銅鑼湾書店事件の拉致犯の告白

2015年10月から12月にかけて香港・銅鑼湾書店の関係者5人が次々と「失踪」する事件がありました。雨傘運動は2014年で、行政長官選挙が2016年3月に予定されていました。事件の詳細は末尾外部リンク群に譲ります。

5人は中国当局に拘束されたわけですが、私が不思議に思っていたのは中国当局の意図です。禁書を中国人に販売(郵送)した人物を中国国内で拘束するのはセーフです。1人目のオーナーはタイで、5人目の株主は香港で拉致されています。

これは明らかにアウトです。5人目に関しては香港からの出境記録が残っていないそうです。釈放後、本人は自ら出頭したと語るだけで中国に入ったルートを明らかにしていません。

1人や2人ならいざ知らず5人も拉致すると、さすがに国際ニュースになるでしょう。中国当局としては、ある程度のニュースにしたいという思惑もあるのだろうと私は考えていました、

単に銅鑼湾書店を閉店に追い込むだけなら(あるいは禁書を販売しないようにするだけなら)、5人も拉致する必要はありません。ましてわざわざ香港に帰す理由もありません。人道的な見地から帰国を認めたはずはないのです。

帰す以上は何らかのメッセージとともに香港に帰ってもらう必要があります。4人目に釈放された店長は釈放2日後に告発会見を開きます。これが中国当局にとってハプニングだったのか、それとも想定内だったのかの評価は私にはできかねます。

ただ、この告発会見で拘束の詳細が語られたことは、結果的に2つの効果をもたらしています。中国は国際的な批判を浴びることになりますが、一方で香港市民や台湾に対しては確実にプレッシャーを与えることができたのです。

とうとう拉致した側からの証言も飛び出してきたわけですが、やはりその目的は「香港にいるすべてのトラブルメーカーに恐怖心を与える」ことだったようです。今年4月に台湾に亡命した元店長の足取りは次のとおりです。

2015/10/24 深圳市羅湖の入境審査所で「中央専案組」に拘束
2015/10/25 浙江省寧波に連行
2016/2   軟禁先で香港メディアの取材を受ける
2016/3   広東省韶関市に移送
2016/6/14 釈放
2016/6/16 記者会見
2019/4/25 台湾に移住

林栄基元店長の足取り
元店長の足取り(Google Earthプロ)

なお、Wikipedia「銅鑼湾書店」のページでは、2015年10月15日に最初の2人が行方不明になったかのように記載されていますが、日経ビジネス16/1/13などはこの2人が10月26日に失踪したとしています。

【外部リンク】
香港独言独語>銅鑼湾書店(2)(個人ブログ、2005/2/9)
香港BS>反中国書店の香港人経営者が行方不明(2015/11/16)
Newsweek>香港「反中」書店関係者、謎の連続失踪──国際問題化する中国の言論弾圧(2016/1/6)
BBC>香港の書店で相次ぐ失踪 中国政府の汚職や色恋を出版(動画、2016/1/11)
BBC>失踪の香港書店関係者、中国テレビで過去の犯罪「自白」(2016/1/18)
AFP>香港の出版社員失踪、中国公安が3人の拘束を認める(2016/2/5)
香港BS>誘拐された反中書店の1人がTV出演!そして驚きの発言(2016/3/1)
CNN>失踪の書店主、香港に戻る 拉致説を否定(2016/3/25)
BBC>失踪の香港書店店長「歯ブラシ自殺監視下」にあったと(2016/6/17)
香港BS>中国で失踪した銅鑼湾書店のラムさんが中国当局からの監禁を暴露(2016/6/17)
日経ビジネス>銅鑼湾書店事件、「ノーと言える香港人」の告発(2016/6/22)
NHK放送文化研究所>香港,行方不明だった書店幹部が「テレビでの罪の“自白”は強制されたもの」と表明(2016年8月号)
東洋経済>書店店長の「平凡な香港人」が語る自由の重み(2017/3/23)
社会評論社>【寄稿】香港・銅鑼湾書店(跡?)に行ってきました。(2017/10/26)
香港BS>銅鑼湾書店の桂民海、再び中国で連れ去られる(2018/1/23)
西日本新聞>中国、ゆがんだ捜査 長期拘束の香港元店長語る(2019/5/6)
FNN>中国で逮捕状なしの拘束・尋問  香港を脱出した男が語る恐怖の真相(2019/9/19)
大紀元時報日本>豪に中共スパイが亡命 諜報工作を暴露 専門家「70年来の最大の情報漏えい」(2019/11/25)

千葉県・三途川のナゾ

昨日(10/30)のモーニングショーで、駐車場に設置された防犯カメラの増水の様子が放映されたのが茂原市八千代の夜間診療所(長生郡市広域市町村圏組合保健センター)でした。

茂原市八千代
茂原市八千代付近(Google Earthプロ)

浸水してくる映像が流されただけで、施設に被害があったのかどうかは放送されませんでした。ちょっと消化不良ですので、保健センターのWebサイトを覗いてみると次のような記載がありました。被災したのは25日の金曜日です。

長生郡市保健センター夜間急病診療所は、10月29日(火)より診療再開しています。

長生郡市夜間急病診療所

埋め込んだストビューは2017年11月撮影のものです。

お隣のエンゼル幼稚園さんにも被害はありそうです。「水害の復旧作業に時間を要するため、10月28日(月)~30日(水)は休園となります」とのことです。被災したのは25日の金曜日です。

この幼稚園は盛土で地盤面を嵩上げしていますが、それでも被害にあったようです。幼稚園ほどではありませんが、診療所側も敷地が高くなっています。周囲の住宅も同様ですので、過去に浸水被害を受けている地域です。

氾濫した一宮川に近いデニーズやJOYSOUNDも休業中でした。茂原市の古いハザードマップでも浸水想定区域です。このハザードマップで、一宮川の上流に三途川があるのに気づきました。あまり穏やかでない名前です。

恐山の三途川は通称・別称であって正式には正津川ですが、「三途川」は宮城県蔵王や秋田県湯沢に実在します。千葉県にあるのは知りませんでした。千葉県の三途川は一宮川の支流です。茂原市と長南町との市町境付近で一宮川に合流します。

長南町・三途川付近(Google Earthプロ)

右上の黄色が一宮川です 。グーグルマップでは水色と緑の川に「三途川」の記載があり、ピンクの川は「裏川」とされています。地理院地図では水色は「三途川」ですが、合流地点より上流には川の名前が記載されていません。

ゼンリン系のネット地図には三途川自体がありません。そこで、ストビューで橋の名標を確認してみました。黄色のマーカーが「三途川」で、赤のマーカーは「長南川」でした。

Wikipediaでは三途川の源流は「千田字鍛冶屋谷」、裏川の源流は「蔵持」とされています。

千葉県長生郡長南町を流れる河川で、一宮川水系一宮川の支流。読みは「さんずがわ」。千葉県長生郡長南町千田字鍛冶屋谷に源を発し、途中で長生郡長南町蔵持から流れる裏川を合わせ、長生郡長南町と茂原市が接する付近で一宮川に合流する。水源地から一宮川との合流地点までは約4.5kmで、その間で国道409号線と3回交差する。

Wikipedia「三途川」(2019/10/30)

一番左の黄色いマーカーからピンクと緑の合流地点付近が「千田」で、地図の左下隅が「蔵持」です。緑の川の源流は「長南町長南」と思われます。いったい「裏川」はどこにあるのでしょう?

右上の黄色いマーカーは松ヶ枝橋です。この橋の長さは約20mですから、時速36キロなら2秒で通過します。いたって気軽に渡れる三途川です。毎日往復している人もいるわけです。

神社に囲まれた丸森町の中心部

自衛隊への災害派遣要請が一番早かったのは12日20:30の丸森町です。丸森町の河川決壊箇所は3河川18か所に及びます。結局、鳥屋は決壊していなかったようです。アンダーラインは前日発表のものに対する追加箇所です。

内閣府「台風第19号に係る被害状況等について」(10/23)

内川の追加が「上林南」と「前川原」ですが、「上林西」と「上林東」はあっても「上林南」はなく、内川沿いにあるのは「前原」ではなく「前原」ですので、MAPでは「上林東」と「前河原」で反映しました。

丸森町中心部の河川と神社(Google Earthプロ)

赤が阿武隈川本流、緑が新川、ピンクが内川、水色が五福谷川、黄色が雉子尾川です。当初の報道では雉子尾川でも決壊があったと言われていました。

さて、川の左岸・右岸は、上流から見たときが基準になります。当初決壊したとされていた町役場のある鳥屋は緑の新川の左岸(北側)です。役場付近の浸水は越水によるものだったことになります。

訂正後の決壊箇所である愛宕田は新川の右岸(南側)です。田畑だけで住戸がないからかもしれませんが、ハザードマップでは白の地帯です。足利同様、こうした中小河川の氾濫はまだ考慮されていないのでしょう。

それはともかく、愛宕田という地名には反応せざるを得ません。本宮にも愛宕神社がありました。鳥居は水につかりましたが、石段の上の本殿はもちろん無事だったはずです。愛宕田があるなら丸森にも愛宕神社もあるはずです。

緑の新川がピンクの内川に合流する地点の東側に丸森町の愛宕神社はあります。神職が常駐する神社ではなく、祠だけの神社かもしれません。周辺の目についた神社にマーカーを打ってみました。

見事に市街地を囲む安全地帯に配置されていました。これはもう感動的ですらあります。これらの神社は、必然性があってそこに配置されたに違いありません。

丸森町鳥谷ではなく鳥屋

NKH NEWS WEBが10月17日22時48分に配信した記事は「甚大な被害 台風19号 77人死亡 68河川で決壊 全容は不明」という見出しです。前日は55河川でしたので、13河川増えています。

記事では「新川が丸森町烏谷で3か所」決壊したことになっていますが、鳥谷は鳥屋の変換ミスだと思われます。丸森町役場の所在地は「宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120番地」です。

丸森町鳥屋付近(Google Earthプロ)

決壊した新川は五福谷川(ごふくやがわ)に合流します。画像の外で五福谷川は阿武隈川に合流します。さらに、その1.3キロ先で雉子尾川(きじおがわ)が阿武隈川に合流します。

▲2019/10/23 Google Mapでは新川が五福谷川に合流して阿武隈川に注ぐように表記されていますが、地理院地図では新川が内川に合流して阿武隈川に注ぎます。地図および本文の「五福谷川」を「内川」に訂正します。

丸森町は町の中心部が浸水し、山間部の各所で土砂崩れが起き、道路は寸断されています。判明していない被害はまだあるはずだと容易に想像できます。さて、丸森町には2か所のアメダス観測点があります。

丸森と筆甫の観測地点(Google Earthプロ)

町役場の標高は20m程度です。丸森の観測ポイントは町役場から見て対岸で、標高は18mです。福島県境に近い山間部の筆甫(ひっぽ)の観測点は標高305mです。10月12日の1時間ごとの降水量を調べてみました。

11日24時 00.0mm 00.0mm
12日01時 04.0mm 01.5mm
12日02時 01.0mm 01.0mm
12日03時 01.0mm 01.0mm
12日04時 02.0mm 04.5mm
12日05時 02.0mm 01.5mm
12日06時 03.5mm 01.0mm
12日07時 02.0mm 00.5mm
12日08時 02.0mm 01.0mm
12日09時 01.5mm 01.5mm
12日10時 05.5mm 07.5mm
12日11時 05.0mm 09.0mm
12日12時 08.5mm 16.5mm
12日13時 14.5mm 16.5mm
12日14時 12.0mm 31.0mm
12日15時 06.5mm 33.0mm
12日16時 14.0mm 44.5mm
12日17時 16.5mm 54.5mm
12日18時 35.5mm 54.5mm
12日19時 30.5mm 66.5mm
12日20時 45.5mm 74.5mm
12日21時 45.5mm 69.0mm
12日22時 47.0mm 58.0mm
12日23時 60.0mm 28.0mm
12日24時 23.0mm 23.0mm
13日01時 18.0mm 20.0mm
13日02時 19.0mm 11.5mm
13日03時 00.5mm 01.5mm

左が丸森で、右が筆甫の観測値です。台風19号が伊豆半島に上陸したのは19時前ですが、雨脚が強まったのはお昼です。丸森市中心部では暗くなってから一段と激しくなっています。

降雨記録はほとんど塗り替えられてしまいました。しかも、過去の最高記録の1.5~2倍という大幅な更新です。丸森の観測開始は1977年、筆甫は降水量だけの観測ですが1978年に観測を始めています。

【3時間降水量】
丸森 10/12 23:00 152.5mm(←106mm、1986/8/5)
筆甫 10/12 20:40 211.5mm(←151mm、2007/9/5)
【6時間降水量】
丸森 10/12 23:00 264.0mm(←167mm、1986/8/5)
筆甫 10/12 22:20 368.5mm(←198mm、1989/8/6)
【12時間降水量】
丸森 10/13 02:10 361.5mm(←238mm、1986/8/5)
筆甫 10/13 01:30 517.5mm(←255mm、1989/8/6)
【24時間降水量】
丸森 10/13 02:20 421.0mm(←288mm、1986/8/5)
筆甫 10/13 03:50 588.0mm(←379mm、1989/8/6)
【48時間降水量】
丸森 10/13 03:50 441.0mm(←303mm、1986/8/6)
筆甫 10/13 04:10 606.5mm(←426.5mm、2015/9/11)
【日降水量】
丸森 10/12 388.5mm(←230mm、1986/8/5)
筆甫 10/12 558.0mm(←359mm、1989/8/6)

1時間降水量や10分降水量は更新されていません。短時間に集中的に降ることはあっても、これほど長時間に渡って降り続くのは100年あるいは200年に1度のレベルと言えるのかもしれません。

再び、オランダ揚げとは

フランス、ロシア、オランダ、ルクセンブルクの国旗は次のような色の配置です。縦横比や色合いは厳密なものではありません。

フレンチ系の国旗

私は2013年12月30日付で「4代目んだ」に「オランダ揚げとは」と題して次のような投稿をしています。

先週の話ですが、某従業員食堂のAランチは「鶏のオランダ揚げ」でした。

私の認識の中でのオランダ揚げとは、野菜を加えた魚のすり身を素揚げしたいわゆる“さつま揚げ”の角天です。トレイに並んでいる実物は、磯辺揚げにマヨネーズをベースとしたと思われるソースがかけてあります。

実際に食べてみると、磯辺揚げのように見えた衣に混ぜられた緑色の正体は青海苔ではなくパセリかと思われます。色合いとしては目立ちませんが、衣にはニンジンと玉ねぎも入っているようです。

ネットで検索してみると、実にさまざまなオランダ揚げなるものが存在しており、何がオランダ揚げなのか突き止めることはできませんでした。

・鶏肉の唐揚げ(形状はチキンカツ風)の甘酢あんかけ
・魚のすり身に野菜のみじん切りを混ぜたものを溶き卵とパン粉入りの衣で揚げたフライ(魚ロッケ)
・すり身にしない白身魚を溶き卵と上新粉と野菜のみじん切りの衣で揚げたもの
・すり身にしない白身魚を小麦粉と野菜のみじん切りの衣で揚げたもの
・だし汁と砂糖と醤油で下拵えしたカボチャを片栗粉と小麦粉に青ネギを加えた衣で揚げたもの
・鶏ささみを片栗粉で揚げてすり胡麻を振りかけたもの
・レンコンの摺りおろしに高菜漬とオクラの小口切りなど加えて溶き卵と片栗粉の衣で揚げたもの(ポン酢で食す)
・高野豆腐をお湯で戻し軽く絞ってからごま油で揚げ、だし汁で煮含めたもの

素揚げであったり唐揚げであったり天ぷらであったりカツであったりでバリエーションは豊富です。ネタは鶏肉か白身魚が多いようです。魚の場合にはすり身にする場合とそうでない場合があります。また、衣か本体に玉ねぎ、ニンジン、パセリ、ピーマンなどのみじん切りやグリーンピースが加わっていることが多いようです。

由来についても諸説あります。

【A】パセリの別名がオランダゼリだから
【B】ニンジン、玉ねぎ、パセリ(ピーマン)の3色がオランダ国旗の赤白青(緑)を想起させるから
【C】洋風という意味での「オランダ」であり、それ以上の意味はない

【A】説はあまり信ぴょう性がありません。むしろ地中海原産のパセリになぜオランダゼリという名前がついているのか、そっちのほうが疑問です。【A】説が正しいのなら、パセリの入っていないオランダ揚げは邪道ということになります。

【B】説は後付でしょう。オランダ国旗の起源は世界最初の三色旗とされるプリンスの旗(オレンジ、白、青の水平三色旗)です。これがのちに赤、白、青の水平三色旗となったわけですが、この三色ならフランスの垂直三色旗がはるかに有名です。また、野菜の緑をわざわざ青に置き変えなくても、イタリアの国旗が緑、白、赤の垂直三色旗です。

【C】説が正解に限りなく近いだろうと私は考えています。ただ、この名前がついたのが、オランダが鎖国下における欧州唯一の交易国だった江戸時代なのか、それとも明治以降なのかということについては判然としません。

2013/12/30「4代目んだ」

6年ぶりに「オランダ揚げ」をネット検索してみると、Wikipediaに「オランダ煮」というページがヒットします。2014年1月11日に作成されたページですが、不思議なことにソースのWebページ閲覧日が1年前の2013年1月11日になっています。

私がその社員食堂で何度か食べたのは「オランダ揚げ」であり「オランダ煮」ではありません。「オランダ煮」とは素揚げしてから煮ている料理のようです。由来に関しては【C】説が採用されています。

まあ、【B】説は噴飯ものです。青・白・赤の三色旗で思いつくのは半数以上がフランスのはずです。世代間格差が生じるロシアはフランスより多くはないでしょうし、オランダを思いつくのは1割に満たないはずです。

青空文庫を検索してみましたが、芥川龍之介の「或阿呆の一生」に「阿蘭陀芹」が出てきます。オランダゼリも江戸時代にオランダ人が持ち込んだために、そういう名前になったに違いありません。