支柱のある電柱、支線のある風速計

西伊豆に上陸した台風19号は、さいたま市付近を通過して、いわき市付近で太平洋に抜けました。台風19号による最大瞬間風速TOP10のアメダス観測点は次のとおりです。

▼最大瞬間風速(日時)、各観測ポイントにおける順位、観測地点、従来の1位の記録とその年月日、統計開始年を記載しました。

44.8m/s(12日15:15)6位 神津島 58.1m/s(2019/9/8)2009~
43.8m/s(12日21:17)1位 江戸川臨海 41.0m/s(2011/9/21)2009~
43.8m/s(12日20:32)3位 横浜 48.7m/s(1938/9/1)1938~
43.7m/s(12日20:56)1位 羽田 43.7m/s(2019/9/9)2009~
42.2m/s(12日17:16)3位 三宅坪田 48.4m/s(2019/9/8)2009~
41.5m/s(12日21:14)2位 東京 46.7m/s(1938/9/1)1937~
40.3m/s(12日21:20)6位 千葉 57.5m/s(2019/9/9)1966~
39.9m/s(13日04:18)*位 えりも岬 47.2m/s(2009/10/8)2008~ 39.2m/s(10日17:51)*位 父島 59.7m/s(1986/9/28)1968~
38.6m/s(12日17:55)2位 大島北ノ山 38.1m/s(2014/10/6)2009~

10地点のうち、4か所が離島で5か所が首都圏です。江戸川や羽田では(10年のスパンしかありませんが)観測史上1位でした。地味にランクインしているのが北海道の襟裳岬です。

襟裳岬が8位
台風19号の進路と襟裳岬(Google Earthプロ)

襟裳岬は昨日(11/8)で、今年の日毎の最大瞬間風速1位が35回目でした。ストビューでも風の強さを感じることができます。埋め込んだのは(最新)2014年8月のストビューです。

4本もの支柱を伴う電柱などそう見られるものではありません。実は、灯台近くの標高63mに設置されているアメダスの風向風速計にも3本の支線が施されています。

さて、風速の観測は1秒間に4回行われています。3秒間12回の観測値の平均が瞬間風速です。最大瞬間風速の歴代全国ランキングは次のとおりです。このうち、富士山と剣山では今は観測していません。

▼最大瞬間風速、観測地点、(年月日)、設置高さ+風速計そのものの高さ、を記載しました。

91.0m/s 富士山(1966/9/25)
85.3m/s 宮古島(1966/9/5) 40m+13.5m
84.5m/s 室戸岬(1961/9/16) 161m+21.8m
81.1m/s 与那国島(2015/9/28) 30m+14.4m
78.9m/s 名瀬(1970/8/13) 3m+20.8m
73.6m/s 那覇(1956/9/8) 28m+47.8m
72.3m/s 宇和島(1964/9/25) 2m+33.2m
71.0m/s 石垣島(2015/8/23) 6m+28.9m
69.9m/s 西表島(2006/9/16) 10m+10.1m
69.0m/s 剣山(1970/8/21)

統計開始が最近ということもあって、襟裳岬はTOP20にも入っていません。10分間2400回の観測値の平均が「風速」でその最大値が最大風速ですが、最大風速でもTOP20には入っていません。

川俣町から南相馬市へ向かう途中の飯舘村で

福島県飯舘村では河川や道路や家屋の被害はなかったことになっています。それはそうなのでしょうが、人的被害は出ています。こんなニュースがあります。

★12日夜、75歳男性が川俣町から勤務先の南相馬市に向かった
★13日朝、飯舘村で運転席まで水が浸かった無人の車が見つかった
★14日朝、近くの用水路で遺体が見つかった

新聞配達のアルバイトだそうです。釈然としないのは、川俣町が中通りに属し、南相馬市は沿岸の浜通りだということです。分水嶺は伊達郡川俣町と相馬郡飯舘村の町村境にあります。県道12号線の町村境の地名はズバリ「水境」です。

飯舘村付近(Google Earthプロ)

川俣町から南相馬市までルート検索すると47分です。隣接する福島市や二本松市なら33分です。わざわざ飯館村を越えて南相馬に通っているのは、震災で川俣町に引っ越したという事情があるからなのかもしれません。

普通のニュースなら、「飯舘村△△で遺体が見つかった」となるはずですが、あいにくこの件ではそこまで報道されませんでした。出発点が川俣町で目的地は南相馬市、事故現場は飯舘村というアバウトな情報しかありません。

飯舘村と南相馬市をつなぐ2車線道路は、県道286号線と12号線です。常識的に考えて、目的地は旧・原町市が有力です。出発地が川俣町なら12号線に限られるはずです。

車が水に浸かっているのですから、事故現場は道路と川が並行しているか交わっている地点です。等高線が入った地理院地図で12号線を辿ってみると、増水時にここは危険だと思われる箇所がありました。

で、このページを書き始めたわけですが、警報時刻を確認するために福島県Webサイトの「台風第19号による被害状況即報 (第10報)」を開いてみると、「深谷地区」との記載があるのを見つけました。

ビンゴです。12号線の深谷地区入口の標高は470mで、深谷地区出口となる駐在所手前は438mです。危険箇所はほぼ中間にあり、その標高は438mです。下った道路がフラットになっている地点です。

2014年9月撮影のストビューです。右前方に見える枯れ草部分が新田川です。丘を回り込むように流れています。トラックのあたりで、県道12号線と新田川はニアミスします。川は道路より急カーブですので、濁流は溢れてしまうでしょう。

大森堰付近(Google Earthプロ)

飯館の時間降水量は次のとおりです。朝刊が販売所に届くのが2時頃だとして、多少の余裕を見て0時前に出発したのかもしれません。雨のピークは過ぎていますが特別警報発令中です。

12日10:00  1.5mm
12日11:00  6.0mm
12日12:00 16.5mm
12日13:00  6.0mm
12日14:00  6.5mm(14:09 飯館村に大雨警報と暴風警報)
12日15:00 16.5mm(15:05 飯舘村に土砂災害警戒情報)
12日16:00 19.5mm(15:48 飯舘村に洪水警報)
12日17:00 25.0mm
12日18:00 34.5mm
12日19:00 29.0mm
12日20:00 32.5mm(19:50 飯舘村に大雨特別警報)
12日21:00 38.0mm
12日22:00 36.5mm
12日23:00 20.5mm
12日24:00 17.5mm
13日01:00 14.0mm
13日02:00  4.5mm

車が発見された13日朝は、遺体のあった用水路はまだ濁っていたに違いありません。水が引いた14日に遺体が見つかったものと思われます。

飯舘村の人口は1950年代をピークに減少を続けています。原発事故当時の風向きの関係で「計画的避難区域」に指定されていましたので(2017/03/31解除)、低地に新しい住宅地が供給されることもなかったわけです。

実際のところ、浸水したのは農地だけなのでしょう。浸水区域に住戸が存在しなければ、浸水による住戸被害も起きないことになります。この現場付近のハザードマップは白です。

災害対策本部の設置時刻

埼玉県のアメダス観測地点は14か所です。10月12日にはこのうち11地点で日降水量(暦日)が更新されています。

▼順位、10/12の降水量、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

1位 471.0mm 寄居 280mm(1982/8/1) 1976~
6位 250.0mm 熊谷 301.5mm(1982/9/12) 1897~
1位 434.0mm 上吉田 273mm(2007/9/6) 1977~
2位 190.5mm 鴻巣 192mm(1999/8/14) 1976~
1位 226.5mm 久喜 205mm(1999/8/14) 1976~
1位 549.0mm 三峰 440mm(1999/8/14) 1976~
2位 511.0mm 秩父 519.7mm(1947/9/15) 1926~
1位 635.0mm 浦山 390mm(1999/8/14) 1977~
1位 572.0mm ときがわ 280mm(2002/7/10) 2000~
1位 312.0mm 鳩山 257mm(1982/9/12) 1977~
1位 387.0mm 飯能 291mm(1999/8/14) 1976~
1位 288.0mm さいたま 210mm(1991/9/19) 1976~
1位 222.0mm 越谷 205mm(1991/9/19) 1976~
1位 342.0mm 所沢 255mm(1999/8/14) 1976~

台風19号関連で各都府県が災害対策本部を設置した時刻と、気象庁が大雨特別警報を出した時刻を調べてみました。埼玉と栃木は福島どころか岩手より遅く、浸水はもう始まっていたものと思われます。

11日15:00 三重県が災害対策本部設置
11日21:44 愛知県が災害対策本部設置
12日04:50 京都府が災害対策本部設置
12日06:21 岐阜県が災害対策本部設置
12日10:00 山梨県が災害対策本部設置
12日15:00 静岡県と福島県が災害対策本部設置
12日15:15 神奈川県が災害対策本部設置
12日15:30 静岡、神奈川、東京、埼玉、群馬、山梨、長野の1都6県に大雨特別警報発令
12日15:30 群馬県と長野県が災害対策本部設置
12日16:10 東京都が災害対策本部設置
12日18:00 岩手県が災害対策本部設置
12日19:00前 台風19号が伊豆半島に上陸
12日19:00 埼玉県と茨城県が災害対策本部設置
12日19:50 茨城、栃木、新潟、福島、宮城の5県に大雨特別警報発令
12日19:50 栃木県と宮城県が災害対策本部設置
12日22:30 山形県が災害対策本部設置
13日00:40 岩手県に大雨特別警報発令

日が暮れてからでは、できることは限られています。今回の住戸被害は多い県から、栃木18,000戸超、長野9,100戸超、宮城3,900戸超、埼玉3,400戸超の順です。偶然だとしても、遅かったところの被害は多くなっています。

埼玉県は奥秩父で山梨県と接しています。山梨は静岡や長野より早く対策本部を立ち上げています。山梨のアメダス観測地点は13か所です。10月12日の日降水量は次のとおりでした。

3位 135.5mm 大泉 172mm(2002/7/10) 1976~
3位 158.0mm 乙女湖 190.0mm(2013/9/16) 2008~
7位 148.5mm 韮崎 344mm(2002/7/10) 1976~
*位 169.0mm 甲府 244.5mm(1945/10/5) 1894~
1位 222.5mm 勝沼 117.0mm(2014/10/5) 1976~
1位 404.5mm 大月 395mm(1991/8/20) 1976~
1位 469.5mm 上野原 296.5mm(2015/7/16) 2015~
1位 252.5mm 富士川 138.0mm(2017/10/22) 2013~
1位 347.0mm 古関 328mm(1991/9/19) 1976~
1位 404.0mm 切石 346mm(2002/7/10) 1977~
7位 286.5mm 河口湖 463.5mm(1983/8/16) 1933~
3位 329.0mm 山中 494mm(1983/8/16) 1976~
1位 532.0mm 南部 424mm(1991/9/19) 1976~

静岡と長野がブロックしてくれたのか、埼玉よりいくぶん少なめです。山梨では人的被害が軽傷1人で、住戸被害は全壊1棟、半壊2棟、一部損壊3棟、床下浸水3棟でした。

なお、千葉県については台風15号の上陸28時間後に設置した対策本部が今でも継続中です。

支流の安達太良川が決壊

「本宮」という地名にうっすらとした記憶がありました。1997年4月19日、私は始発の新幹線を郡山で在来線に乗り換えて本宮駅に到着しました。まだ8時前だったはずです。駅前にはタクシーが1台だけ待っていました。

自販機でドリンクを仕入れているそのスキに、1台だけのタクシーは「乗車」になってしまいました。仕方なく駅前の通りを歩いてみたら、運良くタクシー会社の車庫があり、私は乗客になることができたのでした。

向かった先は「しらさわグリーンパーク」です。私はこの球場に11時間ほど滞在しました。帰りもタクシーでしたので、街の風景の記憶はまったくありません。駅に戻って北に向かう列車に乗り盛岡で泊まって、翌日は花巻に行きました。

当時の駅の所在地は本宮町であり、行き先の球場は白沢村でしたが、2007年に本宮町と白沢村は合併して本宮市になっています。先日の台風19号では駅前が浸水しています。

本宮駅付近(Google Earthプロ)

画像右の太い川が阿武隈川で、西から合流しているのが安達太良川です。安達太良川は左岸の東北本線鉄橋付近で決壊し、本流の阿武隈川は県道28号線の安達橋付近の左岸で越水しています。

ヤマダ電機の本宮店はすでに営業を再開しているようですが、ヨークベニマルの新本宮舘町店は浸水被害で1週間経った今もまだ休業中です。下に埋め込んだストビューは2014年7月撮影のものです。

愛宕神社は高台にあり、その奥に本宮小学校が、さらにその奥には「本宮」の地名の由来とされる安達太良神社があります。愛宕神社の鳥居の貫あたりまで浸水したようです。この神社も創建当時から避難所機能が付与されていたのでしょう。

2018/12/12 海岸から200m、標高1m

さて、本宮の周囲にあるアメダス観測地点は、西25キロの猪苗代、北8キロの二本松、南17キロの郡山です。安達太良川の源流は猪苗代の観測ポイントより手前ですから、猪苗代の数値はあまり参考になりません、

阿武隈川は栃木県境から福島県中通りを南から北に縦断して宮城県に入ります。阿武隈川の本宮観測所における水位の変化に、上流である郡山の降雨量の観測値を並べてみました。本宮観測所の氾濫危険水位は7.9mです。

10/12 11:00 0.70m  9.0mm
10/12 12:00 0.79m  6.5mm
10/12 13.00 0.99m  1.5mm
10/12 14:00 1.60m  4.5mm
10/12 15:00 1.90m  3.0mm
10/12 16:00 2.05m 10.0mm
10/12 17:00 2.50m 13.0mm
10/12 18:00 3.21m 12.0mm
10/12 19:00 4.02m 14.0mm
10/12 20:00 4.75m 19.5mm 大雨特別警報発令
10/12 21:00 5.53m 22.5mm
10/12 22:00 6.35m 22.0mm
10/12 23:00 7.35m 26.5mm
10/12 24:00 8.42m 14.0mm
10/13 01:00 9.22m  9.5mm 阿武隈川から越水
10/13 02:00 9.68m  0.0mm
10/13 03:00 9.70m  0.0mm 安達太良川左岸で内水氾濫、決壊
10/13 04:00 9.57m  0.0mm 大雨特別警報解除
10/13 05:00 9.38m  0.0mm 自衛隊に災害派遣要請
10/13 06:00 9.30m  0.0mm
10/13 07:00 9.21m  0.0mm
10/13 08:00 9.10m  0.0mm
10/13 09:00 8.93m  0.0mm
10/13 10:00 8.81m  0.0mm

午後1時の段階ではまだ1mに満たない水位でした。特別警報が出た午後8時でも氾濫注意水位の5mに達していません。本宮で雨が上がったのも午前1時ぐらいということです。

丸森町鳥谷ではなく鳥屋

NKH NEWS WEBが10月17日22時48分に配信した記事は「甚大な被害 台風19号 77人死亡 68河川で決壊 全容は不明」という見出しです。前日は55河川でしたので、13河川増えています。

記事では「新川が丸森町烏谷で3か所」決壊したことになっていますが、鳥谷は鳥屋の変換ミスだと思われます。丸森町役場の所在地は「宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120番地」です。

丸森町鳥屋付近(Google Earthプロ)

決壊した新川は五福谷川(ごふくやがわ)に合流します。画像の外で五福谷川は阿武隈川に合流します。さらに、その1.3キロ先で雉子尾川(きじおがわ)が阿武隈川に合流します。

▲2019/10/23 Google Mapでは新川が五福谷川に合流して阿武隈川に注ぐように表記されていますが、地理院地図では新川が内川に合流して阿武隈川に注ぎます。地図および本文の「五福谷川」を「内川」に訂正します。

丸森町は町の中心部が浸水し、山間部の各所で土砂崩れが起き、道路は寸断されています。判明していない被害はまだあるはずだと容易に想像できます。さて、丸森町には2か所のアメダス観測点があります。

丸森と筆甫の観測地点(Google Earthプロ)

町役場の標高は20m程度です。丸森の観測ポイントは町役場から見て対岸で、標高は18mです。福島県境に近い山間部の筆甫(ひっぽ)の観測点は標高305mです。10月12日の1時間ごとの降水量を調べてみました。

11日24時 00.0mm 00.0mm
12日01時 04.0mm 01.5mm
12日02時 01.0mm 01.0mm
12日03時 01.0mm 01.0mm
12日04時 02.0mm 04.5mm
12日05時 02.0mm 01.5mm
12日06時 03.5mm 01.0mm
12日07時 02.0mm 00.5mm
12日08時 02.0mm 01.0mm
12日09時 01.5mm 01.5mm
12日10時 05.5mm 07.5mm
12日11時 05.0mm 09.0mm
12日12時 08.5mm 16.5mm
12日13時 14.5mm 16.5mm
12日14時 12.0mm 31.0mm
12日15時 06.5mm 33.0mm
12日16時 14.0mm 44.5mm
12日17時 16.5mm 54.5mm
12日18時 35.5mm 54.5mm
12日19時 30.5mm 66.5mm
12日20時 45.5mm 74.5mm
12日21時 45.5mm 69.0mm
12日22時 47.0mm 58.0mm
12日23時 60.0mm 28.0mm
12日24時 23.0mm 23.0mm
13日01時 18.0mm 20.0mm
13日02時 19.0mm 11.5mm
13日03時 00.5mm 01.5mm

左が丸森で、右が筆甫の観測値です。台風19号が伊豆半島に上陸したのは19時前ですが、雨脚が強まったのはお昼です。丸森市中心部では暗くなってから一段と激しくなっています。

降雨記録はほとんど塗り替えられてしまいました。しかも、過去の最高記録の1.5~2倍という大幅な更新です。丸森の観測開始は1977年、筆甫は降水量だけの観測ですが1978年に観測を始めています。

【3時間降水量】
丸森 10/12 23:00 152.5mm(←106mm、1986/8/5)
筆甫 10/12 20:40 211.5mm(←151mm、2007/9/5)
【6時間降水量】
丸森 10/12 23:00 264.0mm(←167mm、1986/8/5)
筆甫 10/12 22:20 368.5mm(←198mm、1989/8/6)
【12時間降水量】
丸森 10/13 02:10 361.5mm(←238mm、1986/8/5)
筆甫 10/13 01:30 517.5mm(←255mm、1989/8/6)
【24時間降水量】
丸森 10/13 02:20 421.0mm(←288mm、1986/8/5)
筆甫 10/13 03:50 588.0mm(←379mm、1989/8/6)
【48時間降水量】
丸森 10/13 03:50 441.0mm(←303mm、1986/8/6)
筆甫 10/13 04:10 606.5mm(←426.5mm、2015/9/11)
【日降水量】
丸森 10/12 388.5mm(←230mm、1986/8/5)
筆甫 10/12 558.0mm(←359mm、1989/8/6)

1時間降水量や10分降水量は更新されていません。短時間に集中的に降ることはあっても、これほど長時間に渡って降り続くのは100年あるいは200年に1度のレベルと言えるのかもしれません。