1年で消えた神戸市立湊商業学校

第二次大戦後の学制改革は小中学校が1947年で、新制度の高校は1948年、大学が1949年です。5年制の旧制中学は新制中学1~3年と新制高校の1・2学年に相当します。そこで、私立の旧制中学はまず1947年4月に新制中学を併設します。

その際、1946年度の中学3年生は残置されている旧制中学の4年生に進級します。新制高校が発足する1948年4月には、新制高校の2年生になるか、その年が最終学年となる旧制中学5年生に残るかの選択です。

したがって、戦前の私立中は学制改革時に新制の中学と高校の両方を立ち上げるケースが一般的です。このため、新制中学が設立された1947年に、同時に高校も設立されたのだという誤解が生じる余地があります。

公立校の場合には、この誤解は少ないのではないかと思われますが、どうもそうではないようです。Wikipedia「神戸市立神港高等学校」 のページの「沿革」には次のような年表が掲載されています。

神戸市立第一神港商業学校
1907年4月24日 – 神戸元町通4丁目56(現在の元町通4丁目6番地)に神港商業学校設立(私立)。
1910年4月1日 – 学校経営を神戸市に移管。
1916年10月1日 – 神戸市兵庫区会下山3丁目88(最終所在地と同じ)に移転。
1921年4月1日 – 神戸市立第一神港商業学校と改称。
1947年4月1日 – 学制改革により高等学校に移行、神戸市立神港商業高等学校と改称。
神戸市立第一女子商業学校
1917年4月9日 – 神戸元町通4丁目59に神戸市立女子商業学校設立。
1923年9月1日 – 校舎を楠町6丁目38に移転。
1943年4月1日 – 神戸市立第一女子商業学校と改称。
1945年9月1日 – 校舎が米占領軍に接収される。以後諏訪山小学校、のち千歳小学校に移転。
1947年4月1日 – 学制改革により高等学校に移行、神戸市立湊商業高等学校と改称。

Wikipedia「神戸市立神港高等学校」

第一神港商も第一女子商も1947年に新制高校になれるはずはありません。明らかに誤りですが、履歴をたどってみると、2007年2月13日から2008年3月26日までは「昭和23年」で正しい記述です。

この両校は1949年に統合されて「神戸市立神港高等学校」となります。神港高は2016年に兵庫商と統合され、今は「神戸市立神港橘高等学校」です。神港橘高の校舎は神港高の校地に建設されています。

つまり、1949年閉校の市立神港商の最終所在地は現在の神港橘高と同じです。一方の第一女子商(最後は湊商)については、米軍の接収が解除されて楠町6丁目に戻ったのか千歳小学校から統合されたのか判然としません。

諏訪山小学校は今の「神戸市立こうべ小学校」のようですが、千歳小学校がどこにあったのかわかりません。千歳公園なら新長田にあります。鉄人28号のモニュメントがある若松公園の近くです。MAP上では楠町6丁目としておきました。

さて、Wikipediaを引用したのは、別に年号ミスをあげつらうためではありません。第一神港商は私立として元町通4丁目に設立されています。神港商が現在地に移転した半年後、市立女子商も同じ元町通4丁目に開校しています。

この両校の校地は隣接地だったようです。半年違いでお隣同士になり損ねた両校が戦争を経て統合されたというのはちょっと面白い話です。

名古屋市立の商業高校

年度が変わってしまいましたが、商業高校MAPを再開します。名古屋市立の商業高校は女子商を含めて5校です。

Commercial Academyの頭文字「CA」を校章化していることで有名な名古屋商は、1984年に愛知県立の名古屋商業学校として開校し1890年に市立移管されています。

名古屋商は戦時転換でも商業校のまま存続しますが、敵性言語である「CA」の校章は1943年に廃止され、1948年10月には第二高校(←第二高等女学校)との統合で向陽高となります。

1953年に「名古屋市立商業高等学校」として独立、現在の「名古屋市立名古屋商業高等学校」に名称変更するのは1957年です。すでに県立高校では商業科が全廃されており、愛知県内の公立高校で商業科を持つのは名古屋商のみとなります。

第二商から第四商は戦時転換で市立工芸学校とともに4校統合され、市立第一工業学校、市立第二工業学校、市立女子商業学校に再編されています。したがって、ピーク時に市立商が5校あったというわけではありません。

名古屋市立西陵高等学校のWebサイトには次のような記述があります。

昭和19年4月 本校内に名古屋市立第二工業学校が開校される(第二商業の2年生が第二工業の学生として勤労動員、昭和21年に第二商業4年に復帰)

名古屋市立西陵高等学校「沿革」

第二商の校地には第二工が開校したようですが、Wikipediaの記述では第一工となっています。

1944年(昭和19年)4月1日 – 教育ニ関スル戦時非常措置方策により、「名古屋市立第一工業学校」・「名古屋市立女子商業学校」に転換

Wikipedia「名古屋市立西陵高等学校」

第一工でも第二工でも構いませんが、もう1つの工業校は南区熱田西町の工芸校に開設されたのではないかと思われます。施設の観点から第三商や第四商が第一工になったというのは考えにくい話です。

1944年の実際の「授業」は軍事教練と防空壕掘りと芋づくりだったようですが、工芸高校のWebサイトには次のように記述されています。

昭和19年03月31日 図案印刷科、木材工芸科を廃止、金属工作科を金属工業科に改称する。西区児玉町に名古屋市立第二工業学校として、建築科、土木科、造船科を設置する。

名古屋市立工芸高等学校「学校沿革」

というわけで、現在の西陵高校の敷地にできたのは第二工が正解のようです。同ページによれば戦時転換前の工芸校には7つの学科がありました。

  • 図案科→工芸図案分科→図案科→図案印刷科(廃止)
  • 建築図案分科→建築科(第二工に継承)
  • 金工科→金属工芸科→金属工作科(金属工業科に改称、第一工に継承)
  • 木工科→木材工芸科(廃止)
  • 精密機械科(第一工に継承)
  • 電気科(第一工に継承)
  • 工業化学科(第一工に継承)

改称した金属工業科は第一工が引き継いだことになるはずです。記述のない下の3科も同様です。第一工は今の市立工業高校に連なります。

戦後、第二工は第二商に戻り1948年の学制改革で名古屋市立第二商業高等学校となりますが、同年10月の再編で名古屋市立第一高校(←名古屋市立第一高等女学校)と統合され、名古屋市立菊里高校になります。中学生日記の高校です。

第三商は、学制改革で名古屋市立南商業高校に、10月の再編では名古屋市立春日野高校(←名古屋市立第四高等女学校)との統合で名古屋市立桜台高校になっています。

第四商については、そもそもどこにあったのかさえわかりません。また、第二商、第三商、第四商、工芸が統合再編された結果として成立した女子商は、学制改革で名古屋市立女子商業高校となり、1948年10月の統合で西陵高になっています。

第二商の校地に新設された西陵高校は、自身のWebサイトで3校統合と記述しています。

昭和23年10月1日 学校統合により名古屋市立第一工業高等学校、名古屋市立工芸高等学校、名古屋市立女子商業高等学校の3高校が統合され、旧制名古屋市立第二商業学校の校地に「名古屋市立西陵高等学校」が新設

名古屋市立西陵高等学校「沿革」

一方、Wikipediaの「名古屋市立西陵高等学校」では4校統合です。

10月1日 – 高校三原則に基づく公立高校再編によって、4校が統合され、「名古屋市立西陵高等学校」となる。

Wikipedia「名古屋市立西陵高等学校」

困ったことに、工芸高校のWebサイトは計5校の統合であると主張しています。

昭和23年09月30日 本校他四校が統合され、西陵高等学校が新設される。

名古屋市立工芸高等学校「学校沿革」

ひょっとすると真実は1つではないのかもしれませんが、今回の私のミッションは商業高校の最終所在地をMAP化することです。何校が統合しようが、究極的には関係ありません。

さらに面倒なことに、この西陵高は1957年に西陵商業となり、2005年に西陵高に戻っています。以上、このページに登場する名古屋市立の商業校は次の6校となります。

  1. 名古屋市立名古屋商業高校(商業高として現存)
  2. 名古屋市立第二商業高校(最終所在地は現・西陵高、MAPでは菊里高)
  3. 名古屋市立南商業高校(MAPでは桜台高)
  4. 名古屋市立第四商業学校(戦前。最終所在地不明、MAPでは西陵高)
  5. 名古屋市立女子商業高校(最終所在地不明、MAPでは西陵高)
  6. 名古屋市立西陵商業高校(現校地)

【外部リンク】
名古屋工芸会報第43号(8ページ「戦争に振り回された学び舎の変遷」)

校訓が「愛と誠」

唐突に脱線したのは、「愛と誠」を校訓としている高校があったからです。横浜女学院高校は横浜市中区山手町の西端にあります。同校Webサイトの「学校案内」のページには次のように記載されています。

校訓「愛と誠」
「愛と誠」は生きる力の基であるイエス・キリストの教えである。 いつも感謝をささげ、神さまに信頼をおき、絶えず希望を持つことにより、生きる喜びが与えられる。

横浜女学院中学校 高等学校>学校案内

宗教系の学校が商業校を名乗るのはかなり珍しいケースですが、横浜女学校の場合はもともとはキリスト教系ではありません。戦禍で2つの商業校が合併して、キリストが持ち込まれたのでした。

1945年(昭和20)5月29日、横浜大空襲で神奈川女子商業学校が全焼。一方の横浜千歳女子商業学校は、校舎を海軍に接収され、被災は免れたものの、破損の被害は甚大でした。こうした状況の中、やむを得ず、被災した神奈川女子商業学校が、横浜千歳女子商業学校の校舎を借用することになったのです。

青山学院大学ソーパー・プログラム>創立の礎>横浜学院

1943年創立の臣道女学院は翌44年に神奈川女子商に改称しています。1866年創立の山内小学校は、1921年に横浜千歳裁縫女学校、1933年に横浜千歳女学校、1936年に千歳高等家政女学校、1944年に横浜千歳女子商業学校です。

この両校が合併したのは1947年ですが、Wikipedia「横浜女学院中学校・高等学校」のページの「沿革」は次のように記載されています(2018/12/28現在)。これを素直に信じるなら、商業高校でなくなったのは1983年になります。

1921年 – 横浜千歳裁縫女学校設立
1941年 – 神奈川女子商業学校設立
1947年 – 横浜千歳女子商業学校と神奈川女子商業高等学校が併合、横浜女子商業学校・横浜女子中学校とする。
1983年 – 横浜学院女子中学校・高等学校と改称。
1999年 – 横浜女学院中学校・高等学校と改称。

Wikipedia>横浜女学院中学校・高等学校

1947年の段階で神奈川女子商業「高等」学校の名称はあり得ません。翌年の学制改革で高等学校が成立するはずです。一方、四谷大塚のWebサイトでは横浜女学院の沿革が次のように記載されています。

1947年に横浜千歳女子商業学校と神奈川女子商業学校が合併し、横浜女子高等学校と横浜女子中学校となり、1983年横浜学院女子中学校・横浜学院女子高等学校に改称。1999年、横浜女学院中学校・横浜女学院高等学校に校名を変更。

四谷大塚 中学案内>横浜女学院中学校

1947年の時点で横浜女子「高等」学校が存在するはずがありませんが、こちらに従うなら、商業校でなくなったのは1947年ということになります。だんだん楽しくなってきました。ポイントは1947年合併後の名称です。

  • Wikipedia説 横浜女子商業学校と横浜女子中学校
  • 四谷大塚説 横浜女子高等学校と横浜女子中学校

青学ソーパー・プログラムには「1947 年(昭和 22)やむにやまれぬ措置として、両校は合併。〈横浜学院女子商業学校・横浜女子中学校〉と改称します」との記述があります。この信頼性は高いはずです。

1947年に合併したのは横浜千歳女子商と神奈川女子商であり、合併創立後の名称は横浜学院女子商業学校と横浜女子中学校、翌1948年の学制改革で「商業」が取れて横浜女子高等学校に改称したのが真実のようです。

  • 1947 横浜学院女子商業学校
  • 1948 横浜女子高等学校
  • 1983 横浜学院女子高等学校
  • 1999 横浜女学院高等学校

さて、校舎が残ったのは千歳女子商でした。千歳女子商の校地が横浜女学院に引き継がれているものと思われますが、神奈川女子商についてはその所在地がわかりません。

明治4年に市は存在せず

福島県立福島商業高等学校のWebサイト「学校沿革」の冒頭4行です。

明治30年 福島町立福島商業補修学校として開校認可
大正11年 福島県立福島商業校と改称
昭和32年 創立60周年記念式典を挙行。記念事業として新校歌「若きこころ」発表昭和38年 福島西高女子高等学校新設にともない女子生徒募集停止

変遷が省略されるのは理解の範囲内ですが、そこを間違ってはいかんだろうと思ったりもします。Wikipediaの「福島県立福島商業高等学校」のページでは、大正11年には「福島県立福島商業校と改称」されたそうです。

福島大学の前身の1つである「福島経済専門学校」は1921年12月に設置され、翌1922年4月に1期生が入学しています。その際の名称は「福島高等商業学校」です。1922年は大正11年です。

つまり、1922年には旧制「福島商業学校」とともに旧制「福島高等商業学校」も成立しているわけです。この混同の可能性も否定できませんが、高校の歴史を語るのに大学の話が出てくるのも不自然ですので、単純なミスと思われます。

さて、福島市の市制施行は何年だろうかと、今度は福島市のWebサイトを覗いてみました(市勢概要>歴史)。

旧石器時代 福島盆地(信達地方)に人々が住むようになる。
<略>
1871年(明治4年) 福島県が誕生し、福島が県庁所在地となる。
1876年(明治9年) 福島県、磐城(いわき)県、若松(わかまつ)県が合併し、福島県となる。
1899年(明治32年) 東北初、日本銀行出張所(後に支店)が設置され、師範学校が置かれる。
1907年(明治40年) 市制施行(県内で2番目、全国で59番目の市として人口3万余人の「福島市」が誕生する。)

1871年に「福島が県庁所在地となる」とされています。市制施行第1号は1888年4月1日の大阪、京都、神戸、横浜など31都市ですから、1871年にはまだ「市」の制度そのものが存在しません。

1871年は信夫郡福島村が福島町になった年です。二本松県が福島県(第2次)に改称されたのと同じ年ですが、その先後についてはわかりませんでした。まあ、今や未来が大切なのであって、過去はアバウトでもいいものかもしれません。

ちなみに、福島県で最初に市に移行したのは1899年の若松市(→会津若松市)で、3番目が1924年の郡山市、4番目が1937年の平市(→いわき市)でした。