湯浅小の沿革がユニーク

湯浅町立湯浅小学校の「沿革」のページが、あまりそれらしくありません。興味深い項目がいくつもあります。

1873年 福蔵寺で学校を開く。(本校創立) 先生5人、児童355人
1906年 男子校、女子校に分離  ペスト流行
1911年 尋6、高12、裁縫科の生徒79人が、初めて和歌山市へ一泊の修学旅行
1912年 桜島噴火、火山灰が降ってきたので記念に採集し、珍しがる。
1916年 職員室と応接室へ電灯をつける。
1928年 講堂建築貯金開始
1936年 講堂落成  創立60周年記念式
1941年 国民学校と改称  運動場に、いも苗二万本植える。
1942年 空襲警報しきりとなる。
1944年 校内に防空壕をつくる。 大阪市玉出国民学校児童が本校に集団疎開
1945年 講堂は橘第57部隊の兵舎となる。 児童はフキ、イタドリ等を三日間採集し、湯浅食品会社へおさめる。

和歌山県湯浅町立湯浅小学校>学校案内

先生1人当たりの生徒数

学制発布は1972年(明治5年)8月です。当時の小学校は下等科と上等科がそれぞれ4年制の計8学年のはずですが、開校当時の先生は5人ということですので、複式学級になります。実際の就学率はせいぜい3割程度と思われます。

355÷5はちょうど割り切れます。71です。先生1人当たり71人もの児童を抱えていたわけです。文部科学統計によれば、2017年の本務教員1人当たりの児童数は15.4人です(1学級当たりで23.6人)。

ペスト

フィクションの中でしか見聞きすることがない伝染病というイメージしかありません。ジュリエットは一定時間だけ仮死状態に陥るというご都合主義丸出しの薬を飲みますが、その企みを打ち明けた手紙はロミオに届きませんでした。

手紙を託された使者がペスト患者とともに囚われの身になったからです。ロミジュリの悲劇はペストが一役買っています。日本では1899年から1926年の間に2,905人の患者(死者2,420人)を出しているようです。死亡率83%です。

修学旅行

「尋6、高12」とは尋常小学校6年生と高等小学校1・2年生の意味なのでしょう。湯浅駅からJR和歌山駅まで紀勢本線の営業キロ数は37kmです。今の紀勢本線が箕島駅まで開通したのは1924年、今の湯浅駅の開業は1927年です。

1911年当時、湯浅に鉄道はありません。日本バス協会のWebサイトによれば日本で最初の乗り合い自動車は1903年に京都で運行されていますので、バスの可能性もありますし、あるいは海路だったのかもしれません。

桜島の大正噴火

年表では1912年になっていますが、火口から流れ出た溶岩で桜島が大隅半島と陸続きとなったいわゆる「大正噴火」は1914年です。降灰は1200km離れた小笠原や石巻でも観測されています。

カムチャツカ半島でも降ったという説もあるようですが、さすがにこれは眉唾のような気もします。溶岩が埋めた海峡は「瀬戸海峡」で、現存しない集落の名は「瀬戸」と「脇」です。おかげさまで、「瀬戸MAP」に追加できます。

電灯と講堂

日本最初の電力会社である東京電灯の開業は1886年ですが、1897年には和歌山電灯、 1910年には日高電灯が設立されています。1916年なら湯浅にも電線が延びていたものと思われます。

講堂については、それまでなかったので「建築貯金」を始めたのか、それとも老朽化による再築だったのか判然としません。再築だとすれば、「講堂落成」になるような気もします。いずれにせよ「貯金」から「落成」まで8年です。

芋畑に防空壕

太平洋戦争は1941年12月に始まっています。サツマイモは春から初夏の植え付けで収穫は秋です。「いも」が二毛作可能なジャガイモだとすると植え付けの時期を絞るのは難しくなりますが、開戦前にすでに食糧事情は悪化していたのでしょう。

日本本土の初空襲は1942年4月のドーリットル空襲です。太平洋上の航空母艦から出撃した16機が主に東京を空爆しています。最後に飛び立ったファロウ中尉が機長を務める16番機は名古屋空爆のあと、四日市や和歌山に機銃掃射しています。

これが湯浅における最初の空襲警報だったのかもしれません。警報は1937年の防空法で制度化されており、NHKのラジオ第一放送に割り込む形で流されていたようです。湯浅のお隣の有田市にある石油精製工場は1945年7月に空襲を受けています。

湯浅の伝統的建造物群保存地区の街並は戦災を経ていない証左です。湯浅に疎開してきた玉出小の大阪市西成区玉出地区は1945年3月の大阪大空襲でほぼ全焼しています。

日本一・二の高さより268歩

伊賀上野城で見かけた案内看板です。いわくありげな雰囲気が漂います。

伊賀上野城の高石垣を示す看板

伊賀上野城Webサイトには「大阪城と並んで日本一の高さ」と明記されています。「約30m」も誇張表現ではありませんが、実際には30mに若干欠けるようです。

藤堂高虎が本丸の西に築いた石垣。高さ約30メートルの高石垣は大阪城と並んで日本一の高さを誇っています。

伊賀上野城>高石垣と宝もの

大阪城Webサイトには次のような記述があります。

大阪市立博物館裏手付近は水面からの高さが24m、堀底の根石からだと32mにも達する。

大阪城>時の刻印>本丸の高石垣

どうやら学術的な意味での城の石垣の高さとは、堀の水面下にある「根石」から最上部の「天端石」までの垂直距離を指すようです。文字どおりの水面下であることから計測は困難で、もともとは上野城が日本一と言われていたそうです。

大阪城の堀の調査が進んだ結果、日本一のタイトルが上野城から大阪城に移動し、こういう看板が登場したという経緯のようです。水面上の高さだけならどちらも「24m」ですから、ほぼ遜色はないものと思われます。

藤堂高虎が上野城の改修工事に着手したのは1611年で、徳川2代将軍の秀忠が大阪城の修築工事を始めたのは1620年です。したがって、上野城が日本一であった時代もあったのかもしれません。

次の看板は街中で見かけました。ガソリンスタンドの敷地内に設置された街灯にくくりつけられていた銭湯の看板です。行きたい方向ではありませんでしたので、本当に268歩で辿り着くのかどうかは確かめてはいません。

「ここから徒歩268歩」の看板

この看板を見たとき、1歩を60cmか70cmで計算したのだろうと私は思いました。Google Mapで看板の位置から一乃湯さんまで道路上の直線距離を計測すると約156mです。156÷268は58.209cmです。

銭湯の玄関は道路から奥に10m入って左に5mありそうですので、玄関までで考えるなら約171mになります。171÷268は63.806cmです。オムロンさんのWebサイトでは、歩幅の目安は身長の45%とされています。

そうすると、前者の場合は身長130cm足らず、後者では142cmの人を基準にしたことになってしまいます。どうやら私の直感的な推理は間違っているようです。ただ、この「268歩」はまったく根拠のない数字ではないはずです。

もちろん、ゆっくり歩けば歩幅は縮まるわけですが、もしかすると実測の結果なのかもしれません。もし私がこの銭湯に通っていたら、この看板からきっちり268歩で歩くというゲームを楽しんだに違いありません。

伊賀の上野に潜む忍者たち

白土三平の「サスケ」こそ甲賀忍者ですが、「伊賀の影丸」や「服部半蔵」、「忍者ハットリくん」、それに司馬遼太郎の直木賞受賞作「梟の城」は伊賀です。フィクションの世界では伊賀が優勢のようです。

忍者と芭蕉で早くから観光地化を図ってきた旧・上野市は2004年11月に1市3町2村の合併で三重県伊賀市になっています。表面上は人口1万人の阿山郡伊賀町の名称が残って、人口6万人の上野市が消滅したわけです。

もともとは伊賀国ですから旧・上野市としては伊賀市を名乗りたくてウズウズしていたようです。伊賀鉄道上野市駅の名称は合併後もそのままですが、今年2月から駅舎に「忍者市駅」の愛称が併記されています。

伊賀鉄道の運転席後方の網棚に潜む?忍者マネキン

伊賀市で最初に撮った忍者の写真はラッピング電車の網棚の上でした。よほどのことがない限り網棚が荷物で埋まってしまうことはありませんから、苦情は出ないことでしょう。運転席右後方の網棚が所定の設置場所ということです。

この忍者マネキンを市街地のあちこちでみかけました。どうやら街中の忍者はGWのフェスタ開催中のみ設置されるもののようです。忍者マネキンの写真はかなり古い個人ブログにも掲載されていますが、ストリートビューでは普通の街並です。

西大手駅ホーム上の運賃表
西大手駅改札口の忍者マネキン
以下、商店街のマネキン忍者たち
奥の白い幟の右にはコスプレ「くノ一」も
店舗兼住宅の住宅側玄関前

各色の忍者衣装はレンタルされており、GW中とあってホスト側も忍者装束です。マネキンや看板だけでなくだけでなく、歩く忍者も多数見られました。キッズ層は忍者でないほうが珍しいくらいでした。街全体がテーマパークの勢いです。

最後は上野市駅の東側を南北に走る銀座通り沿いの石像忍者です。もちろん期間限定ではありませんので、これはストリートビューでも見られます。

ハイトピア伊賀の銀座通り側に設置された石像

さて、行く前から気になっていたのが、次の顔ハメのパネルです。誰が設置したかによって話が変わってきますが、よりによって駐車場に置く必要があったのかどうか詰問したくなります。2017年11月のストビューです。

2017/09/07 旧市名ではなく旧町名が新市名に

「静岡」のサジェストキーワード4位は「さわやか」

去年のうちに気づいてずっと気になっていたことですが、Googleのand検索で「静岡 」と入力すると、サジェスト候補に「さわやか」が出てきます。この数か月間、断続的にチェックしてきましたがおおむね4番手です。

「静岡 」のサジェスト候補

「香川 」の「うどん」は1位か2位、「福井 」の「恐竜博物館」も安定して上位に登場します。「長崎 」の「ハウステンボス」や「埼玉 」の「ムーミン」は出てきたとしても下位グループです。

「さわやか」は全32店舗を静岡県内オンリーで展開しています。10店舗以上で5都道府県以内の飲食チェーン店の店舗配置を調べてみました。もちろん漏れはあるでしょうが…。

  • 129 富士そば(東京108、神奈川8、埼玉7、千葉6)
  • 93 てけてけ(東京80、神奈川5、千葉4、埼玉3、大阪1)
  • 88 ルノアール(東京78、神奈川9、埼玉1)
  • 86 銚子丸(千葉34、東京33、埼玉15、神奈川4)
  • 80 ホリーズカフェ(大阪40、兵庫21、京都12、滋賀4、奈良3)
  • 72 小諸そば(東京70、埼玉2)
  • 68 ダンダダン酒場(東京49、神奈川11、埼玉5、愛知2、千葉1)
  • 61 フライングガーデン(埼玉17、栃木16、茨城13、群馬11、千葉4)
  • 57 おおぎや(群馬30、埼玉11、長野11、栃木4、新潟1)
  • 51 五味八珍(静岡43、愛知6、山梨1、神奈川1)
  • 48 ばんどう太郎(茨城26、栃木7、埼玉7、千葉7、群馬1)
  • 45 鐘庵(静岡30、愛知10、群馬2、東京1、三重1)台湾1
  • 44 れんげ食堂(東京26、神奈川15、千葉3)
  • 41 とらふぐ亭(東京29、神奈川5、埼玉5、千葉2)
  • 40 資さんうどん(福岡38、山口2)
  • 40 ひもの屋(東京31、神奈川7、千葉2)
  • 39 ヴィクトリアステーション(北海道39)
  • 39 ねぎし(東京35、神奈川4)
  • 37 長崎ちゃんめん(山口21、岡山8、広島6、島根1、兵庫1)
  • 34 どんどん庵(愛知30、岐阜3、三重1)
  • 34 どんどん(山口27、広島3、島根2、岡山1、東京1)
  • 33 紅とん(東京31、神奈川2)
  • 32 さわやか(静岡32)
  • 32 テンホウ(長野32)
  • 32 パスタ・デ・ココ(愛知29、岐阜2、東京1)
  • 30 ちから(広島30)
  • 29 A&W(沖縄29)
  • 27 元祖寿司(東京22、神奈川4、千葉1)
  • 26 豚太郎(高知26)
  • 25 寿がきや(愛知15、岐阜6、静岡3、三重1)
  • 25 南部家敷(岩手14、宮城9、山形1、千葉1)
  • 25 みよしの(北海道25)
  • 24 魚屋路(東京15、神奈川6、埼玉2、山梨1)
  • 24 金比羅製麺(大阪12、兵庫11、京都1)
  • 24 鳥せい(北海道24)
  • 23 いちげん(埼玉17、千葉5、東京1)
  • 23 みかづき(新潟23)
  • 22 感激どんどん(静岡10、東京5、埼玉4、愛知2、神奈川1)
  • 22 椿屋カフェ(東京10、神奈川7、埼玉3、千葉2)
  • 22 とんこつラーメン博多風龍(東京21、埼玉1)
  • 21 一丁(東京11、神奈川5、北海道3、埼玉2)
  • 21 がんこ炎(愛知16、岐阜4、三重1)
  • 21 味ん味ん(神奈川12、東京9)
  • 20 椿屋珈琲(東京19、千葉1)
  • 20 丼丼亭(大阪12、兵庫3、愛知3、東京1、長崎1)
  • 20 宮越屋珈琲(北海道12、東京7、宮城1)
  • 19 博多ラーメンげんこつ(大阪13、兵庫6)
  • 19 ヨーロッパ軒(福井19)
  • 18 あじへい(三重14、愛知3、岐阜1)
  • 18 里味(新潟18)
  • 18 シャノアール(東京13、埼玉3、神奈川2)
  • 18 贔屓屋(大阪14、兵庫2、奈良1、愛知1)
  • 18 牧のうどん(福岡14、佐賀3、長崎1)
  • 17 串カツ田中(大阪9、兵庫4、京都2、滋賀1、三重1)
  • 17 そば茶屋吹上庵(鹿児島17)
  • 17 中華東秀(神奈川9、東京6、千葉2)
  • 17 なごやか亭(北海道15、滋賀2)
  • 17 モリバコーヒー(東京12、神奈川3、千葉1、愛知1)
  • 17 らぁめんたろう(兵庫17)
  • 17 ラッキーピエロ(北海道17)
  • 16 岐阜タンメン(岐阜9、愛知7)
  • 16 徳川(広島14、愛媛1、山口1)
  • 16 TREnTA(秋田7、岩手4、山形3、宮城2)
  • 16 熱烈一番亭(三重8、愛知5、岐阜1、奈良1)台湾1
  • 16 レストラン庄屋(長崎16)
  • 15 カラオケパセラ(東京14、神奈川2、大阪2)
  • 15 串かつだるま(大阪14、兵庫1)
  • 15 珈琲哲学(長野7、茨城3、富山2、群馬1)
  • 15 彩華(奈良7、大阪4、京都2、兵庫1、愛知1)
  • 15 トリトン(北海道13、東京2)
  • 15 博多満月(東京13、神奈川1、埼玉1)
  • 15 北極星(大阪11、京都3、兵庫1)
  • 15 メヒコ(福島5、茨城5、東京4、山形1)
  • 14 サザコーヒー(茨城10、東京3、埼玉1)
  • 14 長命うどん(愛知14)
  • 14 ナポリの食卓(栃木4、埼玉4、群馬3、長野3)
  • 13 ガーデンファーム(東京7、神奈川2、愛知2、埼玉1、大阪1)
  • 13 郷土宴座(大阪10、兵庫2、奈良1)
  • 13 こだわり麺や(香川12)マレーシア1
  • 13 氷見きときと寿し(富山4、長野4、新潟3、石川1、三重1)
  • 13 ベッカーズ(神奈川5、千葉4、東京2、埼玉2)
  • 13 ぼちぼち(神奈川6、東京3、千葉3、埼玉1)
  • 13 松尾ジンギスカン(北海道10、東京3)
  • 13 らーめん堂 仙台っ子(宮城13)
  • 13 若竹丸(長崎11、佐賀1、福岡1)
  • 12 一升びん(三重11、愛知1)
  • 12 海へ(北海道12)
  • 12 杵屋麦丸(東京5、大阪4、千葉1、兵庫1、大分1)
  • 12 寿司めいじん(大分9、佐賀2、広島1)
  • 12 デイトリッパー(神奈川9、北海道2、東京1)
  • 12 ピッツェリア馬車道(埼玉7、東京3、千葉1、神奈川1)
  • 12 モダンパスタ(埼玉8、栃木3、東京1)
  • 12 わなか(大阪10、福岡1、大分1)
  • 11 赤門(千葉11)
  • 11 イノダコーヒ(京都7、東京1、神奈川1、広島1、北海道1)
  • 11 からふね屋珈琲(京都5、大阪5、兵庫1)
  • 11 がんば亭(愛媛11)
  • 11 根室花まる(北海道9、東京2)
  • 11 ピザ工房(千葉7、埼玉3、東京1)
  • 11 ブルーボトルコーヒー(東京9、京都1、兵庫1)
  • 11 ぼんてん漁港(宮城11)
  • 11 焼肉のバーンズ(富山7、長野2、新潟2)
  • 10 一心亭(青森8、北海道1、岩手1)
  • 10 宇都宮みんみん(栃木10)
  • 10 小川珈琲(京都6、大阪1、滋賀1、埼玉1、神奈川1)
  • 10 エスプレッソ・アメリカーノ(東京6、神奈川3、埼玉1)
  • 10 海鮮アトム(福井10)
  • 10 回転寿司やまと(千葉8、茨城1、東京1)
  • 10 グルービー(茨城10)
  • 10 小作(山梨9、長野1)
  • 10 猿田彦珈琲(東京9、神奈川1)
  • 10 ステーキハウス松木(東京4、埼玉3、神奈川2、千葉1)
  • 10 すなば珈琲(鳥取10)
  • 10 東京酒BAL塩梅(東京10)
  • 10 とんQ(茨城5、千葉3、埼玉2)
  • 10 とんこつらーめん七志(神奈川8、東京2)
  • 10 ナガハマコーヒー(秋田9、岩手1)
  • 10 鳴門うどん(大分10)
  • 10 ピッツェリア(長野6、新潟4)
  • 10 ラミル(東京6、神奈川3、千葉1)

食販は除いていますので、りんごスティックの「ラグノオ」などは入りません。神奈川の「ハングリータイガー」は9店舗でした。「フライングガーデン」は創業が群馬で今の本社は栃木ですが、店舗が多いのは埼玉です。

「さわやか」の32店舗は、同業の北海道「ヴィクトリアステーション」には及びませんでしたが、長野のラーメン店「テンホウ」と並ぶ一極集中ぶりです。袋井工場からの距離は御殿場より名古屋のほうが近かったりもします。

東京の「小諸そば」、山口の「長崎ちゃんめん」、大阪の「博多ラーメンげんこつ」、広島お好み焼きの「徳川」、大分の「鳴門うどん」…と、なかなかカオスな業界なのかもしれません。

展望台駐車場の墓地と雄冬遺跡

「増毛町の願い」という名のヘアローションがあります。その昔、桂歌丸をゲストに迎えたクイズダービーで紹介されたことがあるそうですので、そこそこの歴史を持つ商品のようです。「町」の字の大きさ(小ささ)がポイントです。

増毛町の願い

増毛町(ましけちょう)Webサイトは、町名の由来を「鰊(ニシン)が群来(くき)ると海一面にかもめが飛ぶことから、 アイヌ語で「かもめの多いところ」という意味の「マシュキニ」又は「マシュケ」が転じたもの」と説明しています。

増毛町と石狩市の境界近くにあるのが雄冬峠です。雄冬峠展望台は増毛町側にあります。駐車場が標高110m付近にあり、展望台は木製の遊歩道を登った標高140m付近です。1998年にできたものと思われます。

展望台は11月から3月まで冬季休業ということですが、展望台まで登らなくても、途中の遊歩道から日本海を望む絶景が楽しめるそうです。駐車場のストリートビューは2014年7月撮影のものです。

このストビューを左に150°回転させれば、展望台に続く階段が見えますが、私が気になったのはこの駐車場とお墓の位置関係です。前向き駐車が日本人ドライバーの習性です。墓石に排ガスをかける位置関係になっています。

さすがに多少なりともためらいはあるでしょう。現に白い車は墓石の正面を避けて2台目の枠に停めています。この墓はいったい何だろうというのが第1の疑問です。右から2基目の墓銘は「山崎家之墓」と読み取れます。

一般人の墓のようですが、さらに気になるのが右端の墓の右側に立つ木柱です。そこには「雄冬遺跡」と記されています。遺跡と墓は何か関係があるのでしょうか。北海道教育委員会Webサイトは雄冬遺跡について次のように記載しています。

縄文中期の石器等の破片が数多く出土され、崖錐堆積による巨大石が林立し、その間 には住居址があると言われている。

北海道教育委員会>市町村指定文化財一覧 p25

北海道内の縄文遺跡はそれほど珍しいわけでもありません。ただ、ここは標高100m以上です。海岸沿いの国道231号線(オロロンライン)から駐車場までストビューで登ってみましたが、途中に沢らしきものも見当たりません。

生活に不可欠な水をどう確保していたのだろうという疑問をひとまず置くとしても、 「崖錐堆積」とは穏やかではありません。「崖錐堆積」すなわち崖崩れ跡です。 再度起こる可能性は十分にあるはずです。

おそらく海岸には豊富な水産資源があったのでしょう。食糧には困らなかったのかもしれません。わざわざ海岸から登って酷寒の傾斜地に住居を構えるだけの理由について、私の想像力は及びません。

さて、雄冬遺跡が増毛町の史跡に指定されたのは1979年ということです。展望台をつくったときに遺跡が見つかったというわけではなさそうです。遺跡が見つかる前から墓はあったのかもしれません。

墓石はほぼ同時期に同じ石材で作られているようにも見えます。展望台の駐車場を確保するために墓を移動させる必要があり、そのときに新調されたということなのかもしれません。