名古屋の育英

愛知県立旭丘高校Webサイトには次のような記述があります。

愛知一中の校歌は、マラソン王日比野寛校長自らの作詞によるもので、明治37年に制定されました。これは日本で最初の校歌であるといわれています。四句二十連の長い詩の中には、愛知一中の教育理念が随所に盛り込まれていたため、旭丘高校と改称された後も、しばらくは歌い継がれていました

愛知県立旭丘高等学校>旭丘高校について 校歌

残念ながら「日本で最初の校歌」の歌詞は掲載されていませんし、今の校歌とは違うようです。日比野寛校長が愛知一中を退職するのは1916年のようです。翌1917年4月の第13回衆議院議員総選挙で憲政党から立候補して当選しています。

ちなみに、愛知一中が第3回全国中等学校優勝野球大会で敗者復活から優勝したのは同年8月です。愛知一中校長在任中の1908年に日比野寛は夜間の「育英学校」を立ち上げています。

1920年に昼間課程の「商業育英学校」が設立され、日比野寛は1922年から「名古屋育英商業学校」の校長に就任します。代議士は1期限りでした。やがて「育英商業学校」は東邦学園の傘下に入り、1935年には「金城商業学校」と改称します。

この「金城商業学校」は1945年3月の空襲で校舎(青)を失い、東に1.2km離れた兄弟校(赤)に同居することになります。学制改革を経て1952年には正式に東邦高に合併吸収されます。

名古屋市北区には「金城」という町域名があります(黄)。名古屋城の北側です。「金城商業学校」は今の東区東桜であり、名古屋城の南東です。どうして「金城」なのか気になりますが、地名ではなく人名なのかもしれません。

それはさておき、「金城商業学校」の最終所在地は東邦高ということになるわけです。東邦高は千種駅周辺の再開発で1971年に郊外の東山キャンパス(緑)に移転します。

なお、東邦商は戦時転換で系列の大同工業学校北校舎となり、商業校としては戦前で終わっているようです。

【外部リンク】
学校法人東邦学園>第41回「金城商業」最後の卒業アルバム
橦木倶楽部通信第4輯>50 育英商業学校-日比野寛-

中大より先に

中央学院大Webサイトの「歴史」のページは明治33年から始まります。

明治33年(1900年)「日本橋簡易商業夜学校」設立
 高楠順次郎らにより、「日本橋簡易商業夜学校」が日本橋(現、東京都中央区日本橋)に設立されました。

中央学院大学>大学案内>歴史

その次は明治35年です。

明治35年(1902年)「中央商業学校」開校
 「日本橋簡易商業夜学校」から甲種実業学校として「中央商業学校」が京橋(現、東京都中央区新川)で新たなスタートをきりました。「中央商業学校」という校名は、高楠の提案で決定しました。ヨーロッパ帰りの高楠には、“centre”“central”という言葉が常に胸中にあり、「社会、文化、教育の中心をめざす」という気概が”中央”の2文字にこめられていました。

中央学院大学>大学案内>歴史

一方で、1885年に創設された「英吉利法律学校」は、1889年に「東京法学院」、1903年に「東京法学院大学」、1905年に「中央大学」に改称しています。つまり、中央学院大は中大より先に「中央」を名乗っているわけです。

ちなみに、雑誌の「中央公論」は1899年です(中央公論社は1914年)。JR中央本線の昌平橋駅・篠ノ井駅間が「中央東線」と名付けられるのは1909年で、北見峠から網走の「中央道路」は1891年の完成です。

学校法人中央学院の沿革を私なりにまとめてみました。

  • 1900年 東京市日本橋区に「日本橋簡易商業夜学校」設立
  • 1902年 東京市京橋区に移転し「中央商業学校」開校
  • 1948年 学制改革により「中央高等学校」設置(普通科、商業科) 
  • 1951年 「中央商科短期大学」設置(商科)
  • 1955年 「中央商業高等学校」設置
  • 1966年 我孫子市に「中央学院大学」設置(商学部)
  • 1970年 「中央高等学校」休校(1985年廃校)
  • 1970年 我孫子市に「中央学院高等学校」設置(普通科)
  • 1985年 「中央学院大学」に法学部設置
  • 1998年 「中央商業高等学校」を「中央学院大学中央高等学校」と改称
  • 2001年 江東区亀戸に「中央学院大学中央高等学校」を移転
  • 2001年 「中央商科短期大学」廃止
  • 2004年 「中央学院大学中央高等学校」に普通科設置
  • 2017年 「中央学院大学」に現代教養学部設置

疑問点が2つあります。1944年の戦時転換で「中央商業学校」は「中央工業学校」になっているようですが、「商業」に復したのが何年かわかりません。また、1948年には新制中学も設立されたはずですが、この廃止時期がわかりません。

1955年に中央商から中央高が分離したときには短大を含めて少なくとも3校、もし中央中が廃止前なら計4校が中央区新川に同居していたわけです。3校ないしは4校同居の状態から1970年に1校減となります。

ところで、高校を卒業して上京した私は、主に茅場町駅から大学に通っていました。中央区新川一丁目28番の区画から1km圏内に4年間住んでいたのです。村田女子商と同様、校名は覚えていませんが、どこに学校があったか知っています。

私の記憶では学校は赤のマーカーの場所にありました。1960年代以前の地図では大通り沿いの緑のマーカーのところに中央商や中央高が記されています。両者は矛盾するものではありません。

1970年に中央高が休校しているわけです。これに伴って敷地の大半を売却したものと推測されます。学校用地としては大通り沿いは好ましくありません。それに大通り沿いのほうが高く売れるはずです。

もちろん、近接地に移転したという可能性もありますが、私は切り売り説に与します。新川一丁目28番38号の東京ダイヤビルディング1号館は1973年竣工で、新川一丁目28番40号の電力施設は1990年代の地形図に発電所マークが見えます。

曲面が特徴的な角地の新川一丁目28番44号の新川K・Tビルは1987年竣工、新川一丁目28番4号の越前堀永谷マンションは1974年の竣工です。この東隣の新川一丁目28番5号が中央学院大中央高の移転前の所在地になります。

隅田川沿いに聳える22階建ての墨田リバーサイドタワーは1990年竣工で、もともとは外国企業向けの賃貸マンションだったようです。河畔の新川公園には「中央商業学校発祥の地」の石碑が2002年に建立されています。

【外部リンク】
北見市>歴史民俗資料館:中央道路と鎖塚

西の順天

順天堂大は箱根駅伝で優勝11回の名門です。順天高の女子陸上部は今年で第30回となる高校駅伝に16回目の出場を決めています。大学の運営主体は「学校法人順天堂」であり、高校は「学校法人順天学園」です。

順天堂大の歴史は1838年(天保9年)の蘭方医学塾「和田塾」に遡るそうです。佐倉に移った1843年に医学塾「順天堂」を名乗っています。順天堂医院の本郷移転は1875年(明治8年)で、順天堂医事研究会の発足が1885年(明治18年)です。

順天堂医学専門学校の開設が1943年(昭和18年)、大学に昇格するのは戦後の1946年です。学校法人順天堂は短大を持っていた時期はありますが、高校以下には手をつけていません。

一方、大阪では1834年(天保5年)に和算塾「順天堂塾」が開設されます。開設者とされる福田理軒は1815年生まれですので、開塾に際して実際のところは9歳年上の兄が主導していたのでしょう。

明治維新は1868年です。明治政府による太陽暦の採用は明治5年ですが、福田理軒は改暦にも携わっていたようです。上京した理軒とともに大阪の順天堂塾は1871年に東京に移転し、その名を「順天求合社」に改めます。

その移転先は東京市神田区中猿楽町4番地でした。神保町交差点から西に200mほどです。ほぼ同時期に私塾として開設された東と西の順天堂は、神田川を挟んで直線距離1km圏内でニアミスすることになったわけです。

西の順天は1894年(明治27年)に「尋常中学順天求合社」を設立、1900年には「順天中学校」に改称されますが、1913年の神田大火と1923年の関東大震災で校舎が2度全焼したということです。

震災後の区画整理で、順天中の換地先は神田区表猿楽町7番地(西神田一丁目8番地)に決まります。1933年には「順天商業学校」が併設されたのも束の間、太平洋戦争の空襲で校舎はまた焼けてしまいます。

順天中は順天商とともに葛飾区青戸に移転し学制改革を迎えます。やがて、1958年に順天高は北区王子に移転します。同時に中学は閉校となり(1995年再設置)、順天商は別法人に譲渡されています。

切り離された順天商は弥久茂高から高田高へと名前を変え、1969年に休校となります。今回の私のミッションは商業高校の最終所在地をMAP化することです。青戸の所在さえわかればそれでいいのです。

ただ、些細な疑問があります。末尾外部リンクの「順天高校青戸校舎跡」には、順天高校のWebサイトからその「沿革」が引用されています。9年半前の投稿ですが、当時と今と「沿革」の文言は一字一句変わっていません。

私が引っかかるのは「1928(昭和3)神田三崎町に移転し、校舎を新設 」のくだりです。末尾リンク先の「180年史」によれば、関東大震災後の区画整理による移転先はgoo古地図上の「高等女子仏英和学校」(→白百合学園)跡地のはずです。

古地図上の「天主公教会」とは現在のカトリック神田教会であり、道路を隔ててその東側の猿楽町二丁目2番の敷地は神田女学園と思われます。移転先は現在の「西神田一丁目」のはずなのです。

そもそも1928年には「三崎町」はあっても「神田三崎町」の町域名が存在しません。「神田三崎町」と称されるのは神田区が麹町区と合区される戦後のことです。「神田三崎町」の町域名が出現したときはもう青戸に移転しているのです。

「西神田」が町域名になるのは1933年か1934年のようです。「沿革」の文言は、なぜ西神田や移転時の表猿楽町ではなく神田三崎町なのか、このどうでもいい疑問に私はとらわれてしまったのでした。

震災後に急拵えで建てた校舎が中猿楽町にあり、区画整理で指定された換地先が表猿楽町だったために、主に建築中は学内では新校舎を「三崎町」として呼んでいたのかもしれません。すっきりした推理ではありませんが…。

【外部リンク】
おやじのつぶやき>51 順天高校青戸校舎跡
学校法人順天学園>順天180年史
落ちこぼれ高校生の3年間>第十五章《雑記》
goo地図>三崎町・西神田付近の古地図

桃李不言

池袋駅西口に20m×6mほどの小さな公園があります。塀には梟のレリーフが10個ほど埋め込まれており、公園中央のモニュメントは夜間にライトアップされます。センターポールの頂点に設置されているのは風見鶏仕様の親子連れフクロウです。

ホテルメトロポリタン正面玄関の向かい側にあるこの公園の名前は「元池袋史跡公園」ですが、高い木はありませんし腰掛けるスペースも限られているため公園感は薄く、単に歩道のショートカットコースという認識で済まされそうです。

この公園には「池袋地名ゆかりの地」の石碑だけではなく、「成蹊学園発祥の地」の碑もあります。成蹊学園とは言うまでもなく吉祥寺の成蹊学園ですが、「成蹊」を名乗る学校法人は、東京と大阪以外にも福島と福岡にあります。

いずれも史記の文言に由来するだけで、相互に人的・資本的関係はないようです。福島成蹊高校は、1944年から1949年まで福島成蹊女子商という名称でした。当時の校舎は福島市宮町にあったようですが、正確な所在地がわかりません。

宮町に校舎があったのは1914年から1959年にかけてです。いくら60年前と言っても、高校なら一定規模以上の敷地が必要です。宮町の町域には結構な境内と駐車場を備えた稲荷神社もあります。候補となる区画をかなり絞ることができます。

おそらくは、今の福島文化学園(幼稚園)の5階建てビルが旧・福島成蹊女子商の校地だったのではないかと推測されます。赤のマーカーを置いたところです。今の福島成蹊高校は青のマーカーの位置にあります。

福島文化学園のWebサイトを覗いてみたところ、幸いにも「沿革」のページがありました。今の5階建てビルは1965年の新築だそうです。一応、時期的には符合します。

もっとも、福島文化学園はもともとこの土地にあったのかもしれません。そして、福島成蹊女子商の校舎が別のところにあったという可能性が排除されたわけでもありません。

1年限りの女子商業高校

1971年高校野球選手権大会の北関東予選決勝で負けたのが上武大第一高校です。今では群馬もすっかり私学優勢になっているようですが、この当時はまだ群馬の私立高の甲子園出場はありません。

上武大第一高校は1963年に学文館女子商として創立されています。女子商だったのは1年限りで、翌年には共学化されて新町高校に改称、1968年の上武大開学と同時に上武大第一高校に名前を変えています。

1971年は、学校創立9年目にしておそらくは創部8年目の快進撃だったことになります。労使関係が一因だったのか事情のほどはわかりませんが、上武大第一高校は1979年に閉校になっています。

ネット上で検索しても正確な住所は出てきません。新町高校という名称からしても高崎市新町にある今の上武大高崎キャンパスが学文館女子商の所在地として最有力視されます。

国土地理院のWebサイトで公開されている航空写真では、1961年6月には田んぼか畑ですが、1964年5月には校舎らしき鉄筋コンクリートの陸屋根が確認できます。

国土地理院撮影の空中写真(高崎市新町の現・上武大高崎キャンパス付近)

初年度の募集人員は1クラスかせいぜい2クラスでしょう。開校1年目は十字路左下(南西)の既存建物で対処できたはずです。時期的に矛盾はありませんので、ここが学文館女子商の所在地と考えてもよさそうです。

「しょう」の音を残して校名変更した商業高校

なんとか商業高校のリストが完成しました。まだ微調整が必要ですし、漏れている高校もあるでしょうが、これでようやくMAPに着手することができます。MAP作成の前に、気になっていたことを整理しておきます。

  1. 1948(私)北海商業学校→北高等学校
  2. 1948(私)松本商業学校→松学園高等学校
  3. 1959(私)浪華商業学校→浪高等学校(→大阪体育大学浪高等学校)
  4. 1977(私)鶴岡商業高等学校→鶴学園高等学校(→鶴岡東高等学校)
  5. 1990(私)大阪商業高等学校→大学園高等学校
  6. 1994(県)栃木県立佐野商業高等学校→栃木県立佐野陽高等学校(→栃木県立佐野桜高等学校)
  7. 1998(私)藤沢商業高等学校→藤沢陵高等学校
  8. 1998(県)滋賀県立彦根商業高等学校→滋賀県立彦根陽高等学校(→滋賀県立彦根西館高等学校)
  9. 2000(市)福岡市立福岡商業高等学校→福岡市立福高等学校
  10. 2001(私)米子商業高等学校→米子蔭高等学校
  11. 2005(県)埼玉県立浦和商業高等学校→埼玉県立戸田陽高等学校
  12. 2005(県)福岡県立門司商業高等学校→福岡県立門司大館高等学校
  13. 2005(県)長崎県立有馬商業高等学校→長崎県立島原南高等学校
  14. 2006(道)北海道室蘭商業高等学校→北海道室蘭東高等学校
  15. 2007(道)北海道士別商業高等学校→北海道士別雲高等学校
  16. 2007(県)和歌山県立新宮商業高等学校→和歌山県立新高等学校
  17. 2008(私)広島女子商業学校→→→広島洋高等学校
  18. 2011(県)秋田県立湯沢商業高等学校→→→秋田県立湯沢北高等学校
  19. 2013(市→県)能代市立商業高等学校→秋田県立能代陽高等学校
  20. 2014(私)大阪女子商業学校→→→あべの学高等学校
  21. 2015(市→県)別府市立別府商業高等学校→大分県立別府青高等学校

商業高校が非商業高校となるに際して、略称を用いることで「商」の字を残すパターンは松商学園や大体大浪商が有名です。「しょう」の音だけを残すパターンもありますが、この魁となったのは北照高校です。

「商業」を外したいという目論見と、痕跡は残したいという思惑のマッチングが絶妙です。70年前のセンスに敬服するしかありませんが、数十年後にこの顰に倣った改称が相次ぐことになるという予感はなかったのかもしれません。

佐野松陽、彦根翔陽、戸田翔陽、広島翔洋、能代松陽という具合に、「SYOUGYOU」から「G」を抜いただけの「しょうよう」高校が目につきます。

同じ「SYOUYOU」とはいえ、東海大翔洋は東海大一と東海大工の、益田翔陽は益田産と益田工の併合による校名変更であり、前身校に商業高校は含まれていません。また、茨城の翔洋学園高校は通信制であり、元商業高校ではありません。

「SYOUYOU」の先駆は、兵庫県高砂市の県立松陽高校かと思われます。高砂は松の枕詞です。神奈川、鹿児島、茨城、岐阜、秋田にも県立の松陽高校がありますが、商業高校の後身校は能代のみです(佐野は再改称)。

「柏崎商跡地の柏崎翔陽」

茶道発祥の地とは

「モータープールMAP(大阪以外)」に奈良市内11施設、京都市内1施設を追加しました。これで奈良県は270施設、奈良市は157施設を数えて、都道府県別では1位の兵庫に迫り、市町村別では2位の神戸を引き離しました。

12件はいずれも平置きの駐車場でした。まだまだ見つかるはずです。さて、今回追加したモータープールの近くにあったのが「茶道発祥の地」の石碑です。

何をもって「発祥」であると認定したのだろうと思ったわけですが、茶道の祖とされる村田珠光は11歳で出家して、この石碑から120m西にある浄土宗西山派の日輪山称名寺に入ったということです。

村田珠光は20歳になる前には称名寺を出てしまったという話もあります。珠光が茶道の原型を作ったのはその後になるはずです。まあ、あまり深追いしないのが平和なのかもしれません。

京都市上京区にある裏千家・今日庵は表千家・不審庵と隣接しており、武者小路千家の官休庵は南に700mほどです。千利休ゆかりの大徳寺真珠庵は京都市北区です。発祥は別にしてもメッカはやはり京都なのでしょう。

茶道を離れて、お茶そのものの起源にしても、奈良は形勢不利です。中国から持ち込んだお茶を比叡山山麓に植えたとされる最澄は、805年5月に神戸市和田岬に到着し7月に京都に入っています。

一方、最澄と同時期に唐に出発し東大寺や仏隆寺でお茶を栽培したとされる空海は806年10月に博多に着いたものの、大宰府での滞在期間が長く、関西に戻ったのは809年です。

ただし、茶筅については奈良県生駒市高山町が国産シェア90%だそうです。また、荒茶の生産量は京都5位で奈良6位のようです。茶道の確立に関わりのありそうな人物の生没年は次のとおりです。

  • 1394-1481 一休宗純
  • 1397-1471 能阿弥
  • 1423-1502 村田珠光
  • 1436-1490 足利義政
  • 1502-1555 武野紹鴎
  • 1520-1593 今井宗久
  • 1522-1591 千利休