かつてのコンビニエンスストア

社団法人日本フランチャイズチェーン協会の統計データ(頁末外部リンク参照)によれば、1983年のコンビニ店舗数は6,308軒、1998年には36,265軒、2019年7月で55,724軒です。

日本におけるコンビニ1号店は1973年開業のファミマ狭山店(現在の入曽店)と言われていますが、ちらほら見かけるようになったのは1970年代末と思われます。当時も「コンビニ」の名称はあったはずです。

ちなみに、私が初めて利用したのは東京都中央区内のサンチェーンでしたが、すでに店舗自体がなくなっています。商業統計におけるコンビニとは。次の条件を満たすものに限られます(頁末外部リンク)。

  • 飲食料品を扱っている
  • 店舗面積が30㎡以上250㎡未満
  • 営業時間が1日14時間以上

やはり営業時間がキーになるようです。終日ではないにせよ、朝早くから夜遅くまで営業している小売店舗なら「コンビニ」と呼んでも差し支えなさそうです。ストリートビューで、こんな「コンビニエンスストアー」を見かけました。

埋め込んだのは2013年9月撮影のストビューです。この豊岡市の「コンビニエンスストアー」さんは、2000年から2007年の間に閉業しているようです。「コンビニエンスストアー」としての開業は1970年代末か1980年代初頭と思われます。

新規にオープンさせるならこの立地ではないでしょうから、もともと食料品や日用品を扱う店舗だったのだろうと推理します。

【外部リンク】
社団法人日本フランチャイズチェーン協会>1983年~1998年(店舗数)
経済産業省>商業統計 利用上の注意(4ページ目)

生野署のほうが東住吉署より近い

別に容疑者を弁護するつもりはまったくありませんが、その主張には一応の合理性がないわけでもないと私は理解しています。

まず、「確保」に時間がかかったのは、おそらく逮捕状が手元になかったからでしょう。捜査員2人の時点では、本人確認のうえ任意同行を求めているだけに違いありません。警察側は取材のTVカメラを意識して、強引なことができません。

茨城県警提供の手配写真はおそらく送検前に警察で撮影されたものです。東住吉署を嫌ったのは、かつて取り調べを受けた場所だったからです。マンションから出てきた彼ら2人は、たしかに生野署側に向かっています。

生野区の南西部(Google Earthプロ)

この地図上における東住吉区は、左下の国道25号線の南西側で府道26号線の南東側です。わずかな三角形部分が東住吉区です。マンションはたしかに東住吉区にあり、管轄は東住吉署です。

マンション起点で各警察署までの直線距離をGoogle Mapで計測してみました。生野署まで約1.4km、阿倍野署まで約2km、天王寺署まで約2.2km、東住吉署の仮庁舎までは約2.4kmでした。

埋め込んだのは2015年4月のストビューです。三菱の軽ワゴンはこの時点でも所定の区画に駐車中です。「確保」現場となった駐車場は2010年1月のストビューでは電気屋さんです。2013年10月のストビューでは駐車場になっています。

テレビ各局がマークしていたぐらいですから、警察はマンション6階に潜んでいることを知っていたはずです。ガラケー女を犯人蔵匿で引っ張るために泳がせていたと考えるほうが理にかなっています。

間違い探し

2018年4月に撮影された山梨県北杜市須玉町穴平の航空写真です。すぐ東側には須玉川が流れています。中央の青っぽい正方形は建物のようですが、長方形の物体の大部分は中古車(または廃車)だと思われます。

2018年4月撮影(Google Earthプロ)

Google Mapの航空写真にはタイムマシン機能がありませんが、Google Earthでは遡ることができます。次の画像は2016年5月撮影の航空写真です。2つの画像で間違い探しをしてみると、当然のことながら必ずしも同一ではありません。

2016年5月撮影(Google Earthプロ)

消えてしまった車両もないわけではありませんが、全体の数としては増えていますし、大部分は動かされていないようです(まあ、動かして元の場所に戻したという可能性はあります)。

7月13日付で「毎日新聞」が報じたニュースによれば、この土地の管理者である北杜(ほくと)市議に対して、山梨県は廃棄物処理法に基づいて廃棄物を適正に処理するように行政指導したそうです。

ゴミなのか有価物なのかは、いわゆるゴミ屋敷でも問題になります。毎日の記事では、市議はオークションで落とした有価物である旨を主張しているそうです。

環境省は都道府県(指定都市)の所轄部署に対して「行政処分の指針について」を通知しています(最新の通知は去年3月)。正直なところ、あまり読みたい文書ではありませんでした。

H4でアルファベットが小文字にならない

自分用のメモです(このサイト自体が自分用のメモですけど…)。下書き保存しても検索が面倒なだけですから、一切合切ここに押し込んでしまおうと思っています。

プラグイン

プラグイン「Duplicate Post」を追加しました。ページ複製のためのプラグインです。今までHTMLでコピーしてきましたが、「精密採点DX 全国平均点の推移」のページ分割に際して導入しました。

で、もうすっかり忘れていたインストールの手順を(あくまでも自分のために)整理しておきます。目的のプラグインが決まっている場合のインストールの手順です。

(1)管理画面で「プラグイン」を選択、「新規追加」をクリック
(2)検索ボックスにプラグイン名を入力
(3)「今すぐインストール」をクリック
(4)「有効化」を選択

「Duplicate Post」の使い方は、コピー元のページ一覧(固定ページ一覧or投稿一覧)を開いて「複製」を選択するだけでいいようです。

コピーされたページのタイトルが「(複製)~」となるように設定しただけで、ほかの初期設定はいじっていません。

「Duplicate Post」の導入に伴い、「Hello Dolly」を削除しました。「Hello Dolly」はWordPress標準装備ですが、削除しても差し支えないもののようですので、プラグインの数を増やさないために削除した次第です。

H4のアルファベットが大文字になる

「…平均点の推移」のページでは曲名等をH4で設定していましたが、アルファベットが大文字になってしまうことに気づきました。

Time goes by(H4)

Time goes by(H5)

曲名については副題を省略することはありますが、大文字・小文字などは原題どおりにしたいと考えています。譲りたくない部分です。CSSで対処できるようですが、H5で代用しています。

推移のページ

これは純粋な業務連絡です。DX610-365以下の反映まだ。DX30曲のGもまだ。

指差すゴリラの道案内

イタリアンなサインポールを探しているうちに、ゴリラのオブジェを見つけてしまいました。看板の上に乗ったゴリラが左手(左前足)で左折を促している道案内のオブジェです。誰が主導して設置したのか気になります。

(A)国道442号線角地の土地所有者
(B)看板記載の歯科医院
(C)オブジェの製作業者

一般的にはBだと思われます。需要がないことには成立しない話です。案内看板がほしかったBがAに持ちかけたと考えるのが自然です。A発信の可能性は否定できませんが、C発信なら両当事者を口説かねばならず、ちょっと無理筋です。

埋め込んだのは2017年5月撮影のストビューです。「宗方歯科」の看板の上にゴリラが乗っかっています。設置箇所は国道沿いの鋭角の角敷地(赤矢印)です。大分市街地から大型ショッピングセンターに向かう途中の下り車線です。

上宗方付近 © OpenStreetMap contributors

緑の矢印が歯医者さんになります。鋭角の角敷地は店舗の駐車場として利用されていないことから、歯科医院が案内看板設置のために買い取ったものかもしれません。もしそうだとすると、次の現実をどう受け止めていいのか怪しくなります。

最新2018年6月撮影のストビューです。歯医者さんの看板は保育園に変わっています。「稙田ほまれ保育園」は2018年4月の開園です。「田」ではなく、のぎへんの「田(わさだ)」です。由緒ある地名です。

この新設保育園はまだネット地図に正確に反映されていないようですが、おおむね青矢印の位置と思われます。設置されたばかりの保育園としては、ゴリラの案内看板は魅力的に違いありません。

歯医者さんとしては、このゴリラはもう十分に目的を果たしてくれたはずです。土地ごと有償譲渡を受け入れる余地はあります。以上、私の推理が正しいかどうかは土地登記簿でわかります。調べませんけど…。