苫東開発に消えた集落

地名としての「柏原」の読みは、次のように12通りあるようです。適切なのかどうかはまだわかりませんが、とりあえず6グループに分けてみました。グループ内の相違については、あまり深入りすることは避けたいと考えています。

  • (A)かしわばら
  • (A)かしわはら
  • (A)かしわばる
  • (A)かしわぱっら
  • (B)かしわら
  • (B)かしはら
  • (B)かしばら
  • (C)かしょうはら
  • (D)かいばら
  • (D)がいばら
  • (E)かせばら
  • (F)かやばる

昨年9月の北海道胆振東部地震で大規模停電の引き金を引いたとされるのが苫東厚真火力発電所です。最北の「柏原」は、苫東厚真と同じ開発地域にあります。火力発電所は臨海部であり、「柏原」は臨空部と呼ばれる地域です。

苫東地区 (Google Earthプロ)

境界線の東側は厚真町です。火力発電所は境界の沿岸部にあり、その北に白く見える一団は石油備蓄基地です。備蓄基地から柏原のマーカーまで建物はほとんどありませんが、もともとは1万ヘクタールの工業用地です。

1万ヘクタールとは10km四方です。国家プロジェクトである工業用地造成のために、農業や酪農を営んでいた入植者が札束で追い出された黒歴史があります。柏原小学校が廃校になったのは1971年ですから佐藤内閣末期です。

この苫小牧市柏原について、郵便番号検索をかけると「かしわら」です。これで何の問題もないはずですが、MapFan、Mapion、Yahoo!地図、goo地図、いつもNAVI、NAVITIMEのネット地図では「かしわら」とされています。

コトバンクの「日本の地名がわかる事典」でも「かしわら」です。苫小牧市Webサイトには「町名一覧表」が掲げられており、これも「字柏原」を「あざかしわら」としています。

行政当局が「かしわら」としているのですから、「HA」だろうが「BA」だろうが業務にはたいして影響のない郵便局はスルーするしかありません。ちなみに、角川日本地名大辞典では「かしわら」でした。

実はNAVITIMEのバス停検索では、柏原も柏原西も柏原西口も「かしわら」になります。これにこだわったら、ちっとも話が進まないと思った次第です。まあ、正式とされる名称と俗称が異なるのはありがちなことです。

外部リンク
 苫小牧市>苫小牧市 町名一覧表
 村影弥太郎の集落紀行>柏原

隣り合う柏原の読みが異なるミステリー

これは私好みのミステリーです。ちょっとそれはないんじゃないの、と率直に思っている次第です。

 ★仙台市泉区小角(おがく)柏原(かしわら)
 ★仙台市泉区根白石(ねのしろいし)柏原(かしわら)

大字は小角と根白石で、字については「柏原」で共通です。両者は地続きで隣接しています。どちらの「柏原」も10軒に満たない狭いエリアです。Google Mapの航空写真では「柏原」が2つ並んで記されています。

左が「小角柏原」で、右が「根白石柏原」です。「柏原」が2つあるのですから、それぞれが記載されることは別にミステリーではありません。地図としてはむしろ当然のことでしょう。

第1のミステリーは、前者の読みが「かしわはら」で、後者は「かしわばら」だということです。「いつもNAVI」、「MapFan」、「Mapion」、「NAVITIME」、「goo地図」、「Yahoo!地図」のいずれも両者の読みは異なります。

読みのデータはすべてゼンリンさんの提供という可能性もありますので、6対0ではなく実質1対0なのかもしれません。宇奈根や布田は都県境界の多摩川を隔てていますが、表記も読みも同じです。

仙台市泉区の2つの「柏原」は5分あれば端から端まで歩けてしまいます。いくらなんでも隣り合う「柏原」の読みが異なるということがあり得るのでしょうか。何らかのミスを疑いたくなります。

そもそも10軒に満たない字の名前の正式な読みを誰が決めるのかという根源的な疑問もあります。戸籍も住民票も不動産登記もルビは付されていませんので、字の読みは役所マターではありません。

小角柏原(かしわばら)と根白石柏原(かしわはら)

規約違反にならないように、ざっくりトレースしてみました。2つの柏原地区は一緒に小角なり根白石なりに属することにすればいいと思われます。形状的には根白石柏原が小角に入るのが座りがよさそうです。

なぜ「柏原」は切り裂かれてしまったのかというのが第2のミステリーです。1889年の町村制施行時に根白石村と小角村は他の4村と合併しています。当時から柏原が2つあったのかどうかはわかりません。

ネット地図はこぞって小角柏原を「BA」、根白石柏原を「HA」としていますので、「柏原MAP」でもそれに従いますが、私は強い疑問を抱いています。

湯浅小の沿革がユニーク

湯浅町立湯浅小学校の「沿革」のページが、あまりそれらしくありません。興味深い項目がいくつもあります。

1873年 福蔵寺で学校を開く。(本校創立) 先生5人、児童355人
1906年 男子校、女子校に分離  ペスト流行
1911年 尋6、高12、裁縫科の生徒79人が、初めて和歌山市へ一泊の修学旅行
1912年 桜島噴火、火山灰が降ってきたので記念に採集し、珍しがる。
1916年 職員室と応接室へ電灯をつける。
1928年 講堂建築貯金開始
1936年 講堂落成  創立60周年記念式
1941年 国民学校と改称  運動場に、いも苗二万本植える。
1942年 空襲警報しきりとなる。
1944年 校内に防空壕をつくる。 大阪市玉出国民学校児童が本校に集団疎開
1945年 講堂は橘第57部隊の兵舎となる。 児童はフキ、イタドリ等を三日間採集し、湯浅食品会社へおさめる。

和歌山県湯浅町立湯浅小学校>学校案内

先生1人当たりの生徒数

学制発布は1972年(明治5年)8月です。当時の小学校は下等科と上等科がそれぞれ4年制の計8学年のはずですが、開校当時の先生は5人ということですので、複式学級になります。実際の就学率はせいぜい3割程度と思われます。

355÷5はちょうど割り切れます。71です。先生1人当たり71人もの児童を抱えていたわけです。文部科学統計によれば、2017年の本務教員1人当たりの児童数は15.4人です(1学級当たりで23.6人)。

ペスト

フィクションの中でしか見聞きすることがない伝染病というイメージしかありません。ジュリエットは一定時間だけ仮死状態に陥るというご都合主義丸出しの薬を飲みますが、その企みを打ち明けた手紙はロミオに届きませんでした。

手紙を託された使者がペスト患者とともに囚われの身になったからです。ロミジュリの悲劇はペストが一役買っています。日本では1899年から1926年の間に2,905人の患者(死者2,420人)を出しているようです。死亡率83%です。

修学旅行

「尋6、高12」とは尋常小学校6年生と高等小学校1・2年生の意味なのでしょう。湯浅駅からJR和歌山駅まで紀勢本線の営業キロ数は37kmです。今の紀勢本線が箕島駅まで開通したのは1924年、今の湯浅駅の開業は1927年です。

1911年当時、湯浅に鉄道はありません。日本バス協会のWebサイトによれば日本で最初の乗り合い自動車は1903年に京都で運行されていますので、バスの可能性もありますし、あるいは海路だったのかもしれません。

桜島の大正噴火

年表では1912年になっていますが、火口から流れ出た溶岩で桜島が大隅半島と陸続きとなったいわゆる「大正噴火」は1914年です。降灰は1200km離れた小笠原や石巻でも観測されています。

カムチャツカ半島でも降ったという説もあるようですが、さすがにこれは眉唾のような気もします。溶岩が埋めた海峡は「瀬戸海峡」で、現存しない集落の名は「瀬戸」と「脇」です。おかげさまで、「瀬戸MAP」に追加できます。

電灯と講堂

日本最初の電力会社である東京電灯の開業は1886年ですが、1897年には和歌山電灯、 1910年には日高電灯が設立されています。1916年なら湯浅にも電線が延びていたものと思われます。

講堂については、それまでなかったので「建築貯金」を始めたのか、それとも老朽化による再築だったのか判然としません。再築だとすれば、「講堂落成」になるような気もします。いずれにせよ「貯金」から「落成」まで8年です。

芋畑に防空壕

太平洋戦争は1941年12月に始まっています。サツマイモは春から初夏の植え付けで収穫は秋です。「いも」が二毛作可能なジャガイモだとすると植え付けの時期を絞るのは難しくなりますが、開戦前にすでに食糧事情は悪化していたのでしょう。

日本本土の初空襲は1942年4月のドーリットル空襲です。太平洋上の航空母艦から出撃した16機が主に東京を空爆しています。最後に飛び立ったファロウ中尉が機長を務める16番機は名古屋空爆のあと、四日市や和歌山に機銃掃射しています。

これが湯浅における最初の空襲警報だったのかもしれません。警報は1937年の防空法で制度化されており、NHKのラジオ第一放送に割り込む形で流されていたようです。湯浅のお隣の有田市にある石油精製工場は1945年7月に空襲を受けています。

湯浅の伝統的建造物群保存地区の街並は戦災を経ていない証左です。湯浅に疎開してきた玉出小の大阪市西成区玉出地区は1945年3月の大阪大空襲でほぼ全焼しています。

白光商業高校は「しらみつ」か?

千葉県八千代市を本拠とする白光舎は、直営と取次で約200店舗を抱えるクリーニング・チェーン店です。「白光」は「はっこう」と読みます。はんごだての著名メーカー「白光株式会社」もHAKKOです。

一方、宗教法人白光真宏会の「白光」は「びゃっこう」です。「世界人類が平和でありますように」関連のはずですが、私は白光商業高校もそっち系と思っていました。どうやらそういうわけではないようです。

この白光商について、Wikipedia「白光商業高等学校」のページには「1965年 – 学校法人白光学園の運営により開校。 1972年 – 休校」との記述があり、廃止時の所在地として「大和高田市根成柿」が記されています。

1970年の地形図では根成柿(ねなりがき)に高校を示す丸囲みの文マークを確認できます。今ではネオシティ大和高田というマンションが3棟建っています。1994年から1995年にかけての竣工です。次の画像は1985年11月撮影の航空写真です。

国土地理院(1985/11/03撮影)大和高田

白光商の敷地は画像中央を東西に走る道路の南側です。校庭は少年野球なり草野球なりのグラウンドとして整備?されています。芝も張ってあるようです。道路の対面は県営住宅の坊城団地です。

休校が1972年なのだとしても、校舎自体は今の集合住宅が建てられる直前まで残っていたようで、90年代初頭の空中写真でも上の画像とほぼ同じ姿を確認することができます。

所在地さえわかればワトソン君としての役割は終わりなのですが、実はちょっと気になることがあります。Wikipediaでは読みが「白光商業高等学校(しらみつしょうぎょうこうとうがっこう)」になっているのです。

「白玉あんみつ」を略したようなこの名称は、学校名としてはいかがなものだろうかと思うわけです。もちろん、白百合女子大や白梅学園大の事例は知っていますが、白光商は女子校ではありません。

京都・北野天満宮の最寄駅は、京福電気鉄道北野線の北野白梅町(きたのはくばいちょう)駅です。白梅でさえ「しらうめ」ではなく「はくばい」と読むこともあります。一般名詞とは言えない「しらみつ」の読みは納得し難いところです。

日本私立学校振興・共済事業団の「学校法人情報検索システム」で「白光学園」を検索したところ、法人名は「はっこうがくえん」でした。今治にも同名の法人がありますが、やはり読みは「はっこう」で理事長が白石さんです。

ただ、「しらみつ」の読みが皆無なのかと言うと、そういうわけでもないのです。生駒山の麓の石切には白光大神(しらみつおおかみ)を祀る神社があります。白光とは白蛇のことのようです。2015年3月のストビューです。

生駒山山頂の龍光寺では2匹の白蛇様が飼育小屋?で公開されています。というわけで、法人名が「はっこう」であるとしても、学校名は間違いなく「しらみつ」であった可能性はまだ排除できません。

1年で消えた神戸市立湊商業学校

第二次大戦後の学制改革は小中学校が1947年で、新制度の高校は1948年、大学が1949年です。5年制の旧制中学は新制中学1~3年と新制高校の1・2学年に相当します。そこで、私立の旧制中学はまず1947年4月に新制中学を併設します。

その際、1946年度の中学3年生は残置されている旧制中学の4年生に進級します。新制高校が発足する1948年4月には、新制高校の2年生になるか、その年が最終学年となる旧制中学5年生に残るかの選択です。

したがって、戦前の私立中は学制改革時に新制の中学と高校の両方を立ち上げるケースが一般的です。このため、新制中学が設立された1947年に、同時に高校も設立されたのだという誤解が生じる余地があります。

公立校の場合には、この誤解は少ないのではないかと思われますが、どうもそうではないようです。Wikipedia「神戸市立神港高等学校」 のページの「沿革」には次のような年表が掲載されています。

神戸市立第一神港商業学校
1907年4月24日 – 神戸元町通4丁目56(現在の元町通4丁目6番地)に神港商業学校設立(私立)。
1910年4月1日 – 学校経営を神戸市に移管。
1916年10月1日 – 神戸市兵庫区会下山3丁目88(最終所在地と同じ)に移転。
1921年4月1日 – 神戸市立第一神港商業学校と改称。
1947年4月1日 – 学制改革により高等学校に移行、神戸市立神港商業高等学校と改称。
神戸市立第一女子商業学校
1917年4月9日 – 神戸元町通4丁目59に神戸市立女子商業学校設立。
1923年9月1日 – 校舎を楠町6丁目38に移転。
1943年4月1日 – 神戸市立第一女子商業学校と改称。
1945年9月1日 – 校舎が米占領軍に接収される。以後諏訪山小学校、のち千歳小学校に移転。
1947年4月1日 – 学制改革により高等学校に移行、神戸市立湊商業高等学校と改称。

Wikipedia「神戸市立神港高等学校」

第一神港商も第一女子商も1947年に新制高校になれるはずはありません。明らかに誤りですが、履歴をたどってみると、2007年2月13日から2008年3月26日までは「昭和23年」で正しい記述です。

この両校は1949年に統合されて「神戸市立神港高等学校」となります。神港高は2016年に兵庫商と統合され、今は「神戸市立神港橘高等学校」です。神港橘高の校舎は神港高の校地に建設されています。

つまり、1949年閉校の市立神港商の最終所在地は現在の神港橘高と同じです。一方の第一女子商(最後は湊商)については、米軍の接収が解除されて楠町6丁目に戻ったのか千歳小学校から統合されたのか判然としません。

諏訪山小学校は今の「神戸市立こうべ小学校」のようですが、千歳小学校がどこにあったのかわかりません。千歳公園なら新長田にあります。鉄人28号のモニュメントがある若松公園の近くです。MAP上では楠町6丁目としておきました。

さて、Wikipediaを引用したのは、別に年号ミスをあげつらうためではありません。第一神港商は私立として元町通4丁目に設立されています。神港商が現在地に移転した半年後、市立女子商も同じ元町通4丁目に開校しています。

この両校の校地は隣接地だったようです。半年違いでお隣同士になり損ねた両校が戦争を経て統合されたというのはちょっと面白い話です。