小豆島で1年分の雨・1976年台風17号

川崎市は政令指定都市20市のうち唯一アメダス観測点を持たない自治体です。日吉は雨量のみの観測ですが、その露場は校舎の屋上に設置されているようで川崎との市境となる矢上川まで約600mです。

日吉を含めて神奈川県内のアメダス観測ポイントは11地点です。台風19号が上陸した10月12日の雨量が観測史上1位だったのは6地点で、各観測地点の歴代10位に入らなかったのは横浜と三浦の2地点のみでした。

▼順位、10/12の降水量、観測所名、従来の1位の降水量とその年月日、統計開始年を記載しました。

9位 187.5mm 日吉 248mm(1989/8/1)1976~
1位 361.5mm 相模原中央 350mm(1991/9/19)1976~
1位 595.0mm 相模湖 325mm(1998/8/30)1976~
1位 518.0mm 丹沢湖 495.5mm(2010/9/8)1976~
2位 256.5mm 海老名 259mm(1976/9/9)1976~
6位 173.5mm 辻堂 202mm(2003/8/15)1992~
1位 210.0mm 平塚 203mm(1991/9/19)1976~
1位 240.0mm 小田原 238.5mm(2010/9/8)1976~
1位 922.5mm 箱根 528mm(2005/8/25)1976~

アメダスの観測地点・箱根
アメダス観測地点・箱根(Google Earthプロ)

とりわけ箱根は歴代の全国1位でした。気象庁所管の日降水量歴代TOP10は次のとおりです。箱根も日吉同様に雨量のみの観測です。その露場は衛星写真では見えますが、ストビューで確認することはできません。

▼日降水量、観測所名、年月日を記載しました。

922.5mm 箱根(神奈川県) 2019/10/12
851.5mm 魚梁瀬(高知県) 2011/7/19
844mm 日出岳(奈良県) 1982/8/1
806mm 尾鷲(三重県) 1968/9/26
790mm 内海(香川県) 1976/9/11
765mm 与那国島(沖縄県) 2008/9/13
764mm 宮川(三重県) 2011/7/19
757mm 成就社(愛媛県)2005/9/6
735mm 繁藤(高知県) 1998/9/24
726mm 剣山(徳島県) 1976/9/11

雨の多い地域が並んでいますが、5位の内海は少雨で有名な小豆島です。1976年台風17号は長崎に上陸し日本海に抜けています。前線の関係で台風の進路から離れた地域でも記録的な大雨をもたらし、人的被害は死者・行方不明者171名です。

内海では9月10日が194mm、11日が790mm、12日が233mmと3日間で1217mmに達しています。内海の降水量の平年値は箱根の3分の1以下の1099mmです。この台風1つで1年分以上の雨が降ったことになります。