2022-03-10

MY MAP

「最後の橋」からウクライナ大統領府まで直線23キロ

「最後の橋」はどこ? 熾烈ではあっても泥沼と言えるほど長期化はしないだろうという見立てに立てば、どこかの時点で和平は必要になり、そのときは誰かが仲介することになります。これまでトルコ、イスラエル、中国あたりが浮かんでいますが...
タイトルとURLをコピーしました