930年代から農林省園芸試験場東北支場で育成された「ふじ」が品種登録されたのは1962年だそうです。試験場は再編統合によって盛岡に移転し、今は弘前大学農学生命科学部の藤崎農場です。

「ふじ保育園」や「ふじロード」、「藤崎アップル球場」などの名称にその痕跡は残っていますが、全国唯一の「りんご科」が設置されていた弘前実業藤崎分校も今年3月には閉校しています。

「柏原」の西南西約3.6kmの交差点にリンゴのフォルムを意識したと思われる木がありました。2014年6月のストビューです。

広島と高知の「かしょうばら」

東広島市の「柏原」は「かしょうばら」と読むようです。東広島市は1974年に西条町など4町の合併で発足し、2005年に周辺5町を編入しています。「かしょうばら」は東広島市西条町郷曽にあります。

奈良時代に安芸国の国府や国分寺が置かれたのが旧・西条町です。もし、西条町が海に面していて水運の利があれば、今頃は広島市が西西条市を名乗っていたのかもしれません。

「かしょう」に「柏」の字を当てたのだとすれば、なかなか思い切った発想ですが、もともと柏の木が並んでいたという話もあり、用水路や溜池の造成など新田開発が進んだのは19世紀初頭ということです。

「かしょうばら」の東隣は三升原(さんじょうばら)です。本来は漢字3文字の「(カ)升原」で表されていたのが、いつの間にか「柏原」に置き換えられてしまった可能性もあります。

西条町と佐川町の「かしょうばら」 (Google Earthプロ)

マーカーを置いた稲生神社が西条町の「柏原」です。「かしょうばら」の読みは、東広島市のWebサイトにも記されています。唯一無二とも思われる珍しい読みの「かしょうばら」は、瀬戸内海と四国山脈を越えて高知にもあるのです。

下のマーカーの柏原遺跡は佐川町丙(さかわちょう・へい)にあります。県央部です。あいにく高知県文化財地図情報システムには読み方は掲載されていませんでしたが、これほどイレギュラーな読みがかぶるのはどういうことなのでしょう。

同じ理屈でかぶったのか、十津川村と新十津川町のようにコピーの結果なのか、はたまたたまたま偶然なのか、きわめて興味深い話です。縄文遺跡があるくらいですから入植によるコピーではありません。

佐川町の「かしょうばら」の2kmほど南には「上伏尾」という地名があります。素直に読めば「かみふしお」ですが、実際の読みは「かみふしょう」です。「しお」が「しょう」に転じています(「しょう」に「しお」を当てています)。

この法則に従うと「かしおばら」=「かしょうばら」となります。「柏原」を「かしょうばら」と読むのは違和感ありまくりですが、「柏尾原」あるいは「樫尾原」を「かしょうばら」と読むのはすんなり受け入れられます。

この「かしょうばら」について、これほど食い付いたのは少なくともネット上では私が初めてです。前にも紹介した個人ブログでは、佐川町は「かしょうばら」ですが、西条町は「かしわばら」になっています。

ジャパンナレッジでは中国・四国地方のくくりで「かしょうばら」が1件とされ、どちらなのか特定できません。佐川町の柏原は角川日本地名大辞典では「かしわばら」ですが、ネット地図では例外なく「かしょうばら」です。

大正末期の理髪店サインポール

札幌市厚別区を“「別」と「内(ない)」の市町村MAP”に入れていませんでした。指定都市の行政区は市町村ではないからです。私はてっきり厚別町で入っているものと思っていましたが、もともとは白石村だったようです。

1950年に札幌市に編入され、1972年の五輪直後に政令指定都市に移行したとき白石区になっています。白石区からの分区は比較的新しく1989年だそうです。新札幌の副都心を抱える厚別が入っていないのは具合が悪いため、追加しました。

その厚別区の「北海道開拓の村」には大正末期に建てられたという理髪店が移築されています。建物の内部では蝋人形が髭を剃られているシーンが再現されているようですが、サインポールは角材に塗色したものです。

サインポール・メーカーのWebサイトを見ると、右上がりのZ巻きが圧倒的大多数です。開拓村の旧・山本理髪店のポールは左上がりのS字巻きになっています。発注ミスなのか、あえてなのか、ペンキ屋さんの誤解なのか、気になります。

さて、斎藤月岑の「武江年表」には、明治4年(1971年)4月の項に次の記述があります。これがサインポールに関する日本最古の記述のようです。「左巻」ならSの字巻きになります。昔は左上がりのS字巻きが多かったのかもしれません。

常盤橋御門外篦頭舗に、西洋風髪剪所の招牌を出す、太き棹の頭に宝珠の形を彫り、右の棹へは朱白藍色の左巻といふ塗分けにして立る、これより諸方にこれに擬して一般の形状となれり

斎藤月岑「武江年表」

▲リンク先は国会図書館デジタルコレクションです。コマ番号200の左のページ(389ページ)3~4行目になります。

常盤橋は日本銀行本店前の日本橋川に架かる橋です。道路元標のある日本橋の上流です。東日本震災で被災した工事中の石橋は明治10年に架けられたものということで、明治4年の時点では木橋だったようです。

3つの美浜町

自治体名としての美浜町は愛知、福井、和歌山の3県にあります。千葉市には美浜区もあり、マリンスタジアムの住所が千葉市美浜区美浜です。美浜区全域は埋立地ですので、比較的最近の地名です。

「美浜」の字や町域名は、浦安市、北谷市、西之表市にもあります。市川市と接する浦安市美浜も埋立地です。東葛飾郡浦安町美浜と名付けられたのは1971年です。沖縄の北谷市美浜も埋立地で、北谷町運動公園は1988年のオープンです。

西之表市の美浜町はもともとの地名かと思われます。美浜簡易郵便局の標高は8mですし、市営住宅美浜団地は10m、美浜児童センターにいたっては標高27mです。西之表港や西之表市役所には歩いても行ける距離(1.2~1.5km)です。

この種子島の西之表が「美浜」の地名でもっとも歴史がありそうです。ちなみに、ちょっと反則っぽいかもしれませんが、今は京丹後市となっている旧・久美浜町は、町村制施行の1889年当時から久美浜村です。

さて、3つの美浜町はいずれも昭和の大合併で誕生しています。その先後は明確です。この3町と旧・久美浜町の位置関係は次のとおりです。

福井県美方郡美浜町

  • 1954年2月に耳村、北西郷村、南西郷村、山東村の4村合併で美浜町
  • 人口9,459人(2019/04/01)、町議定数14、財政力指数0.74
  • 小学校3、中学校1
  • セブンイレブン0、ローソン1、ファミマ3

和歌山県日高郡美浜町

  • 1954年10月に松原村、和田村、三尾村の3村合併で美浜町
  • 人口7,207人(2019/04/01)、町議定数10、財政力指数0.30
  • 小学校2、中学校1
  • セブンイレブン0、ローソン1、ファミマ1

愛知県知多郡美浜町

  • 1955年4月に河和町と野間町の2
  • 町合併で美浜町
  • 人口22,023(2019/03/31)、町議定数16、財政力指数0.72
  • 小学校6、中学校2、高校1
  • セブンイレブン4、ローソン2、ファミマ4

「美浜」流行り?の先陣を切った形の福井県美浜町のWebサイトには次のように記述されていますが、久美浜が頭の片隅にはあったのだろうと私は推測しています。さすがに種子島の美浜町は知らないでしょう。

「美浜町」という名は、この地域が「弥美庄(みみのしょう)」とも呼ばれていたので「美」の字を、4村とも海に接して美しい浜辺があるので「浜」の字を使いました。

美方郡美浜町>美浜町の紹介

和歌山県美浜町のWebサイトはあっさりしたものです。公募で何位だったのか、2位以下だとすればなぜ逆転したのかは示されていません。

「美浜町」の町名は、合併当時公募により名付けられたものです。

日高郡美浜町>町の沿革

愛知県美浜町のWebサイトではどういう理由で「美浜町」を名乗ったのか、私が探した範囲では見つけることができませんでした。知多郡美浜町は南セントレア市になり損ねた町でもあります。

1958年には三重県南部の阿田和町、神志山村、市木尾呂志村が合併して「御浜町」が発足しています。熊野市に隣接する町です。さすがに4番煎じの「美浜町」にはなれなかったものと思われます。

実は、私は1935年設立の和歌山県常盤商業学校を探っていたのでした。学校台帳では所在地が「和歌山県日高郡和田村字蔵垣1078-1」となっています。美浜町和田で検索したところ、福井県美浜町和田がヒットしたわけです。

南にあるべき海が北にあるのですから、ちょっとしたパニックです。大字まで同名かよという愚痴が出ても許されると信じています。愛知県美浜町の大字には「河和」(こうわ)と「奥田」はありましたが「和田」はありませんでした。

まあ、同じ名前を選んだだけあって共通点はあるもので、福井と和歌山の美浜町は町の木がマツ、愛知の美浜町と三重の御浜町はクロマツです。福井と愛知の町の花はツツジでした。そのうち町の木や町の花でMAPをつくるかもしれません。

常盤商は戦時転換で常盤農になっていますが、1944年に生徒募集を停止し、新制高校には移行せず閉校しているようです。ここが所在地ではないかと私が睨んでいる場所をストビューで見ると公共施設のような建物が建っています。

公民館とか地区の集会所のような佇まいで、すくなくとも一般の民家ではありません。看板・表札の類いが見当たらず、確証もありませんので、掲載は断念しました。

丼池はどこにあったのか?

「丼池」は大阪難読地名の三役クラスです。「どいけ」と読みます。「丼」を「どぶ」と読めるものではありません。まして、ドブ川の「どぶ」がそのまま正式な地名になるという自虐的な発想がなかなか出てきません。

この「丼池」なる池は実在していたようです。小学館「デジタル大辞泉」は次のように記述しています。

大阪市中央区南船場にあった池。明治7年(1874)に埋められた。池に面していた丼池筋には第二次大戦前は家具問屋、戦後は繊維問屋が密集。旧名、芦間池(あしまいけ)

コトバンク「丼池」

明治初期に埋められてしまったドブ池は、いったい南船場のどこにあったのでしょうか。丼池筋沿いであることは確定です。丼池筋は御堂筋の2本東を南北に走る通りです。

御堂筋の1本東は心斎橋筋であり、夜間以外は歩行者専用道路のアーケード付き商店街です。ここには訪日外国人相手のドラッグストアが林立しています。お隣の丼池筋はさほど特徴的というわけでもありません。

今は撤去されていますが、大阪初のアーケードは丼池筋だったそうです。大阪船場丼池筋連盟は1954年に設立された丼池問屋街協同組合を引き継ぎ、本町3丁目から南久宝寺3丁目までの500mの区間を「丼池ストリート」と称しています。

地図上の緑の線が「丼池ストリート」です。赤のマーカーは、本来のテーマである芦池(女子)商の跡地です。今は消滅した高校の所在地を探しているうちに、私は明治初期に埋められた丼池を探す羽目に陥ったのでした。

江戸時代の古地図を眺めてもそれらしき池は見当たりません。スマホに「大阪こちずぶらり」をインストールしてみましたが、やはり丼池筋沿いに池を見つけることができません。

そうこうするうちに、ピンポイントで丼池の所在地を示しているWebページが見つかりました。

「どぶいけ」というのは大阪市のど真ん中にある街・船場(せんば)の繊維問屋街のなかにある商店街です。漢字で書くと「丼池」。一角というか、南北に通っている道筋のことです。現在は埋め立ててありませんが大阪大空襲の1トン爆弾の炸裂跡「丼池」が戦後久宝中学となり現在は久宝公園として残っています

船場 小野利>船場 小野利 の紹介

明治初期に埋められた丼池のほかに、もう1つの丼池が1945年3月の大阪大空襲によって出現したようです。丼池筋沿いの爆弾跡が(第2の)丼池と呼ばれても不思議ではありません。引用元のページでは画像も公開されています。

大阪市街地に落とされた1トン爆弾は直径60cmで長さ180cmだそうです。数10m規模のちょうど丼のような穴が生じたでしょうし、やがて雨がたまってドブ池になったのかもしれません。ただし、丼池筋の名称は戦前の地図にも散見されます。

難波藁師(なにはやくし)塩町心斎橋車町にあり。
本尊薬師仏は弘法大師の作にて、長五寸三歩。古は天台の仏院にして難波薬師堂と号す。
年久しく荒廃に及んで、本尊も民家に伝はり、近世ここに安置す。毎月八日・十二日、宵薬師とて法会あり。
現成地址(げんじょうちのあと)この地に井あり。むかしは広き池にして巡りに片葉の芦を生ず。今什物とす。
とぷ地と称ずるはこの池の名なるペし。

摂津名所図会>巻之四 大坂(おほさか)の号>難波薬師

このページには地図も添えられています。赤丸がついているのは、芦池(女子)商跡地から2つ南の区画でした。住居表示では南船場3丁目5番のブロックです。

大阪市立芦池女子商業学校は1944年の設立です。国策により男子の商業校は主に工業校化するわけですが、その埋め合わせで女子の商業校が開設されるのは当然のことなのかもしれません。

今の南船場3丁目にあった国民学校の校舎が芦池女子商になります。芦池女子商は1948年の学制改革で芦池商高になりますが、同年より住吉商高が同居し、2年後には住吉商が芦池商を吸収、その2年後には8km南の元の校地に移転します。

「庇を貸して母屋を取られる」のではなく、「庇を貸して母屋から追い出される」という憂き目にあったことになります。もっとも芦池商の校舎・校地を受け継いだのは大阪市立芦池小学校ですから、元に戻っただけとも言えます。

芦池小は1987年に大宝(だいほう)小、道仁(どうにん)小との3校統合で、南小となります。南小は大宝小の校地に開設されましたので、芦池小の校地は空いたわけですが、次の「入居者」は丼池筋を挟んで隣接する南幼稚園でした。

2013/09のストビューです。鉄扉越しに小学校の石碑を確認することができます。校舎は取り壊され、一角には地域住民のための南船場会館が建てられています。幼稚園のグラウンドとして使われているようです。