支柱のある電柱、支線のある風速計

西伊豆に上陸した台風19号は、さいたま市付近を通過して、いわき市付近で太平洋に抜けました。台風19号による最大瞬間風速TOP10のアメダス観測点は次のとおりです。

▼最大瞬間風速(日時)、各観測ポイントにおける順位、観測地点、従来の1位の記録とその年月日、統計開始年を記載しました。

44.8m/s(12日15:15)6位 神津島 58.1m/s(2019/9/8)2009~
43.8m/s(12日21:17)1位 江戸川臨海 41.0m/s(2011/9/21)2009~
43.8m/s(12日20:32)3位 横浜 48.7m/s(1938/9/1)1938~
43.7m/s(12日20:56)1位 羽田 43.7m/s(2019/9/9)2009~
42.2m/s(12日17:16)3位 三宅坪田 48.4m/s(2019/9/8)2009~
41.5m/s(12日21:14)2位 東京 46.7m/s(1938/9/1)1937~
40.3m/s(12日21:20)6位 千葉 57.5m/s(2019/9/9)1966~
39.9m/s(13日04:18)*位 えりも岬 47.2m/s(2009/10/8)2008~ 39.2m/s(10日17:51)*位 父島 59.7m/s(1986/9/28)1968~
38.6m/s(12日17:55)2位 大島北ノ山 38.1m/s(2014/10/6)2009~

10地点のうち、4か所が離島で5か所が首都圏です。江戸川や羽田では(10年のスパンしかありませんが)観測史上1位でした。地味にランクインしているのが北海道の襟裳岬です。

襟裳岬が8位
台風19号の進路と襟裳岬(Google Earthプロ)

襟裳岬は昨日(11/8)で、今年の日毎の最大瞬間風速1位が35回目でした。ストビューでも風の強さを感じることができます。埋め込んだのは(最新)2014年8月のストビューです。

4本もの支柱を伴う電柱などそう見られるものではありません。実は、灯台近くの標高63mに設置されているアメダスの風向風速計にも3本の支線が施されています。

さて、風速の観測は1秒間に4回行われています。3秒間12回の観測値の平均が瞬間風速です。最大瞬間風速の歴代全国ランキングは次のとおりです。このうち、富士山と剣山では今は観測していません。

▼最大瞬間風速、観測地点、(年月日)、設置高さ+風速計そのものの高さ、を記載しました。

91.0m/s 富士山(1966/9/25)
85.3m/s 宮古島(1966/9/5) 40m+13.5m
84.5m/s 室戸岬(1961/9/16) 161m+21.8m
81.1m/s 与那国島(2015/9/28) 30m+14.4m
78.9m/s 名瀬(1970/8/13) 3m+20.8m
73.6m/s 那覇(1956/9/8) 28m+47.8m
72.3m/s 宇和島(1964/9/25) 2m+33.2m
71.0m/s 石垣島(2015/8/23) 6m+28.9m
69.9m/s 西表島(2006/9/16) 10m+10.1m
69.0m/s 剣山(1970/8/21)

統計開始が最近ということもあって、襟裳岬はTOP20にも入っていません。10分間2400回の観測値の平均が「風速」でその最大値が最大風速ですが、最大風速でもTOP20には入っていません。

台風で消失した灯台

台風19号により流失した三重県紀北町の長島港大石灯台が設置場所の沖40mの海底で見つかったというニュースがありました。台風19号では高知県四万十町興津の灯台も流失しています。

昨年の台風24号では奄美大島・名瀬港の灯台が流されており、台風20号では神戸市・和田岬灯台上部のLEDが流出しています。また、2017年12月の暴風雪では留萌港の灯台が消失しています。

海面近くに設置された灯台は日常的に潮を浴びており、台風では風と波のダブルパンチに晒されるわけですから、流出や損傷はある程度織り込み済みのものと思われます。

流出した灯台
近年流出・破損した灯台(Google Earthプロ)

三重県紀北町 長島港大石灯台

2014年9月撮影のストビューです。中央の岩にかろうじて灯台らしきものを確認できます。高さは8.3mだそうです。紀伊長島のアメダス観測点では10月12日に観測史上2位の最大瞬間風速28.9mを記録しています。

“台風で消失した灯台” の続きを読む

上対馬の鰐浦、下対馬の厳原

台風18号の影響で、10月2日の最大瞬間風速1位は対馬の鰐浦(わにうら)、翌10月3日の最大瞬間風速1位は厳原(いづはら)でした。鰐浦は対馬の北端、厳原は対馬の南部です。対馬にはアメダスの観測地点が3か所あります。

鰐浦は豊砲台跡付近と思われます。あいにくストビューでは確認できません。厳原は厳原港ターミナルビルと接続する合同庁舎です。空港の観測点はその所在地名の美津島(みつしま)で呼ばれています。

対馬付近(Google Earthプロ)

日本気象協会「tenki.jp」など複数のWebサイトではアメダス観測点の地図が掲載されていますが、おそらくは気象庁発表の緯度経度で座標入力しているものと思われます。実際の観測ポイントとは100~200mほどの差異が生じています。

厳原の場合は海上にマーカーが示されてしまいます。もちろん海上観測しているわけではありません。ズバリ示されないということは、探す楽しみが残っているということでもあります。

さて、日本の島の面積ランキングは、本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島、対馬の順です。国土地理院は対馬の面積を695.74平米としていますが、対馬は厳密には陸続きではありません。

対馬には東西の海を繋ぐ2つの運河があります。江戸時代に造られた大船越瀬戸(おおふなこしせと)と、1900年に海軍によって開削された万関瀬戸(まんぜきせと)です。ともに国道382号線が通り、大船越橋と万関橋が架けられています。

万関橋と大船越橋(Google Earthプロ)

瀬戸の名が付いた2つの運河は空港の近くです。一般的にはこの運河付近が上対馬と下対馬の境となるようです。2018年5月撮影のストビューを埋め込みました。万関橋から見た万関瀬戸です。

上対馬と下対馬は、もともとは上県郡と下県郡に由来する区分と思われます。地名に「上」なり「下」なりが付されるときは、上目黒と下目黒、上賀茂神社と下鴨神社のように川の上流と下流の関係にあるケースが多いはずです。

対馬の最高峰は南部の矢立山です。そもそも南北に流れる川自体が対馬には存在しません。何が基準でこの「上下関係」が成立したのか気になります。

「54年後の初勝利」

初山別村のコンビニ

9月19日の最大瞬間風速1位は北海道の初山別(しょさんべつ)でした。初山別村は稚内から日本海側を約100km南に下ったところです。旭川とも直線距離なら約100kmです。

北海道北西部(Google Earthプロ)

村のWebサイトで発表されている人口は今年3月31日現在で1,163人です。ピーク時の5分の1で、人口の少ない基礎自治体50位以内に入ります。村長選挙は今年で12回連続無投票当選、定員8人の村議会議員選挙も今年は無投票だったようです。

初山別村の小学校は1校だけですが、村の目玉はオロロンライン沿いの「しょさんべつ天文台」です。私はてっきり敷地内の金比羅岬灯台付近に観測ポイントがあるものだと思っていました。

アメダスの観測地点は村役場から約1km離れています。岬とは逆方向です。ストビューは2014年8月撮影のものだけですが、露場の近くには10基ほどの墓石があり、何らかの建物が解体されたような跡が残っています。

半径400m以内には建物が1軒も見当たらず、観測上の障害になるようなものはまったくありません。初山別の最大瞬間風速TOP10の記録は次のとおりです。最大瞬間風速の観測開始は2008年9月です。日本海側からの風で数値が高くなるようです。

  • 36.3m/s 南西 (2010/12/12)
  • 34.9m/s 南西 (2012/12/6)
  • 34.5m/s 西北西 (2017/12/25)
  • 34.3m/s 南西 (2015/10/2)
  • 31.7m/s 南西 (2010/3/13)
  • 31.5m/s 南西 (2012/12/7)
  • 31.0m/s 南西 (2018/1/10)
  • 30.0m/s 南西 (2014/11/3)
  • 29.8m/s 南南西 (2017/11/11)
  • 29.8m/s 西 (2008/11/8)

iタウンページには初山別村の施設が97件しか掲載されていません。ないだろうと思っていたコンビニは1軒だけありました。埋め込んだのは2014年8月撮影のストビューです。

この空き地には2018年5月撮影のストビューでは平屋建てのセイコーマートがあります。道路際の看板には「6:00-24:00」と営業時間が記載されていますが、セイコーマートのWebサイトで確認すると、閉店時刻は23:00に変わっています。

地上からの高さ47.9mの風速計

千葉県の地方気象台は銚子に設置されています。地理的な要素からそうなっているのでしょう。県庁所在地の千葉市にあるのは千葉特別地域気象観測所です。なぜかGoogle Mapでは「測候所」扱いされます。

富士山頂を始め、かつては100か所以上あった有人の「測候所」の多くは機械観測の「特別地域気象観測所」に転換されています。千葉測候所が千葉特別地域気象観測所に移行したのは比較的最近で2010年です。

千葉特別地域気象観測所(Google Earthプロ)

きのう9月9日の最大瞬間風速1位は千葉の57.5m/sでした。その所在地「中央港1丁目」が示すように、建物があるのは東京湾沿岸の埋立地です。気温と雨量を測る装置は建物の南側にうっすら見える芝生に設置されてるはずです。

千葉の風向風速計の地上からの高さは47.9mと公表されています。風速を観測対象としている観測ポイントは900か所以上ですが、千葉は全国で10位の高さになります。周囲のビルより高い位置に設置する必要があるのでしょう。

  • 95.4m 広島
  • 69.9m 岡山
  • 66.1m 釧路
  • 59.5m 札幌
  • 56.1m 佐賀
  • 52.6m 仙台
  • 49.8m 八王子
  • 49.4m 宇都宮
  • 49.3m 白河
  • 48.4m 金沢
  • 47.9m 千葉

埋め込んだのは2014年12月撮影のストリートビューです。5階建ての合同庁舎の屋上には建物より高い塔が建っています。ストビューでは確認できませんが、風向風速計はその最上部に設置されているものと思われます。

もともとは測候所ですから、千葉で最大瞬間風速の統計を取り始めたのは1966年です。これまでの記録は1985年7月1日の48.6m/sですから、昨日の57.5m/sは大幅な更新です。台風15号により最大瞬間風速が書き換えられたのは19地点です。

  • 46.3→58.1m/s 9/8 21:03 神津島(東京)
  • 47.3→48.4m/s 9/8 22:12 三宅坪田(東京)
  • 39.0→48.3m/s 9/8 23:17 稲取(静岡)
  • 34.0→52.0m/s 9/8 23:38 新島(東京)
  • 38.5→41.7m/s 9/9 01:33 三浦(神奈川)
  • 36.3→49.0m/s 9/9 02:48 木更津(千葉)
  • 31.6→33.6m/s 9/9 03:17 坂畑(千葉)
  • 41.7→43.2m/s 9/9 03:27 羽田(東京)
  • 32.5→35.6m/s 9/9 03:32 鴨川(千葉)
  • 29.4→33.9m/s 9/9 04:23 牛久(千葉)
  • 48.6→57.5m/s 9/9 04:28 千葉(千葉)
  • 31.9→34.3m/s 9/9 04:43 茂原(千葉)
  • 32.6→33.9m/s 9/9 05:01 佐倉(千葉)
  • 32.0→36.9m/s 9/9 05:16 龍ケ崎(茨城)
  • 31.5→37.5m/s 9/9 05:23 横芝光(千葉)
  • 36.0→45.8m/s 9/9 05:36 成田(千葉)
  • 32.4→37.0m/s 9/9 06:19 香取(千葉)
  • 29.6→29.7m/s 9/9 06:24 鉾田(茨城)
  • 28.3→36.6m/s 9/9 06:55 鹿嶋(茨城)

このうち千葉以外の18地点は最大瞬間風速の統計開始時期が2008年以降です。つまり、同じ観測史上1位の更新と言っても「50年に1度」だった千葉とは少しレベルが違うのかもしれません。

また、神津島や羽田や成田の風速風向計の設置高さは地上から10mです。47.9mの千葉はほかの観測地点と等しい条件とは言えません。他地点と比較するときは千葉の数値が高く出ることを知っておくべきです。

「風速計の設置高さ」