引田(ひけた)と財田(さいた)

7月10日と11日の最大瞬間風速1位は東かがわ市南野の「引田(ひけた)」で、7月11日の最高気温1位は三豊市財田町の「財田(さいた)」でした。香川県の観測ポイントが1位になるのは、少なくとも今年は初めてです。

香川県東端の東かがわ市は2003年に引田町など3町の合併で市制施行しています。「引田」のアメダス観測ポイントは、標高12mで瀬戸内海から1km足らずです。最大瞬間風速は2日とも南東の風ですから讃岐山脈からの吹き降ろしです。

財田と引田(Google Earthプロ)

香川県西部の三豊(みとよ)市は2006年に三豊郡7町が合併して成立しています。「財田」の露場は標高65mで、道路からやや奥まったところにあります。財田川の北側です。

確定した死刑判決が再審で無罪に覆った冤罪事件は4例あります。財田川事件もそのうちの1つです。1950年に当時の財田村で起きた強盗殺人事件が発端ですが、事件そのものと財田川は無関係です。

冤罪事件は島田事件、松山事件、弘前事件のように地名で呼ばれるか、吉田岩窟王事件、加藤老事件、免田事件、袴田事件のように冤罪被害者の姓を冠するのが一般的です。

  • 1950年2月 財田村で強盗殺人事件発生
  • 1950年4月 隣村農協の強盗傷害事件で逮捕
  • 1950年6月 農協事件の有罪判決
  • 1950年8月 本件で起訴
  • 1952年2月 高松地裁丸亀支部で死刑判決
  • 1956年6月 高松高裁が控訴棄却
  • 1957年1月 最高裁が上告棄却(死刑確定)
  • 1958年3月 第1次再審請求棄却
  • 1964年3月 再度の再審を求める手紙を送るも裁判所内で5年間放置
  • 1972年9月 第2次再審請求を丸亀支部が棄却
  • 1974年12月 第2次再審請求の即時抗告を高松高裁が棄却
  • 1976年10月 最高裁が地裁に差し戻し
  • 1979年6月 高松地裁が再審開始の決定
  • 1981年3月 高松高裁が検察側の即時抗告を棄却(再審確定)
  • 1984年3月 高松地裁で無罪

Wikipedia「財田川事件」のページには次のように記述されています。再審を棄却した裁判官に確信はなかったわけです。

地名の「財田」ではなく川の「財田川」と呼称する由来は、1972年に再審請求を棄却した裁判所の文言で越智伝判事が「財田川よ、心あらば真実を教えて欲しい」と表現したことである。

Wikipedia「財田川事件」

実際には「心あらば」ではなく「心あば」だったようです。