三峰五岳の一角

雲仙岳の最高峰は平成新山の1483mです。ピーク時は1488mだったそうです。平成新山は1990年から1996年にかけての普賢岳の噴火活動で形成された溶岩ドームです。「三峰五岳の雲仙岳」の「三峰五岳」に平成新山は入っていません。

「三峰」は普賢岳(1359m)、国見岳(1347m)、妙見岳(1333m)で、「五岳」は九千部岳(1062m)絹笠岳(879m)、高岩山(881m)、野岳(1142m)、矢岳(940m)です。

「四峰五岳」に昇格?しなかったのは、平成新山が普賢岳の派生物という認識だからからなのでしょうか。1991年6月には噴火による火砕流で40人以上が亡くなり、全焼した小学校は災害遺構として保存されています。2012/12のストビューです。

さて、「雲仙岳」はもともとは島原半島の山々の総称だったそうですが、ときに普賢岳の別称のように用いられたり、「三峰」もしくは「三峰五岳」を指すこともあるようです。

アメダス観測地点としての「雲仙岳」は、風速・風向については絹笠山の山頂、気温や降水量、日照時間はその麓の温泉街に設けられています。年間の平均風速は1978~2002年が1.2~1.5km/s、2003年以降が4.4~4.9km/sです。

温泉街で計測していた風速・風向の観測ポイントを、温泉街より200mほど標高の高い絹笠山山頂に移したのが2003年ということになりそうです。赤のマーカーが絹笠山山頂で、「雲仙地獄」が温泉街です。

青が普賢岳山頂、その東の盛り上がったところが平成新山、緑のマーカーは旧・大野木場小学校の被災校舎です。絹笠山から普賢岳まで直線で約4.5kmになります。破線が市境界で、西が雲仙市、東が島原市、南は南島原市です。

絹笠山山頂の「雲仙岳」観測地点における4月9日23:40から4月10日0:30にかけての10分ごとの最大瞬間風速は次のように推移しました。風のピークは日付を跨いだこの1時間でした。

  • 23:40 28.0km/s
  • 23:50 31.8km/s
  • 24:00 31.2km/s
  • 00:10 32.3km/s
  • 00:20 27.2km/s
  • 00:30 28.1km/s

4月9日23:48に記録された31.8km/sはこの日の最大瞬間風速全国1位、4月10日00:06に記録された32.3km/sも最大瞬間風速全国1位です。ピークがたまたまこの時間帯だったことで「一粒で二度おいしい」結果が訪れたのでした。

雲仙には行基が開祖とされる大乗院満明寺と温泉(うんぜん)神社があります。空海や義経と同様、行基も各地に「伝説」を残しています。いずれは「行基MAP」を作成するつもりです。


【2019/04/17追記】
4月13日と14日の本泊(利尻島)でも同じ現象が起きています。13日23:42に20.6m/s、14日0:40に22.1m/sを記録した本泊は2日連続で瞬間最大風速1位です。ありがちなことのようです。

瀬戸MAP

3月20日の瞬間最大風速1位のアメダス・ポイントは愛媛県の瀬戸でした。2005年、愛媛県西宇和郡瀬戸町は西の三崎町(佐田岬半島突端部)、東の旧・伊方町(佐田岬半島の基部)と合併し、新・伊方町になっています。

旧・瀬戸町が誕生したのは1955年です。三机村と四ツ浜村の合併によるものでした。もともと「瀬戸」の名前があったわけではないようです。おそらくは瀬戸内海由来の「瀬戸」なのでしょう。

瀬戸のアメダス観測地点は標高143mです。地形的に南と北は海ですから、風が強いのは納得できます。伊方町には原発停止の前から50基以上の風力発電施設が設置されており、「風車のまち」を称しています。

さて、一般名詞としての「瀬戸」は次のように定義されています。

相対した陸地の間の、特に幅の狭い海峡。潮汐 (ちょうせき) の干満により激しい潮流が生じる。

goo辞書「瀬戸」

(「せど」とも。「せ」は「狭(せ)」と同源か。「と」は、両側からはさまれて狭くなっている所の意) 狭い海峡。両方から陸地がせまっている小さな海峡。また、川の瀬の幅が狭くなった所。

精選版 日本国語大辞典(小学館)「瀬戸」

陸地の地名としての「瀬戸」は、狭い谷を抜けて開けたところを指すことが多いようです。全国の「瀬戸」をMAP化してみました。反映したのは、(1)自治体、(2)字・町域、(3)鉄道駅、(4)海域・灯台、(5)河川・用水です。

空白となったのは、秋田、岩手、栃木、三重、大阪、沖縄の6府県でした。ほぼ全国的に分布していますが、北東北と関西は薄いようです。

与論島(よろんじま)とヨロン島(よろんとう)

鹿児島県最南端の島は与論島(よろんじま)です。和泊町のある島は口永良部島(くちのえらぶじま)ですが、同じ鹿児島県の口永良部島より沖縄本島のほうが距離的には近いという位置関係にあります。

私は「よろんとう」と「島」を音読みするものだと思っていました。この歳になって初めて気づくことも多いようです。ただ、私が「よろんとう」と覚えていたのは無理からぬことではあるのです。

「水曜日のダウンタウン」の挨拶シリーズで、春日が浜田に仕掛けた “「よ」で始まり「す」で終わる言葉”のレベル6は「与論島は鹿児島最南端の島です」でしたが、 ナレーションも春日自身も紛れもなく「よろんとう」と読んでいます。

ヨロン島観光協会のWebサイトには次のような記述があります。「ヨロン島(ヨロントウ)の読み方」と題する項目です。

ヨロン島の観光の歴史をさかのぼると沖縄が日本復帰した昭和47年頃、他の島と差別化をしてイメージアップを図る為に、カタカナ表記で「ヨロン島」読みを「ヨロントウ」としてプロモーションを行いました。
<略>その頃から継続して観光面ではカタカナ表記で「ヨロン島」読みを「ヨロントウ」として使用し、現在に至っております。

ヨロン島観光協会>ヨロンについて

たしかに、オアフ島、クレタ島、セイロン島、セブ島など外国の島は、ことごとく音読みの「とう」です。一方、国内では国後島、択捉島、色丹島の北方領土3島が「島」を「とう」と音読みするだけで、訓読みの「しま」が圧倒的多数です。

呼称が揺れていた硫黄島については、2007年に小笠原村議会で故障の統一を求める決議が採択され、これを受けて国土地理院や海上保安庁などが「いおうとう」で足並みを揃えています。南硫黄島や北硫黄島も同様です。

いずれにしても、日本の島で「○○とう」はかなり特殊なケースであることに違いはありません。与論島の場合、「よろんじま」が正式名称で「よろんとう」は俗称ということになるのでしょう。

もっとも、当事者こそが俗称の仕掛け人であって、俗称ウェルカムのスタンスですから、俗称が広まったところで目くじらを立てることもないわけです。およそ50年前からの優れた戦略が功を奏していることになります。

いったい誰の発案なのか、そっちのほうが気になります。さて、与論島へのアクセスは、空路が鹿児島、奄美大島、沖縄の3路線、海路は鹿児島と沖縄の2路線で、それぞれ毎日就航しています。与論島のアメダス観測地点は空港内です。

八森MAP

私は太平洋側の八戸と日本海側の八森をワンセットで覚えていました。非常に唐突ですが、「八森MAP」を作ってみました。

今年に入って最大瞬間風速1位を3回記録しているのが秋田県北西端の八峰町にある八森の観測ポイントです。2006年に八森町と峰浜村が合併して八峰町が成立していますので、「八森」とは元の自治体名でもあります。

山は「○○山」や「〇〇岳」や「〇〇峰」の名称が一般的ですが、主に北東北のそれほど高くない山では「〇〇森」が使われることがあります。森林限界を超えない山なら山頂も森の中です。「○○山」=「○○森」は納得できます。

「八森」の地名は東北では比較的よく見かけます。「鉢森」や「鉢盛」の亜種を加えてMAP化したところ、興味深い分布になりました。「鉢森」は国道4号線周辺が多く、「八森」を「やつもり」と読むのは宮城、「鉢盛」は東北以外です。

私はてっきり「鉢盛」が「八森」に転じたのだろうと思っていましたが、この分布からすれば、その見解はかなり微妙なものになりました。そもそも「鉢盛」自体が少なすぎます。

なお、八森のアメダス観測点は青森県境近くの日本海を見下ろす灯台に隣接しています。そういう立地ですから、やはり風は強いはずです。

日本一は徳島県の京上

標高西日本2位の剣山を抱える徳島県三好郡の旧・東祖谷山村(ひがしいややまそん)は、2006年に池田町など5町村と合併して、今は三好市になっています。アメダス観測点の京上(きょうじょう)は旧・東祖谷山村の中心部です。

祖谷山は平家落人伝説の地であり、豊臣時代と徳川時代の一揆の地です。秘境スポットとして脚光を浴びた近年は、旧・西祖谷山村の祖谷渓やかずら橋に外国人観光客が盛大に訪れているようです。

京上は最寄り駅の土讃線大歩危(おおぼけ)駅から車で40分弱です。空港は高知空港が最寄りになります。京上で最大瞬間風速の観測が始まったのは2008年です。観測史上1~10位は、いずれも冬から春にかけて記録されています。

  • 15.6m/s(2016/04/17)西北西
  • 14.6m/s(2012/12/08)南
  • 14.5m/s(2016/04/16)南西
  • 14.2m/s(2016/01/19)南東
  • 14.0m/s(2015/12/04)東南東
  • 14.0m/s(2010/03/15)西南西
  • 14.0m/s(2009/05/27)北東
  • 13.9m/s(2010/12/03)南東
  • 13.7m/s(2009/11/02)南
  • 13.6m/s(2017/01/15)南東

残念ながらストリートビューでは観測ポイントを確認することはできませんが、南斜面に設置されているはずです。「2018年の最大瞬間風速ランキング」の928地点のうち15.6m/sより数値が小さいのは京上以外には3地点です。

島根県・赤名の観測史上1位は19.8m/s、山口県・広瀬は18.2m/s、福岡県・添田は19.6m/sです。京上は2018年だけでなく通算でも最大瞬間風速がもっとも小さい観測ポイントということになります。

2017年台風18号は鹿児島を経て9月17日16時半頃に高知県西部に再上陸、四国を横断して22時頃に明石に再上陸しています。京上付近を通過したわけですが、この日の京上の最大瞬間風速は21時10分の10.8m/sに過ぎません。

台風から温帯低気圧に衰えた翌18日正午過ぎには八戸で41.7m/sの最大瞬間風速を記録してますので、けっして弱い台風だったわけではありません。室戸岬でも40m/s超を観測しています。

また、雨台風だった2015年台風11号は熊野川の氾濫により新宮市などで床上浸水を引き起こしましたが、進路としては高知県室戸市に上陸して岡山県倉敷市に再上陸しています。この台風も京上付近を通過したわけです。

2015年7月16日から17日にかけての各地の最大瞬間風速は次のとおりです。

  • 42.6m/s 室戸岬
  • 32.0m/s 徳島
  • 27.9m/s 高松
  • 27.9m/s 新居浜
  • 26.8m/s 池田(青)
  • 23.6m/s 木頭(黄)
  • 22.5m/s 高知
  • 21.1m/s 倉敷
  • 19.9m/s 安芸
  • 19.9m/s 福山
  • 09.9m/s 大栃(緑)
  • 08.7m/s 京上(赤)

京上という地名の由来にも心惹かれるものがありますが、膠と関係があるのかどうかを含めてまったくわかりませんでした。