【ブログ】5代目んだ

茶道発祥の地とは

「モータープールMAP(大阪以外)」に奈良市内11施設、京都市内1施設を追加しました。これで奈良県は270施設、奈良市は157施設を数えて、都道府県別では1位の兵庫に迫り、市町村別では2位の神戸を引き離しました。

12件はいずれも平置きの駐車場でした。まだまだ見つかるはずです。さて、今回追加したモータープールの近くにあったのが「茶道発祥の地」の石碑です。

何をもって「発祥」であると認定したのだろうと思ったわけですが、茶道の祖とされる村田珠光は11歳で出家して、この石碑から120m西にある浄土宗西山派の日輪山称名寺に入ったということです。

村田珠光は20歳になる前には称名寺を出てしまったという話もあります。珠光が茶道の原型を作ったのはその後になるはずです。まあ、あまり深追いしないのが平和なのかもしれません。

京都市上京区にある裏千家・今日庵は表千家・不審庵と隣接しており、武者小路千家の官休庵は南に700mほどです。千利休ゆかりの大徳寺真珠庵は京都市北区です。発祥は別にしてもメッカはやはり京都なのでしょう。

茶道を離れて、お茶そのものの起源にしても、奈良は形勢不利です。中国から持ち込んだお茶を比叡山山麓に植えたとされる最澄は、805年5月に神戸市和田岬に到着し7月に京都に入っています。

一方、最澄と同時期に唐に出発し東大寺や仏隆寺でお茶を栽培したとされる空海は806年10月に博多に着いたものの、大宰府での滞在期間が長く、関西に戻ったのは809年です。

ただし、茶筅については奈良県生駒市高山町が国産シェア90%だそうです。また、荒茶の生産量は京都5位で奈良6位のようです。茶道の確立に関わりのありそうな人物の生没年は次のとおりです。

  • 1394-1481 一休宗純
  • 1397-1471 能阿弥
  • 1423-1502 村田珠光
  • 1436-1490 足利義政
  • 1502-1555 武野紹鴎
  • 1520-1593 今井宗久
  • 1522-1591 千利休

関東一高

関東第一高等学校Webサイト「学園の概要」のページの「沿革」の項目です。「関東商業学校」の設立者・守屋荒美雄は、地図帳でおなじみの株式会社帝国書院の創業者でもあります。

大正14年 4月 守屋荒美雄・村上周三郎が関東商業学校を東京都千代田区神田錦町に設立
昭和14年 1月 江戸川区松島2丁目10番11号の現在地に移転
3月 関東工科学校(定時制)開校・電気科設置
昭和22年 4月 関東第一中学校併設
昭和23年 4月 学校制度の改正により関東綜合高等学校と改称
昭和28年 4月 関東商工高等学校と改称
昭和40年 4月 建築科設置
昭和48年 4月 商業科廃止・普通科設置
関東第一高等学校と改称

Wikipediaの「関東第一高等学校」のページでは次のように記載されています。

1925年 – 守屋荒美雄・村上周三郎が関東商業学校を東京都千代田区神田錦町三丁目3番地に設立
1939年 – 江戸川区松島二丁目10番11号の現在地に移転
1939年 – 電気科設置
1943年 – 帝国第一工業学校と改称
1943年 – 機械科設置
1945年 – 関東第一商工学校と改称
1947年 – 関東第一中学校併設
1948年 – 学校制度の改正により関東総合高等学校と改称
1953年 – 関東商工高等学校と改称

1943年(昭和18年)に「帝国第一工業学校」に名称変更しています。あいにく何月という記載はありません。「教育ニ関スル戦時非常措置方策」は1943年10月の閣議決定です。

これにいち早く対応して同年中に名称変更した可能性も排除できませんが、1939年に電気科、1943年に機械科が設置されていることからすれば、「工業」を名乗ることも不自然ではありません。

今回作成しようとしている商業高校MAPの対象は、1943年度以降に旧制「~商業学校」か新制「~商業高等学校」と称した学校ですが、これに該当するのか非該当なのか判断がつきかねます。

次やその次の企画も定まりましたので、このMAPに関してはあまり深掘りしないで、さっさと片付けようという意識になってきました。関東一高も対象とします。

明治4年に市は存在せず

福島県立福島商業高等学校のWebサイト「学校沿革」の冒頭4行です。

明治30年 福島町立福島商業補修学校として開校認可
大正11年 福島県立福島商業校と改称
昭和32年 創立60周年記念式典を挙行。記念事業として新校歌「若きこころ」発表昭和38年 福島西高女子高等学校新設にともない女子生徒募集停止

変遷が省略されるのは理解の範囲内ですが、そこを間違ってはいかんだろうと思ったりもします。Wikipediaの「福島県立福島商業高等学校」のページでは、大正11年には「福島県立福島商業校と改称」されたそうです。

福島大学の前身の1つである「福島経済専門学校」は1921年12月に設置され、翌1922年4月に1期生が入学しています。その際の名称は「福島高等商業学校」です。1922年は大正11年です。

つまり、1922年には旧制「福島商業学校」とともに旧制「福島高等商業学校」も成立しているわけです。この混同の可能性も否定できませんが、高校の歴史を語るのに大学の話が出てくるのも不自然ですので、単純なミスと思われます。

さて、福島市の市制施行は何年だろうかと、今度は福島市のWebサイトを覗いてみました(市勢概要>歴史)。

旧石器時代 福島盆地(信達地方)に人々が住むようになる。
<略>
1871年(明治4年) 福島県が誕生し、福島が県庁所在地となる。
1876年(明治9年) 福島県、磐城(いわき)県、若松(わかまつ)県が合併し、福島県となる。
1899年(明治32年) 東北初、日本銀行出張所(後に支店)が設置され、師範学校が置かれる。
1907年(明治40年) 市制施行(県内で2番目、全国で59番目の市として人口3万余人の「福島市」が誕生する。)

1871年に「福島が県庁所在地となる」とされています。市制施行第1号は1888年4月1日の大阪、京都、神戸、横浜など31都市ですから、1871年にはまだ「市」の制度そのものが存在しません。

1871年は信夫郡福島村が福島町になった年です。二本松県が福島県(第2次)に改称されたのと同じ年ですが、その先後についてはわかりませんでした。まあ、今のや未来が大切であって、過去はアバウトでもいいものかもしれません。

ちなみに、福島県で最初に市に移行したのは1899年の若松市(→会津若松市)で、3番目が1924年の郡山市、4番目が1937年の平市(→いわき市)でした。

出自はやっぱりそこ

瀬川瑛子の母校でもある品川エトワール女子高校Webサイトの「沿革」のページの冒頭3行です。

1934 (S.9) 9.19.町田徳之助翁により、財団法人町田報徳会並びに町田報徳学舎設立。
1950 (S.25) 4.普通科の町田学園女子高等学校となる。
1984 (S.59) 9.創立50周年式典開催。

1934年から1950年まで「町田報徳学舎」で押し通したように解釈することもできますが、そんなはずはありません。男子校として設立された町田報徳学舎は、のちに町田報徳商業学校となり、1944年には何らかの転換を迫られているはずです。

学制改革は(高校については)1948年ですので、この時点でも名称変更が必ずあります。途中が思い切り省略されているわけですが、このようなケースは枚挙にいとまがありません。

で、町田報徳商業学校を深掘りしているうちにヒットしたのが、次のPDFファイルでした。

高校野球百科事典>高校野球創部調査β版>男子商業学校の戦時転換

やはりこの分野は高校野球と切り離せないもののようです。私は次の2つをリストアップしているところでした。後者に関しては、どこまで遡るのかという問題を抱えていました。

  1. 現存する商業高等学校
  2. かつての商業高等学校(または旧制の商業学校)

上のPDFをベースにすることができそうですので、1943年度以降に限定しようと考えています。私の問題意識に従い、「~実業」や「~商工」は対象外としますが、女子商業は含みます。分類としては次のようになります。

  1. 1943年度以降の旧制「~商業学校」で、現校名が「~商業高等学校」
  2. 1943年度以降の旧制「~商業学校」で、現校名が非「~商業高等学校」
  3. 新制「~商業高等学校」で、現校名も「~商業高等学校」
  4. 新制「~商業高等学校」で、現校名が非「~商業高等学校」

閉校の場合は2または4とします。いずれにせよ、MAPの元になるリストは組み替える必要があります。今週末にはMAP作成に着手するつもりでしたが、若干ずれ込みそうです。

MAP化するには所在地を把握する必要もあり、そう簡単にはいかないケースも多くあるでしょうが、ここまで来ればもう乗りかけた(泥?)舟です。

ところで、2006年発売の「河合奈保子・しんぐるこれくしょん」には「エトワール幼稚園園歌」が、2013年に発売された「河合奈保子 ゴールデン☆ベスト~B面コレクション~」には「町田学園女子高等学校校歌」が収録されています。

学園から作詞を依頼された売野雅勇の推薦だったようです。どうやらこの校歌と園歌は1990年代半ばに吹き込まれた音源で、おそらくはは非売品だったものと思われます。

長浜市南端にある長浜北と長浜北星

滋賀県立長浜北星高校のWebサイト「沿革」のページから、気になる部分を抜き出してみました(元号を西暦に置き換えています)。

  • 1924/04/10 「長浜町立長浜商業学校」設立
  • 1930/04/01 「滋賀県立長浜商業学校」と改称
  • 1944/04/01 「滋賀県立長浜工業学校」併設
  • 1948/03/31 「滋賀県立長浜工業学校」が廃止
  • 1948/04/01 「滋賀県立長浜南高等学校(商業、農業課程)」が設置
  • 1948/08/25 普通課程を設置、商業課程を「滋賀県立長浜北高等学校」に移転
  • 1948/09/18 定時制商業課程を「滋賀県立長浜北高等学校」に新設
  • 1949/04/01 県下公立高等学校編成替により、「滋賀県立長浜高等学校南校舎」と改称
  • 1950/04/01 平方町に新校舎完成。これを「南校舎」と称し、従来の「南校舎」を「中校舎」と改称し、全日制(普通、商業課程)定時制(商業課程)を設置
  • 1951/04/01 全日制工業課程(紡織科)を新設
  • 1952/11/15 校名を「滋賀県立長浜西高等学校」と改称
  • 1953/04/01 全日制工業課程に女子工芸科を新設
  • 1961/04/01 「滋賀県立長浜商工高等学校」と校名変更し、紡織科・繊維化学科・女子工芸科を繊維工業科に改編し、電気科の新設
  • 1998/04/01 全日制課程を総合学科に改編「滋賀県立長浜北星高等学校」に校名変更

記述不足ですので整理します。長浜北星の校名は次のように変更されています。

  • 1924年 長浜町立長浜商高
  • 1930年 滋賀県立長浜商高(県立移管)
  • 1948年 滋賀県立長浜南高(商→南)
  • 1949年 滋賀県立長浜高 南校舎(長浜北と統合)
  • 1950年 滋賀県立長浜高 中校舎
  • 1952年 滋賀県立長浜西高
  • 1961年 滋賀県立長浜商工高
  • 1998年 滋賀県立長浜北星高

1950年前後に「南校舎」や「中校舎」と呼ばれていたのですから、「北校舎」があるはずです。「北校舎」は1911年に高等女学校として開校した長浜北です。統合は長く続かず、1952年には北高と西高に再分割されます。

赤が中校舎(1952年当時の長浜西高校)で青が北校舎(当時の長浜北高校)です。北と西の位置関係はいたって妥当です。その後、1976年には緑の位置に長浜高校(2代目)が開校します。

さて、不幸の1つ目は「長浜北星」の名称です。なぜ「北星」なのでしょうか? 同校Webサイトの「学校長挨拶」のページに次のような記述があります。

本校校章には、天球に燦然と輝く北極星のごとく、若者たちの長い人生を生き抜く指針が与えられる高校に、湖北の希望の星と讃えられる高校になるようにとの願いが込められています。

それはそれで立派な理念でしょうが、「長浜」と「長浜北」がある以上、わざわざ「長浜北星」と名付ける必要はなかったのではないかと思わなくもありません。やがて、2つ目の不幸が訪れます。

長浜市は2006年に北の2町と合併し、2010年にはさらに北の6町を編入します。その結果、人口で滋賀県3位、面積では滋賀県1位となりました。旧・長浜市はその南端に位置しています。「長浜北星」から米原市との境界まで約3kmです。

3つ目の不幸は青の「長浜北」と緑の「長浜」が2016年に統合され、統合後は「長浜北」を名乗ったことです。歴史の長いほうが浅いほうを飲み込むのはよくあることです。そして、新・長浜北は緑の校舎を使うことになりました。

2度の合併により長浜市の市域は北に大きく広がりました。今は福井と岐阜の両県に接しています。南北は約40kmあります。その長浜市の南端に「北高校」と「北星高校」が共存しています。もともと赤と緑は市街地の南側でもあります。

いつか誰かがどこかで、(究極的にはどうでもいい)この疑問を抱くに違いありません。だとすれば、書き留めておく価値がありそうです。

教育ニ関スル戦時非常措置方策

ネット黎明期の「セットポジション」には「たそがれの商業高校」と題するページがありました。私は次のように記述していました。

セットポジション>たそがれの商業高校

「おそらく」と逃げを打っていますが、当時はたしかに3校だったのです。今は4校に増えています。那珂川町立福岡女子商業高校は2017年4月より設置者が那珂川町から学校法人八洲学園へ変更されました。公立高が私立高になったのです。

目下のところ私は「商業高校MAP」を鋭意作成中です。厳密には作成準備中です。2018年度に現存する「~商業高等学校」は全国で177校前後です。かつての商業高校はおそらく200を超えるのではないかと思われます。

で、これをMAP化しようという魂胆ですが、やはり気になるのが1944年に商業高校がこぞって工業高校や農業高校に転換していることです。

教育ニ関スル戦時非常措置方策
昭和18年10月12日 閣議決定

一 方針
現時局ニ対処スル国内態勢強化方策ノ一環トシテ学校教育ニ関スル戦時非常措置ヲ講ジ施策ノ目標ヲ悠久ナル国運ノ発展ヲ考ヘツツ当面ノ戦争遂行力ノ増強ヲ図ルノ一事ニ集中スルモノトス
第二 措置
一 学校教育ノ全般ニ亘リ決戦下ニ対処スベキ行学一体ノ本義ニ徹シ教育内容ノ徹底的刷新ト能率化トヲ図リ国防訓練ノ強化勤労動員ノ積極且ツ徹底的実施ノ為学校ニ関シ左ノ措置ヲ講ズ
<略>
(三)中等学校
(イ)昭和十九年ヨリ四学年修了者ニモ上級学校入学ノ資格ヲ付与シ昭和二十年三月ヨリ中等学校四年制施行期ヲ繰上ゲ実施ス
(ロ)昭和十九年度ニ於ケル中学校及高等女学校ノ入学定員ハ全国ヲ通シ概ネ前年度ノ入学定員ヲ超エシメズ工業学校、農業学校、女子商業学校ハ之ヲ拡充ス
(ハ)男子商業学校ニ就テハ昭和十九年度ニ於テ工業学校、農業学校、女子商業学校ニ転換スルモノヲ除キ之ヲ整理縮小ス

1943年10月当時は東條内閣です。男子生徒を勤労奉仕や予科練に誘導したい思惑があるのでしょうが、配給制と闇市の統制経済下では「商業」がいびつな形になるわけですから、学ぶべきこともあまりないと言えるのかもしれません。

この戦時非常措置や文部省の指導により、1944年にはたとえば松本商業学校が明道工業学校に、東京商大は東京産業大に、神戸商大の商業研究所が大東亜研究所に改称されたり、募集が停止されたりすることになります。

享栄商業学校は1944年に享栄女子商業学校を名乗っています。享栄高校は1988年の共学化まで男子校でした。享栄高校の100年を超えた歴史において「女子」を冠していた時代があるのは苦肉の策の帰結だったわけです。

さて、1944年に半ば強制的に「商業」が外されて、これを奇貨として?そのまま「商業」なしで突っ走った学校もあれば、戦後ほどなく「商業」に戻った学校もあります。今回はそこに注目したいわけではありません。

【外部リンク】
福島県立若松商業高等学校>若商100年のあゆみ>学徒動員学校工場
新潟県立新潟商業高等学校 葦原同窓会>勤労動員と学科転換

次回の精密DX無印エントリー曲

精密DX無印の第126回は先日、「三枚の写真」のイチ抜けで無事に終了しました。DX-Gの第127回も決勝ラウンドを残すのみです。もう11月半ばですので、年内に完結するのは年間グランプリ決定戦となる第128回が最後です。

この第128回はDX-Gの単独回とします。今後、DX無印の部屋へ回された場合は2年越し確定の別シリーズとなります。問題はそのエントリー曲です。次のDX無印回はかなりの長期戦になるはずです。第126回でさえ半年近くかかっています。

ある程度歌える曲を揃えるのが無難でしょうから、非イチ抜け曲のうち自己ベスト上位27曲をエントリーすることにしました。もちろん、DX-Gはボーナス加点前の素点を基準とします。

  1. 97.225点(無)硝子坂 ♪ 高田みづえ
  2. 97.070点(G)青い珊瑚礁 ♪松田聖子
  3. 97.044点(G)セシル ♪ 浅香唯
  4. 96.995点(G)津軽海峡・冬景色 ♪ 石川さゆり
  5. 96.897点(無)夏の扉 ♪ 松田聖子
  6. 96.867点(G)女学生 ♪ 岡田奈々
  7. 96.865点(G)ボヘミアン ♪ 葛城ユキ
  8. 96.824点(G)さらば恋人 ♪ 堺正章
  9. 96.699点(無)ありがとう…感謝2011 ♪ 小金沢昇司
  10. 96.477点(無)さらば青春 ♪ 小椋佳
  11. 96.473点(G)雨 ♪ 森高千里
  12. 96.453点(無)真冬の恋人たち ♪ 松田聖子
  13. 96.416点(G)元気を出して ♪ 竹内まりや
  14. 96.407点(無)渚でクロス ♪ 荒木由美子
  15. 96.395点(G)いい日旅立ち・西へ ♪ 鬼束ちひろ
  16. 96.380点(無)悲しい色やね ♪ 上田正樹
  17. 96.295点(G)365日の紙飛行機 ♪ AKB48
  18. 96.293点(無)さらば涙と言おう♪ 森田健作
  19. 96.267点(G)時間旅行 ♪ 松田聖子
  20. 96.267点(G)心の旅 ♪ チューリップ
  21. 96.209点(無)Time goes by ♪ Every Little Thing
  22. 96.199点(無)なのにあなたは京都へゆくの ♪ チェリッシュ
  23. 96.181点(G)すこしだけ やさしく ♪ 薬師丸ひろ子
  24. 96.177点(無)また君に恋してる ♪ ビリー・バンバン
  25. 96.163点(G)恋の予感 ♪ 安全地帯
  26. 96.085点(G)心を開いて ♪ ZARD
  27. 96.069点(無)大切なあなた ♪ 松田聖子

次の精密DX無印は、この27曲に任意の3曲をプラスして計30曲のエントリーで展開します。なお、第128回となる年間グランプリ決定戦については、次のようにレギュレーションを定めました。

  • エントリーは第117回から第127回の入賞曲(延べ99曲)とする。
  • 1回戦で99曲(重複あり)を1回ずつ歌う。その際、入賞当時のバージョンとキーを尊重する。
  • 1回戦は4ラウンド(25曲、25曲、25曲、24曲)とし、複数回入賞している曲は同一ラウンドで歌わないよう配慮する。5回以上の入賞でやむを得ず同一ラウンドで2回歌う場合はその間隔を考慮する。
  • 音程順で上位27曲(重複なし)が準決勝第1ラウンド進出。準決勝以降ではキーとバージョンは任意とする。
  • 準決勝第1ラウンドまでの得点順上位27曲(重複なし)が準決勝第2ラウンド進出。
  • 敗者復活ラウンドとして決勝進出を逃している曲を中心に任意に18曲歌う。
  • 音程順上位27曲が決勝進出。音程順により3組にグループ分けし、各組1位の3曲がファイナルステージ進出。音程順1位が年間グランプリ曲。

去年と異なるのは、準決勝後に敗者復活ラウンドを設けたことです。このため、第128回は最近では異例の8ラウンド制となります。

福井市内で6件、西舞鶴で2件のモータープール追加

旅先で見かけたモータープールがあります。福井県庁の北側でした。

モータープールの看板

アスファルト舗装の平置きタイプの駐車場です。1件見つかれば他にもあるはずです。福井市内で計6件を「モータープールMAP(大阪以外)」に追加しました。

ついでに、福井で撮ったレアかもしれない写真を載せておきます。理髪店のサインポールは赤・白・青のフランス国旗(オランダ国旗でもあります)タイプが一般的ですが、なぜかイタリアンなサインポールがありました。

赤・白・緑の理容店サインポール
シルバーゾーンの標識

また、シルバーゾーンの標識はおそらく都道府県単位で異なるものと思われますが、福井でみかけたのは青地に顔と掌でした。

モータープールの看板は西舞鶴でも見かけましたが、こちらは車で通り過ぎただけで写真は撮れませんでした。場所は控えておきましたので、ストリートビューで確認してみました。

フェンスの角に「城北モータープール」と掲げられていますが、「城北モータープール」はフェンス内ではなく、この路地状敷地の奥にあります。フェンス内の駐車場は「三ノ丸モータープール」の名称です。

駐車場入口の左側に同じタイプの看板があります。不動産業者としては、社名と連絡先をアピールできるこの種の看板は無意味なものではないはずです。特定の業者が「モータープール」を好んで使っているのでしょう。

この2件もMAPに追加しています。いずれにせよ、このような平場の小規模な駐車場については、実際に足を運んだりしない限りなかなか見つけられない性質のものに違いありません。

最終更新日の設定はお預け

「セットポジション」時代は、次のように各ページの右肩に作成日と最終更新日を記載していました。

インターネット・アーカイブで取得できる最古の「セットポジション」は2001年5月24日時点のものですが、サイト開設から1年経過していないこの時点ですでに更新日を記載しています。昔も今も必要不可欠なものだと考えています。

作成日は手入力でしたが、更新日についてはタイムスタンプを用いており、更新すれば自動的に日付が入る形を整えていました。WordPress移行後は方法がわからず、本文1行目に右寄せで直に記載するという原始的手法を用いています。

いつまでもそういうわけにはいかないでしょうし、そろそろ対応しなければ後が面倒です。検索してみると、どうやらPHP設定で対応できるようです。結論から言うと、まだ私にはハードルが高く、成功には至りませんでした。

このページは動作していません。
set333.net では現在このリクエストを処理できません。
HTTP ERROR 500

HTTP500エラーは、ファイルの記述ミスに起因することが多いようです。今回は固定ページに更新日を記載するため「page.php」だけを差し替えてみたわけですが、本当はその前に「functions.php」も差し替える必要があったようです。

TwentySixteenの場合、前者は60行程度ですが後者は350行ほどあります。追加するコードをどこに放り込んだたらいいのか、さっぱりわかりません。もう少しゆっくり時間をとれる日でなければ対応できません。

  1. 「ロリポップFTP」→「wp-content」→「themes」→「twentysixteen」で「functions.php」と「page.php」をコピー
  2. コピーに追加コードを埋め込んで「twentysixteen-child」で新規作成、保存

この手順で再チャレンジすればいいのではないかと思われますが、さて?

柳ヶ瀬トンネルが一般道化されたのはいつ?

柳ヶ瀬トンネルに関して、実は疑問が1つ残っています。ワトソン君を名乗る私としては、ここは「追究」のしどころです。

Wikipedia「柳ヶ瀬線」のページの「国鉄バス時代」の項目には次のように記載されています。(2018/11/07現在)

柳ヶ瀬トンネルはJR化後に1987年(昭和62年)4月1日から県道敦賀柳ヶ瀬線として一般開放された

一方、同じWikipedia「柳ヶ瀬トンネル」のページには次のような記述があります。(同上)

1980年(昭和55年)4月7日 – 一般道として開放。

どちらかが誤りなのでしょう(まあ、どちらも誤りという可能性もあります)。気になるところです。後者の履歴を確認すると、2011年6月15日以降が上の表現であり、それ以前には次のように記されていたようです。

1980年(昭和55年)4月7日 – 北陸自動車道敦賀IC-米原JCT開通により供用開始

これでほぼ解決かもしれません。高速の開通で並行するバス専用道路が一般道化されるというのは、あまり意味が通りません。ただ、北陸自動車道のこの区間はたしかに1980年に開通しています。

以前の記述は北陸自動車道の「柳ヶ瀬トンネル」のことであり、1882年に当時の日本では最長の全長1352mの鉄道トンネルとして完成した「柳ヶ瀬トンネル」のほうではないはずです。

国鉄が民営化された1987年に一般道となったかどうかの確認はできませんでしたが、1980年説については否定できるのではないかと思われます。