【ブログ】5代目んだ

海岸から200m、標高1m

今回の「商業高校MAP」で対象とするのは600校を超えそうでが、津波被害がもっとも大きかったのは石巻市立女子商だったのだろうと思われます。海岸からの距離は約200mで、標高はおそらく1mかせいぜい2mです。

当然のことながら、石巻女子商の校舎は使えず、日和山公園の近くにある石巻女子高の敷地に仮校舎を建てることになります。震災前から再編統合の話はあったようですが、2つの市立女子高は2015年に統合されます。

2011年入学の生徒は2014年に卒業するわけですから、2012年入学生との2学年は仮校舎で高校生活の丸3年を過ごしたことになります。石巻女子商(赤)から西に約2kmの位置に石巻ガスの本社ビル(青)があります。

震災後、石巻ガスは本社機能を日和山公園の麓にあるガスビルに移したそうです。津波到達時のビル屋上からの映像は今もYou Tubeに残っています。この事務所の営業再開は2012年10月ということです。会話に登場する湊中は4階建てです。

津波はほぼ同じ規模で石巻女子商をも襲ったはずです。都立武蔵高同窓会Webサイトに石巻女子商の理科教諭が寄稿しています。「校舎1階部分は津波に打ち抜かれ、体育館や弓道場は破壊・流出」したそうです。

入試翌々日で自宅学習日だったそうですが、その先生は学校からまずは鹿妻小学校(黄)に、次いで菅原神社(緑)に避難しています。Google Earthで調べたとところ、鹿妻小学校の標高は1~2m程度ですが、菅原神社は10~15mです。

たとえ神職を置かずとも、沢であれ井戸であれ水を必須とする神社が、このような絶妙な場所につくられがちなのは先人の知恵なのではないかと疑いたくなります。「稲むらの火」の広八幡神社にしても標高は12mです。

菅原神社が遷座されたのは1767年のようです。1611年の慶長三陸地震は誰も実体験していないことになります。1763年には宝暦八戸沖地震が起きていますが、津波の最大高さは宮古付近の4mということですから、直接の影響はなさそうです。

埋め込んだのは2013年5月のストリートビューです。校舎解体を経て統合後も「石巻女子商業高前」バス停の名前はそのままだったようですが、今は「栄田」バス停に変わっています。

【外部リンク】
東京都立武蔵高等学校同窓会>東日本大震災の被災地にて


帯広南?商

「商業高校MAP」を見ながら、ふと気づいたことがあります。帯広南商が白樺学園の北側にあるのです。そんなはずはありません。白樺学園が帯広商として創立された翌年に開校した帯広南商は、帯広商の南にあるべきです。

調べてみると両校とも移転していました。ただ、両校のWebサイトでは移転した年はわかりましたが、移転前の所在地はいずれも記載されていませんでした。まあ、そんなものかもしれません。両者の大雑把な沿革は次のとおりです。

  • 1958★帯広商が帯広市白樺16条西2丁目に開校
  • 1959◆帯広南商が帯広市西17条南5丁目に開校
  • 1965★帯広商が白樺学園に改称
  • 1989◆帯広南商が帯広市西21条南5丁目に移転
  • 1996★白樺学園が芽室町北伏古に移転

創立時の位置関係はたしかに帯広商の南に帯広南商がありました。赤のマーカーが帯広商→白樺学園で、青のマーカーが帯広南商です。

先に移転した帯広南商は南5丁目から南5丁目への移転ですので、緯度はほとんど変わりません。白樺学園が市町境となる帯広の森運動公園の隣接地に移転したとき、旧・帯広商は帯広南商の南に回り込んだことになります。

旧・帯広商がなければ、帯広南商は素直に帯広商を名乗ったはずです。先に帯広商ができたために「南」を付して区別を容易にしたかったのでしょうが、旧・帯広商との位置関係だけで「南」になったわけでもなさそうです。

帯広市の中心部は駅の北側です。帯広市役所も、北海道銀行帯広支店も、NHK帯広放送局も、北海道電力帯広支店も、地元百貨店の藤丸も、国の出先機関の合同庁舎も、すべて帯広駅の北側にあります。

根室本線で南北に分けると南側であることに変わりはありませんが、中心部から見ると移転後の南商は西としか言えません。このような現象は各地で見られますので、最近の新設校の名称では東西南北がむしろ珍しくなっているのでしょう。

さて、白樺学園の跡地にはショッピングモールが入っていますが、帯広南商の跡地は依然として遊休土地?のままのようです。南商の移転はもう30年前です。2012年5月のストリートビューを埋め込みました。

桃李不言

池袋駅西口に20m×6mほどの小さな公園があります。塀には梟のレリーフが10個ほど埋め込まれており、公園中央のモニュメントは夜間にライトアップされます。センターポールの頂点に設置されているのは風見鶏仕様の親子連れフクロウです。

ホテルメトロポリタン正面玄関の向かい側にあるこの公園の名前は「元池袋史跡公園」ですが、高い木はありませんし腰掛けるスペースも限られているため公園感は薄く、単に歩道のショートカットコースという認識で済まされそうです。

この公園には「池袋地名ゆかりの地」の石碑だけではなく、「成蹊学園発祥の地」の碑もあります。成蹊学園とは言うまでもなく吉祥寺の成蹊学園ですが、「成蹊」を名乗る学校法人は、東京と大阪以外にも福島と福岡にあります。

いずれも史記の文言に由来するだけで、相互に人的・資本的関係はないようです。福島成蹊高校は、1944年から1949年まで福島成蹊女子商という名称でした。当時の校舎は福島市宮町にあったようですが、正確な所在地がわかりません。

宮町に校舎があったのは1914年から1959年にかけてです。いくら60年前と言っても、高校なら一定規模以上の敷地が必要です。宮町の町域には結構な境内と駐車場を備えた稲荷神社もあります。候補となる区画をかなり絞ることができます。

おそらくは、今の福島文化学園(幼稚園)の5階建てビルが旧・福島成蹊女子商の校地だったのではないかと推測されます。赤のマーカーを置いたところです。今の福島成蹊高校は青のマーカーの位置にあります。

福島文化学園のWebサイトを覗いてみたところ、幸いにも「沿革」のページがありました。今の5階建てビルは1965年の新築だそうです。一応、時期的には符合します。

もっとも、福島文化学園はもともとこの土地にあったのかもしれません。そして、福島成蹊女子商の校舎が別のところにあったという可能性が排除されたわけでもありません。

1年限りの女子商業高校

1971年高校野球選手権大会の北関東予選決勝で負けたのが上武大第一高校です。今では群馬もすっかり私学優勢になっているようですが、この当時はまだ群馬の私立高の甲子園出場はありません。

上武大第一高校は1963年に学文館女子商として創立されています。女子商だったのは1年限りで、翌年には共学化されて新町高校に改称、1968年の上武大開学と同時に上武大第一高校に名前を変えています。

1971年は、学校創立9年目にしておそらくは創部8年目の快進撃だったことになります。労使関係が一因だったのか事情のほどはわかりませんが、上武大第一高校は1979年に閉校になっています。

ネット上で検索しても正確な住所は出てきません。新町高校という名称からしても高崎市新町にある今の上武大高崎キャンパスが学文館女子商の所在地として最有力視されます。

国土地理院のWebサイトで公開されている航空写真では、1961年6月には田んぼか畑ですが、1964年5月には校舎らしき鉄筋コンクリートの陸屋根が確認できます。

国土地理院撮影の空中写真(高崎市新町の現・上武大高崎キャンパス付近)

初年度の募集人員は1クラスかせいぜい2クラスでしょう。開校1年目は十字路左下(南西)の既存建物で対処できたはずです。時期的に矛盾はありませんので、ここが学文館女子商の所在地と考えてもよさそうです。

柏崎商跡地の柏崎翔陽

Wikipediaの「新潟県立柏崎商業高等学校」のページには、やや独りよがりと思えなくもない次のような記載があります(2018/12/07現在)。

2000年に創立90周年を迎えたが、2002年4月から募集を停止し、2004年3月閉校。校舎は新潟県立柏崎翔洋中等教育学校に転用された。
新潟県立柏崎農業高等学校と統合して新潟県立柏崎総合高等学校となったとされることが多い一方で、卒業証明書の交付申請先には柏崎翔洋中等教育学校が指定されているが、両校ともに柏崎商業について具体的な言及をしていないため、後身に該当するのかは定かではない。

再編の対象とされた3校は、商業高校と農業高校、それに元来は女子校で被服科や保育科を設置していた常盤高校です。3校の統廃合に先立って、常盤高校の保育科は閉科となり、付属幼稚園も閉園になっています。

常磐高校の被服科は商業高校と農業高校の各科とともに農業高校の校地に新設された総合高校(青)に引き継がれ、常盤高校(緑)は普通科単置で存続、商業高校の校地には中高一貫の柏崎翔洋中等教育学校(赤)が設置されています。

中等教育学校の都道府県別設置数は、東京が最多で国立2校と区立1校を含めて8校です。新潟は県立オンリーの7校で、これに次ぐのは神奈川(私立3校)と愛媛(私立2校)5校です。九州は3校で東北は2校ですから、新潟は突出しています。

Wikipediaには「両校とも柏崎商業について具体的な言及をしていない」と記述されていますが、総合高校Webサイトの「学校長挨拶」では次のように言及されています(2018/12/07現在)。

平成14年4月、新潟県立柏崎農業高等学校、新潟県立柏崎商業高等学校、新潟県立柏崎常盤高等学校の被服科を再編成統合し、総合学科を設置する現在の新潟県立柏崎総合高等学校へと生まれ変わりました。

卒業証明書の件は行政サービスとしては決してイレギュラーな対応ではありません。車をどこに停めればいいのか、事務室の窓口がどこにあるのか、行ったことのない学校で迷わせるより賢明かもしれません。

SYOUGYOUの跡地にSYOUYOUが新設されたわけですが、「翔洋」の由来について翔洋校Webサイトでは触れられていません。様々な思惑が交錯する中で落とし所を探った結果がこうなったというのが実情ではないかと想像したくなります。

「しょう」の音を残して校名変更した商業高校

酒田商跡地に小学校

2012年に酒田市内の公立高校4校が統合されて、山形県立酒田光陵高校が新設されています。さすがに4校統合は珍しいと思われます。酒田市の人口は10万人強です。同規模他市の10月1日現在の法定人口と市内の高校数は次のとおりです。

  • 107,014人 石川県小松市 7校
  • 105,717人 愛媛県西条市 5校
  • 102,397人 鹿児島県鹿屋市 6校
  • 102,353人 山形県酒田市 4校(ほかに通信制1校)
  • 101,784人 茨城県筑西市 5校(ほかに高等専修学校1校)
  • 101,286人 岡山県津山市 6校
  • 99,157人 長野県飯田市 5校

人口10万人なら高校生相当の人口は1学年900人台です。1学年1000人で考えると40人学級で25クラスになります。統合前の7校は多いでしょうが、統合後の4校は思い切った決断だったのかもしれません。

さて、酒田光陵高は旧・酒田中央高の校地に新設され、校舎は隣接地に増築されました。ご近所だった旧・酒田工高と旧・酒田北高は市街地からやや外れた酒田北港の近くにあります。

酒田商工会議所は両校の跡地利用に関して用途地域を変更してほしい意向を表明しています。跡地をどうするかはまだ決まっていないわけです。一方、市街地にある旧・酒田商の跡地はストリートビューで確認することができました。

埋め込んだのは2012年11月のストリートビューです。表札には「酒田市立亀城小学校」と刻まれています。旧・酒田商高の近くにあった亀城小も統合対象であり、同校敷地内で新校舎を建設する2年間、旧・酒田商を仮校舎としていたようです。

閉校後の高校の校舎に中学校が入ってくるケースは比較的よくありますが、小学校が入居するのはあまり聞きません。2018年7月のストビューでもこの校舎は残っています。

結局、亀城小が亀ケ崎小として元の校地に戻った2014年以降は空家状態が続いているということのようです。

盛岡の江とは

木曽川は長野と愛知では南北に流れていますが、岐阜県内ではおおむね東から西へ流れています。木曽川南岸の愛知県江南市には県立の江南高がありますが、江南商は存在しません。

屈斜路湖から太平洋へ注ぐ釧路川の河口付近にある釧路江南高の前身は釧路女子高であり、商業科を設置していた実績はありません。釧路にも江南商はありません。

北上川に東から中津川が、西からは雫石川が合流する地点が盛岡です。江南商は盛岡で4年間だけ存在しています。

江南義塾盛岡高の現在地は北上川西岸の前九年町(赤)です。ここは「江南」ではありません。名前だけで歴史を感じさせるこの町に江南義塾盛岡高が移転したのは1980年のことです。まだ岩手橘高の名称でした。

前九年町に移転する前の校舎は御厩橋北詰の大沢川原(青)にあったようです。大沢川原は北上川と中津川の合流地点です。ということは、大沢川原もまた「江南」の地ではありません。

江南義塾高Webサイトには理事長の「あいさつ」が掲載されています。

本校は、明治25年9月菊池道太先生により、当時県下に一つしかない盛岡中学校入学のための予備校「育英学舎」として、盛岡市加賀野に創設されました。翌月には「学術講習会」と改称され、明治30年には日影門外小路に移転し、明治33年に「江南義塾」と改称されました。幾多の変遷の後、昭和25年から「岩手橘高等学校」となりましたが、平成7年開学の精神に立ち返りさらなる発展を期して、「江南義塾盛岡高等学校」と改称され現在に至ります。

校舎が日影門外小路(緑)にあった時代に「江南義塾」を名乗ったようです。盛岡城の日影門そのものは今の北日本銀行本店付近にあったそうですが、町域名としての日影門外小路は盛岡郵便局付近だそうです。

日影門外小路も地形的には「江南」ではありません。創立の地は加賀野(黄)ということです。場所を特定できたわけではありませんので、マーカーは適当に打ちました。実際にはもっと上流だったのかもしれません。

加賀野なら中津川の「江南」だと言えそうです。ただし、釈然としないのは日影門に移ってから「江南」を名乗っていることです。「沿革と現況」のページには次のような記述があります。

中国の江南地方は、気候温暖・地味肥沃で昔から文物の栄えた理想郷とされていますが、先生は東北、わけても岩手こそ、中国の江南であるとの誇りと理想を掲げて塾経営に当たるとともに、塾所在地が中津川南側地区に位置していたこともあって、上記「江南の橘」を念頭に置いて、塾名を「江南義塾」と定めたものと推測されます。

というわけで、川との位置関係はあまり重要ではなく、むしろ「江南の橘、江北の枳となる」の故事から名付けられたもののようです。疑問は解決しましたが、困ったことがあります。

江南商業学校は1934年に岩手商業学校と改称し、1944年の戦時転換で岩手農業学校になり、その後は商業校に復していません。1944年時点の所在地が日影門外小路なのか大沢川原なのか判明していません。

もちろん暫定的なものですが、MAPではとりあえず大沢川原にマーカーを置きました。国土地理院の1948年の航空写真では、大沢川原に校舎らしいものが確認できます。

3つの岩見沢女子高

岩見沢市のWebサイトに「教育行政の沿革」というページがあります。

明治40年(1907) 町立岩見沢女子職業学校創立。
大正13年(1924) 北海道庁立岩見沢高等女学校(現北海道岩見沢西高等学校)設置。
昭和20年(1945) 女子職業学校廃止。女子商業学校設置。
昭和22年(1947) 岩見沢市立女子商業学校廃止。岩見沢市立高等女学校開校。
昭和23年(1948) 庁立岩見沢高等女学校が道立岩見沢女子高等学校(現西校)と改称
昭和25年(1950) 岩見沢市立女子高等学校組織変更により廃校。岩見沢高等技芸学校開校。
昭和32年(1957) 岩見沢商業実践学校開校。
昭和34年(1959) 私立岩見沢女子高等学校創立。
昭和35年(1960) 岩見沢商業高等学校設置。
昭和49年(1974) 岩見沢商業高校及び岩見沢女子高校閉校。岩見沢緑陵高等学校開校。

岩見沢市の市制施行は1943年で、全国では201番目だそうです。町立岩見沢女子職業学校は1945年に市立の女子商業学校となり、その2年後に高等女学校になっています。

1948年の学制改革で市立高等女学校は新制高校に移行するはずですが、年表には庁立の高等女学校のことしか記載されていません。1950年にいきなり登場する「岩見沢女子高等学校」が1947年に開校した「岩見沢市立高等女学校」の後身だろうと思われます。

教育委員会の込み入った年表を整理してみました。

【東高】
1907(町)岩見沢女子職業学校
1945(市)岩見沢市立女子商業学校   1922(庁)岩見沢中学校
1947(市)岩見沢市立高等女学校    1947(道)岩見沢中学校
1948(市)岩見沢市立女子高等学校<A> 1948(道)岩見沢高等学校<B>
1950(道)岩見沢東高等学校<A+B>

【西高】
1924(庁)岩見沢高等女学校
1948(道)岩見沢女子高等学校
1950(道)岩見沢西高等学校

【緑陵】
1959(私)岩見沢女子高等学校<C> 1960(私)岩見沢商業高等学校<D>
1974(市)岩見沢緑陵高等学校<C+D>

年表に記載はありませんが、市立の岩見沢女子高は1950年に道立男子校の岩見沢高と統合されて岩見沢東高校になっています。年表最大の謎は「岩見沢高等技芸学校」です。「技芸」は「家政」とほぼ同義のようです。

さて、市立女子商の校舎がどこにあったのかはまったくわかりませんので、(今のところ)東高の現在地でMAP反映しています。一方、道立の岩見沢女子は1950年の共学化で岩見沢西に改称しています。

その後、1959年には私立の岩見沢女子高が設立されますが、1974年には私立岩見沢商とともに閉校となり、道立の岩見沢緑陵高が新設され岩見沢商の校地を継承しています。

結局、岩見沢女子高は設置者が異なる道立、市立、私立の3校が短期間ながら存在していたということになります。紛らわしいことこのうえない話です。

釜石商跡地は復興住宅

ある程度は覚悟していたことですが、「商業高校MAP」は移転や統廃合でかなり苦戦しています。釜石商は2009年に釜石工との統合で釜石商工となり、釜石商工は大観音近くの旧・釜石工の校舎を使用しています。

旧・釜石商が浮いたわけですが、2018年の今でもその体育館は拠点避難所に指定されています。2011年の震災当時はまだ校舎も残っていたようです。

グラウンドへの仮設住宅の建設が始まったのは震災1か月後です。4階建てと思われる校舎は解体され、8階建ての復興住宅に生まれ変わっています。

釜石市のWebサイトに「東日本大震災 釜石市教訓集 未来の命を守るために」というPDFファイル(↑)がありました。

「しょう」の音を残して校名変更した商業高校

なんとか商業高校のリストが完成しました。まだ微調整が必要ですし、漏れている高校もあるでしょうが、これでようやくMAPに着手することができます。MAP作成の前に、気になっていたことを整理しておきます。

  1. 1948(私)北海商業学校→北高等学校
  2. 1948(私)松本商業学校→松学園高等学校
  3. 1959(私)浪華商業学校→浪高等学校(→大阪体育大学浪高等学校)
  4. 1977(私)鶴岡商業高等学校→鶴学園高等学校(→鶴岡東高等学校)
  5. 1990(私)大阪商業高等学校→大学園高等学校
  6. 1994(県)栃木県立佐野商業高等学校→栃木県立佐野陽高等学校(→栃木県立佐野桜高等学校)
  7. 1998(私)藤沢商業高等学校→藤沢陵高等学校
  8. 1998(県)滋賀県立彦根商業高等学校→滋賀県立彦根陽高等学校(→滋賀県立彦根西館高等学校)
  9. 2000(市)福岡市立福岡商業高等学校→福岡市立福高等学校
  10. 2001(私)米子商業高等学校→米子蔭高等学校
  11. 2005(県)埼玉県立浦和商業高等学校→埼玉県立戸田陽高等学校
  12. 2005(県)福岡県立門司商業高等学校→福岡県立門司大館高等学校
  13. 2005(県)長崎県立有馬商業高等学校→長崎県立島原南高等学校
  14. 2006(道)北海道室蘭商業高等学校→北海道室蘭東高等学校
  15. 2007(道)北海道士別商業高等学校→北海道士別雲高等学校
  16. 2007(県)和歌山県立新宮商業高等学校→和歌山県立新高等学校
  17. 2008(私)広島女子商業学校→→→広島洋高等学校
  18. 2011(県)秋田県立湯沢商業高等学校→→→秋田県立湯沢北高等学校
  19. 2013(市→県)能代市立商業高等学校→秋田県立能代陽高等学校
  20. 2014(私)大阪女子商業学校→→→あべの学高等学校
  21. 2015(市→県)別府市立別府商業高等学校→大分県立別府青高等学校

商業高校が非商業高校となるに際して、略称を用いることで「商」の字を残すパターンは松商学園や大体大浪商が有名です。「しょう」の音だけを残すパターンもありますが、この魁となったのは北照高校です。

「商業」を外したいという目論見と、痕跡は残したいという思惑のマッチングが絶妙です。70年前のセンスに敬服するしかありませんが、数十年後にこの顰に倣った改称が相次ぐことになるという予感はなかったのかもしれません。

佐野松陽、彦根翔陽、戸田翔陽、広島翔洋、能代松陽という具合に、「SYOUGYOU」から「G」を抜いただけの「しょうよう」高校が目につきます。

同じ「SYOUYOU」とはいえ、東海大翔洋は東海大一と東海大工の、益田翔陽は益田産と益田工の併合による校名変更であり、前身校に商業高校は含まれていません。また、茨城の翔洋学園高校は通信制であり、元商業高校ではありません。

「SYOUYOU」の先駆は、兵庫県高砂市の県立松陽高校かと思われます。高砂は松の枕詞です。神奈川、鹿児島、茨城、岐阜、秋田にも県立の松陽高校がありますが、商業高校の後身校は能代のみです(佐野は再改称)。

「柏崎商跡地の柏崎翔陽」