「あいのない」町

ネット上には古くから「巣間内(すまない)」という駅標画像が出回っています。実在する名鉄小牧線「間内(まない)」駅のコラ画像です。ただし、間内という地名はありません。

間内駅の駅舎自体や浅井長政像のある東口は春日井市牛山町です。紫の破線は市境です。バス停のある西口に出るとそこは小牧市北外山なのです。ロータリーの先の外山幼稚園は小牧市南外山になります。

間内駅付近  © OpenStreetMap contributors

間内駅の名古屋寄りのお隣は牛山駅です。牛山駅に近いところに「南外山間島」の地名がありますので、何らかの関連がありそうな匂いがしますが、確かなことはわかりません。

さて、昨日公開した「*別」と「*内」の市町村MAP掲載の87自治体のうち、もっともインパクトがあるのは、今は北見市になっている旧・常呂郡相内村だと思われます。間違っても新婚旅行先にはならないはずです。

北見市への編入は1956年ですが、字としての「相内町」、「東相内町」、「西相内」が残り、相内保育園、相内小学校、相内中学校、相ノ内郵便局も現存します。相内駅もあります。2012年6月のストビューです。

漢字のままでいいのに、わざわざ「相内」をひらがな表記にした「あいのない診療所」があります。旅行中に診察を受けることになれば、さすがにためらいを感じることでしょう。「愛の無い」と「愛の内(うち)」には隔たりがあります。

診療所は相内駅徒歩7分ですが、隣接する飲食店は「あいの里茶房」です。「さと」と読むのか「り」と読むのかわかりませんが、店主は地名の「あいのない」を「愛の無い」に脳内変換したに違いありません。

北海道庁アイヌ政策推進局アイヌ政策課の「アイヌ語地名リスト」によれば、「アイヌオナイ」の音に「相内」の文字を当てたようです。現地語は尊重すべきでしょうが、「あいのない」はNGだったのではないかと思わなくもありません。

この地区のもう1つの医療機関は、相内駅の西側の「あいない歯科クリニック」です。「の」を省いたことで幾分やわらいだ印象があります。愛着と抵抗の葛藤が窺えるようなネーミングです。